高速道路では自家用車の後部座席でシートベルトを着用しないといけないのは知っていますが、一般道でも後部座席にいる人がシートベルトを着用しないと取り締まられて運転手が反則金をとられたりするのでしょうか?

タクシーのお客さんで後部座席でシートベルトをしない人も結構いるのではないかと思いますが、そのせいでタクシーの運転手さんが免停になったりする事はないのでしょうか?

自家用車とタクシーとでは規則が違うのかも知れませんが、道路交通法ではどのように決められていますか?

A 回答 (3件)

まず結論。


義務です。

勘違いしている様子なのでその指摘。
高速道路でも反則金は取られません。シートベルト着用義務違反には「(通常の意味での)罰則規定がない」ので、当然、「反則金制度もない」のです。
あるのは、一定の場合の違反基礎点数だけです。

道路交通法上、シートベルトの着用義務を定めるのは、道交法71条の3第1項および2項。

 自動車(略)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(略)を装着しないで自動車を運転してはならない。(以下略)
 自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(略)に乗車させて自動車を運転してはならない。(以下略)

2項において適用場所の限定はなく、かつ、いわゆる助手席と後席を区別していないことから明らかな通り、道交法の適用を受ける場所で運転する限りどの席であっても装着「させる」ことが運転者の「義務」であることは間違いありません。

この規定の違反について定めるのは、道交法施行令別表第2の1の表で、基礎点数1点のみ。
そして、同表の備考104号括弧書きに、

座席ベルトを装着しない者を運転者席の横の乗車装置以外の乗車装置に乗車させて自動車を運転する行為については、高速自動車国道等におけるものに限る。

とあるのでいわゆる助手席(運転席の横の席)以外の場合には高速自動車国道等での違反のみが対象になります。ちなみにこの規定はタクシーを除外する規定がないので、タクシーも同じく適用されます。
よって、タクシー運転手がこの違反を繰り返し、又は、他の違反と相まって、免停となる点数に達すれば当然、免停になります。もっとも、普通の運転者ですら取締りを滅多に受けない違反ですから、タクシー運転手も同様に滅多なことで取締りを受けることはないと思います。しかし、絶対にないとは言えないので点数ヤバい運転手だとお願いされるかもしれません。

なお、「高速自動車国道等」とは同施行令27条の4に

自動車の駐車の用に供するため区画された高速自動車国道又は自動車専用道路(以下「高速自動車国道等」という。

とある通り。

以上
    • good
    • 38
この回答へのお礼

タクシーに乗った時には後部座席でもシートベルトをした方が運転手さんも安心という事ですね。

お礼日時:2015/03/06 11:08

シートベルトの着用が義務化されたのは平成20年6月1日施行の改正道路交通法からですので、


一般道路も高速道路も【義務】となります。

道路交通法第71条の3
簡単にいえば運転する人はシートベルトを締めて、シートベルトを締めてない人が
同乗している状態で車を運転してはいけませんっと言う事です。

違反点数・反則金に関しては
警察庁によりますと、後部座席については、高速道路(高速自動車国道又は自動車専
用道路)の違反については、行政処分の基礎点数1点が付されます。

結論は 
・後部シートベルト着用は義務であり、ドライバーがささなければいけない。
・一般道での違反点数・反則金は無いです。
・高速道路(自動車専用道路含)では反則金は無いが【違反点数1点】が課せられる

個人意見
・何のために法律上違反とされ義務化されているのか?高速道路事故死亡原因はシートベルトせずに車外に放り出された事による死亡が多いです。違反点数が無い、反則金が無いからしなくていいやっとならないようにお願いします。ドライバーの責任だと言う事を覚えておいて下さい。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

タクシーに乗った時は一般道で後部座席でもシートベルトをつけるようにした方がいいということですね。

お礼日時:2015/03/06 11:12

平成20年の6月1日の道路交通法改正で、違反になりました。


それ以前は努力目標でした。

しかしながら、罰則規定は、拘束道路などの自動車専用道路のみとなっており、実質一般道では”警告”のみです。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

一般道では違反点数はないけれど、警察官に車を止められる可能性はあるということですね。

お礼日時:2015/03/06 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽貨物 後部座席シートベルトが無い車 シートベルト非着用で後部座席に人乗せた場合違法?

2008年6月1日より、道交法の改正により後部座席のシートベルト着用が義務化になると知りました。私の車には後部座席にシートベルトがありません。後部座席に人を乗せた場合、6月1日以降違法になるのでしょうか?

私の車の詳細は以下です。
・アトレーワゴンで、軽の貨物区分です。
・後部座席がありますが、シートベルトがありません。
・年式は、平成11年です。
・定員は、2(4)人です。

※古い車(昭和44年3月までに製造された車)でシートベルトが無い車は、運転席・助手席ともにシートベルト着用を免除されるとJAFメイトに書いてありました。しかし、私のケースの場合、平成の車なので、これには当てはまりません。

Aベストアンサー

こんにちは

>2008年6月1日より、道交法の改正により後部座席のシートベルト着用が義務化になると知りました。

現在、道路交通法第71条の3第2項は
『自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席の横の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。)に乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、幼児(適切に座席ベルトを装着させるに足りる座高を有するものを除く。)を当該乗車装置に乗車させるとき、疾病のため座席ベルトを装着させることが療養上適当でない者を当該乗車装置に乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。』と規定されています。
6月1日の改正により
「運転者席の横の乗車装置」が、「運転者席以外の乗車装置」となります。

ここにある「当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト」とは
道路運送車両法第3章の規定に基づき定める「保安基準」第22条の3の規定によりその自動車に備え付けが義務付けられている座席ベルトのことです。
従って、法第71条の3の義務は、保安基準により座席ベルト備え付けが義務付けられていない自動車の運転者には生じません。

>後部座席がありますが、シートベルトがありません。
>定員は、2(4)人です。

「保安基準」第22条の3の座席ベルトの取付装置の備え付けの義務には
『座席の後面部分のみが折り畳むことができるものを除く。』と規定され、
座席ベルトのない乗車装置には、座席ベルトの義務が免除されます。

>古い車(昭和44年3月までに製造された車)でシートベルトが無い車は、運転席・助手席ともにシートベルト着用を免除されるとJAFメイトに書いてありました

今回の「自動車検査証に乗車定員が2個記載されている、いわゆる貨物兼用自動車」の場合には、運転席・助手席は着用の義務があり、座席ベルトのない後部座席のみ免除になります。

こんにちは

>2008年6月1日より、道交法の改正により後部座席のシートベルト着用が義務化になると知りました。

現在、道路交通法第71条の3第2項は
『自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席の横の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。)に乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、幼児(適切に座席ベルトを装着させるに足りる座高を有するものを除く。)を当該乗車装置に乗車させるとき、疾病のため座席ベルトを装着させるこ...続きを読む

Q後部座席のシートベルト着用義務:子供の場合は?

後部座席のシートベルト着用が義務付けられますよね。
でも5人乗りの車の後部座席にはシートベルトは3個
しかし
子供4人=大人3人って認められてますよね。
そういった場合、シートベルト足りません・・・
どうすれば良いのでしょうか?
そこまで考えて法案を可決したんですかね。

Aベストアンサー

回答ではないですが、#1氏の
>子供4人=大人3人というのは未就学児童までじゃなかったかと思います。

↑は間違っています。
12歳未満の子どもは3人で大人2人に換算です。

Q後部座席シートベルト着用義務化

当面 「高速道での取り締まり」とありますが。高速道路に自動車専用道路(制限速度60km)は含まれるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLをご覧頂くとわかりますが、自動車専用道路も取り締まり対象です。

「自動車専用道路」という言葉になじみがあまりないのでマスコミは高速道での取り締まりとしきりに言っているだけです。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no30/wide_koho30.htm

Q自動車 後部座席シートベルト着用義務

朝、寝ぼけ眼でテレビ見てたら、自動車の後部座席シートベルト着用義務が決まった?だか、まもなく?みたいなこと言ってました。
具体的に知ってる方いましたらお願いします!

タクシーも乗りにくくなるなあとか、同乗者(お年寄りにとか親戚のおじおばとか義父母とかへ)に説明がメンドイなあとか、色々考えます。
まあ、着用した方がいいんでしょうけど、今更なんで?とも思います。
過去にシートベルト着用義務化した時に一緒にしてなかったワケは?

質問は2点です。
1.後部座席シートベルト着用義務化いつから?
2.なんでこの時期に?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.決まったわけではありません。
2.死亡事故へらすための法律改正

http://blog.livedoor.jp/yukari_clover/archives/51350374.html

Q後部座席のシートベルト着用義務について

恐れ入ります。
後部座席のシートベルト着用義務について点程お尋ねしてもよろしいでしょうか?

(1)道交法改正で6月1日から後部座席のシートベルト着用が義務付けられました。
 バスでもシートベルトをしないといけないようになるみたいですが、
 立ってる人はどうなるのでしょうか?

(2)立っている人が対象とならない場合、
 乗用車の後部座席の人も「立ってます。」「物が落ちたので拾った」
 などと言えば、減点を免れるのではないでしょうか?

(3)飲酒運転の場合、他人に危害を及ぼす可能性があるから、
 規制するのはもちろんですが、
 後部座席のシートベルトは自分のためなはずです。
 そう考えると、設置義務で足りるのであって、
 着用義務は行き過ぎなように思います。
 タクシーの運転手さんは苦労されているみたいですし、
 一般市民の声も不評みたいです。
 皆さん、どう思われますか?

Aベストアンサー

(1)一般道路については罰則はありませんので、路線バスは免除となります。また元々立ち乗りすることを前提に内規などで速度制限など運行の安全を確保していますので、免除になります。
ただしシートベルトを設置している観光バスは免除になりません。
(商用車など、後席シートベルトが設置してない車も免除です)

(2)上記の件からいえば、シートベルトがついている以上は、正しく装着する必要があります。

(3)パターナリズムという考え方があります。
「受益者の自由を制限することにより、明らかに受益者の利益となることについては、国家または権力はこれを強制できる」という考え方です。
簡単に言えば、シートベルトをしなくても死ぬのは本人だが、してれば助かる確率が上がるから強制するということです。

じつは日本は、パターナリズムの実施には非常に慎重な国です。欧米の交通法規を見ると、日本よりずっと以前に後席シートベルトの着用義務やオートバイの全日ライト点灯義務などを実施しています。
日本はそのような国の実績を見て、明らかに効果があるとした場合だけ導入しています(話は違いますが住宅用火災警報器の義務も同じです)

日本は案外、個人の私権を制限するのを極力避けようとする国なのです。

(1)一般道路については罰則はありませんので、路線バスは免除となります。また元々立ち乗りすることを前提に内規などで速度制限など運行の安全を確保していますので、免除になります。
ただしシートベルトを設置している観光バスは免除になりません。
(商用車など、後席シートベルトが設置してない車も免除です)

(2)上記の件からいえば、シートベルトがついている以上は、正しく装着する必要があります。

(3)パターナリズムという考え方があります。
「受益者の自由を制限することにより、明らかに受益...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報