オリックス生命に、定期死亡保険(ブリッジ)の申し込みを却下されました。

私は45歳で痛風のため、あらかじめ電話で相談したところ、痛風でも程度によっては加入できるとのことだったので、申し込みをしました。
しかし、一週間以上後で、断りの郵便が届きました。

27歳のとき痛風の痛みが生じましたが、ここ10年以上痛風発作はありません。
薬はウラリットとユリノームという一般的なものです。
手元に残っている尿酸値の記録では、平成19年から7.0、3.7、4.4、7.0、3.9、5.0、4.2、5.4、6.0、3.9、4.9という数字です。
7.0という高めの数値もありますが、平成21年以降は低めで安定しています。
最後の数字は一か月前のもので、すべてオリックス生命に伝えました。

尿酸値をおさえる薬を飲んでいますが、それ以外はタバコも吸わず、血圧も体重も標準です。
同世代の中では超健康体と自負しているだけに、一体、何がダメなのか分かりません。

どなたか詳しい方、どうして却下されたと思われますか。
また、痛風は何がどう評価されるのか、ポイントを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

申し込み却下のポイントが、2点あります。



1.オリックス生命は、通販サイトから申し込まれましたか?通販というのは安い分、告知審査が厳しい会社が多いです。
つまり、入れる可能性は100%か0%ですので、まさに程度が0%に近い水準になると、却下にならざるお得ない、ということでしょう。

2.保険の種類によって、審査の基準が違います。
一般的には、死亡保険金額が高くても掛け金が安い定期保険は、一番審査が厳しいです。次に終身保険、養老保険です。
通常、定期保険は、お子さんがいる世帯主が入るのが大半ですが。定期保険が必要なのでしょうか?経済的に誰かを援助する必要のない…例えば独身は必要ありません。
掛け金が安いのに、受け取る保険金は高い。例えば、一ヶ月だけ5000円の掛け金を払って、亡くなって2000万円受け取れるとしたら…。病気があれば、この保険金が支払われる可能性(亡くなる可能性)も高いですから、保険会社は慎重になりますよね。
補足として、医療系も厳しいですよ。入院◯◯円とか、がんになったら◯◯円など、支払われる可能性が高いので。


もちろん、保険会社によって基準は違いますが、保険料が上がったり、死亡保険金が3年削減されたり、条件をつけることで入れる会社があります。ようはイエス、ノーではない枠を設けている、ということです。
そちらへ相談されたらいかがでしょうか?

くれぐれも漢字名ではなく、カタカナやひらがなの生命保険会社をオススメします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

鋭い指摘、ありがとうございます。

ずばり、ネットのサイトからの申し込みでした。
で、私は独身なんですが、親の不動産管理やら祖母の面倒やら、私が無償で一手に引き受けているので、私が死ぬと祖母を施設に預けたり不動産管理を委託したり、金銭的に両親の生活が大変な危機に陥るため、不動産のローン完済に目途がつく10年後くらいまで、万一に備えておこうと思った次第です。
それで定期保険というわけですが、事情を知らなければ怪しまれるでしょうね。

大変参考になりました。
痛風以外の理由も大いにありそうですね。
次はきちんと事情を説明できる形式の保険を選ぶべきですね。
>漢字名ではなく・・・やはりそうですか、了解しました。

お礼日時:2015/04/03 23:32

生命保険会社によって、保険の引き受け基準は



厳しい会社から、大甘の会社まで

相違があります。

ですから、各保険会社に、電話されて、痛風のことも話されて

みられたらいいと思います。

必ず、入れる保険会社は、あると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
私は日々の健康管理に相当気を遣っている方なので、この際病死をはずして、不慮の事故死だけの「傷害保険」にしようかと考えていたところですが、もう少し他の死亡保険も検討してみようと思います。

お礼日時:2015/04/03 15:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痛風の症状について

よく痛風の症状として親指に激痛が発生すると言われていますが、逆にほとんどまったく痛みがなくても実は痛風状態であることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

痛風とは痛風発作というくらいで、
発作的な激痛です。

ある一線を越えると爆発するものと思ってください。
本人が意識していなくても、発作の原因となる尿酸結晶が高まっていることがあるわけですが、
その人の限界値を超えた瞬間に激痛が起こります。

これを鎮める薬はないので、
痛みが和らぐまでじっと耐えるしかありません。

痛み止めの薬もありますが効く人と効かない人がいます。
発作がが起こらなければどんなに尿酸値が高くても全く痛みはありません。

Qオリックス生命の定期保険と終身保険のどちらかに加入するか迷っています

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オリックス生命に上記の事を確認をしたら「できない」との返答でした。したがって、定期保険「ファインセーブ」と終身保険の両方の見積もり?を取ってみて検討しようと思いました。

○ファインセーブ:80歳までの自動更新、保険期間10年。月額2850円 死亡保障1500万円
○終身保険(保険期間、終身):60歳払い込み、月額10270円 保険金額500万円。ちなみに80歳払い込みだと月額は7625円です。

以前は60歳以降に終身保険に変更と考えていましたが、今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました(たぶん5~10年は結婚しないと思いますが・・・)
したがって前回の質問を参考にして、今はファインセーブに加入をして結婚したら終身保険に変更しようと思っていたのですが、保険会社が言うには終身保険に変更するためには再審査(必要があれば診断書も)必要となるなど、考えていた内容と変わってきたので、どのようにすれば一番メリットがあるのかがわからなくなってきました。

定期保険や終身保険のメリットやデメリットもよくわかっていない状態で、しかも保険は難しく、また素人ですのでなかなか上手に説明ができず申し訳ございませんが、今の僕の現状で一番最適な保険選びをご教授お願いいたします。
(オリックス生命を取り上げていますが、別に他の保険会社でも大丈夫です。より良い保険がありましたらよろしくお願いいたします)

尚、前回の質問と同様ですが、医療保険はオリックス生命の「CURE」に入る予定で、親の勧めの傷害総合保険は再来年の1月に満期になりますので、その時点で解約(終了)する予定です。月々の保険金額は、1万円~1万5千円までなら大丈夫です。
できれば今月中に加入したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オ...続きを読む

Aベストアンサー

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済しても返済額が割引にならないタイプのものもあります。そういう借入金は予定通り返還して、余裕資金は貯金に回したほうがいいと思いますよ。

>今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました

基本的な考え方としては、妻や子の生活費といった数千万円単位の遺族保障は保険料の安い定期保険で準備するのが一般的です。
終身保険で数千万円の保障を確保しようとすると保険料が高くなりすぎますから。

終身保険は保障が一生涯ということのほかに、払い込み期間が過ぎれば解約返戻金がそこそこもらえるのが特徴。この解約返戻金を目当てに終身保険を契約して老後の生活費にあてるという考え方もあります。遺族のためというよりどちらかと自分のための保障ですね。

質問者様の場合はまだ見ぬ妻や子のための定期保険や、30年先の老後保障をかねた終身保険は当面無理して確保する必要はないと思います。
それよりまずはまだ見ぬ妻との結婚資金を貯蓄するのが先です。

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済して...続きを読む

Q痛風とは どのような症状なのでしょうか?

痛風=贅沢病 と言う風に聞いたことがあります。贅沢な食事ばかり摂っているとなりやすいということなのでしょうか?また、病院へ行くまで本人は痛風であることに気付かない場合が多いらしいのですが、具体的な症状はどのようなものなのでしょうか?最近外食ばかりなので気になっております。

Aベストアンサー

#4です。
膝の皿というのは、確かにあまり聞きませんねえ・・・
症状として多く出るのは、末端の関節部分ですから・・・

血液検査で、尿酸の値が高ければ、痛風あるいは痛風予備軍と判断できるようです。
治療法としては、すでに他の方が書かれているように、プリン体を多く含む食物の摂取を控える、穀物類を多く取る、摂取カロリーを押さえる、尿酸を低くする薬の投与、などがあります。
私の場合、ザイロリックを服用しています。

Q生命保険の申し込みから契約までの告知について

生命保険に入ろうと思いますが,1週間後に人間ドックがあって,今は何も告知すべきことがなくても,申し込み後から契約までの間の人間ドックで何か問題があった場合は,保険に入れないこともあるのでしょうか?また,ドックの結果で告知すべきことがあれば申し出なければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

告知後に受けた人間ドックについて……
それが、健康診断の人間ドックならば……
(Q)保険に入れないこともあるのでしょうか?
(A)いいえ。告知後に受けた人間ドックの結果は関係ありません。

(Q)ドックの結果で告知すべきことがあれば申し出なければいけないのでしょうか?
(A)いいえ。不要です。

ただし、何の問題もないかというと、単純には言えません。

保険が有効になるには、
「申し込み」「告知」「第一回の保険料の支払」
この3点セットが揃った日です。
「申し込み」と「告知」は、同時にするのが普通ですが、
保険料の支払には様々な方法があります。
例えば、後日振込みや、後日引き落としなどで、
告知をして、支払いまでに日数があく場合があります。

この間に、人間ドックの日があり、病気が見つかったとき、
その病気については、保障の対象から外れます。
これを「責任開始日前発病」と言います。
契約後、2年間は、保障の対象から外れます。

ご参考になれば、幸いです。

Q尿酸値が7以下なのに明らかに痛風な症状が起きます

足の親指やかかと、膝、手の指といったあらゆる関節が突然激痛に襲われるため、
病院に行って、痛風・リウマチの検査をしてもらったのですが、血液検査の結果は尿酸値6.8と5.7で、リウマチの検査も問題ありませんでした。医師には、様子見としかいわれません。
しかし、最近も月に一回の間隔でどこかの関節が痛みます。しかも、症状が明らかに痛風と一致します。
・質問ですが、尿酸値が7以下でも発作は起きるのですか?
・手の指にも痛風発作はおきるのですか?
・今後どのような予防をすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

多発性、膝の痛みがあるならば、痛風でない
可能性の方が高いように思えます。

多発性で、膝の痛みがあることから、
まずは、「偽痛風」(ピロリン酸カルシウム結晶沈着症)も
疑って見るべきだと思います。
ただし、偽痛風は、通常、高齢の患者が多いので、
その点が症状的に一致しない大きな点です。

次に、疑わしいのは、感染症です。
感染性関節症も一応は、疑ってみるべきだと思います。
最初にこのような症状が出る前、一ヶ月以内に、
風邪をひいていませんか?
または、発熱をすることがありませんでしたか?
もしも、「はい」ならば、疑いが濃くなります。
いずれにしても、内科で事情を説明して、感染症について
検査をしてもらってはいかがでしょうか。
例えば、淋菌による感染炎は、多発性で、治癒に時間が
かかることが知られています。

他にも、可能性がある疾患があるので、医師と相談してください。

Qオリックス生命保険に加入しています。保険証券とかを整理していて証券はあ

オリックス生命保険に加入しています。保険証券とかを整理していて証券はあるのですが、契約書(冊子?)がないことに気づきました。
契約書って再発行してもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

「約款」のことですね。
頼めば、もらえると思います。

Q痛風の症状について

よろしくお願いします。 当方痛風で過去に数回足の指や足先に発作(といってもそこの部分を使って歩かなければ痛くも痒くもないのですが)があり今回も同じ症状になりました。ただ、いつも1日か2日で全く元に戻りますが今回は4週間ずっと違和感が残っていまも継続中です。医者は、じゃあ鎮痛剤多く出しとくから、とのことでした。症状が長期に続くことは少ないと認識しておりましたので、こういった症状の経験のあるかた、お知恵を拝借、経験談をお聞かせいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

確かに、痛風発作は通常は数日でおさまります。
おさまらない場合として、
1.発作中に尿酸を下げる薬を飲みだした、あるいは急にやめた
2.尿酸を下げる薬を飲んだり飲まなかったりしている
3.慢性関節炎になっている
4.痛風ではない
等が考えられます。
そもそも痛風発作であればかなり激烈な痛みですので、「体重をかけなければ痛くない」、というのがちょっと引っかかります。リウマチなどの疾患も考える必要があるのかな、と思いますが、これ以上はちょっとここではわかりませんね。

Qオリックス生命のダイレクト定期

上乗せの保険として、オリックス生命のダイレクト定期500万くらいに加入しようかと考えています。
格付けがBBBとイマイチなんですが、保障性の商品なので、まぁいいかなぁと・・・
やはり決め手は手軽さと安さですが、注意点などありましたら教えてください。

31歳、妻子あり。
他に保障性の生命保険や、がん保険、個人年金など加入済みですが、今度第二子が誕生するので少し上乗せしておこうかと・・・

Aベストアンサー

こんばんわ。
定期保険は仮に保険会社が破綻しても次の会社に問題なく引き継がれていく種類ですから値段(保険料)で選んでも構わないかと思います。
注意点と言うかお勧めですが、業界最安値と言うわけではありませんので幾つか見積もりを取ってみると良いでしょう。(非喫煙者だったり健康なら別途割り引く会社もあります。)
お子さんが誕生と言う事でおめでとうございます。収入保障保険という種類も調べてみると良いかと思います。(定期保険の一種です。)

Q痛風の初期症状でしょうか?

こんにちは。
よろしくお願いいたします。

40才、男です。
以前から、カレーや鶏肉をお腹いっぱいまで食べた後などに、手足がピリピリする感じがありました。

1度だけ、コカコーラの様な色のおしっこが出て、尿道がぴりぴりするような感じがあり、近くの病院で診察をうけたところ、腹部のエコー、X線、尿検査とも異常がありませんでした。

病院での診察から2日後、お腹が張ってくるような感覚があり、しばらく(30分~1時間)すると張ってるのがスーと楽になる、というのを繰り返すようになりました。痛みはありません。
お腹が張っている時はおしっこの量が少なく、張っているのが楽になった後はおしっこの量が多い様に思います。

この症状からどんな病気が考えられるでしょうか?
このまま放っておいて大丈夫でしょうか?

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

痛風でなく腎臓疾患だと思います、または前立腺肥大も疑われます、おなかが張って尿が出にくい
張ってないときは大量にでる、私と同じ症状です、腰の横が鈍痛在りませんか?40過ぎると
いろんな病気がいっぺんに出てきます、死にたく無かったら過食はやめなさい。

Q生命保険加入の健康告知について

主人の生命保険のことですが、現在大手の生命保険に加入していますが、
見なおしを考えています。
住宅ロ-ンの団体生命保険にも加入し、ガン保険も別に入ってます。
別の生命保険、あるいは共済のようなものでもいいかなと
思っているのですが、解約するにも勇気が必要で・・・

何より、主人はここ数年前から軽い喘息の薬を処方してもらっているので、
症状は軽くとも、新規で生命保険に加入する場合、健康告知で引っかかり
加入できないのでは?と思うのですが・・・。
ちなみに、現在の生命保険に加入した後、3年後くらいに喘息になったので、
現在の保険なら問題なさそうですが・・・。

それと、私自身3年前に帝王切開で出産しています。
医療保険に加入したいと思っているのですが、やはり告知欄に
手術の項目で「はい」と答えますよね、
帝王切開は病気じゃなくても、保険加入の条件には難しいのでしょうか?

おわかりになるかたいらっしゃいましたら、
教えて下さい。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ご不安な心中お察しします。正しい判断を下していただきたく正確な情報をお伝えしたいと思います。文末にてアドバイスを述べます。

喘息は急性・短期の症状から慢性的なものまで幅広く分類されますが、体質的な要因も大きいと言われています。かく言う私もアレルギー体質でこれまでに5年~10年おきぐらいに喘息発作が発現します。適切な治療によって直ぐに「治まる」もののやはり体質が大きく影響するため「完治」という定義は難しいと医師から説明を受けています。

臨床医学では「症状が治る」ことを目的とするために喘息発作が治まれば良しとしますが、生命保険査定における生命保険医学では「将来に向けた危険度」を考えるため臨床医学とはいささか異なる見方をします。
生命保険医学が拠り所とする統計データでは疾病群ごとに「どれぐらいの確率で死亡したか」という死亡指数という指標を用いますが、喘息の死亡指数は交通事故死のそれよりも高いのが現実です。喘息は侮れない病気ということです。

こうした理由により「喘息」は生命保険、特に医療系商品の引受は困難です。ご主人は薬を処方されているとのことですが、これは「現症」と言ってほぼ全ての商品で引受は期待できません。

しかし、今後症状が消失し、薬の処方(医師の治療)が完了した後、5年ほど経過すれば、特定部位・特定疾病不担保や割増保険料を受諾することで引受けて貰える可能性は出てきます。もちろん引受不可(謝絶と言います)もあり得ます。私の扱った実例でも10数社で引受不可(謝絶)でしたが、ある国内社で条件付で引受してもらえたケースがあります。この辺は症状の程度や保険会社によって差があります。

帝王切開は上述の特定部位不担保により「子宮、卵巣卵管等」の不担保で引受が期待できると思われます。つまり次回の出産で異常分娩があっても給付金は受け取れませんが、それ以外の疾病・死亡はちゃんと保障しますよということです。ちなみに正常分娩はもともと医療保険の給付対象ではありません。
ただし経験則から申し上げると3年前とのことなので、その後婦人科系の疾病が無ければ無条件引受も期待できると思います。これも前述のとおり年齢、状況や保険会社によって異なる場合があります。

ここまでご覧いただくと暗いお気持ちになるかも知れません。たいへん申し訳なく思います。
ただしどんなに受け入れがたくても「告知しない」ということはしないで下さい。
ときどき告知しなくても「2年バレなければ告知義務違反にならない」という風説を耳にすることがありますが、これは嘘です。約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
と規定されています。(表現は簡略化・会社により相違あり)

この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約してから2年間に支払事由、つまり病気があればアウトになります。
また「バレルから」と考えてワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もあります。

さらに約款には「詐欺による無効」という条項もあります。
●契約に際して詐欺の行為があったときは契約無効とし既払込保険料は払い戻しません(※簡略化)

詐欺無効の規定には2年というような時効がありません。
告知義務違反や詐欺を争った裁判は数多くあります。以下は不実告知を詐欺と認めた判例です。

「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より抜粋

告知義務違反をして保険加入するのは「保険」ではなく「賭博」です。絶対にしないで下さい。

以上を整理します。
●喘息は新規加入が厳しい
●帝王切開も同様だが喘息よりは期待がある
●症状や保険会社によって結果には差があるだろう
●不告知は告知義務違反や詐欺の危険性が高いので絶対にすべきではない

以上を踏まえてアドバイスです。
現在の保険の見直しの「理由」を良く精査してみてください。
●保険料負担のためということであれば、減額・特約解約といった手段が考えられます。
●保障が足りないとお考えであればご主人の勤務先での保障や(公的)社会保険制度を良く調べてみてはどうでしょう。ご主人がサラリーマンであれば死亡時の遺族厚生年金、入院したときは高額療養費や傷病手当金など、かなりの保障が既に確保されているはずです。

こうした情報はご質問文からだけでは良く分かりませんでしたが、保険とは解決すべき「不足」を解決する手段ですから、この「不足」が何なのかを深掘りしてから保険を考え始めても遅くないと考えます。今の生活が10だとして、万が一の時に公的保障等で(α)があるならば守るべき不足額は(β)です。(α)が正しく分からないと適切な保険(β)も分からないと思います。

長文乱文ですみません。どうか賢明なご判断をされますように。
なお生保一般についてのご相談は生命保険協会でも応じてくれますのでこちらもご利用してください。

参考URL:http://www.seiho.or.jp

ご不安な心中お察しします。正しい判断を下していただきたく正確な情報をお伝えしたいと思います。文末にてアドバイスを述べます。

喘息は急性・短期の症状から慢性的なものまで幅広く分類されますが、体質的な要因も大きいと言われています。かく言う私もアレルギー体質でこれまでに5年~10年おきぐらいに喘息発作が発現します。適切な治療によって直ぐに「治まる」もののやはり体質が大きく影響するため「完治」という定義は難しいと医師から説明を受けています。

臨床医学では「症状が治る」ことを目...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報