『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

物理的にどういう理由で双曲線なのかわからないので
おしえてください。

質問者からの補足コメント

  • 構造的に安定、とかいう回答を予想していたのですが、作りやすいからということが決め手だったわけなのでしょうか?

      補足日時:2015/04/10 20:23

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一葉双曲線構造では、タワーの周囲を包む斜めのパイプが「直線」になります。


一見複雑そうですが、実は作りやすい構造なのだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/30 14:53

神戸ポートタワーは日建設計の設計によりますが、構造設計は仲威雄(当時東京大学教授)です。


仲威雄の当時の回想文により、構造計画が当初より鋼管構造であり、垂直のメインシャフトのまわりを絹糸のように一葉双曲線構造が包む形態とした事がわかります。
一葉双曲線構造は、複線織面なので、棒状の鉄筋(もしくは、パイプ、山形鋼、平鋼など)から造りやすく、また構造物を覆う鉄筋の量が最少で済むなど、複数の利点があるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/30 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日常生活で放物線や双曲線の例を教えてください

つり橋は放物線かと思うのですが どうでしょう?
ホームランのボールの軌跡も放物線かな?
パラボラアンテナも。
ほかにはどんなのがあるでしょうか?
双曲線の例にはどんなのがあるでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

双曲線は回転体となった双局面構造が塔やオーディトリアムの屋根などに使われています。

国内だと神戸のポートタワーがあります
また、発電所の冷却塔は双局面構造となっている場合が多いです。

世界の双局面構造建築物のリスト
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_hyperboloid_structures


人気Q&Aランキング