第一次世界大戦後の国際連合で、アメリカ議会は何故加入反対したのか分かる方いらっしゃいますか?ウィルソンと反発していたとか単純な理由なんでしょうか。宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

 アメリカは19世紀にモンロー大統領が「ヨーロッパ大陸諸国に対する不介入」すなわちモンロー主義を掲げて以来、ヨーロッパ諸国の内紛に巻き込まれるのを出来るだけ避けるというのが国是でした。

第一次世界大戦に対しても当初は不介入を貫いていましたが、アメリカの客船がドイツ軍によって沈められたのをきっかけに参戦しました。(本音は連合国に莫大な援助をしていたため、連合国が負けると困る)。
 第一次大戦後も国内ではモンロー主義の踏襲を求める声が強く、特に上院ではそうした雰囲気がかなり濃厚でした。さらに、悪いことに当時の上院議長とウィルソン大統領は仲が悪く、性格にも合い入れなかったため、ウィルソン大統領は上院との間に何らかの妥協点を見出す事を拒否してかたくなな態度をとったため、上院の姿勢も硬化し、上院は国際連盟加盟条約の批准を拒否したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仲が悪かったとか、利害関係で決めるとか
いつの時代もどこの国でも似たような物なんですね。

現在公務員試験中で、何処を探しても分かりませんでした。
やっと胸のつかえがとれました。
これからも勉強頑張ります。

お礼日時:2001/06/13 19:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします! を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致

至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします!
を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

Please take care again from today.でどうでしょう?

Q東京都の都議会についての質問です。 海外視察した場合、公開情報と作成義務は、??宜しくお願いします。

東京都の都議会についての質問です。
海外視察した場合、公開情報と作成義務は、??宜しくお願いします。

Aベストアンサー

都議会議員の海外視察の報告書については、議員の手引で「作成することが望ましい」とされているだけで作成義務はありません。 議員が自主的に作成した場合でも、各自が保管することになっており、議会側への提出義務はありません。 都議会事務局は「公文書ではないので情報公開請求されても『不存在』の扱いになり、一般の人が見ることはできない」と説明しています。 視察で使った政活費の明細書の添付も義務付けられていません。・・・・

ふさけんな!!! 一般企業の出張じゃありえん。 まして、都民の税金で物見遊山で海外見物しておきながら。 万歩譲って、作文でもええから報告書作って都庁のHPに掲載しろ。 よく書けてりゃ花丸ぐらいくれてやる。

Q国際連合非加盟国とは

6年生の社会の教科書に、「国際連合の加盟国は世界の独立国190カ国の内、189カ国である」とありますが、
加盟していない1カ国とはどこでしょうか。
私のうろ覚えの記憶では、スイスだったような気がするのですが、
そうだった場合、スイスが加盟していない理由は何でしょうか。
ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

教科書に記載されている数字は、東ティモール独立(2002.5.20)スイスの国連加盟(2002.9.10)、
東ティモールの国連加盟(2002.9.27)前のことでしょうから、現在の独立国は191ヶ国、国連加盟国も191ヶ国ということになります。
それでは全ての独立国が国連に加盟しているのかというとそうではなく、
独立国の数は、北朝鮮を除いた数字です。(日本は北朝鮮を独立国として承認していませんので)
ややこしいですが、独立国は北朝鮮をのぞいて191ヶ国、国連加盟国は北朝鮮を含んで190ヶ国なのですね。

国連に加盟していない独立国というのは、ヴァチカン市国。
キリスト教の総本山ですね。
宗教的な立場から、国連に加盟していないのです。

スイスは、2002年3月に国民投票を行い、国連に加盟しました。
そこらへんについては下記URL等をご参考にしてください。

参考URL:http://www.719019.com/nattoku/atama_01_34.html

Q中央大学国際経済、龍谷大学国際経済、立命館大学国際経済、立命館アジア太平洋大学国際経営学部、静岡県立

中央大学国際経済、龍谷大学国際経済、立命館大学国際経済、立命館アジア太平洋大学国際経営学部、静岡県立大学国際関係学部国際政治経済コース
この5つの大学を考えています。この5つを難易度 と評判の良い順に並べてほしいです。高3で進路に悩んでいます。

Aベストアンサー

中央大学、立命館大学>静岡県立大学>龍谷大学>立命館アジア太平洋大学

Q第一次世界大戦後のロシア

テスト勉強をしていて気になったのですが、
どうして国際連盟に、連合国側だったソ連が加入していなかったのか
この答えが分かる方、ぜひその理由を教えてください。

Aベストアンサー

もちろん社会主義国だからです。

第一次大戦直後、勝敗を問わずヨーロッパの資本主義国は経済的に疲弊を極めます。そして、そのような資本主義の行き詰まりに対し、ロシア革命・ドイツ革命といった社会主義革命の嵐がヨーロッパに吹き起こります。
このような危機的状況に対し、資本家の利害を代表する各国の指導者は、対ソ干渉戦争を行うなど、さまざまな対策を講じました。
国際連盟という制度もそのひとつという面があり、ヨーロッパ資本主義諸国が相互に協力して、経済を復興するとともにソ連を封じ込め、社会主義のヨーロッパへの波及を阻止しようとしたのです。
したがって、当然、ソ連が国際連盟に加入するわけはないのです。

ところが、その後、社会主義国とは別のヨーロッパの敵、ドイツが登場します。
そこで、資本主義国は、この新たな脅威に対応するため、ソ連と妥協し、国連への加盟を認めるのです。
これは、ソ連の国連加盟が、日独の国連脱退の翌年であることからも推測できるでしょう。
また、ソ連の指導者が、世界革命を唱えるトロツキーではなく、一国社会主義をとなえるスターリンであったことも影響したかもしれません。

しかし、その後、ソ連はドイツと接近します。
そして、独ソ不可侵条約により、フィンランド等を勢力圏として認めさせると、フィンランドに侵攻するのです。
独ソ不可侵条約は秘密協定でしょうが、独ソの接近は衆目に明らかであり、資本主義国から敵国と認定されたソ連は、国連を追い出されるのです。

もちろん社会主義国だからです。

第一次大戦直後、勝敗を問わずヨーロッパの資本主義国は経済的に疲弊を極めます。そして、そのような資本主義の行き詰まりに対し、ロシア革命・ドイツ革命といった社会主義革命の嵐がヨーロッパに吹き起こります。
このような危機的状況に対し、資本家の利害を代表する各国の指導者は、対ソ干渉戦争を行うなど、さまざまな対策を講じました。
国際連盟という制度もそのひとつという面があり、ヨーロッパ資本主義諸国が相互に協力して、経済を復興するとともにソ連を封じ込め...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報