外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

49歳男性です。
 
先日、健康診断として脳のMRI検査(1.5テスラの機器を使用)を受けたのですが、
「左前頭葉深部に高信号を認めます。慢性虚血性変化、もしくは古い小さな脳梗塞(ラクナ梗塞)が疑われます」
「進行しないよう高血圧、糖尿病、高脂血症、心房細動と呼ばれる不整脈、心疾患、慢性腎臓病等の早期発見治療、喫煙の改善、正しい(とされる)食生活を心がけてください」
と診断されました。

この結果を受けて、以下2点について質問します。
ちなみに、今現在は無症状(無自覚)です。

①原因について
原因として、どういったことが考えられるでしょうか。
ネット等で調べると、「高血圧」「動脈硬化」が原因との記述が多く見られますが、これまで血圧が高かったことはなく、血液検査等もいつも概ね良好です。(中性脂肪と悪玉コレステロールは基準範囲より低く、善玉コレステロールは基準範囲より高いくらいです)
健康状態も極めて良好です。肥満、運動不足等もありません。
食事も、完璧とは言えないかもしれませんが、それほど問題はないと思います。
不安要素としては、以下のものが挙げられます。
・夜勤従事者で、睡眠時間は平均4時間、或いはそれ未満
・ストレスが多い
・20年ほど禁煙していたが、ここ数年喫煙を再開(1日10本ほど)
・若い頃ボクシングをやっていて、頭部を強打したことがある
・時々、視界に黒い点のようなものが映ることがある

②治療について
進行しないよう心がけるのではなく、治療することはできないでしょうか。
例えば、脳梗塞の治療において有効な薬があると聞きます。
専門医を受診して、そうした薬を処方してもらうことは可能でしょうか。

身体に障害が残るような事態になることは、何としても避けたく思います。
以上、よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • ご回答いただき、あらためてお礼申し上げます。
    大変参考になると共に、少し安心しました。
    しかし、ホッとし過ぎることなく、いただいたアドバイスを参考に、生活していきたいと思います。
    ご回答いただいた皆さま全員にベストアンサーを差し上げたいのですが、そうもいかないのが残念なところです。

      補足日時:2015/05/20 12:06

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



①:微細な梗塞や血流不全は中高年になれば健康な人でも散見される老化現象の一つとして理解すればよいと思います(基本、微細な梗塞自体が大事に至る可能性は低い)。なので、一般的には生命に危険な脳血管疾患とは分けて考えても差し支えないと思いますが、それとは別に危険な脳血管疾患の危険因子として考えるなら:
・夜勤従事者で、睡眠時間は平均4時間、或いはそれ未満 → 好ましくない
・ストレスが多い → 好ましくない
・20年ほど禁煙していたが、ここ数年喫煙を再開(1日10本ほど)→ かなり好ましくない
・若い頃ボクシングをやっていて、頭部を強打したことがある → よく分からない
・時々、視界に黒い点のようなものが映ることがある → 眼の中の硝子体にごみが浮く「飛蚊症」ではないでしょうか?気になるなら眼科受診ですね。

②:余程特殊なケースでない限り、治療の必要はないのでは(治療で期待できる効果より、治療そのもの副作用による生命リスクの方が高い)と思います。現状は、健康診断のコメント通りの生活(これはまったくそのとおり)を心がけ、毎年一度必ずMRI検査を受けられたらよろしいと思います。

どーしてもご心配であれば、検査結果を持って脳神経科等を受診してみたらいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご丁寧な回答、ありがとうございます。
おかげさまで、安心しました。
いただいたアドバイスを心がけて生活したいと思います。

お礼日時:2015/05/11 12:56

気になるのなら、3テスラのMRIのある脳外科を受診した方がいいかと。



わたし(30代)は数年前手の震えから脳外科を受診して、MRI(3テスラ)を撮ったら
白い影があり、年齢的に難病の強い疑いと言われました。
その後専門医のいる病院に転院しましたが、まだ確定診断は降りてません。
身体に症状は出ているのですけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

症状があり、難病の疑いがおありだとのこと。
心配ですね。
私も、不安が払拭できない状態が続くようなら、3テスラの検査も検討してみたいと思います。
ご回答いただき、ありがとうございます。
くれぐれも、ご自愛のほど。

お礼日時:2015/05/20 11:59

発症して間もない患者様があつまる病院に勤めていて、リハビリ職をしてます。



最近では若年層の方の脳血管疾患を多く見かけるようになった印象です。
20代の方でラクナと診断された方も珍しいですが、いらっしゃいます。
ストレスと食生活が大きく関係していると先生は言いますが、発症している方に必ずしも共通点があるわけでは無く、いままでなんともなかった人もいきなり脳梗塞と診断されてかなり青ざめてしまう方も多くいます。
もちろん高血圧などで発症のリスクは高まると言われておりますがあくまでも確率の問題ですので。
脳梗塞の治療に有効な薬はありますが、先生が脳画像を見て判断されたのであれば、もう薬が効かない時期か、もしくは薬を投与するほど重症ではないか、などの可能性が考えられると思います。
また、意外でしょうが、知らないうちにラクナ梗塞を患っていたというかたは案外多いです。私の学校の先生も、脳外科の授業をしながら、実は俺も〜…笑ながら話してたのが非常に印象的でした!

症状が無いのであれば、本当によかったですね。
発症してしまったからには、
再発のリスクはもちろんあります。しかしそのようなリスクをもって生活しているのは、いわば全員がそうです。私も30代ですが、同じだけのリスクがあると思います。

これを機会に、眼科や内科など、気になるところは全部受診されてはいかがでしょうか?安心をお金で買うとすれば安いものだと思います。
症状が無く、軽度で済み、本当によかったですね。運動や食生活に気をつけない生活をされていたら、もっと重症化していたかもしれません。
ご自身の生命力を信じてください。
お大事になさってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お気遣いいただき、ありがとうございます。
診断を受けたときはちょっとびっくりしましたが、そう珍しいことではないようですね。
私は重症ではないようです。
生命力を信じたいと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/05/20 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慢性虚血変化

私の両親、兄が脳出血で倒れましたので、私も気になっておりました。それで、掛かりつけの開業医に紹介状を書いてもらいMRIの検査を受けました。放射線科の先生が所見を書いて掛かりつけの先生に渡してくれました。
『慢性虚血変化の疑い』と書かれてました。
掛かりつけの先生は外科医で専門外なので、心配ないと言われましたが、少し気になっています、
何か気をつけないといけないこととかあれば教えて欲しいのですが、、

Aベストアンサー

慢性虚血性変化というのは、動脈硬化などで血の流れが悪くなり
慢性的に血が流れず、脳が変化した部分があるということです。
進行すると、脳梗塞となります。
加齢や、高脂血症の状態があれば、知らない間に、脳梗塞があることはよくありますので、日常生活に支障がない、程度の脳の変化というのはよくあります。
動脈硬化を起こさないためには、コレステロールや中性脂肪などを
正常に保ち、適度な運動をし、食事に気をつけることです。
慢性=月~年単位、虚血で血液が十分にいきわたっていない状態
のことをいいます。長い間、血液の流れが悪く酸素や栄養、老廃物の除去が出来ないために、細胞が弱ったり死んでしまったりする変化のことを言います。脳のある部分に慢性虚血性変化が起これば、その部分の脳細胞が死んでしまい、脳の細胞密度が減ってしまった状態になります
梗塞とは別物です。御大事に。

Q脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が

脳MRI検査の結果について質問します。41歳主婦です。左の脳に白い影が2箇所写っていたのですが、先生はそのまま放置しておいていいと言われました。ほんとうにそのままでいいのか不安です。みなさんの回答をお願いします。

Aベストアンサー

推測ですが小さな脳梗塞ではないでしょうか?ラクナ脳梗塞などではないかと思います。もしそのような梗塞だとしたら放置しておいても問題ないと思います。なぜなら、梗塞で壊死した部分は治らないからです。
体に異常が無ければ今後は梗塞ができないように治療した方がよいのではないかと考えます

Q微小脳梗塞は今後どうなる?

数日前から、ふらつき、いつもとちがったぴりぴりした頭痛があり、言語障害、意識障害などは起こしていませんが、
MRI検査をしたところ、
微小脳梗塞、米粒大のものが四つ見つかりました
場所は大脳です

担当医師は、今のところ、あまり心配はないので、半年後にもう一度検査をしよう、経過を見ようと言っていますが
頭痛が治ったとして、
この脳の病気は、ストレスの多い仕事(印刷会社のパソコン業務)をこれからも続けていって大丈夫なのでしょうか?
現在、私生活でもストレスが多く、身体自体もぐったりしています
また、微小脳梗塞が進むとどのようになるのでしょうか?ひどい脳梗塞を起こすのでしょうか?
また、微小脳梗塞の関連ページなどわかりましたら、教えてください
たとえば、どんな症状が起こるのでしょうか?
とても、悩んでいます、わかる方がおられたら、教えてください

Aベストアンサー

 CTやMRIが普及するにつれて今回のように無症候性脳梗塞が発見される機会が増えました。無症候性脳梗塞とは、脳卒中の既往や神経症状を示さない患者さんに認められる脳梗塞であり、いわゆる「隠れ脳梗塞」のことです。他の方々が指摘されているようにラクナ梗塞(小梗塞)であることが多いです。

 このような無症候性脳梗塞がCTやMRIで発見される頻度は、中年者で10%前後、老年者で20~40%、平均して13~15%と言われています。リスク要因としては高血圧や糖尿病、家族歴に脳卒中が認められる、などに加えて、喫煙歴や高脂血症、高尿酸血症なども言われています。

 ご心配されている「微小脳梗塞が進むとどのようになるのでしょうか?」という点ですが、無症候性脳梗塞がそのまま拡大して症候性脳梗塞を起こすわけではありません。しかし最近では無症候性脳梗塞をもつ患者さんは、持たない患者さんに比べて平均して約5~7倍ほど症候性脳梗塞を起こしやすいという報告が散見されます(ある調査では、MRIを撮って無症候性脳梗塞が見つかった人と見つからなかった人を平均約3年間追跡調査してその後の症候性脳梗塞の発生率を調べたところ、無症候性脳梗塞が無かった人では発生率が1%以下だったのに対して無症候性脳梗塞がもともとあった人では約7%で症候性脳梗塞が発生したそうです)。

 この数字に対して私は個人的には「無視することはできない数字だが、ものすごく心配するほどではない数字」と認識しております。つまり高血圧・糖尿病などの危険因子があればきちんと治療・管理しなければいけないけれど、極端な不摂生をしない限りは通常の生活を変える必要はないと考えています。ですから今回の場合も、疲れているときは休息をとったりなどをする必要はありますが、職場を変えるまでの必要ないと思います。

 内服薬について書かれている方がいらっしゃいましたが、症候性脳梗塞に対しては再発予防のために抗血小板薬(バファリン、バイアスピリン、パナルジンなど)を内服する必要があります。しかし今回のような無症候性脳梗塞に対する治療の標準的な考え方は「危険因子を除去する」です。ですから先に挙げた高血圧や糖尿病などがあればそちらのコントロールをきちんとすることが、今後の症候性脳梗塞の発症を予防することになります。

 どうせだったら予防的に抗血小板薬を飲んだ方が安心ではないか?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、抗血小板薬というのは血が固まらなくする薬ですから、もしも飲んでいる状態で外傷や出血性の病気になると、血が止まらなくて重症になるリスクが増えます。今後研究やデータが蓄積して考え方が変わっていく可能性はありますが、現在のところは抗血小板薬が無症候性脳梗塞を予防するというエビデンスもありませんから、現在の状態で安易に抗血小板薬を内服するのはどうかなと思います。

 また、頸動脈が首の辺りで細くなっていてそれが原因で脳梗塞を生じていることもありますから、頸動脈のエコーやMRAも念のためやっておいても悪くないと思います。

 何れにしても疑問点については担当の先生とよく相談してみてください。実際に診察された先生が一番状態を把握されていると思います。

 CTやMRIが普及するにつれて今回のように無症候性脳梗塞が発見される機会が増えました。無症候性脳梗塞とは、脳卒中の既往や神経症状を示さない患者さんに認められる脳梗塞であり、いわゆる「隠れ脳梗塞」のことです。他の方々が指摘されているようにラクナ梗塞(小梗塞)であることが多いです。

 このような無症候性脳梗塞がCTやMRIで発見される頻度は、中年者で10%前後、老年者で20~40%、平均して13~15%と言われています。リスク要因としては高血圧や糖尿病、家族歴に脳卒中が認められる、などに加え...続きを読む


人気Q&Aランキング