轡田隆史さんの“「考える力」をつける本2”という本を読んでいて、向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイが紹介されていました。
全文を読みたいのですが、ネットで探してもわからず、どうやら本の題名ではないような気がします。ご存知の方がいたら教えてください。

ちなみにHPで「向田邦子 字のない手紙」で検索をしたら、上記、轡田隆史さんの本の一部がのっていました。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~nna/kanngaeruchikara …

A 回答 (4件)

#1で回答したものです。



すみませんやはり勘違いしていたようですm(_ _)m
「眠る盃」という本に載ってるみたいですね。
そしてタイトルは#2さんのご指摘どおり「字のない葉書」だと思います。

自分が昔買ったのが「夜中の薔薇」と「眠る盃」だったので混同していたようですm(_ _)m

参考URL:http://jissen.opac.jp/mukoda/detail.asp?LINK_ID= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
確かにこれですね。
今、本屋さんに電話をして在庫も確認しました。

お礼日時:2004/06/21 13:26

しつこくてすみません(^^;)



お勧めの本とのことですが、個人的には向田さんのフィクション系の話は余り好きではありません。

むしろ向田さんの実体験を描いたエッセイや旅行記のほうがずっと好きですし、向田さんの魅力にあふれているように思います。(あくまで個人的意見です)
ちなみに「夜中の薔薇」「眠る盃」はどっちも実体験エッセイです。

愛人系のお話が多いとのことですが、向田さん自身が妻子ある男性とお付き合いなさっていたようなので、(この辺の話は「向田邦子の恋文」という本に詳しいです)自分の境遇と重ね合わせてお話を作っていたのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。手にとる本とる本が愛人系だったので不思議に思っていたら、そのような背景があったのですね。参考になりました!

お礼日時:2004/06/21 17:12

こんにちは。


その作品は「字のないはがき」という題名では?
 
これで、もう一度検索されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。検索してみたのですが、教科書にのるような作品だったんですね。
beatleloverさんの回答で図書名もわかりました。ちょっと悲しい内容ですが、さっそく読んでみようと思います。

お礼日時:2004/06/21 13:28

おそらく講談社文庫から出ている「夜中の薔薇」という本に載っていると思います。


中学生時代の愛読書でしたが、向田さんの本は全て読んだので、ひょっとしたら記憶違いがあるかもしれませんので、できればお近くの本屋で内容をお確かめくださいm(_ _)m
下のURLは「夜中の薔薇」のAmazonの情報です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061831 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。
Amazonのサイトではわからなかったので、本屋さんで調べてみようと思います。
beatleloverさんは向田邦子さんの作品を全て読んだのですか?すごいですね。
ちなみに昨日、本屋さんで向田邦子さんの本のあらすじをちらちらと見ていたのですが、愛人系の話が多くありませんか?ちょっと意外でした。何かオススメの本があったら教えてください。

お礼日時:2004/06/21 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローマ字の練習帳など

子供がローマ字を習い始めたのでローマ字の練習帳や
練習問題を無料でダウンロードできるページはありませんか?
あれば教えてください。

Aベストアンサー

ぺろぺろパンダのローマ字れんしゅうちょう
http://kantan-net.main.jp/romazi.html

ローマ字の練習
http://www5a.biglobe.ne.jp/~koka/penmanship/romaji/roomaji_renshuu.html

Qおすすめエッセイ&紀行本

最近、なんだか嫌なことが重なってへこんでいます。
そんな時には笑える本を読みたいなーと思っているのですが
なかなか見つけることができません。

おすすめのエッセイや紀行本があれば教えてください!

ちなみに私の好きな作家は・・・
群ようこ、椎名誠、宮嶋茂樹、中村うさぎ・・・などなどです。
どうぞよろしくお願いします☆

Aベストアンサー

わたしは質問者さまとは全くシュミが重ならないようですが(^o^)(どれも読んだことナシ)、へこみ解消にご協力しま~す。

エッセイはひところかなり売れた
「ああ言えばこう食う」
「ああ言えばこう(嫁)行く」(集英社文庫)
阿川佐和子・壇ふみの往復エッセイです。後者は前者の続編で先月ようやく読んだのですが大声で「わっはっは~(^o^)」とやって家族に気味悪がられました。

あとは赤瀬川源平さん。
たくさん本を出してますが、うーん、
「新解さんの謎」(文春文庫)
「明解ぱくぱく辞典」(中公文庫)
「超芸術トマソン」(ちくま文庫)
などが一冊目としてはおすすめでしょうか。
「カメラが欲しい」
「我輩は施主である」
などは個人的に贔屓です。

柳家小三治の
「ま・く・ら」
「もひとつ ま・く・ら」(講談社文庫)
も好きですねえ。
へこんだときには落語そのものを読むのもいいですよ。難しいこと考えなくていいし。ちくま文庫などに「古典落語」あります。

紀行の方は、前にも別な質問にお答えしたことがあるのですが、
妹尾河童の
「河童がのぞいた」シリーズ。(新潮文庫他)
何冊も出てます。紀行以外のエッセイもあります。

林丈二
「イタリア歩けば…」(廣済堂出版・文庫あり)
他にオランダ編とフランス編があります。
もうひとつあったような気がしますが……忘れました(^_^;)。
紀行はどれも「わっはっは」系統ではなく「ほほ~(にやにや)」という感じです。にじみでるユーモア。

こんなところでいかがでしょう(^o^)。
では良い出会いを。

わたしは質問者さまとは全くシュミが重ならないようですが(^o^)(どれも読んだことナシ)、へこみ解消にご協力しま~す。

エッセイはひところかなり売れた
「ああ言えばこう食う」
「ああ言えばこう(嫁)行く」(集英社文庫)
阿川佐和子・壇ふみの往復エッセイです。後者は前者の続編で先月ようやく読んだのですが大声で「わっはっは~(^o^)」とやって家族に気味悪がられました。

あとは赤瀬川源平さん。
たくさん本を出してますが、うーん、
「新解さんの謎」(文春文庫)
「明解ぱくぱく辞典」(...続きを読む

Qきれいな字を書くための練習法

字が汚くて困っています。きれいな字を書くための練習法で、WORDでフォントを変えて印刷し上からなぞって練習するというのは、いい練習法でしょうか?フォントはCenturyやBatangでどうでしょうか?冬休み中に上達したいと思っています。

Aベストアンサー

素晴らしい心がけですね。見習いたいと思います。気に入った詩や文章等をワードにコピペし、お好きなフォントとそのサイズを選び、ごく薄いグレー等の色で印刷し、その上から書くようにしたらいいと思います。ちなみに私は写経をやっています。pdfファイルでダウンロードできましたのでそれで練習しています:
http://www.daiouji.or.jp/download/sutra_gray.pdf
その他「ペン習字・お手本」等の検索でいろいろ出ます。たとえば:
http://cumacuma.jp/2008/0115/92/

Qおすすめの本教えてください。エッセイなど

本を読むのが好きです。
昔はSFものが好きでしたが、今はあまり小説は読まず、もっぱらエッセイなど「実話」が好きです。
群ようこさん、原田宗典さん、谷崎光さん、柴門ふみさんなどのエッセイは好んで読みました。新井素子さんのエッセイも好きです。
たまによむ小説は恋愛物は好きではないので、推理ものなどです。
外国の小説は名前を把握するだけで大変で疲れてしまい、たいてい挫折しますが、スティーブンキングは何作か読みました。
こんな私にこれは面白いよ~という本がありましたら
教えていただきたいです。

Aベストアンサー

 遠藤周作さんの狐狸庵閑話シリーズはどうでしょうか。
遠藤周作さんは純文学を書かせるととても真面目なものを書きますが、このシリーズは、生の遠藤さんの姿がうかがえてとてもおもしろいです。
 例えば、幽霊が出るホテルが東にあると聞けば東へ行き、(実際に出るのかどうか)百発百中の占師が西にあると聞けば西に行き(行って正体を暴く)と言う風に好奇心旺盛で飽きさせず笑わせてくれます。
 遠藤ファンならみんな知っているシリーズです。

Qボールペン字の練習について

岡田崇花さんの「ボールペン字練習帳」という本を買って練習してきましたが、やっているうちにペン字の練習が楽しくなってきたので、ユーキャンのボールペン字講座を申し込み、現在教材待ちです。
教材が届くまで、この本で引き続き勉強したいと思う反面、ユーキャンの方と、この本の字が微妙に違うのが気になってきました。 
まだまだ下手なので、どのお手本でも上手に書けないのですが、お手本の字が違っても気にせず練習して問題ないですか?
書道を長くやっている人は、お手本の字もすべて同じではないと思うのですが、そのへんはどう対処しているのか、教えてください。

ちなみに私は、やっと正しいペンの持ち方をできるようになったくらいの初心者です。(まだ不安定で必死で書いてる状態です)

Aベストアンサー

 こんばんは。書道(ペン・筆)を25年間習っていた者です。
 私はずっと同じ宗派(?)だったので、習っているところでの変化はありませんでしたが、小学校の頃など学校主催で大会に出すようなお手本とは字体が違いました。習字の先生から、お手本の通りに書くように言われました。お手本の通りに書かないと上手でも賞の対象から外されるのだと思います。
 ユーキャンでも添削とかあるんですよね?ユーキャンが来るまで今の字体で練習していてもかまわないと思うのですが、ユーキャンに出すときはユーキャンのお手本に似せて書かないと添削が入ると思います。
 長く習って気づいたことは、習字で書く字と普段使う字は違います。ただ、基本が出来ていないと、普段の字も上手には書けませんが・・
 私も長く習った割には普段書く字はお手本のような字ではありません。でも、キレイとは言われるので、それなりの字を書いていると思います。
 まずは、がんばって練習することだと思います。

Q物事の本質を“ズバッと”言い当てている本

23歳女です。物事の本質を言い得ている本を探しています。
以前人間関係を見直そうと思い、
カーネギーの「人を動かす」を読みました。
なんというか…深さ、潔さを感じさせる内容で
言葉がスーッと心に染み入るような感覚がありました。
そして読後とても爽快な気分になりました。
以来実用書を選ぶ時には、
本質を突いているかどうか?という点を意識するようにしています。

ちなみに最近気になっている本は
・藤原 正彦 「国家の品格」
・M・バフェット「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 」
・ボブ・ディラン「ボブ・ディラン自伝」
です。

ジャンルは問いません。
“ホンモノ”な本を教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます。

ジョージ・ウェインバーグ「自己創造の原則」(三笠書房)は、なかなか面白く読めました。今の自分の考え方、行動様式はどうやって身に付いたものか、それを変える方法はあるのかといった内容です。

竹内久美子さんの「浮気で産みたい女たち」(文春文庫)は、傑作だと思います。タイトル通り浮気に関する考証本です。データが豊富で説得力があります。竹内さんは動物行動学のドクターで他にも面白い著書が出ています。

経営コンサルタント会社会長の船井幸雄さんの著書はどれをとっても私には、ためになりました。世の中のこれからのことを真摯に考えておられる方だと思います。

Qペン字を上手にしたい場合の練習媒体について教えて下さい。

字が下手で長年悩んでいます。
今までは、仕事柄PC中心で字を書く機会が少なく
そのままでいたのですが、転職し、お礼状や年賀状を
書く機会が増え、いよいよ必要に迫られてきました。

ちゃんと読める字ではあるのですが、近しい人に聞いてみると
「確かに上手とは言えないね…」と言われます。

そこで本題なのですが、以下のどの方法が一番効率良く
字が上達するでしょうか?
・字の練習本などを買って独学で練習する。
・添削サービスのある通販のペン字講座を習う。
・書道教室のペン字講座を習う。

もちろん他の方法や、コツなどでも良いです!
みなさんのご意見を教えてください!

Aベストアンサー

>・字の練習本などを買って独学で練習する。
・添削サービスのある通販のペン字講座を習う。
・書道教室のペン字講座を習う。

私は全部やってみましたが、
「書道教室のペン字講座を習う」が一番です。
お金はかかりますが、確実に上手くなります。
私は文化センターのようなところの教室に通いました。
辞めてしばらく経つのでまた癖が戻りつつあります。
独学では癖は直りません。そしてかなり根気がいります。

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q字が画期的に1冊でうまくなったボールペン字みたいな練習本ありませんか?

字が画期的に1冊でうまくなったボールペン字みたいな練習本ありませんか?

Aベストアンサー

「六度法」で検索してみて下さい。
このことを知らなかった人、私もそうでしたが、にとっては
画期的なことが分かりやすく書いてあります。そういうことを
気にしなくても上手な人にとっては何の意味もないことかも
知れませんが。
 止める、はねる、はらう、伸ばす、などを基本通りにやること
と、そして「六度法」で対自分比率五割増しくらいにはうまく
「見える」ようになれますよ。あくまで対自分ですが。それでも
同じ文字を100回書き取りするくらいの練習は必要です。私も
しました。自分の名前でやるといいです。
 もちろん、他の回答者の方の方法が正しいのだと思います。
でもこの本には、こういうわけできれいに見えるということが、
分かりやすく書いてあるので、練習のみの教本とは違い納得が
いきました。でも、ずっと続けることはやっぱり難しく挫折は
してます。ただこうするといい、という意識はできました。
 別に宣伝じゃないですよ。人それぞれだと思いますので。

Q中間管理職が読む本

部下をマネジメントするための本、または体験記等お薦めの書籍があれば教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
中間管理職が読む本かどうか分かりませんが…私が読んでためになった本を紹介させていただきます。


「すごい会議」
大橋禅太郎さんの著作です。アメリカのコーチングのプロに教わったテクニックを受け、自分でもコンサルティングを行っている方のようです。会議の仕方を抜本的に変える手法が紹介されていますが、それだけではなく、コーチングにも使えるような気がします。Yahoo!をはじめ、日本の大企業でも実践されているようです。一読の価値はあるかもしれません。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479791183/249-4621599-7754701


 次に、あまりお金をかけないで手に入るのは、中谷彰宏さんの仕事に関する著作です。中谷さんの本は正直に言って今まで軽視していましたが、あるメールマガジンで、女性の心理をつかむには絶好の教材だという評判を見たのと、今年ちょうど女性の同僚と仕事の関係でトラブルが度々あったことも影響して、読んでみました。…私にとっては確かに良い勉強になりました。
 私がつい先日読んだのは、「あなたが動けば、人は動く」です。一緒に購入した「人を動かせる人の50の小さな習慣」も、読みやすいです。書店ではなく古本屋の100円均一コーナーで買いました。そういうところにも、ちゃんと置いてある辺りが、多作家のよいところですね。


 あと、神経言語プログラミング(NLP)関係の本も、悪くないです。私は教育に関係するNLP本を読みましたが、ビジネス関連や理論編の書籍も多く出ています。本格的に勉強すると少し難しいかも知れませんが…エッセンスを知るだけでも得られるものもあるかと思います。もしかしたら、NLP関連の日本語サイトもあるかも知れません。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/external-search/249-4621599-7754701?tag=opera-22&index=blended&field-keywords=NLP
ちなみに私が購入したのは、「子どもの意欲を引き出す―NLP(神経言語プログラミング)活用事例集〈Vol.1〉 NLP(神経言語プログラミング)活用事例集 (Vol.1)」です。教育現場における活用事例が具体的に挙げられています。


 あとは教育学関係ですが…分かりやすいのでオススメなのが、向山洋一さんの「授業の腕をあげる法則」や「子供を動かす法則」です。小学生の集団を指導してきた経験則から得られたノウハウについて、子供の指導や集団統率の基礎基本を簡潔明瞭に述べています。初版は古いのですが、何度も刷られていて、会社の研修教材などにも利用されているようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4189091154/qid=1136380292/sr=1-16/ref=sr_1_2_16/249-4621599-7754701
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4189131199/ref=pd_sxp_elt_l1/249-4621599-7754701


 質問者の方がどのようなニーズをお持ちなのか分かりませんが…何かのお役に立てれば幸いです。
それでは。

はじめまして。
中間管理職が読む本かどうか分かりませんが…私が読んでためになった本を紹介させていただきます。


「すごい会議」
大橋禅太郎さんの著作です。アメリカのコーチングのプロに教わったテクニックを受け、自分でもコンサルティングを行っている方のようです。会議の仕方を抜本的に変える手法が紹介されていますが、それだけではなく、コーチングにも使えるような気がします。Yahoo!をはじめ、日本の大企業でも実践されているようです。一読の価値はあるかもしれません。
http://www.amazon.co...続きを読む


人気Q&Aランキング