銅の容器を海外通販で購入したのですが
梱包が簡素だったせいか、角が少し曲がっていました。
金づちで叩いたりペンチで曲げたりして、自分で平らにすることはできるでしょうか?
厚さは1ミリ位です。

質問者からの補足コメント

  • 曲がった部分の画像を添付します

    「銅製品を自分で曲げる事はできますか?」の補足画像1
      補足日時:2015/06/27 21:12

このQ&Aを見た人が検索しているワード

A 回答 (8件)

はじめまして、これは出来ることは出来るが、細心の注意をして取り組まないと割れるおそれがあります!


まずはじめに、約90度のお湯に5分~7分漬けて置きます。
次に、木材を用意して上下に当ててゆっくり手で圧を掛けて行きます。
ゆっくり押していくと次第にまっすぐになりますので、直ったら流水で冷やします。
そうしたら磨きをして、完了です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お湯につける方法は安全そうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/07/04 17:03

金槌や木槌は使いません。

伸びるので使ってはなりません。
"焼きなまし"もしてはなりません。

上部で平らな場所に伏せておいて、固い木で押し下げる。
または、掴箸( https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%8E%B … )のようなもので曲げます。
 一方はV型に切れ込みを入れた固い木の板で挟んで起しても良いでしょう。
 特に焼きなましの必要はないでしょう。というか、製作過程で固くなっているものをわざわざ柔らかくするのは避けます。もちろん防錆のための処理もされているでしょうが、それ以上に酸化銅になって色が変わってしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

固い木で押し下げる方法が一番簡単そうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/29 17:52

こういうことはよくやっています。

出来ますが、幾つか注意がいります。硬質のものを除けば銅は可撓性(曲げやすさ)がありますから、力を入れ過ぎず、何度も何度も少しずつやるようにしないといけません。
矯正には下に硬くない平らな台を敷き(硬くない平らな台がないときは硬い台の上に目地のないシートを敷く)、上も同様にして、金づちではなく木づちで軽く上の台を叩きます(様子を見ながら叩く力を加減してください)。ペンチで摘まんで曲げると、ペンチで摘まんだ部分が跡(キズ)になって残りますし、均等に均して曲げにくい(平らになりにくい)のでお勧めできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金づちより木づちの方がいいのですね。
探しに行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/29 17:43

様子を見ながらペンチで少しずつ曲げると良いですよ。

ハンマーは狙いが外れたり曲げすぎたり意外と難しいです。先の回答にあるようにキズがつかないように養生して下さい。

バーナーで焼く必要はありません。
銅は、曲げなどの加工をすると硬くなるので、大きく加工する場合には何回かに分けて曲げます。途中で加工しやすいようにバーナーで焼きます。時効処理とか呼んだりします。
この程度の修正では問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

焼くのは最後の手段にします。
ペンチを使う場合は対策しますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/29 17:47

厚さ1mmということなら十分修復可能と考えます。


素人の段階では焼いて曲げるはしない方がベター。
とにかく簡単な方法から試してください。

1)品物を堅く傷がつかない床に伏せ、木片などでゆっくりと
  押してみる。
  
2)ペンチなどつまんでやる時は、必ず刃先にテープなどを巻いて
  品物に傷のつかないようにしてください。
 (十分に深い位置から行わないと途中に段がつく可能性もあり)

3)叩いて行うは、微妙なところですが技術もいります。
  ハンマーは金属でなくプラスチックにしましょう。
  柔らかめの木の受け台に当て、位置をずらせながら行います。
  叩く力が弱すぎたり同じところばかりだと、部分的に伸びて
  変な形に。元に戻りませんので注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ド素人なので焼くのは難しそうですね。
簡単な方法から試してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/29 17:41

金床と木槌を用意します


曲がった部分をガスの火であぶります
銅が赤い光を出すまであぶります
自然に冷まします
金床に載せて木槌で叩いて伸ばします
銅が黒くなるので全体をサンポールで洗います
元の赤銅色になります
サンポールの成分を水できれいに洗い流して下さい
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました

お礼日時:2015/06/29 17:41

写真で見るかぎり、修正は可能でしょう。


板を敷いて、この器を(写真の)上下逆さまに置いて
当て木をして、少しずつハンマーで叩いていけばいいでしょう。


いわゆるペンチは挟むところにギザギザがあるので傷がつきます。


他の方法としては写真の状態の位置で
曲がったところを机にひっかけて、器の本体を押すといった
方法もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

引っ掛ける方法なら私でもできそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/29 17:41

焼いて叩けば出来ますがきれいに仕上げるには経験を要します

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅板は何℃で変色するのですか?

銅板は何℃で変色するのですか?

1mmの銅板の全体を少しずつ加熱していくと、酸化されて銅板が徐々に変色していくと思うのですが、何℃ぐらいで変色が始まるのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに常温でも起こります。でも非常にゆっくりです。
常温でゆっくり起こった時と加熱して起こった時とで反応が異なりますので色も異なります。

時間スケールが示されていませんので答えようがありません。
加熱もどの程度のことを考えておられるのかが分かりません。

ご自分でやってみるのが一番いいです。

ホームセンターで売っている銅板の場合、表面は既に変化している可能性があります。
第一段階の反応がたいてい起こってしまっています。
きれいな銅本来の色というのはなかなか見るチャンスがありません。

Q敷き鉄板の切断について。  知り合いから、敷き鉄板(厚さ20ミリ位)を

敷き鉄板の切断について。  知り合いから、敷き鉄板(厚さ20ミリ位)を数十センチ切断したいとの相談を受けました。

私の知識では、普通はガス切断、出来ればエアプラズマという回答しか出てきません。 この二つを使わない方法というと、他にどんなものが考えられますか? 教えたください。

P.S. 友人からは、切断砥石(100ミリ)で切断できないだろうかと相談を受けましたが、20ミリの鉄筋棒ならともかく、20ミリの鉄板を数十センチに渡って、切断するのは危険すぎると伝えました。

Aベストアンサー

私も質問者さんの見解に賛成です。100ミリの切断砥石だと、危険と言う以前に「やれるもんならやってみな」ですよね。20ミリどころか、5ミリ厚でも個人的にはやりたくありません。おそらく質問者さんも同じでしょう。

他の方法となると、後はレーザ加工機の出番でしょうが、どう考えてもガスの方が一般的では?

Q玄米発芽用の銅板を紛失!~圧力沸騰炊飯器「かまど味」~

こんにちは。
通販生活の発芽玄米圧力沸騰炊飯器「かまど味」の付属品である、発芽用の銅板を紛失してしまいました。
というよりは、これまで家のことを管理していた母がこの冬になくなり、父はどこにしまったか把握していないのです。
(私はそれまで家を出ていましたが、この春大学を卒業し実家に出戻りしました)

探せば出てくると思うものの、この時期にどこにあるか見当もつかないものを家中ひっくり返して探すわけにもいかないので、ホームセンターなどで何か代わりになるものを購入することを検討しています。

そこで同じ炊飯器を使ったことのある方に質問なのですが、銅板はどのような仕様ですか?
詳しく教えて下さい。
直径何センチで、気孔がどのように並んでいるのか、何か特徴的な加工がされているのか、なるべく詳しく教えて頂けると助かります。
(私は実物を見たことがありません)

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です 
一度 画像を載せましたが画像が大きすぎた為 再度載せますね。

それと銅板の問い合わせ番号ですが
0120-701-567です
日曜 祝日は休みらしくて,7日~営業との事です。
一度 電話して問い合わせてみてね。

QXフックのピンを壁に打つため金づちは必要?

Xフックのピン(耐重量1~3kg)を壁に打ち込みたいのですが、何か道具は必要ですか?

それとも素手で刺せますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No2のrimurokkuです。
>90度で押し込んだ方が落ちにくいでしょうか??

書き方が悪かったのでしょうか、ピンが壁に対して90度とは書いて居ませんが、何か勘違いされたようです。

「ピンの針の方向が、フックの壁に接する角度に合わせて真っ直ぐに成る様に気を付けて打ち込むことが大事です。」と書いている通り、フック本体の裏側、壁に接する面が壁と平行に成る様にピンの方向に気を付けてくださいと書いたつもりです。
フックによってピンの角度は色々なので、ピンの角度は限定出来ません。
ピンの角度に関係なく、フック本体裏側の壁に接する部分が壁に平行に成る様にしてくださいと言う事です。
打ち込んだときに、フックの本体裏側が壁に密着出来ない角度で打ち込んでしまうと、ピンを無理に曲げたりずれて穴が大きくなってしまう事が有りますので、注意して下さいと言う事です。
特に石膏の壁の場合は、打ち込んだ後に無理に角度を変えると、穴が大きくなって抜けやすくなります。

説明が下手で無駄な書き方に成ってしまって居ますが、理解して頂けたでしょうか。
下手な説明で勘違いさせたことお詫びします。

No2のrimurokkuです。
>90度で押し込んだ方が落ちにくいでしょうか??

書き方が悪かったのでしょうか、ピンが壁に対して90度とは書いて居ませんが、何か勘違いされたようです。

「ピンの針の方向が、フックの壁に接する角度に合わせて真っ直ぐに成る様に気を付けて打ち込むことが大事です。」と書いている通り、フック本体の裏側、壁に接する面が壁と平行に成る様にピンの方向に気を付けてくださいと書いたつもりです。
フックによってピンの角度は色々なので、ピンの角度は限定出来ません。
ピンの角度に...続きを読む

Q水道水に亜鉛板と銅板を入れると電池ができるかどうか

水道水に亜鉛板と銅板を入れると電池ができるかどうかを確認するために、次のような実験をしました。

【実験操作】 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8487883.html のNo.12の添付写真を参考にして、実験1~実験4を順に行った。
実験1:水道水と亜鉛板と銅板の組み合わせで電位差を測定した。
実験2:食塩水と亜鉛板と銅板の組み合わせで電位差を測定した。
実験3:もういちど、水道水と亜鉛板と銅板の組み合わせで電位差を測定した。
実験4:もういちど、食塩水と亜鉛板と銅板の組み合わせで電位差を測定した。

【実験結果】実験1~実験4のすべてで、電位差は0.8Vだった。

この実験結果をどのように解釈したらよいのか、教えてください。

「食塩水に亜鉛板と銅板を入れると電池ができるのと同様に、水道水に亜鉛板と銅板を入れると電池ができる」ということなのでしょうか。
それとも「このような実験では、電池ができるかどうかを判断できない」ということなのでしょうか。

Aベストアンサー

>「このような実験では、電池ができるかどうかを判断できない」ということなのでしょうか。
の方だと思います。また「用いられた物質が電池の構成要素になっている」ともいえないのです。

「電池になる」という言葉があいまいに使われていると思います。
(イ)電位差が生じていれば電池ができているということができる
(ロ)電流が実用的な大きさで取り出せて初めて電池ができているということができる

この2つは似ていますが同じではありませんね。
電池はもともとは道具ですから何かの仕事をさせるために利用するものです。
それでいうと電流が取り出せるということが大きな条件になると思います。
もちろん電位差がなければ電流は流れませんが、電位差が生じていれば電流が取り出せるとは限らないのです。電位差というのはエネルギー論的なものですが電流が流れるという場合には速度論的なものが付け加わります。反応熱と反応速度の違いのようなものが関係してきます。水素と酸素の反応は大きな発熱反応です。でも単に混ぜただけでは反応は起こりません。燃料電池ではこの反応が実用的な速さで起こるように工夫されています。(ロ)の立場で考えるほうが紛れがなくていいと思います。

>食塩水に亜鉛板と銅板を入れると電池ができるのと同様に、・・・
と書かれていますので食塩水を使った電池で考えてみます。

200mLのビーカ、食塩水、ソーラモータ、亜鉛板、銅板、リード線を用意します。金属板は5cm×10cm程度の大きさのものだとします。回路を組んで電極を挿入します。モータは回ります。でも数分間で止まります(豆電球であればもっと短い時間で止まります)。

モータが回っているとき、電池ができているというのは曖昧さはありません。
モータが止まってしまった時の状態が問題です。これも電池だと言うことができるかどうかです。
電流を流すことができていた電池が電流を流すことができなくなってしまったのです。電池の働きに必要な何かの成分が不足してしまったということになります。でもこれは2つの状態を比較してみることができているという立場から出てくることです。単に電圧を測ったということだけであればもともと電位差の小さい反応であったということなのか、電池の構成要素のどれかに不足をきたしているということなのかの区別がつかないのです。モータの回らなくなってしまった電池でも起電力を測ればたぶん0.8Vぐらいになるでしょう(私は測っていません)。

モータが回らなくなったら銅板を取り出します。数分間おいてまた挿入します。モータがまた回るようになります。これは何回でも繰り返すことができます(長い目の銅板を使うと上下をひっくり返して入れるという操作だけで連続的に何回でも電池として働かすことができます)。空気中に銅板をさらしたということが電池の機能復活に関係するということですから空気中の物質(酸素)が反応の決め手になっているということがわかります(肉眼的には2つの銅の状態は区別がつきません)。この電池の起電力は銅板と亜鉛板の間のものではありません。銅板の表面の付着物と亜鉛板の間に生じているものです(どういう付着物であるのか、どういう反応をしているのかはまた別の問題です)。
現在の化学の立場では物質を化学式で表現して現象を考えています。その立場で言うと銅はCuです。銅板の表面の付着物はCuではありません。この付着物が反応しているとするとそれは銅板の反応ではありません。銅板は電池を構成している導体(電線、電極)としての意味しかないことになります(ボルタの時代には銅板といえば銅が主成分であれば表面がどうなっているか、何が混ざっているかはほとんど問題にされていません。だからこそ2種類の金属と電解質溶液という構造に対する表現が出てくるのです。)。

付着物が問題だということは電流を取り出すという作業の中で見えてきたことです。電位差の測定だけではわからないことです。したがって電池の構成を考えるときには電流が取り出せる構造を想定してのものになります。電圧の測定で0.8Vが得られたということだけではどういう電池になりうるかという判断はむつかしいということです。

0.8Vという数字について考えてみます。
亜鉛が酸化される反応の標準電極電位は0.76Vです。これは平衡電位(電流が流れないようにして測られた電位)ですから実際はこの値以下のはずです。また反応の相手の存在も必要になります。0.76Vという値は水素電極が相手になっています。食塩水、亜鉛板、銅板という電池構成では水素電極に対応するものは存在しません。Cuが相手であると考えるのは水素が相手になっていると考えることと同じですから 0.8Vという数字は出てこないのです。0.8Vが出たということ自体、Cuでない相手が存在しているということを表しています。使われた電極は写真を見てもわかりますがさびています。ピカピカに磨いてやってみてください。値が変わるはずです。モータを取り付けてみるのも試してみてください。

とにかくこんな議論をしなければいけないということ自体がボルタ電池は授業で扱うのには適していないということを表しています。

>「このような実験では、電池ができるかどうかを判断できない」ということなのでしょうか。
の方だと思います。また「用いられた物質が電池の構成要素になっている」ともいえないのです。

「電池になる」という言葉があいまいに使われていると思います。
(イ)電位差が生じていれば電池ができているということができる
(ロ)電流が実用的な大きさで取り出せて初めて電池ができているということができる

この2つは似ていますが同じではありませんね。
電池はもともとは道具ですから何かの仕事をさせるために...続きを読む

Q「丸ノコ180ミリ用に160ミリの刃」使用できるか

日立丸ノコの180ミリサイズに165ミリサイズの刃を取り付け使用できますか、内径は合います。

Aベストアンサー

取付け・使用も問題ありませんが、刃の直径が少ない分切断可能寸法が165mm専用の本体に比べて若干少なくなるだけです。日曜大工では支障は無いでしょうが、プロ用としてはお勧めできません。なるべく本体サイズに合った替え刃を取り付けましょう、価格差もそんなに無いと思います。

Q銅板瓦棒ぶき屋根について

小生が住んでいるマンションは“銅板瓦棒ぶき屋根”とパンフレットにはなっている。
銅板は年月がたつと緑青がでて青くなると聞いている。
最初からこの屋根は青くなっていたが、最近一部が赤茶色になっている。
こういうことが実際に起こるのでしょうか。或いは銅板が薄い場合または素材が異なっているのでしょうか

Aベストアンサー

その銅板は緑青板が、つかわれていると思います。
緑青板は銅板に薬品処理で、最初から緑青のようにみせるようにさせてある銅板で、一般の銅板に比べてたいへん高価です。
緑青板は、大きな色調の変化はあまりありませんが、通常でも年月により多少の変化を生じる場合があり、たとえば、雨だれがおきるような場所、近くに工場などが、あり大気が、汚染されている場合、近くに電車が、通っている場所など、もらい錆びや、酸性雨で、表面の加工がとれて赤茶色に変わってきたのではないかとおもいます。
銅板の緑青は、表面だけにしかあらわれず、内部まで、進みません。また、緑青自体が、銅板をさびから守るはたらきもあり。人体にたいしても無害です。
銅板が、錆びて銅板にあながあくのではなく、酸性雨などの外的要因で、銅板を腐食させるのです。
銅板は本来はメンテなどいりません。
ですから、神社、仏閣の建物の多くは、銅板の材料が、多く使われる要因です。
それよりも現在は、大気が、大変よごれていると自覚されることです。

Q金づちの音を小さくする方法

先日、ベットの作り方を丁寧にお答えくださった方、ありがとうございました。

おかげさまでベットを作成していますが、防音のマットは引いていりのですが、やはり金づちとくぎが触れ合う音がうるさ過ぎて、近所に配慮が心配です。


金づちに何ゴムや布をつけても、すぐに穴があいたりてもとの打つ角度が狂います。

カンカン!

の音を小さくするいいやり方ないでしょうか?

Aベストアンサー

釘はやめてねじ釘(コーススレッド)を電動ドライバーで回すようにすれば打撃音はなくなります。
http://www.youtube.com/watch?v=y0F0QpzX9Hw
↓1例
http://item.rakuten.co.jp/kirakubu/10007149/

Q屋根の銅板の修理・塗装について

建築後、30年が経ちました。
瓦屋根なのですが、谷のところのつなぎには、銅板が使用されています。その銅板が近頃(ここ5年)茶色い錆のようなものが出始めました。
瓦屋さんに相談したところ、瓦外して、銅板を新しいものにすべきとのことでした。その場合、銅板は、外壁の中に入っているので、外壁もやり直し、そして、その部分だけだと見栄えが悪くなるから結局、屋根と外壁の全体修理になりますね。と言われてしまいました。費用も1000万円近くかかるそうです。
納得できなかったので、昨日、屋根に上って確認しましたが、まだまだしっかりした銅板でした。

そこで、お知恵を拝借したいのですが、この銅板に塗装をしたいのです。手順を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です
谷の両脇に瓦が斜めにカットして葺いてある谷だと思います。外壁を外すことができれば、のし瓦を外して入れ替える方法がありますが、外せない場合はのし瓦の少し手前で銅版の谷樋を切断して新しい銅版谷樋を差し込んでやる方法があります、金額は10万から15万円位でできると思います、一度、専門業者の建築板金屋さんに相談されたほうが良いと思います,建築板金屋さんは屋根樋外壁の専門家 瓦屋さんは瓦屋根の専門家ですから見る視点が違ってきます。
塗装で対処する方法ですが、谷樋を掃除ケレンする場合変色しているところが穴が開く可能性が高く、瓦をめくって瓦の下をしっかり塗装する必要があります(瓦をめくってしまうと元に戻すのが大変です。もしやる場合は穴を開けた時の為に防水テープを用意したほうが良いですよ
けっして変色しているところを押えないように(最近は銅板に穴が開きます昔は長持ちしたんですが、酸性雨ですかね)

Qねじ山が潰れて丸くなっていてドライバーで取れません‼ ネジの回りはペンチが入りません。 どうしたらい

ねじ山が潰れて丸くなっていてドライバーで取れません‼
ネジの回りはペンチが入りません。
どうしたらいいんでしょうか?

教えて欲しいです。

Aベストアンサー

規格に合わないドライバーや先端が摩耗したドライバーを使うとそうなる。#1を使うべきところへ#0を使ったとか。
 ねじにドライバーを当てて、手を放しても倒れない規格をつかうのが目安。
1) 本来の規格のドライバーの新品をつかう。
 外車の場合は、フィリップス・スクリュー( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC_(%E5%B7%A5%E5%85%B7)#.E3.83.97.E3.83.A9.E3.82.B9.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.BC )ではなく、ポジドライブ( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC_(%E5%B7%A5%E5%85%B7)#.E3.83.9D.E3.82.B8.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.96.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.BC )の場合があるので注意が必要です。いずれも国内で市販されている。

2) それでだめな場合は、No.4で回答されている( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9397309.html )さんが書かれているナメたネジはずしビットが良いです。私も常用しています。
 しかし、あまり細いねじには使用できない。

3) 頭を飛ばしてしまう。
 ネジ径の.85掛け程度のドリルで頭の中心からドリリングします。
 M2でしたら、1.6mm程度
 電気ドリルでは過大--で発熱で樹脂が溶けるなど---なので Dタイプの ピンバイス( https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=D+%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9&gws_rd=cr&ei=T_DEV9L6M8my0AT6tpXADA )を使用します。
 他のビスを取り外すとカバーが外れますから残ったネジ軸をラジオペンチでつかんで外す。

 結構、いい加減な回答が多いので、気になりました。

規格に合わないドライバーや先端が摩耗したドライバーを使うとそうなる。#1を使うべきところへ#0を使ったとか。
 ねじにドライバーを当てて、手を放しても倒れない規格をつかうのが目安。
1) 本来の規格のドライバーの新品をつかう。
 外車の場合は、フィリップス・スクリュー( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC_(%E5%B7%A5%E5%85%B7)#.E3.83.97.E3.83.A9.E3.82.B9.E3.83.89.E3.83.A9.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.BC )ではなく、ポジドライブ( https://ja.wikipedia...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報