以下、分かりづらい文章で大変恐縮ですが、ご教示いただければ幸いです。


3日前、自宅前の道路にて「一時不停止」の青切符を切られました。

一時停止した意識がありましたので、現場で否認し続けるも、パトカーに乗車していた警官(2名)から執拗に「違反です」「徐行はしていたが一時停止していない」と言われ続け、急いでいたこともあり、青切符に署名してしまいました。

しかし、やはりどうしても納得がいかないため、否認に転じようかと思っています。

【取り締まり時の状況】
添付画像が現場です。
取り締まり時の状況は、以下のようなものでした。

・私の車(赤矢印)=画像左上方よりA道路を赤矢印方向に走行し、一時停止線にて一時停止し、B道路合流地点まで徐行し、B 道路に合流。
・パトカー(黒矢印)=画像右下方よりB道路を黒矢印方向に走行し、白色丸印地点にてA道路より走行してきた私の車の後ろに着く。

・A道路、B道路共に制限速度は30km/h
・A道路の一時停止線からB道路への合流線までは、およそ17m程度

<警官の主張>
・徐行はしていたが一時停止していない。違反だ。

<私の主張>
(1)一時停止線で間違いなく一時停止している。
(2)パトカーが仮に10km/h程度の超徐行走行をしていたとしても、動線上、A道路の一時停止線を見ることができる区間(時間と距離)は、ごく限られる。かつ、停止線手前からの走行も含めて視認するとなると、物理的に無理である。さらに、画像に黄色く線を引いた箇所は高さ2m程度の土手であり、A道路への死角となる。
(3)仮にパトカーから停止線を視認できたとしても、パトカーの視認地点、停止線から合流点(白マル印)までの距離を考えると、パトカーが私の車の後方に付くことはできず、私の車がパトカーの後に付くような位置関係でB道路に合流することになる。
(4)したがって、パトカーが現認したのは停止線ではなく「合流線」ではないかと推測される(合流線を停止線だと勘違いした?)。または、さすがにないとは思いますが、悪意あるでっち上げ。


【私が求めるもの】
・実況見分または供述調書作成時など、取り締まった警察官に自らの誤りを認識させ、謝罪させる。

【ご教示いただきたいこと】
上記「私が求めるもの」を獲得するには、どのような手段をとればよろしいでしょうか?
正式裁判をやったところで、時間と手間がかかる一方、仮に無罪を勝ち取ったとしても、罰金は払わなくて済んでも裁判費用はかかってしまいますし、できれば避けたいと思っています。
そこで、下記のようなことはできるのでしょうか?

(a)所轄警察署に乗り込み、添付画像を見せ、誤ちを認めさせ、謝罪させる
(b)違反金を払わず、実況見分に立ち会い、誤ちを認めさせ、謝罪させる

上記(a)または(b)の実現可否、または他の方法などありましたら、ご教示いただければ幸いです。

「ムカつくから謝罪させたい!」という感情的な部分ももちろんありますが、とはいえ、このような誤った取り締まりを泣き寝入りしてしまえば、これからも間違った取り締まりが続き、すべての運転者にとって不利益な環境を与えてしまうことになってしまうと思いますので、ぜひ正したいと思っております。


何卒よろしくお願いいたします。

「交通違反|青切符署名後に否認して、裁判を」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。

    既述のような状況であっても、一停の取り締まりは勝ち目がないのでしょうか?

    パトカーは、たまたま通りかかったのだと思っています。

    <理由>
    ・パトカーの走行道路は一車線道路+カープが続いている箇所であり、停車するのは極めて危険
    ・周りに潜んでおけるような道路もない

    裁判をしなければシロクロつけられないというのは、おっしゃるとおりでなのですが、とはいえ今回の主たる目的は「謝罪」です。
    裁判で勝ったところで、謝罪してもらわなければ意味がないと思っています。反則金を渋っている訳ではありませんので。
    尚、仮に裁判をするとすれば、正式裁判しか選択いたしません。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/09/13 12:59

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

法学部出身です。



このような問題は、裁判をしない限りどうしようもないし、否認の99・99%までは不起訴であるのもその通りです。でもある程度まではできるかもしれません。

まず、青切符を後から否認することは可能です。反則金を払わないでいれば、否認したことになります。そうなると、裁判になります。

で、裁判にするためには、警察は調書と実況見分書を作成しなければなりません。これが重要です。

まず調書は質問者様から再度聴取し、運転手側の言い分として検察に送る必要があります。最初から否認すると、その場所で調書を取るのが普通ですが、切符にサインをしてからの否認なので、もう一度やり直しになるからです。

そして、検察で検討するために、実況見分書を作成しなければなりません。この時に実況見分に参加できますので、あらかじめ警察に「実況見分に絶対に参加する」旨を伝えておきましょう。また、勝手にやってしまう連中もいるので、連絡した電話内容などは録音しておくほうがいいでしょう。

実況見分は、取り締まりを行った警官と取り締まられた質問者様、両方の言い分を聞いて、図面や調書に記すものです。この時に思う存分、主張するといいでしょう。必要なら証拠写真も持って行ってください。

もちろん勝手な実況見分書が作られないように、会話の録音と現場の写真なども必要でしょう。動画のほうがいいかもしれません。

この後は、検察に行って質問者様が起訴されるかどうかですが、ご存知の通り99%以上の確率で起訴されることはありません。終わりです。

ただ、実況見分書が取り締まりした警官以外の人(特に上司)の目に触れることは重要です。私の経験では、私が捕まった場所で文句を付けたところ(上記の手段をちゃんと取ったところ)その後、一度も取り締まりを行っていない場所がいくつかあります(毎日車に乗る仕事をしています)、私がいちゃもんをつけたせいで、問題点が見つかってそこでは取り締まりができなくなった(しにくくなった)のだと信じたいです(笑)

また、いろいろ調べた情報によると、警官には取り締まりノルマがあり、青切符を否認されるとその警官の成績に傷がつくそうです。特に調書は時間も手間もかかる作業ですから、すごく嫌がれるようです。

そういう点からも、質問者様が主張できる場は実況見分しかない、といえるのではないでしょうか。

最終的には検察で不起訴(実況見分してから3か月後ぐらいで、なにも連絡が無い場合はほぼ不起訴)で、罰金がなくなります。点数は残りますが、これを裁判にしても勝てないという判例がありますので、それはあきらめるしかありません。(本当は、集団訴訟とかすれば変わるんでしょうが、今のところそういう機運はないですね)

この時点で、まだ怒りが収まらないなら、不起訴になったことを確認したうえで、切符を切った警察の都道府県警本部の監査室に文句を言いましょう。

日本の警察は、まじめではありますから、謝ることはしなくても問題があれば、そういう取り締まりはしなくなります。

個人でできるのはこれが限度だと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

とても丁寧にご回答いただき、心から感謝いたします。
警察関係者の方?(笑)からのご回答が多かったので、とても参考になります。

>裁判にするためには、警察は調書と実況見分書を作成しなければなりません。これが重要です。
>そういう点からも、質問者様が主張できる場は実況見分しかない、といえるのではないでしょうか。
そうですよね。私は裁判をするための手段ではなく、目的として調書と実況見分書を作成してもらいたいと考えていますので、非常に重要視していますし、これしかないと思っています。

>そして、検察で検討するために、実況見分書を作成しなければなりません。この時に実況見分に参加できますので、
>あらかじめ警察に「実況見分に絶対に参加する」旨を伝えておきましょう。また、勝手にやってしまう連中もいるので、
>連絡した電話内容などは録音しておくほうがいいでしょう。
勝手に実況見分してしまうことはあるみたいですね。現場で録画しなかったことを心から後悔していますので、今後はしっかり録画したいと思います。彼らにプライバシー権云々を主張して拒否する権利はないようですので。

>実況見分書が取り締まりした警官以外の人(特に上司)の目に触れることは重要です。
そうですね。
本当は起訴してもらいたいところですが、他の警官の目に触れることは、私も有意義だと思います。
少しでも不当な取り締まりの抑止になればいいのですが。。。

>最終的には検察で不起訴で、罰金がなくなります。点数は残りますが、
>これを裁判にしても勝てないという判例がありますので、それはあきらめるしかありません。
>(本当は、集団訴訟とかすれば変わるんでしょうが、今のところそういう機運はないですね)
ご指摘の通り、集団訴訟などで徹底的に争うべきだと思うのですが、誰かが旗を降らない限り、泣き寝入りしてしまうんですね。。。
やはり、警察の取り締まりは悪質なカツアゲですね。

>この時点で、まだ怒りが収まらないなら、不起訴になったことを確認したうえで、
>切符を切った警察の都道府県警本部の監査室に文句を言いましょう。
>個人でできるのはこれが限度だと思います。
はい。もちろん、目的は不起訴になることではありませんので、本人もしくは関係者から、それなりの言葉を引き出したいと考えています。

色々とありがとうございました!

お礼日時:2015/09/14 15:38

「委託金」だったか「保留金」たったか正確に記憶していませんが、こんな感じです。



費用の請求があって支払わないと罰せられる可能性があります。
委託しておけば、「支払う意思はあるが、支払の必要性に納得していない」と言うことで罰せられる可能性が無くなります。
請求側は、裁判など(?)で必要性を証明しないと、そのお金を回収できない。

自動車工学だか、オートメカニックだかの月刊誌でシリーズ化されてました。「横暴な警察の所業を許すな!」的な記事です。図書館ならバックナンバーも読めるかも知れません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご教示いただきありがとうございます。
ぜひ参考にさせていただきたいので、図書館で調べてみます。

お礼日時:2015/09/14 00:14

その警察官は謝罪しません。

警察署長の謝罪になります。

以前、どこかの大学近郊の交差点で「一時停止違反」で検挙されたが、一時停止の標識が無効だったため、過去数十人にさかのぼって違反が無効になったことが、新聞に出てましたよ。

反則金を裁判所の委託金(?)にしておけばどうだろう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。

もし所轄所長が謝罪するのであれば、それでも十分です。
しかし、残念ながらご教示いただいたケースのような物的証拠は添付画像ぐらいしかありませんし、裁判をせず添付画像のみ、または現場検証をもって誤認であることを認めさせられるか・・・ですね。

反則金を裁判所の委託金というのは、どういったことなのでしょうか?
大変恐れ入りますが、詳しくご教示いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2015/09/13 23:34

ドライブレコーダー付けましょうね。



あなたが一時停止したという証拠、警察が誤認したという証拠。
これらの立証が出来なければ認めさせることは無理。

そして違反を認めてしまった以上、絶対に覆らない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ドライブレコーダーは、今回のことを受け、付けようかと思っています。
極めて本末転倒ですが。。。

>あなたが一時停止したという証拠、警察が誤認したという証拠。
>これらの立証が出来なければ認めさせることは無理。
もちろん、そうだと思っております。

>そして違反を認めてしまった以上、絶対に覆らない。
絶対に覆らないのでしょうか?
事後、否認に転じて勝訴した事例は少なくないようですが。。。

お礼日時:2015/09/13 22:11

>(a)所轄警察署に乗り込み、添付画像を見せ、誤ちを認めさせ、謝罪させる


出来ますが。
建造物進入、公務執行妨害、強要などで逮捕される覚悟が必要でしょう。

>(b)違反金を払わず、実況見分に立ち会い、誤ちを認めさせ、謝罪させる
警察、検察段階での現場検証に被疑者を立ち会わせることは無いでしょう。
勝手に立ち会うのならば公務執行妨害、強要などで逮捕される覚悟が必要でしょう。

裁判の結果にかかわらず警察官は謝罪しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

(a)
乗り込みという表現が良くなかったですね。
逮捕されるような隙は見せずに乗り込みますのでご安心ください。

(b)
「現場検証は希望すれば立ち会える」との認識でしたが、誤りでしょうか?
勝手に立ち会うこともできませんので、逮捕されることもありません。ご心配いただきありがとうございます。

>裁判の結果にかかわらず警察官は謝罪しません。
そうなのでしょうね。。。

お礼日時:2015/09/13 22:07

No.3です。


「裁判をしないで」相手を説得するとすれば、
検察から呼び出されたときに説明することです。
相手は検察官ですから、それなりに頭もいいので
負けると思えば、不起訴になる可能性もあります。
勝つと思えば略式起訴になりそれも拒否すれば
初めて本裁判になります。
赤紙で行ったことありませんか?
あそこで説明できるかどうかと、
それを検察が受け入れるかどうかって事です。
あと、反則金は払ってないんですよね?
払ってたら、すべての処理は終わってますから
呼び出されることはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

赤紙で行ったことはありません。
また、反則金はまだ払っていません。

私自身は、冷静に考えても、状況的に正式裁判になればシロであることを実証することができると考えています。
しかし、時間と労力などをかけて無実を証明したいと思っているのではなく、
あくまで取り締まった警察官を正したいだけなのですが、それはむずかしそうですね。。。

正直言って、今回の取り締まりは合法的なカツアゲです。
パトカーに「オレオレ詐欺」のステッカが貼ってありましたが、「お前らも詐欺師だろ!」とツッコミたくなりました。

裁判で異議申立てができるとはいえ、間違った取り締まりのように気軽にできるものでもありませんので、
何かいい手がないかと思っております。

お礼日時:2015/09/13 15:19

>>サインした後の事後否認は無駄なのでしょうか?



支払いを拒否して、交通裁判まで持って行って、仮に執行猶予を勝ち取っても反則金そのものは自治体収納なのでそこまでは取り返せません。
費用対効果を考えれば無駄としか思えません。

損してまでやることでもないとは思いますが?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一般的に、99.9%不起訴になると言われていますが、それでも執行猶予なのでしょうか?
今のところ、最悪でも不起訴→反則金(罰金)は払わず、裁判費用のみ払う
と理解しております。

お礼日時:2015/09/13 15:06

>サインした後の事後否認は無駄なのでしょうか?


はい、無駄です、
一番手っ取り早いのは罰金を払うことです
嫌なら、お好きに裁判してください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
尚、手っ取り早い方法を模索している訳ではありません。

お礼日時:2015/09/13 15:03

「青切符に署名」ということは、その時点では「全てを認めたこと」になります。



警察では「あなたが認めた」という事実をもって、その後の処理をします。

それを覆すためには裁判しかありません。

「誤った取締方法」ということであれば、あなたがそれを証明しなければなりません。
警察官の現認状況においては証人も必要になるでしょう。
これは、法廷においてのみ可能で、判断するのは裁判官です。

仮にあなたが証拠を掴んで警察にいったとしても、「それならすべては裁判で明らかにしましょう」と言われてそれで終わりです。

警察は、あなたが提示する証拠が、本当に証拠たり得るかどうかの判断はしません。
あくまで「適正な取締であった」と主張するからです。

従って、残念ですが(a)も(b)不可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
(a)も(b)も、やはりむずかしそうですね。。。

ちなみになのですが、仮に現場で否認し続けていれば、「誤った取り締まり方法」を裁判以外で証明することができる機会はあったのでしょうか?

お礼日時:2015/09/13 13:07

青切符は軽微な違反に対して、簡単に処理するためのものです。


反則金を支払わなければ、自動的に検察から呼び出しが来ます。
そこで認めれば、略式命令で罰金になります。
そこで、今回のような主張をすると裁判になります。

白黒つけるのが裁判ですから、
「裁判をしないで」と言うのは無理です。

状況が今一理解できない部分がありますが、
パトカーはたまたまいたのでしょうか?
一時停止の取り締まりをやっていたのではありませんか?
最近はパトカーで、録画してるケースも増えています。
裁判になれば、警官二人の証言でも足りず、
証人を探すかもしれませんが、
もし一停の取り締まりだったら勝ち目はありません。

偶然でも勝つのは難しいです。
反則金を払うのが一番安上がりです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報