今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

世界の気温についてです。
ユーラシア大陸の東岸と、西岸の気温を比較すると、前者は、気温の年較差が大きく、後者は年較差が小さいと思うのですが、その原因は何でしょうか。

また、南米大陸や、アフリカ大陸の西岸が東岸に比べて気温が低い原因は何なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

東風」に関するQ&A: 東風荘について

A 回答 (3件)

これは偏西風帯(中緯度)に限っていえることです。

西岸の場合、海上を吹く強い偏西風の影響が強くなり、年中、海洋性気候(湿潤で気温の年較差は小さい)に近い状態になっています。一方、東岸は障害物の多い陸上を偏西風が吹き抜け、上空を除いてかなり弱いものとなっています。従って季節風の影響の方が強くなり、夏は海洋性気候、冬は内陸性気候の影響を受けるわけです。
 南米大陸やアフリカの例は偏西風帯ではなく、逆の熱帯偏東風(貿易風)帯のことでしょうから、逆となるわけです。
 #1が挙げられた海流についてはほとんどこうした恒常風による吹送流ですから、矛盾する回答ではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

くわしい回答をいただき、ありがとうございました。偏西風、貿易風の影響であることがよくわかりました。海流は、恒常風による吹送流であるということですから、地球上を吹きぬける風と海流の関係もふまえて、整理ができました。

お礼日時:2004/07/04 10:02

#1さんの「海流」ならば、西岸のほうが影響が大きいです。


基本的に北半球の海流は「右まわり」で、北太平洋のメジャーな暖流は黒潮。メジャーな寒流は「カリフォルニア海流」。
千島海流なんかは、日本でこそ影響が強いですが、世界規模でみればマイナーな海流です。

北大西洋海流は、大西洋の西岸から高緯度でヨーロッパのほうに向かうわけで、むしろ北米大陸に影響のある海流です。

ユーラシア大陸から東岸に位置する日本の状況を考えていただくと、夏は黒潮方面からの季節風、冬はシベリア方面からの季節風と、暑さ寒さを増幅する季節風にさらされてますから、イメージしやすいのではないでしょうか。

そもそも、内陸ほど温度差が大きいものです。砂漠など、一日の温度差が何十度です。
偏西風地域では温度差の小さい「海風」ですから、安定します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼を申し上げるのが遅くなってしまい、申し訳ありません。大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/18 10:50

海流の影響でしょう。



ユーラシア大陸東岸は、北極方面から千島海流(寒流)が流れ込んでいます。
西岸の方は赤道の方から北大西洋海流(暖流)が流れ込んでいます。

南米大陸西岸にはペルー海流(寒流)、アフリカ大陸西岸にはベンゲラ海流(寒流)が南極から流れ込んでいます。
そして南米大陸東岸にはブラジル海流(暖流)、アフリカ大陸東岸には南赤道海流など(暖流)が、赤道から流れ込んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく、回答をいただき、感激しています。
海流の名前もくわしく教えていただけて助かりました。
本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2004/07/03 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四季は日本しかないのでしょうか?

日本以外にもそれなりに四季のある国はありますか?

Aベストアンサー

地理的に見れば、日本と同じぐらいの緯度にある国には原則的に四季があります。アメリカのほとんどの地域には四季の違いがありますし、ヨーロッパでもあります。南半球であればブラジルとかアフリカの中緯度にはちゃんと四季の違いがあるわけです。

しかし日本の「四季」と言う考え方は無かったりします。季節と言うのは単純に緯度で測れるようなものではなく、気候やそれに伴う風物があり、長い間に文化に変わるからです。

日本の場合北緯35度近辺に位置しているため、温暖湿潤気候の範囲であり、このあたりは四季の気温差がはっきりとしているのが特徴です。

しかし、日本の場合温度だけでなくはっきりとした気候の変化もあるために「四季」が文化になっているのです。

理由を言えば、日本列島が大陸の東側でその向こうは太平洋、そのために温暖な太平洋の海流(黒潮)があり、これが日本列島の左右を流れていき、同様に千島海流(親潮)が日本を冷やすように北から流れていく影響を受けていることと、同様に夏に強くなる暖かい太平洋高気圧と逆にシベリアで発生する冷たい高気圧がちょうど日本列島でぶつかりあう為に、季節による気温差だけでなく気候もはっきりと異なっているのです。

具体的に気候の変化を言うと、まず夏は太平洋の南側で温められた空気が高気圧となって日本列島を覆うぐらいになります。こうなると暑くて・湿度が高い日が続く「夏日・真夏日」それから熱帯夜になるわけです。そして秋になると太平洋上の熱気も下がる為段々勢力を弱めていきます。そうすると、シベリアにある冷たい空気が日本に入ってこようとします。9月から11月にかけて暖かい日と寒い日が交互にやってくるのはそういうメカニズムがあるからです。そして冬になるとシベリアで出来た冷たい空気が日本にまで下りてきて、特に日本海側では雪を降らせます。このときに太平洋高気圧は冷たい空気を押し戻す力はないのです。
春が来ると段々太平洋が暖められて太平洋高気圧が勢力を取り戻し、シベリアの冷たい空気を押し戻し始めます。この二つ、暖かい空気と冷たい空気がちょうど日本列島の真上で押し合いをするのが6月で、このときに降る雨が「梅雨」なのです。もちろん夏の後もシベリア寒気が戻ってくる途中で日本上空で押し合いをしますので、この次期を「秋雨」、といいます。

日本は島国で大陸の高気圧と太平洋上の高気圧がぶつかり合うところにあるため、四季の気候の変化がはっきりとしています。

世界中を見ても温度だけでなく、これほどはっきりとした気候の変化をもつ地域はあまりありません。なぜなら世界のほとんどの国は大陸にあるからです。大陸では気候の変化の要因があまりありませんので、日本のような激しい変化は無いのが普通です。
つまり冬は寒いだけ、夏は暑いだけ、あとは中国なら黄砂の季節、アメリカ中西部なら竜巻の季節があるぐらいなのです。

日本の場合、春には梅から桜が咲き、6月の梅雨にだけ咲くアジサイや、恵みの雨をもらって8月から9月に収穫し、秋は紅葉が広がって、冬は雪、などという同じ場所なのに季節ごとにまったく表情が違う自然を持つ地域というのは、世界的に見ても珍しいのです。

ですので春夏秋冬は多くの国でありますが、それが風物になるほど(四季の変化そのものをテーマにした作品ができるほど)の変化はなく、だから「日本の四季」というのが海外にもアピールできるのです。

地理的に見れば、日本と同じぐらいの緯度にある国には原則的に四季があります。アメリカのほとんどの地域には四季の違いがありますし、ヨーロッパでもあります。南半球であればブラジルとかアフリカの中緯度にはちゃんと四季の違いがあるわけです。

しかし日本の「四季」と言う考え方は無かったりします。季節と言うのは単純に緯度で測れるようなものではなく、気候やそれに伴う風物があり、長い間に文化に変わるからです。

日本の場合北緯35度近辺に位置しているため、温暖湿潤気候の範囲であり、このあたりは...続きを読む


人気Q&Aランキング