立ち入り禁止区域でイノシシが繁栄を極めているようですね。すこぶる健康そうで、丸々太った元気なうり坊たちが我が世の春を謳歌しているように見えます。

放射能の影響なんて全く見えませんが・・・なぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

何をもって放射能の影響とするか、の違いだと思いますよ。



 ネット上では、原発事故後1~2年後のところでは「福島は死の世界になった。虫も動物もいない」なんて声も結構あがってましたが、実際には虫も野生動物も元気そのもの。「ウサギに奇形が!」って写真誌の記事も「齧歯目はもともと奇形が多い」って完全否定されてましたっけ。したがってさすがに現在では「死の世界」とか「奇形」とかを語る人は少なくなっています。最近でも記録的な大型の魚が上がって「放射能ダー!」て叫ぶ方もいましたが、たいしたニュースにはなりませんでした。さすがにこのあたりの説は馬鹿馬鹿しすぎたんでしょうね。
 「絶対に症状は出ています」なんて力説される方もいますが、その「症状」が何であれ、事故前だって健康な動物ばかりではないし奇形も出現する。要は事故前と事故後の発生率に有意な差があるかが問題なんですが、そのあたりを考えない人は安全派にも危険派にもいらっしゃいます。その手の考え方は排除して科学的に考えたいですね。

 ただし、生物への放射能の影響は=死ではありませんし、=巨大化なんてマンガみたいなことでもありません。なかなか眼には見えない影響がじっくり出てくることもあるわけで。たとえば鳥類・昆虫類の個体数の変化とか雌雄のバランスとか、腫瘍とか奇形の発生率とか、様々なデータを長期的に調べないと実態は分かりにくいでしょうね。
 あのチェルノブリでも、福島よりも汚染度がかなり高いにも関わらずいまだに野生動物への影響は充分わからない(未だに明確に出ていないという意味でもある)ことも多いわけですから、日本でもこれから何十年スパンでじっくり調査することが必要だと思います。

 むやみに怖がってもいけないし、むやみに安全を主張してもいけないんじゃないでしょうかね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レベルの高いご回答をありがとうございました。とても共感できました。

お礼日時:2016/02/18 00:00

君の両目は放射線の影響を測定できる仕組みになっているんだ。

すごいね。
    • good
    • 0

外見で放射能の影響無しに見えても、もっと詳しく観察すれば絶対に「症状」は


出ています。
近くで、牛の殺処分を拒否して飼育しておられる方もいらっしゃいますが、検査
して結果を知りたいですネ。
何よりも、原発の近くに住んでいらっした方々が、自宅に戻れるのか?は、ご当人
にとって判断は無理だと思いますよ。
nyagora様がその立場だったらどうするか、考えてみませんか・・・・・・・・?
    • good
    • 0

あれ、実は民間の畜舎の豚とイノシシのかけ合わせなんです。


純粋なイノシシではないんですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ