立ち入り禁止区域でイノシシが繁栄を極めているようですね。すこぶる健康そうで、丸々太った元気なうり坊たちが我が世の春を謳歌しているように見えます。

放射能の影響なんて全く見えませんが・・・なぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

何をもって放射能の影響とするか、の違いだと思いますよ。



 ネット上では、原発事故後1~2年後のところでは「福島は死の世界になった。虫も動物もいない」なんて声も結構あがってましたが、実際には虫も野生動物も元気そのもの。「ウサギに奇形が!」って写真誌の記事も「齧歯目はもともと奇形が多い」って完全否定されてましたっけ。したがってさすがに現在では「死の世界」とか「奇形」とかを語る人は少なくなっています。最近でも記録的な大型の魚が上がって「放射能ダー!」て叫ぶ方もいましたが、たいしたニュースにはなりませんでした。さすがにこのあたりの説は馬鹿馬鹿しすぎたんでしょうね。
 「絶対に症状は出ています」なんて力説される方もいますが、その「症状」が何であれ、事故前だって健康な動物ばかりではないし奇形も出現する。要は事故前と事故後の発生率に有意な差があるかが問題なんですが、そのあたりを考えない人は安全派にも危険派にもいらっしゃいます。その手の考え方は排除して科学的に考えたいですね。

 ただし、生物への放射能の影響は=死ではありませんし、=巨大化なんてマンガみたいなことでもありません。なかなか眼には見えない影響がじっくり出てくることもあるわけで。たとえば鳥類・昆虫類の個体数の変化とか雌雄のバランスとか、腫瘍とか奇形の発生率とか、様々なデータを長期的に調べないと実態は分かりにくいでしょうね。
 あのチェルノブリでも、福島よりも汚染度がかなり高いにも関わらずいまだに野生動物への影響は充分わからない(未だに明確に出ていないという意味でもある)ことも多いわけですから、日本でもこれから何十年スパンでじっくり調査することが必要だと思います。

 むやみに怖がってもいけないし、むやみに安全を主張してもいけないんじゃないでしょうかね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レベルの高いご回答をありがとうございました。とても共感できました。

お礼日時:2016/02/18 00:00

君の両目は放射線の影響を測定できる仕組みになっているんだ。

すごいね。
    • good
    • 0

外見で放射能の影響無しに見えても、もっと詳しく観察すれば絶対に「症状」は


出ています。
近くで、牛の殺処分を拒否して飼育しておられる方もいらっしゃいますが、検査
して結果を知りたいですネ。
何よりも、原発の近くに住んでいらっした方々が、自宅に戻れるのか?は、ご当人
にとって判断は無理だと思いますよ。
nyagora様がその立場だったらどうするか、考えてみませんか・・・・・・・・?
    • good
    • 0

あれ、実は民間の畜舎の豚とイノシシのかけ合わせなんです。


純粋なイノシシではないんですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保安規定に定められてる点検と経済産業省の立ち入り その他

私はとあるカメラメーカの一事業所の電気担当をしております。(特高16000Kw)二十歳で担当になり早五年・電気工事士を二種一種を取りながら日々勉強していますが主題の通り、当事業所では年に一度、全館を停電して各点検を行っています。その中で絶縁測定を行っていますが、どこまで行えばいいのか悩んでおります。生産現場への一時側設備(空調機・コンプレッサ・冷凍機等)の測定は行っていますが、生産する側の機器(旋盤やフライス盤などなど)は行っていません。こちらも行う必要がありますか?また所内の設備は全て行わなければならないのでしょうか?何キロ以上は測定する義務とかはないと思うので主任技術者の判断にもよるのでしょうか?事情にご存知の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

リンク先に示す「必携」はお持ちでしょうか?管理業務の指針がかかれています。通産局の執筆です。
必携1は新設、変更に伴う許認可申請や届出関係、必携2は日常の点検の指針(対象、周期)が書かれています。

実際の作業方法(どうやるか)についてはオーム社や電気書院の管理関係の書籍を参考にする必要があります。

点検範囲は社内の責任分担で決まることになるはずです。工場の各エリアの分電盤までが営繕部門、それ以下は生産部門といった感じです。

生産部門でのポイントは漏電による感電防止、火災防止にありますから、接地線の取り付け状況、配線の保護被服の状態、メガリングによる総合測定になります。

生産部門でも電気取り扱いの特別教育を受けた人がいるはずですから、その人が日常点検、定期点検をする義務があります。メガーによる絶縁測定くらいはできるはずです。(営繕部門の電気屋が不用意に生産設備にメガーを行うと破壊してしまうこともあるため、生産部門に任せるほうがよい)
営繕部門が指針を各生産部門に示し、定期的に行わせるとか、毎年色が変わる点検ステッカーを配布して自主点検させるとかするとよいと思います。

コンプレッサーなどは基幹設備なので連続的に絶縁管理、ベアリングの振動管理をする必要があります。

通産の立ち入りは技術者、資格者の選任状況、点検の状況の書類審査が中心となるので必携にしたがって記録を残しておけばよいはずです。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9974613817

リンク先に示す「必携」はお持ちでしょうか?管理業務の指針がかかれています。通産局の執筆です。
必携1は新設、変更に伴う許認可申請や届出関係、必携2は日常の点検の指針(対象、周期)が書かれています。

実際の作業方法(どうやるか)についてはオーム社や電気書院の管理関係の書籍を参考にする必要があります。

点検範囲は社内の責任分担で決まることになるはずです。工場の各エリアの分電盤までが営繕部門、それ以下は生産部門といった感じです。

生産部門でのポイントは漏電による感電防止、火...続きを読む

Q避難区域に残されている家畜は...

当然、被曝していると思うのですが、食べられるのですか?中には、原発から3kmしか離れていない牛豚舎もあるみたいですが...

教えて下さい。

Aベストアンサー

あれ?ご存知ない?

殺処分が始まってますよ。殺されて空き地に埋められて終わりのようです。

Qごみとダイアモンド、どっちに見える?

テレビでの、ごみ屋敷、片付けられない女たち、
興味深く、拝見しています。

小学生が、ママが言うには、ごみがダイヤモンドに
見えるんだって、と言ってました。

あなたにとっては、宝物。人から見れば、
ごみかもしれないと思うものは、なんですか?

物だけでなく、感情や思い出でも、かまいません。

Aベストアンサー

 本類でしょうか。
 今も、自分の周りのものを、両親が捨てるように言っています。実際に、多くの本が、以前、自分がいない間に廃品回収等に出され捨てられています。
 もう、読みたくても読めなくなっており、プレミアのついたようなものも、もうありません。
 やはり、欲しい人にとっては、いくらでも出して手に入れたいもののようです。
 手に入らないものは、貴重です。

Qあなたの窓から電線が何本見えますか?

 今日休暇を取り、読書、パソコンなどをして「ふっと」窓外を見ると
何と電線が11本見えました。新興住宅地ですからある程度しょうがないとは思いますが、何故これほどの配線が必要なのでしょうか?
 ずばり、「あなたの窓から何本の電線が見えるでしょうか?」

Aベストアンサー

17本見えます。
高圧3本
隣接配電4本
私の家への配電5本
電話線・有線(地域限定電話)各1
TVアンテナがU*2とV。
季節になったらば自家発電木を水田において水くみをはじめます。その分の電線が増えます。

Q血ってナゼ青く見えるんですか?

 血って赤いのに、皮膚を通すと青く見えるのはナゼなんでしょう?
知ってる方いらっしゃいましたら教えてクダサイ!

Aベストアンサー

http://www.net-ibaraki.ne.jp/moriyasu/page/creature/ketsueki.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報