精神病で失業し生活保護を受けております。
食費を削り、もしものときのためと少しずつお金を貯めていたのですが、自分の口座に貯めれるのは30万までと言われ、これ以上は貯金することができないので母の口座を使っております。
ですが母ももう若くありませんし、事故などで母がなくなったら銀行の口座はすぐに凍結されるのでしょうか?
警察が関与するので銀行に連絡がいき、1日で凍結されたなどの文面を見たことがあります。

凍結される前に少しずつ貯めた死んだのお金を引き出すと相続などの問題で罪にとわれるのでしょうか?
100万円などの高額のお金を抜き出した場合などのことも教えていただけると幸いです。

お詳しい方、故人の口座からお引き出しになられた経験者の方、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • わたしはキャッシュカードを持っているのですが、生きている今は普通に引き出したりできております。
    生きているうちでも引き出しが難しいとは母が死ぬ直前などのことでしょうか?

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/14 20:45
  • 相続税がかかるほどのお金とはどのくらいの金額になるのでしょうか?
    100万円程になるとかかるのでしょうか。

    またそれを届け出さないとやはり罪になるということですか?
    質問が多く申し訳ないのですがご回答のほどよろしくお願いします。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/14 20:51
  • うーん・・・

    とてもわかりやすい説明文ありがとうございます。
    ですが控除額がいまいち調べてもわかりませんでした。
    控除というのは普通、免除的な意味で使われると思っておりましたので・・・
    基礎控除額3000万円とはつまり預金のことを指しているのでしょうか?
    なんども質問申し訳ないのですが詳しい人が周りにおらず、ご回答おねがいいたします。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/15 08:09

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

一つずつ、回答すると・・・・



いつ銀行が口座を凍結するか?
「銀行が名義人の死亡を知ったとき」です。これはどのような方法で銀行が知るかは関係ありません。
有名人であったり大きな事故や事件で死亡した場合であれば新聞などの報道で銀行が知ることもあるし、遺族からの連絡もありえるし、第三者からの知らせもありえます。
どんな事情であっても銀行が名義人の死亡を知ったのならば、銀行は口座を凍結する義務があります。
したがって、ずっと銀行も知らずに凍結されないこともあるし、たまたま銀行が知ってしまいすぐに凍結されることもあります。

死亡した人の口座からお金を引き出したり自分の口座に移動すると罪に問われるか?
他の法定相続人や故人の債権者(お金を貸している人)に黙って引き出すと、何らかの罪に問われる可能性はありえます。逆に言えば、他に法定相続人もなく故人が借金もしていないならば、罪には問われません。
また、他の法定相続人や債権者がいたとしても引き出したり移動した金額が小さければ罪には問われません。

引き出したお金に税金は発生するか?
死亡後に引き出した場合には、相続財産の一部です。
死亡する直前であっても、法律上は贈与または貸付に当たるので相続財産の一部と同様となります。

相続税はかかるのか?
相続税の計算はけっこう面倒です。
相続財産とは「故人の全ての財産ー故人の全ての負債」となりますが、財産には現預金・有価証券や動産(物)や不動産(土地や建物)が含まれます。有価証券や動産や不動産に関しては相続税の評価額の計算が必要です。

相続税の控除額とは?
現行法では、3000万円+法定相続人の人数×600万円です。
もしも法定相続人が質問者さんだけであれば、3600万円が控除額です。
相続財産の評価額の合計が控除額以下であれば相続税は発生しません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

そこまでは確実に預金することは困難ですので、大丈夫かと思います。
詳しくそしてわかりやすく説明頂き本当にありがとうごじました。
現状の段階では母の口座を使わせていただきます。

詳しい方がいらっしゃってとても助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/15 10:59

№4です。



>相続税がかかるほどのお金とはどのくらいの金額になるのでしょうか?
遺産の総額が、控除額3000万円+600万円×法定相続人の人数 以下ならかかりません。
なお、遺産には土地や家も含まれます。

>100万円程になるとかかるのでしょうか。
いいえ。
かかりません。
前に書いたとおりです。

>またそれを届け出さないとやはり罪になるということですか?
そうですね。
相続税がかかる遺産があるなら、申告書を出さないと相続税法違反になります。
なければ、その必要ありません。
この回答への補足あり
    • good
    • 5

世の中の実態を紹介すると…父が亡くなったときは、葬儀の費用など必要なお金を父の銀行口座から引き出そうとしたところ、知らないうちに既に(数日もたたないうちに)閉鎖されており、下せませんでした。


それから10数年が経ち、母が亡くなったときは、市役所や銀行を始め死亡関係の手続きをあちこちでしたのに、何ヶ月も閉鎖されず、下し放題でした。なぜこれだけ違うのか、不可解です。
    • good
    • 3

生きているうちでも引き出しはむつかしいですよ。


今は本人確認が厳しいです。
上手くやったとしても横領罪になるでしょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

>凍結される前に少しずつ貯めた死んだのお金を引き出すと相続などの問題で罪にとわれるのでしょうか?


いいえ。
相続人が引きだす分には、罪にはなりません。
相続税がかかるほどの資産がある場合は、それれを相続財産として申告しなくてはいけません。
また、相続人がほかにいる場合、もめるもとにもなるので注意が必要です。

>事故などで母がなくなったら銀行の口座はすぐに凍結されるのでしょうか?
いいえ。
そんなことありません。
銀行によって凍結する時期は違います。
銀行が新聞のお悔やみ欄などで死亡を知ったとき、相続人から死亡の申告があった日、などです。
私の知っている銀行は、相続人からの申告がない限り凍結しないようです。
なので、引き出しできます。
あお、死亡した直後なら、どの銀行でも死亡を知り得ませんから凍結されません。
なので、キャッシュカードでなら引き出せます。

>警察が関与するので銀行に連絡がいき、1日で凍結されたなどの文面を見たことがあります。
いいえ。
役所も警察も銀行に連絡などしません。
役所は死亡届が出されると、税務署には連絡するしくみになってます。
税務署もほかに連絡することなどありません。
この回答への補足あり
    • good
    • 4

>それを出すと証券会社や銀行などが死亡したことを察知します。


拙の義父の場合、死亡時から3ヶ月かけて全額引き出しました。
別に、銀行が死亡を察知した形跡は在りませんでした。
    • good
    • 3

つい最近父が亡くなりました。

市役所などに「死亡届け」を出す義務があるのですが、それを出すと証券会社や銀行などが死亡したことを察知します。なので死んでから実際死亡届けを出すまでの期間(一週間〜10日ほど)の間は出し入れ自由に出来ますよ。私はその期間に全部他へ移してしまいました。察知されてからだと色々厄介ですので。
    • good
    • 0

ここが参考になると思います。


凍結される前であれば、引き出しは可能のようですが、条件付きのようですね。
http://souzoku.kouekisya.com/4-1-01.html
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む

Q母が死亡した後に母名義の口座からおろす

自分の母が亡くなってしまい、まだお金がいくらか入っている
口座を発見しました。口座を凍結したあとになかなか手間がかかる
と聞き、なんとかできないものかと考えています。
そこでお伺いしたいのですが、
1.私に母が死亡したこと銀行側に告げる義務はあるのか
2.もし、告げずにすむのであればそのまま代理人としてお金を
 おろすことは法的にまずくないのか

この2点を教えてください

Aベストアンサー

質問者様の家族構成(ご兄弟)が不明ですが、告げずにおろすことは、
あとで問題になりえます。
相続にはルールがあり、銀行はお母様の残された預金を、お母様の戸籍を生前までさかのぼり(戸籍のさかのぼりと言います)、ご遺族の方に適正な割合で受け渡す義務があります。相続放棄される相続人がいなければ法定割合(配偶者、子、、、)に則ります。告げずにおろすということは、この前提を反故にすることです。
 また、死亡後に預金を引き出し、後日正式に相続手続きするとなると、預金の引き出しも考慮の上、銀行は処理しますので余計話が難しくなります。法律に則った相続をすれば相続人全員も納得しやすいでしょうが、独り占め行為は長い目で大きなシコリを残しかねません。金額の大小に関わらず相続で不和がおこる話をよく聞きます。

 銀行の相続は決して面倒ではありません。必要な書類を揃えて提出すれば一週間もあれば終わります。
 お母様のご供養のためにも、ご心労の中で且つお忙しいと思いますが、然るべき正しい相続をされることをお勧めします。

Q死亡届けを出すと銀行などの口座が閉鎖されると聞いていますが・・・

死亡届けが出ると故人の銀行口座などが閉鎖されるので、うっかりすると葬式代さえおろせなくなると聞いています。
危篤となったら銀行に走って当面必要なお金を親族がおろさないと後が大変ということですが、突然亡くなったりしたときはどうなりますか?死亡届けは親族が出すものでしょうか?もしそうなら、お金をおろしてから届けを出すのですか?
両親が高齢なので、予備知識として知っておきたいと思いますので、
ご存知の方や経験者の方、教えてください。

Aベストアンサー

預金者が死亡したことは銀行にはわかりません。したがって、突然口座が閉鎖されることはないでしょう。

普通は、相続人が銀行に死亡を届け出て(死亡診断書が必要です)口座が閉鎖されます。相続人の間で協議がまとまった後、相続手続きをします。

銀行が口座を閉鎖する前にキャッシュカードで現金を引き出すことは可能ですが、高額の場合は本人確認が必要ですから困難です。また、誰かが他の相続人の承諾なしに引き出すと相続人の間で争いを起こす可能性があります。

Q親の口座からのお金の移動は可能?

そろそろ老化が進んできている親の預金が気になりまして、親の同意、立会いのもとに、生前に親と同じ銀行に自分の口座を持ち、親のカードで少しずつお金を移動できないかと考えているのですが、このようなことは可能でしょうか。また、その際に移動後の預金の一部を子供の学資などに使用することは問題あるでしょうか。

Aベストアンサー

>このようなことは可能でしょうか。

親が未だ自分の意思表示が出来る状態だと、可能です。
親からの「贈与」となります。

>移動後の預金の一部を子供の学資などに使用することは問題あるでしょうか。

親からの贈与を受けたお金は、贈与を受けた者(質問者さま)が自由に利用する事が出来ます。

余談ですが・・・。
相続時精算課税の特例による贈与。
65才以上の親から20才以上の子供へ、2500万円までの贈与を非課税にできます。
但し、親の死亡による相続の時に「相続税として支払」ます。
通常は、毎年110万円以下だと贈与税は発生しません。

Q家族名義の普通預金からお金を引き出したいのですが。

実家のことで、困っています。今度私が家を購入することになり、実家から500万円ぐらい出してもらえることになりました。でも母が弟の結婚資金用にと、弟名義の普通預金口座に1000万円入金していたので、その口座からお金を引き出すようにいわれたのですが、今は本人確認がないと通帳と印鑑があってもおろせません。キャッシュカードも作っていません。弟は自分名義のお金があることは知りません。母と私で弟名義の口座からお金を引き出すことは出来るのでしょうか。とても困っています。

Aベストアンサー

私は自分の口座のお金を下ろすのに仕事の都合で
窓口に行けませんので母に行って貰いましたがダメでした
どうすれば下ろせるんですか?と聞いたところ

預金者の身分証明書+委任状+引き出し者の身分証明書
この3点を持ってくるように言われました。

難しく考えずに銀行に貯金を下ろすのを代理人に
依頼するにはどのような書類がいりますか?って
聞けば教えてくれますよ。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q本人以外が窓口で引き出すことは可能なのでしょうか?

最近付き合ってる彼が、今年の夏まで付き合っていた元カノに通帳と印鑑を勝手に使い、お金をおろされた事を私に話てきました。

彼の話では、元カノが引き出した事について、なぜ本人確認をしなかったか銀行にクレームしたと言っていましたが、金額が40万で元カノだったので、警察とかには話してないみたいです…

なぜそんな嘘を私につくかは分かりませんが…

彼はわたしに嘘をついているのでは?と思い、質問させていただきました。

現在、他人の通帳と印鑑を勝手に使いお金を引き出すことが可能な銀行は、日本全国であるのでしょうか?

彼の話しを信じたいですが、正直、信じる事ができなく、真実が知りたいので分かる方は、お答えいただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現在、他人の通帳と印鑑を勝手に使いお金を引き出すことが可能な銀行は、日本全国であるのでしょうか?

一般に金融機関として言うと、一番厳しいのは郵便局です。
郵便局では

1.本人
2.本人の依頼状を持った代理人
3.後見人

のいずれかでなければできません。
次は都市銀行、その次は地方銀行、その次は信用金庫、その次は信用組合でしょう。
ですから信用金庫や信用組合であれば、必ずできるとはいえないができる確率は高い。
銀行だと出来る確率は低いが、絶対に出来ないとはいえないというところでしょうか。

Q違法であるかどうかを判定してください

自分は3人兄弟の末っ子です。長兄の行動についての質問です。
話は数年前のことです。
自分の母が死亡した2年後に、父が入院していた時のことです。父も半年後に死亡することになるのですがその時は身の回りの世話を兄夫婦がやっていました。
入院している父の状態が悪化していくある日、なぜか長兄が「ちょっと付き合え。」と言いついて行くとそこは銀行でした。長兄は父のキャッシュカードで父の口座から現金を引き出すと自分名義の貸し金庫に押し込みました。貸し金庫にはかなりの現金がためられているようでした。このとき長兄がなにか言っていたような記憶はあるのですが数年前のことなのでよく覚えていません。
死亡した父が実家に帰ってくるときも「死亡届を出すと銀行がクローズするから」と言って銀行に行ってました。おそらく同じようなことを何度もやっていたと思います。
どれくらいの額のお金が長兄の貸し金庫に移動しのかは不明です。

遺産の分与は済んでいますが当然この分は何もないことになっています。この行為は横領にあたるのでしょうか?また、それを見ていて警察に通報しなかった私も共犯になりますか?
私自身はその時も、その後も現金を貰ったことはありません。当時も現在も一緒に住んでいません。
長兄が父のキャッシュカードを持っていた経緯も不明です。
自分がとるべき行動を教えてください。

よろしくお願いします。

自分は3人兄弟の末っ子です。長兄の行動についての質問です。
話は数年前のことです。
自分の母が死亡した2年後に、父が入院していた時のことです。父も半年後に死亡することになるのですがその時は身の回りの世話を兄夫婦がやっていました。
入院している父の状態が悪化していくある日、なぜか長兄が「ちょっと付き合え。」と言いついて行くとそこは銀行でした。長兄は父のキャッシュカードで父の口座から現金を引き出すと自分名義の貸し金庫に押し込みました。貸し金庫にはかなりの現金がためられているようで...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。司法試験受験生です。

条文はまとめて最後に掲げます。

まず、父が生存中の時期について検討します。
長兄の罪責
<父の財産を奪った行為>
長兄の行為が、もし父の財産を自分のものにしてしまおうという意思(すなわち父の財産を管理しようとするのではない意思)があるのであれば、刑法235条にいう窃盗行為もしくは、252条にいう横領行為に該当する可能性があります。
区別基準は、父が財産の管理を長兄にゆだねていたか否かです。ゆだねていない場合には窃盗、ゆだねている場合には横領になります。
しかし、親族間での窃盗・横領行為自体は成立し有罪となりますが、裁判では罪が免除されます(刑法244・255条)。従って普通逮捕起訴されることはありません。
(なお、長兄が父の成年後見人等に就任していた場合には業務上横領が成立し、免除されません。最高裁平成20年2月18日)
<銀行からキャッシュカードを用いて預金を引き出した行為>
銀行から正当な権限無くキャッシュカードを用いて財産を抜き取る行為は、銀行を被害者とした窃盗罪が成立します。
この罪は免除されません。なお、時効は7年です(刑事訴訟法250条2項4号)

質問者の罪責
まず、長兄が犯罪行為をしているのを、止める義務があったにもかかわらず止めなかったとすれば、共犯として幇助犯(刑法62条)が成立する可能性があります。もっとも、質問者に止める法的義務はおそらくなかったことから、共犯は成立しない公算が高いです。なお、事後的に犯罪を知った場合に警察に通報する義務はないので、この点での犯罪成立はありません。
なお、幇助犯が成立する場合、父との関係では、刑法244・255条の適用があるので、やはり免除されますが、銀行との関係では免除されません。

続いて、父が死亡後の行為について検討します
長兄の罪責
父の死亡と同時に、相続が発生します(民法882条)。
従って、父の財産は相続人の共有となります(民法896条、897条)。
だから、長兄が父の預金を勝手に引き出すとしたら、それは質問者その他相続人に対する窃盗罪ないし横領罪を構成します。もっとも、親族間では窃盗・横領は免除されるのでこの罪は成立しませんが、銀行に対する窃盗罪が成立することは同様です。
また、遺産分割の対象には、生前引き出した父の預金も当然含まれます。
従って、父の預金はあったこととして遺産分割をせねばならず、そのことを黙って遺産分割をした場合には、詐欺行為に当たり、詐欺罪(246条1項)が成立する可能性があります。しかし、これもまた親族間での詐欺罪は成立しても免除される(251条)ので、やはりあまり検討の余地がありません。

長兄の行為は、銀行に対する2つ(場合によっては連続犯として1つとして処理されるかもしれません)の窃盗罪が成立するので、最長で懲役15年(刑法45条前段)となる可能性があります。

質問者の取るべき対応
・長兄を刑事告訴することが考えられます。
・長兄が父の遺産をことさらに隠していたとすれば、その預金も分割するように請求できます。証拠類は銀行に照会してください。

事案は複雑です。弁護士への相談が最も望まれるところです。

第235条  他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第244条  配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第235条の罪、第235条の2の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。

第252条第1項  自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。

第255条  第244条の規定は、この章の罪(252条含む)について準用する。

こんにちは。司法試験受験生です。

条文はまとめて最後に掲げます。

まず、父が生存中の時期について検討します。
長兄の罪責
<父の財産を奪った行為>
長兄の行為が、もし父の財産を自分のものにしてしまおうという意思(すなわち父の財産を管理しようとするのではない意思)があるのであれば、刑法235条にいう窃盗行為もしくは、252条にいう横領行為に該当する可能性があります。
区別基準は、父が財産の管理を長兄にゆだねていたか否かです。ゆだねていない場合には窃盗、ゆだねている場合には横領になりま...続きを読む

Q銀行口座が凍結されていなかったら分配しても良い?

親の死後、預金を相続するにあたって預金口座が凍結されていなかった場合、相続人に分配しても問題ないのでしょうか?
預金額や分配額はもちろん取決め後の話です。
そのまま各相続人に振り込んでそ口座は解約でもありでしょうか?
最初から解約だと手続き書類が結構いることになると思いますのでその辺どうなのでしょうか?
面倒な理由として銀行の届け出印が分かりません。

Aベストアンサー

>預金額や分配額はもちろん取決め後の話です…

相続人全員での取り決め後、という意味ですね。
それなら何も問題はありません。

口座が凍結されるのは、あくまでも銀行内部の問題であって、法的根拠があるわけではありません。

死亡届を出された役所が銀行に通報するなどのことはありません。
公務員には秘守義務があり、目的外に情報を漏らすことはあり得ません。
百歩譲って、役所が銀行に通知しなければいけないとしても、故人がどこの銀行と取引していたか役所が知るすべはなく、連絡したくてもできるはずはありません。

地方の役所では新聞社等に連絡して、翌日の新聞にお悔やみ情報が載ることがありますが、これとて届け人の了解を必要としています。
この翌日の新聞を見た銀行が口座を凍結することはあり得ますので、銀行に限らず他人に死亡の自紙を知られたくない人は、役所が新聞社に通知することを拒否できます。

>面倒な理由として銀行の届け出印が分かりません…

普通預金だけしかなく、パスワードを聞いているのならカードで足してしまえば良いでしょう。
千円未満の端数だけ残してあとは休眠口座という選択肢も許されるでしょう。
もちろん、相続人全員が納得しているという前提での話ですよ。

定期預金や積立預金があるのなら、一般にこれらは ATM では引き出せません。
素直に死亡したことを伝えて、確かに面倒ですが解約手続きを取るよりほかないでしょう。

>預金額や分配額はもちろん取決め後の話です…

相続人全員での取り決め後、という意味ですね。
それなら何も問題はありません。

口座が凍結されるのは、あくまでも銀行内部の問題であって、法的根拠があるわけではありません。

死亡届を出された役所が銀行に通報するなどのことはありません。
公務員には秘守義務があり、目的外に情報を漏らすことはあり得ません。
百歩譲って、役所が銀行に通知しなければいけないとしても、故人がどこの銀行と取引していたか役所が知るすべはなく、連絡したくてもできるはず...続きを読む

Q死亡前の預金引き出し

先日父が亡くなり、現在相続手続き中です。
実はもう危ない…という段階になってから、ちょこちょこ親父の口座から現金を移動していました。
親父からは入院の直前、以後自分のために私が支払わなければいけない付き添いのための宿泊代や交通費などは俺の口座から使ってくれと言われましたし、入院費や葬儀代のことも考えての準備です。
相続手続きには不動産なども含まれるので、税理士さんに相談したところ、死亡前に受け取った現金などは贈与とみなされる…と言われました。となると、死亡前に引き出した現金は贈与???
現状、相続税を支払わなければいけないのは決定的になっており、この死亡前に引き出した現金の総額も正直に申告しないとまずいでしょうか?税務署は三年前にさかのぼって調査するとも聞いています。
その場合ですが、例えば子供が高校入学祝いとして4月に現ナマで50万円貰っているのですがこれも贈与になってしまうのですか?
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

死亡前の引き出しが家族によるものと判明すれば、相続財産に加算される可能性はあります。引き出した金銭が父のために消費されたのなら、贈与にはならないでしょう。
孫への祝い金は孫への贈与となるので非課税範囲内でしょう。

問題となるのは相続人への贈与財産が三年前まで遡及して相続財産になることです。引き出した金銭が自分たちの財産に変わったのなら、疑いをもたれると税務調査官に同意を求められ、全ての金融機関の調査をされます。
節税の努力は必要ですが、ある程度の税額は覚悟して申告するのが、心証は良いと考えます。

それでも修正申告は求められ、しっかり追徴されますけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング