今度会社の化学系技術者を対象に緊急事態対応訓練を行うことになりました。
内容は「化学物質を床にこぼした際の適切な処置」というものです。
例えば床に塩酸・硫酸等をこぼした際の処置など、一般的によく使う汎用的試薬を対象にしたいです。
塩酸・硫酸についてはその処理方法が過去ログにありましたので、それ以外でこんなの面白いのでは?というのがありましたら是非紹介していただけないでしょうか?
適切な処理方法はMSDSで調べますが、お勧め処理方法もありましたら一緒にお願いします。

会社は生化学系の研究開発を行ってまして、引火性・色素指示薬・酸などはかなり取り揃えています。

皆様のアイデア、よろしくお願い致します。
酢酸とかは臭いもきついので訓練効果あり・・?

A 回答 (5件)

直接の回答ではありませんが,引火性試薬もかなりあるとの事ですので。



引火性試薬に火が付いた時の処置を入れられても良いかも知れません。通常の試薬であれば,慌てることなく適切な処置が出来ますが,火が出た場合は中々そうはいきません。

私も学生時代に有機合成をしていましたので,時々火が出ましたが(って,それじゃ困るだろうが),中々慌てずに処理するのは困難です。そのためか,当時言われたことは,「火を出した者は,とりあえず逃げろ。慌てて処理しようとすると,かえって大事になるから。」です。

これも一度経験しておくと,さほど慌てなくなり,状況によっては消えるのを黙って待つなどといった事も出来るようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出火経験はないのですが、消えるのを黙って待つのがいいのですか? 確かにこれは経験が必要ですね。
どういう処置が良いのかは別として、参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/07/02 10:09

メタノールやエタノールはどうしょうか。



これらは、引火した時に、ほぼ透明な炎で、おまけに、引火点が低いので、燃えてるんだか、燃えてないんだか近づいてみないとわかりません。良く、燃えているのが分からずに、近くの引火物に延焼するという事故はあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引火性を多量に保有すると事故の危険性が高くなりますが、それに対する訓練もまた難しいですね。訓練でボヤを出すとまずいです・・・。
良い訓練方法があるといいのですが。

お礼日時:2001/07/02 10:01

私がいた研究室では、以前、臭素を部屋中に拡散させてしまった人がいました。

臭素が部屋中に広がり、部屋の空気が真っ赤になりました。

と書いてみたものの、やはり臭素はあまりお勧めできません。臭素は反応活性の高い試薬ですし、女性が摂取すると不妊症になるという話も聞いたことがありますので…(本当かどうかは知りませんが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

臭素で不妊症は初耳ですが、これは危険な試薬ですよね。

皆様の回答、ありがとうございました。御礼が遅れて申し訳ありませんでした。ちゃんと見させていただいておりました。
訓練はある程度危険なものを取り扱ったほうが有効ですが、危険なものは本当に危険なので選択が難しいところです。

お礼日時:2001/07/02 10:13

酢酸とセットでアンモニア水とかはいかがでしょう?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それはえげつないですね!

お礼日時:2001/07/02 10:02

文章の頭の方を読みながら「これは酢酸しかない!!」と思っていたら


やはり最後の行に書かれてました(笑
私も酢酸を比較的多く含むバッファーを日ごろ良く使っていてあの臭
いにはうんざりしています。訓練という意味では最高だと思います。
臭いがきついわりに毒性もないことですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱ酢酸ですかね! 臭いの割には毒性が低く、かつ蒸気の状態がよくわかるので、危険物4類の危険性がよくわかります。

お礼日時:2001/07/02 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q緊急事態への対応策

消防車が故障して放水できなくなったらどうしたらいいと思いますか?


いろんな職業があるなかで、緊急事態も様々なものがあると思います。
緊急事態への対応について、意見を聞きたいです。実体験でも何でもいいので情報を聞かせてください

Aベストアンサー

 
消防車が故障して放水できなくなったら、救援(代わりの消防車)を呼ぶ
その消防署の消防車が不足してたら近隣の消防署に救援を依頼する

緊急事態への対応とは、この様に事前に対応を文書化してます
企業では、事業継続計画(Business continuity planning、BCP)を作り、津波で本社が流された時はどうするかまで文書化されてます。
例えば、東京本社が流されたら、名古屋支店を仮の本社にするので本社社員は名古屋に集合。などです
 

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q変わった着メロ(緊急事態発生)

知人に聞いたのですが着メロで「緊急事態発生! 緊急事態発生!」とか言う
着メロがあると聞いたのですがご存知の方いたら教えてください。
ちなみに使用の機種はDoCoMoのN503iです。 

Aベストアンサー

着ゴエというやつですね。
下記のサイト、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.nttdocomo-inpaku.com/j/club/index.html

Q塩酸酸性、硝酸酸性、硫酸酸性の違い

塩酸酸性、硝酸酸性、硫酸酸性の違いを教えてください。

たとえば、水質分野だと
・ ヘキサン抽出物は塩酸酸性で保存
・ 砒素 前処理を要しないときは塩酸添加で酸性
     前処理を要するときは硝酸添加で酸性    本参考

違いはなんなんでしょうか?
またどうしてその塩酸なり硝酸を選ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

ごく簡単に説明すると、
塩酸:還元性あり(酸化剤と会うと塩素ガスになる)、揮発性あり(後処理の時除去できる)、周囲を酸で侵す可能性あり。銀や水銀と不溶性の塩を作る。
硝酸:希硝酸でも酸化性あり(銅をとかせる希酸は希硝酸だけ)、酸化性に伴い、どんな金属類でも溶解できる(核物質の取り扱いはもっぱら硝酸)、窒素酸化物を発生するのでその注意も必要。
硫酸:熱濃硫酸では酸化性、脱水性を示すが、希硫酸は酸化性も還元性も示さない、しかしアルカリ土など不溶性の塩を作るので、取り扱い順序を間違えると、問題が発生する。揮発性がないため除去が困難、だが周囲を侵す心配がない。
と言った基準で選ばれています。

Q災害緊急事態を宣言しない

1000年に一度の未曽有の大震災で
今日本はとんでもない被害を受けていて
原発は50日経っても放射能が漏れ続けてる
なのに政府はどうして災害緊急事態を宣言しないのかな?

Aベストアンサー

簡単なことです。

官僚に責任論が出ないようにするためです。
このまま放置になるでしょうね。

避難者は徐々に地方に分散し補償問題はうやむやに・・・
放射能汚染は東電に押し付け・・・

Q以前塩酸をこぼした紙がまだ残っているのですが、さわると危険でしょうか?

以前塩酸をこぼした紙がまだ残っているのですが、さわると危険でしょうか?
また、捨てたほうがよいですか?

Aベストアンサー

 塩酸は硫酸と異なり揮発性の高い酸で、吸湿性もありませんから、蒸発してしまっているはずです。逆に塩酸は密閉しておかないと塩化水素が揮発しやすいためどんどん薄くなってしまいます。
 また硫酸と異なり酸化力はありませんから紙が変質していくこともありません。
 乾燥させ、密閉しないで通気性の良い換装した場所に置いておけば、塩化水素も完全に消えてしまいます。
 それに比較して硫酸は、どんなに希薄な溶液ですも乾燥すると水だけが失われて濃度が上がり酸化力と相まって紙のセルロースを粉々に破壊してしまいます。

 この二つは強酸と呼ばれる酸ですが、強酸とは水中で完全に電離するという意味であって、危険性にそのまま比例するものではありません。同じ強酸の硝酸だと皮膚に着くと黄色~褐色になります(キサントプロテイン反応)が他の酸では起きないですね。

 結論から言うと、乾燥させて使用して問題ないでしょう。

Q画像の文字は「緊急事態医学サービス」であってますか?

画像の文字は「緊急事態医学サービス」であってますか?

Aベストアンサー

ネツト辞書では
emergency medical service
緊急[救急]医療(班)◆【略】EMS
で「サービス」は付けないのが通例のようです。
写真ではシャツの印刷なので「班」もありかと思います。

語句の用例と訳例として
emergency medical service center
救急医療センター

Q塩酸と硫酸

塩化ナトリウムに硫酸をかけた場合
硫酸水素ナトリウムになることについて

硫酸の一段目のH+の方が塩酸のH+よりも電離しやすいからだった気がするのですが、
高校の時の問題で、「この反応は硫酸のどのような性質によるものでしょうか?」という問いの答えが「強酸という性質」ではなく違う性質だった気がするのですが何だったでしょうか?

Aベストアンサー

「強酸という性質」と「不揮発性の性質」のどちらの性質もだいじですけど、高校の化学では「不揮発性の性質」のほうを重要視するようです。

松川利行「塩化ナトリウムと濃硫酸による塩化水素の発生は,濃硫酸の不揮発性によって起こるとされている説明についての問題提起」
http://www.page.sannet.ne.jp/matukawa/hukihatu2.pdf

Q【緊急事態・法律】大麻(マリファナ)を買ってもないし吸ってもないが「売人から買おうとした(未遂)」は

【緊急事態・法律】大麻(マリファナ)を買ってもないし吸ってもないが「売人から買おうとした(未遂)」は犯罪になりますか?

買おうとした未遂はどういう罪になるのか教えてください。

Aベストアンサー

麻薬と違い大麻で逮捕されるのは「所持」であって
「使用」ではありません
したがって「買おうとした」だけで逮捕はされませんが
警察に行って話したのなら説教くらいはされるかもw
相手(売人)のことを聞かれるくらいで済むと思います。

Q塩酸、硫酸の購入方法

どのカテゴリに質問したらよいのか迷ってここに書き込みいたします。
間違っていたらすみません。
最近、鉄や銅を使用した、彫刻の作成にはまっております。
切ったり溶接したりと、加工を重ねて作品が出来上がるのですが、
どうも完成品の見栄えがよくありません。
知人に相談すると、希塩酸か希硫酸で洗うときれいになるよ。との話を聞きました。
そこで、ご質問なのですが、塩酸や硫酸はどうやって購入すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

薬局で普通に買えます。

文面より察するにそんなに大量を必要とされていないようなので、一瓶単位で購入可能です。

但し、氏名、住所等を用紙に提示する必要があるかと思います。店によっては、身分証の提示を求めるところももしかしたらあるかもしれませんが。

ご質問内容でご使用であれば問題ないと思われます。
尚、くれぐれもお取り扱いにはお気をつけ下さい。


人気Q&Aランキング