【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

当方、個人事業主です。
皆様にお力を借りたくて、質問させて頂きました。

例年、青色申告をしているのですが、
今までに提出していた賃借対照表が、間違っていた事に気が付きました。(4年分位)
預金額や事業主借や事業主借が間違っていました。

売上や、利益に関する部分では無いので支払う税金などに変化はないと思うのですが。

今までの間違っていた賃借対照表を修正したいと思い
ネットで方法を探したのですが
賃借対照表については、修正申告のような物がありませんでした。
修正する方法などは、ございますでしょうか?

自分の不徳の致すところで有ることは、重々承知しております。
どうかお知恵の方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

損益に影響しない財務諸表の訂正は、税務署に提出してるそれの「再提出」でかまいません。



これが正しいという貸借対照表を(何年分でも一緒です。)作成して「過去提出済みのものと差し替えしてください」とでも添書をつけて提出すれば終わりです。

おそらくは、会計ソフトで貸借対照表を作成されてるでしょうから、過去分の訂正とともに繰越残高の訂正ができるはずです。
No2様が言われてるように、仕訳を起こすやり方もありますが「過去の係数をいじり、それを繰り越して新しい(というか正しい係数の)貸借対照表にする」ことも可能です。

確定申告時期に「あらら~昔の貸借対照表が違ってるじゃん」と気がつかれたと思いますが「過去の貸借対照表が違っとったので、差し替えて」で済みます。
修正申告でも更正の請求でもありません。
添付資料の差し替えです。

過年分の訂正入力⇒残高の繰越処理(ほとんどのソフトがボタン一つでしてくれます)をすることで対応できます。
1、誤りがある年の訂正をして貸借対照表を打ち出す。
2、繰越処理をして貸借対照表を打ち出す。
3、必要年まで1と2を繰り返す。
4、打ち出した貸借対照表を税務署に「ごめんね」と一筆つけて提出する。

それかNO2様の言われる仕訳を起こすかです。
好きな方を選んでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうございました。
再提出が可能なのですね。
(この情報がネットではどうしても見つかりませんでした。)

NO2様のやり方も大変魅力的なのですが、係数をいじって直してしまおうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/03/07 22:48

>今までに提出していた賃借対照表が、間違っていた事に気が付きました。

(4年分位)
預金額や事業主借や事業主借が間違っていました。
>今までの間違っていた賃借対照表を修正したい・・・

難しく考えなくていいです。次のように処置して下さい。

まず帳簿の普通預金残高、事業主借残高、事業主貸残高と、実際の普通預金残高、事業主借残高、事業主貸残高との差額を計算して下さい。

次に、その差額を、平成27年12月31日付で事業主借または事業主貸に計上する仕訳を起して下さい。

例えば普通預金残高の場合、
かりに帳簿の普通預金残高が123,456円、実際の普通預金残高(通帳残高)が113,456円とします。帳簿残高よりも実際残高の方が10,000円少ないわけですから、帳簿残高を実際残高に合せるために、

H27/12/31
〔借方〕事業主貸10,000/〔貸方〕普通預金10,000

と仕訳して、差額10,000円を事業主貸に計上します。

事業主借残高、事業主貸残高についても同様に処置すれば、おしまいです。
4年分も修正する必要はゼンゼンありませんよ。
(^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございました。
そのようなやり方が有るのですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/03/07 22:46

>賃借対照表については、修正申告のような物がありませんでした…



青色申告決算書の差し替えで、一種の修正申告です。
65万円控除を受けているなら、正しく直しておかないといけません。

とはいえ、税額に過不足が出ているわけではないのなら、前年分だけで良いですよとか、大目に見てもらえるかもしれません。
一応、4年分とも用意していって、税務署の窓口氏に相談してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い返信ありがとうございました。
早く解答が得られまして安心致しました。

大変参考になりました。

お礼日時:2016/03/07 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申告、前回の貸借対照表の間違いに気付いた場合

個人事業で青色申告をしています。
最近、前回確定申告した時の貸借対照表が間違っていることに気付きました。
会計ソフトの入力ミスで、期首と期末の売掛金がどちらも同額ずつ底上げされていました。
納める税額には影響はなく、貸借対照表自体も、何をどうしたのか忘れてしまいましたが一応左右の金額は合っています。

この場合、税務署に申し出たほうがいいのでしょうか?
調べてみると、納める税額が多かったり少なかったりした場合は修正申告と書いてあったのですが、税額に影響がなく、間違っているのは貸借対照表のみの場合はどうするべきなのか、という情報が見当たりませんでしたので質問させて頂きました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国税通則法19条において修正申告が提出できる場合は下記とされています。

◆1 先の納税申告書の提出により納付すべきものとしてこれに記載した税額に不足額があるとき。
 ◆2 先の納税申告書に記載した純損失等の金額が過大であるとき。
 ◆3 先の納税申告書に記載した還付金の額に相当する税額が過大であるとき。
 ◆4 先の納税申告書に当該申告書の提出により納付すべき税額を記載しなかつた場合において、その納付すべき税額があるとき。

B/Sの金額訂正は要件に入っていませんので、これをもって修正申告することは出来ません。
 せいぜい 差し替え要請するかどうかですね。

厳密に言えば、65万円控除の要件に合致しているのか、との問題はあるとは思いますが、影響が微細であるなら、私なら翌年初の数字だけ入れ替えちゃいますね。

Q貸借対照表の間違い 教えてください!

自営業をしています
H19に開業して自分でソフトを使って確定申告しています

数日前、ふと申告済の貸借表を見ていたところ、H20からの資産の部の定期預金の金額が間違っていたことに気がつきました

H20の5月か6月頃から1年間、月2000円なんですが通帳から自動的に定期積金に貯めていくのをはじめました
はじめの一か月分は銀行で現金を払って2回目から引き落としになるシステムです
H20からはじめ今現在も積金をしています

その1回目の現金分支払いの仕訳をH20、H21とも入力忘れしており、どうしたらいいかわかりません

貸借対照表の定期預金の金額が違うだけですので税金は関係ないと思うのですが、修正申告を
さかのぼってするのですか?

それとも今年度つじつまがあうように仕訳すればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>貸借対照表の定期預金の金額が違うだけ・・

複式簿記の原理に照らしていえば、貸借対照表の定期預金の金額が誤りということは、誤っている個所は、定期預金のほかのどこかの勘定科目(定期預金の相手科目)にもあるということです。その相手科目は、貸借対照表の科目かもしれないし、損益計算書の科目かも知れません。もし貸借対照表ならば税金は関係ありませんが、損益計算書ならば利益(所得)に影響するので税金に関係ある、ということになります。

しかしあなたの場合は、現金で積み立てた定期預金を計上しそこなったのですから、その相手科目は「現金」または「事業主借」のはずです。どちらであるにせよ貸借対照表の科目ですから、利益(所得)には影響しません。つまり税金に関係ありません。ですから”修正申告”する必要はありません。忘れていた仕訳を起して帳簿を訂正するだけで充分です。

◆〔借方〕定期預金2,000/〔貸方〕事業主借2,000
【摘要欄】H21年積立金初回分計上漏れ

◆〔借方〕定期預金2,000/〔貸方〕事業主借2,000
【摘要欄】H22年積立金初回分計上漏れ

これで万事OKです。

>貸借対照表の定期預金の金額が違うだけ・・

複式簿記の原理に照らしていえば、貸借対照表の定期預金の金額が誤りということは、誤っている個所は、定期預金のほかのどこかの勘定科目(定期預金の相手科目)にもあるということです。その相手科目は、貸借対照表の科目かもしれないし、損益計算書の科目かも知れません。もし貸借対照表ならば税金は関係ありませんが、損益計算書ならば利益(所得)に影響するので税金に関係ある、ということになります。

しかしあなたの場合は、現金で積み立てた定期預金を計上...続きを読む

Q期首残高の修正の仕方を教えてください。

青色申告の個人事業主です。期首残高の修正の仕方を教えてください。

2012年の決算作業をしようとしたところ、2012年の期首残高(2011年の期末残高)が間違っていることに気付きました。原因を調べたところ、2011年の普通預金の入力ミスでした。内容は下記の通りです。

(貸)15300円(個人費用の引き落としをだぶって入力)  → -15300円
(貸)20553円 のところを (貸)20533円 と入力 → +20円
以上のミスにより、実際の預金残高よりも-15280円の金額での期首残高となってしまっています。

2011年の決算(すでに申告済み)はもう修正できないのですよね?
2012年決算でどのような科目で処理すればよいのか教えてください。
処理日とかも決まりがあるようでしたら、教えていただければ助かります。

昨年のチェックの甘さから初歩的なミスをしてしまい、お恥ずかしいのですが、
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まず、24年分の期首残高の修正ですが、簡便法ですが、正しい期首残高と合わせるために期首に残高調整すればよいでしょう。
 例えば 24/01/01 普通預金  15,280  /  雑収入   15,280
 なお、「摘要欄に期首残高が誤っていたので、調整した。」と記載しておき、後は普通に24年分の処理をすればよいでしょう。
 これによって、23年分は補正しないが、24年分で過大に所得を申告することになります。
 したがって、トータルとしては納税不足ではないため、税務署の調査があっても注意ぐらいで、大きな処分はされないと思います。
 過年分の決算修正をしてまで、補正しなければならないような金額ではないため、修正申告を受け付けた税務署担当者にとっても実際には迷惑な修正申告といえましょう。
 この程度のことは、前述のように24年分で補正処理してほーっておけばよいのです。
 大きな脱税はいけませんが、少額で単なるミスを騒ぐような税務署ではありません。
 

Q貸借対照表の金額が合わない。

平成19年度の個人事業の決算書を作成中です。
会計ソフトを使用しています。簿記の知識は初心者レベルです。

貸借対照表の(資産)と(負債・資本)の合計金額が、
ちょうど売掛金(期首残)の分、合いません。

前年から繰り越した売掛金は全て回収し、今期は繰り越す売掛金はありません。

試算表というものも見てみましたが、そちらでは借方と貸方の合計金額はピッタリ合っています。

貸借対照表の合計金額が合わないのはなぜでしょうか

他に何かしなくてはいけない処理があるのでしょうか

アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あー分かった。
やはり「元入金」が違っていますね。
もともと期首からして合計が合っていないですよ。
期首も期末もともに、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。

[元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
= 3,881,403 - 50,400 = 3,831,003

現金     229,136     134,010
その他の預金 378,706     2,348,758
売掛金    3,049,410
車両運搬具  224,151     116,731
事業主貸            10,667,820
合計     3,881,403     13,267319

【負債・資本の部】
預かり金   50,400      18,680
預金の利息           2,423
事業主借            7,522,769
元入金    3,831,003    3,831,003 
青色申告特別
控除前の金額          1,892,444
合計     3,881,403     13,267,319

あー分かった。
やはり「元入金」が違っていますね。
もともと期首からして合計が合っていないですよ。
期首も期末もともに、資産の合計と負債の合計は一致しなければなりません。

[元入金] = [期首の資産の総額] - [期首の負債の総額]
= 3,881,403 - 50,400 = 3,831,003

現金     229,136     134,010
その他の預金 378,706     2,348,758
売掛金    3,049,410
車両運搬具  224,151     116,731
事業主貸            10,667,820
合計     ...続きを読む

Q青色申告 貸借対照表 期末合計 不一致

青色申告3年目の個人事業主です。
簿記初心者です。よろしくお願い致します。

青色申告で、貸借対照表の、期末の資産の部と負債・資本の部の金額不一致
について解決方法を教えてください!

青色申告初年のみ青色申告会で指導を受け、
以降同様に【Macの青色申告】にて複式帳簿を付け、
e-taxにて確定申告済ませております。
昨年まで問題なく申告済ませておりました。

今年も期限内に申告をと、確定申告書等作成コーナーにて、
昨日仕上がった【Macの青色申告】のデータを基に入力していくと、
なんと、貸借対照表の期末が資産、負債・資本で4,300円合わないことに気がつきました。
情けないことに、経理素人なもので、
【Macの青色申告】の財務諸表をプリントした際に、
貸借対照表のこの不一致に気づけませんでした…。
もちろん、e-taxも不一致のエラーが出まして、
そこから先へ進めません(申告できません…)。

ちなみに、こうです。

【資産の部】
    期首      期末
(現金) 1,952     5,066
(預金)100,427    283,857
(備品) 85,564     34,227
(事・貸) -     3,105,400
〈合計〉187,943  ※3,428,550 

【負債・資本の部】
(事・借) -     531,572
(元入金)187,943   187,943
(控除前所得) -    2,704,735 
〈合計〉187,943  ※3,424,250

※4,300円の誤差がでます。

元入金も、現金・預金の期首残高も、前年の額から計算して合っています。
現金・預金の期末残高も合っています。

恐らくどこかで記帳ミスだと思うのですが、
仕訳帳を確認したところ、貸方・借方は一致しております。

なにぶん経理素人な者でして…。
どの辺をさらに確認すべきか、
どこを計算し直せば良いのか、
ここを見直してみたらどお?
など、どなたかチェックポイントご教授願います!

先述の通り、経理素人なもので何分わかり易い単語・言い回しを切にお願い致します。
期限内の申告で65万円控除目指しております。
何卒よろしくお願い申し上げます!!!

青色申告3年目の個人事業主です。
簿記初心者です。よろしくお願い致します。

青色申告で、貸借対照表の、期末の資産の部と負債・資本の部の金額不一致
について解決方法を教えてください!

青色申告初年のみ青色申告会で指導を受け、
以降同様に【Macの青色申告】にて複式帳簿を付け、
e-taxにて確定申告済ませております。
昨年まで問題なく申告済ませておりました。

今年も期限内に申告をと、確定申告書等作成コーナーにて、
昨日仕上がった【Macの青色申告】のデータを基に入力していくと、
なんと、貸借対...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
「相手方は何にしたら妥当でしょうか?」に。
相手方勘定に同額をいれると永遠に合いませんよ。
借方の金額が多いのですから、貸方に金額をいれてバランスをとるだけです。
原因が「もう、わからん」のですから、事業主がポケットマネーを出したことにするわけです。

借方と貸方の違いを事業主勘定で「合わせてしまう」のです。
4,300円を加算するというか、借方の3,428,550円になるように、貸し方の事業主借りの金額をいじります。
既述ですが、元入れ金をいじってはいけません。

なお、仕訳帳を確認したら借方貸方が会ってるというなら、転記誤りです。
すべての転記をチェックするのが筋ですが、金額的に「どうってことはない」額なので、上記の方法でよいと思います。

Q前年度の記入間違いに気付きました

前年度より、青色申告をしています。

今年度の準備を始めるにあたり、前年度の仕訳帳を確認していたら、計上金額が間違っていたり、開業日前の計上すべきでない金額が計上されていたり・・・に気付いてしまいました。(金額は一万円ほどです。)
年度途中からの開業・記帳でして、記帳を初めてから開業日の変更があったり、初めての記帳で不慣れでのチェック漏れが原因で、悪意があっての事ではありません。

勘定科目は<未払金>です。
期首残高に計上したいのですが、前年度が間違っているために今年度末も合わなくなってしまいます。
このような場合、処理はどのようにしたらよいのでしょうか?
一応、簿記の資格はありますが、何十年も前に取得したものですのでハッキリと覚えていません。

どなたか、お教え下さいませ。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実務上と理論上で違います。

先に実務上の処理をお答えします。
「当期に逆仕訳をきる」
です。
(消耗品費)/(未払金)
であれば
(未払金)/(消耗品費)
*もちろん、消耗品費勘定がマイナスにならないことが前提。
*勘定科目は正確には「前期損益修正損」です。

過失による修正で1万円くらいなら、税務署も恐らく何も言いません。


次に、理論上です。
個人事業者なら「修正申告」です。
前年度分を正しく修正して申告しなおします。この場合、差引税額と延滞税と過少申告加算税が掛かります。(1万円くらいなら、差引税額だけだと思いますが)
また、法人の場合、税務申告が「"確定した"決算」が前提であるため、修正ができません。もし、仕訳を修正するのであれば、申告は「修正申告」ではなく「確定申告」の出し直しです。つまり期限後申告になります。

Qローンで買った車の仕訳がわかりません・・

 個人事業主です。仕訳がわからず困っています。
開業にあたって、軽の箱バンを購入しました。
 
 購入価格合計  1.190.000
 頭金       190.000 
ローン      1.000.000 
分割手数料      94.200

総支払額     1.284.200
です。

月々の支払いは1回目¥20.400 二回目からは¥18.200 です。60回払いです。
減価償却、月々の仕訳がわからなくて困っています。
支払いは、個人の普通口座からの引き落としです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 or 18,200 / 普通預金 20,400 or 18,200

3.決算時の仕訳(その1)
支払手数料 94,200×○月/60月 / 長期前払費用 94,200×○月/60月 

○月には、取得日から12月までの月数が入ります。
(来年から数年は12が入ります。支払終了年は残った端数を入れます。)

4.決算時の仕訳(その2)
減価償却費  (    )  / 減価償却累計額 (     )

緑ナンバーなら耐用年数3年の定率法、
白ナンバーなら耐用年数4年の定率法で計算します。
中古自動車なら耐用年数を2年まで短縮できます。

1.まず、購入時の仕訳。ここが一番厄介です。

車輌運搬具 (    ) / 現金預金   190,000
租税公課  (    ) / 長期未払金 1,094,200
支払保険料 (    ) /
長期前払費用  94,200

カッコのある勘定科目、全部で3つに分けてありますが、
自動車税などの税金、自賠責保険などの保険部分は
自動車の取得価額に入れずに経費処理した方がお得だからです。
個々の金額はディーラーから受け取った明細で確認してください。

2.月々の支払時仕訳
長期未払金 20,400 o...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q貸借対照表の現金がマイナスに・・

恐れ入ります。
今年初めての青色申告で、調べてみても分からないのでどうぞ助けてください!

開業時、口座に80万円ほどあったのでそれを資本金として元入金で計上しました。

1/1 普通口座 / 元入金  800000

現金で20万円ほど持っていて、そこから会議費などの経費で使うこともありましたので
3/3 会議費 / 現金  300

と計上していました。

小額だと現金で払うことも多かったのですが
決算を終えた今、現金を資本金としていなかった為か
貸借対照表で【資産の部】の現金がマイナスになっています。
マイナス分の現金を、開業の際の記帳で資本金として
記載しなければならなかったのでしょうか?

またその際の仕訳も教えて下さい。
(決算時も必要であれば併せてお願いします。)

お手数ですが、どうぞご教授お願い致します!
本当に困っています。

Aベストアンサー

>自分の手持ち金はすべて事業用資金に計上しなければならなかったのでしょうか?

全ての手元資金を資本金にする必要はありません。
補足していただいた中の現金/借入金の仕訳で処理していれば問題ありません。

おそらく、預金の払い出しをした時に、現金/預金の仕訳をすべきなのを行っていないために現金がマイナスになっているのだと思います。

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング