日本語学習者(初級の上)の友人が、「楽しかった でした」「おいしかった でした」という使い方をよくします。訂正するのは簡単ですが、理由が説明できません。「楽しかったです」や「おいしかったです」は一応OKのはずですよね?
日本語の形容詞は動詞の機能も持つ(だから変格する)のはわかるのですが。。。
「しなかったですから」のご質問とダブる面もあるかと思いますが、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 nekonekogooさん、こんにちは。


 ちょっとややこしい話しになってしまうかも知れませんが、少々我慢して見て下さい。
 「楽しい」という語は「形容詞」です。
 日本語には、形容詞の種類が2つあります。ひとつは「ナ形容詞」と呼ばれるもので、「静かだ⇒静かな(場所)」、「便利だ⇒便利な(場所)」など「~な」という形で名詞を修飾するものです。この「ナ形容詞」は国文法で「形容動詞」とも呼ばれますが、日本語教育では「ナ形容詞」あるいは「第二形容詞」と一般的に呼ばれています。
 もうひとつは「イ形容詞」と呼ばれるもので、「高い⇒高い(本)」、「厚い⇒厚い(本)」など「~い」という形で名詞を修飾するものです。この「イ形容詞」は国文法で単に「形容詞」と呼ばれるものであり、日本語教育では「イ形容詞」または「第一形容詞」と呼ばれています。国文法では「楽しい」、「おいしい」のように「~しい」で終わるものと「赤い」、「安い」のように「~い」で終わるものとを区別して考えることもありますが、日本語教育では特に区別して考える必要はないとされています。
 さて、なぜ「楽しかったでした」、「おいしかったでした」が誤った用法なのかということですが、「形容詞」に「です」を付ける表現、例えば「楽しいです」は誤った表現ではなく、国文法あるいは日本語教育でも認められている正しい表現です。
 この「形容詞」に「です」を接続させる用法は日本語教育で扱う場合においても、特に注意を要する項目のひとつとされています。
 一般には口語の形容詞の未然形は「~かろう」(楽しかろう)となっているのですが、現在の口語でこの形は特殊な場合を除いて使いません。
 形容詞に意志形、命令形、勧誘形は存在しません。しかし、推量の表現は
  たのしいだろう⇒たのしいでしょう 
  やすいだろう ⇒やすいでしょう
  べんりだろう ⇒べんりでしょう
となります。ただ、ここで注意しなければならないのは、形容詞が文中で述語の役割を果たす「形容詞述語文」が引用として思考を表わす動詞といっしょに使われるときです。
  これはたのしいです⇒これはたのしいでしょう
  これはやすいです ⇒これはやすいでしょう
  これはべんりです ⇒これはべんりでしょう
となっている文が引用の文として、「…と思います」という用法の中で使われると、「たのしいです(やすいです)」の場合、つまり、「イ形容詞」のみ「です」が落ち、その他(べんりです)では「です、でしょう」が「だ、だろう」として残ります。
  これはたのしい(やすい)        と思います。
  これはたのしいだろうと(やすいだろうと)と思います。
  これはべんりだ  と思います。
  これはべんりだろうと思います。
 この現象は、やっかいなことに「です」を付けて使うもの、例えば、次のような場合には起こりません。     
  これは本です。        これは本だ    と思います。
  これは本でしょう。      これは本だろう  と思います。
  それはあしたです。      それはあしただ  と思います。
  それはあしたでしょう。    それはあしただろうと思います。
 つまり、このことから次のようなことが分かります。
  これはたのしい(やすい)です。
の「です」は、「これは便利です(ナ形容詞)」、「これは本です(名詞)」の「です」とは異なる機能を持つ「です」だということです。
 助動詞の「です」は丁寧な断定を表わします。それで、「これは本です」、「これは便利です」という言い方は、「これは本だ」、「これは便利だ」よりも丁寧で、「です」の断定の働きをそのまま受け継いでいます。しかし、「これは楽しいです(安いです)」の場合は「楽しい(安い)」という「イ形容詞」にすでに断定の意味があり、「です」は丁寧さを表わすだけの働きになってしまっているのです。断定を表わす部分が時制などの影響を受けて活用する部分です。ですから、「ナ形容詞」、「名詞」に接続する「です」は丁寧さを表わすと同時に断定を表わし、且つ時制によって活用するのに対し、「イ形容詞」に接続する「です」は丁寧さを表わす点では前者と同じ性格を持ちますが、断定を表わす部分はすでに「イ形容詞」が担っており、また、「断定を表わす部分が活用する」という法則から、活用するのは「楽しい」の部分であって、「です」の部分ではないということになります。
 「楽しかったでした」は「楽しかったです」が正しく、同時に「おいしかったでした」は「おいしかったです」が正しいということです。
 ずいぶん回りくどい説明になってしまったと反省しておりますが、お役に立てれば幸いです。
 では、失礼いたします。
  

  

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
友人に日本語以外でこれを伝えるという課題はさて置いて、納得できました。
実は、私文法が好きなのです。今回この件で少し調べていて、自分が「形容動詞」として教わったものが最近では形容詞(第2形容詞)として解釈されていることを知りました。
私は形容詞は「かろう・かつ・くう・い・い・けれ」形容動詞は「だろう・だ・で・に・だ・な・なら」と変格を覚えた記憶がありますが(一部いいかげんな記憶)、友人はそういう教わりかたはしていないそうです。私も、この変格が役に立ったという覚えはぜんぜんありません。そのような事をまったく知らずとも話せる「母国語」って面白いなぁと思います。そして、母国語としない人がどうやって習得していくのか、とても興味があります。興味だけでは役に立たないんですけれどね。。。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 00:17

私も日本語教育者ではないのですが・・・。


kuipさんのおっしゃるとおり、「楽しかった」と「でした」で過去の機能が重複するため、間違えであるという答えが妥当な気がします。
しかし、「楽しかったです」を「楽しみました」に言い換えるのは大変高い日本語のスキルを要すると思うのですが・・・。

この問題はむしろ、形容詞が「です」系丁寧語に対して不適合な性質を持っていることに、始まっているような気がします。たとえば、
赤いです。
美しいです。
は間違っています。あるいは間違っていました。
と言うのは、動詞のような体言には「ます」系の丁寧語を接続すべきだからです。
体言には「です」系の形容詞は接続できないからです。たとえば、
行くです。
食べるです。
は不可能です。形容詞ならOKではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
「です」の丁寧ではない形である「だ」を接続してみるとわかります。
行くだ。
食べるだ。
赤いだ。
美しいだ。
とこのようになり、不自然です。ですから体言を丁寧にする場合は「ます」形を使い、
行きます。
食べます。
赤うございます。(あこうございます)
美しゅうございます。
とすべきです。
ですから、「楽しかったでした」は「楽しゅうございました」と修正すべきです。(岸朝子風)

と言うのは冗談なのですが、「楽しかったでした」の修正は「楽しかったです」でいいのではないですか?
「です」は丁寧の意味を持っていると思うのですが。(尊敬の意味はもっていないと思います。)

最後に、形容詞 + 「です」って、幼稚な気します。
よく使われますし、よく使います。でも、改まった場面や、相手が目上の人の場合、また文章では使いたくない表現のひとつです。(私自身の考えでは)
でも若い人はそう思わないでしょう。きっとこのような言い方も「正しい日本語」になっていくんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
不適確な組み合わせを見ると、もしかして、こんな間違いをする日本語学習者もいるんだろうな、でも私はきちんと訂正できないだろうな、と思ってしまいました。
私個人的には「楽しゅうございました」というのが正しいのではないかと思うのですが、ちょっとクラシックかな、と思い、友人には言っていません(混乱をまねくだけだし)。
幼稚に響くというご意見にも賛成です。私なら、目上の人には「楽しく過ごしました」とか「楽しく過ごさせていただきました」とかいうでしょう。
ここまで書いて、自分なら使わないかもしれない使い方を友人に教えたことに気づきました。むむ、難しいですね、日本語は。

お礼日時:2001/06/19 23:49

私も国語学者ではないので、間違っているかもしれませんが、参考程度にお読みください。


楽しかったでした という文章を、文法上で分解してみます。
楽しかっ(形容詞楽しいの連用形)
た   (助動詞 過去・完了)
でし  (助動詞 断定)
た   (助動詞 過去・完了)
多分こうなると思います。
おそらく、楽しかったでした という言葉は、過去に行ったことが楽しいことだったということを、目上の方に申し上げるために使った言葉だと思います。
が、分解してみると、最初の(た)で過去の意味をあらわしているのに、最後にもう一度(た)で過去を意味することが必要ではありませんよね。くどく聞こえるのだと思います。
次に、もし、目上の方に伝えるなら、楽しかったでした ではなく、楽しみました というのが正しいと思います。
(です)には文法上は丁寧の意味はありません。(ます)
という助動詞が丁寧の意味を持ちますので、楽しみました といえば、丁寧の意味と、(た)によって過去の意味をあらわしますので、くどくないですよね。
また、楽しかったです というのも、同様に分解すると、
(た)で過去完了を表したあと(です)で断定しています。過去完了したことをあえて断定する必要はありませんよね。やっぱりこれもくどく聞こえます。目上の方でなければ(楽しかった)で十分意味をなしています。
私ならこう説明しますが、見識のある方に引き継ぎたいと思います。すいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
わたしも、とりあえずの意見として、
形容詞は、それ自体の変格で過去形をあらわせる事ができて、その後に接尾辞をつけることも可能。例としては、
おいしかった「ね」> 一緒に食べた人
おいしかった「よ」> 一緒に食べなかった人
おいしかった「です」> 一緒に食べなかった目上の人
おいしかった「ですね」> 一緒に食べた目上の人
なんて感じで説明してみました。「でした」だと過去形がダブるからバツというのも説得力ありそうですね。

お礼日時:2001/06/19 23:32

回答にはならないかもしれませんが、どの言語でもどうしてそうなるかの理由を説明するのは非常に困難なことだと思われます。

他の方の良回答が出てくることを期待しますが、「形容詞を過去形で言う時はこういう言い方をします。」との説明だけでは納得してもらえなかったということですよね。困りましたね。「しなかったですから」も参照しましたが、「楽しかったです」や「おいしかったです」自体私も少し違和感があります。かといってそれに代わる表現ももっと不自然なものしか思い浮かびませんから。
もしそのお友だちが英語が母国語なら逆に同じような質問で返すというのはどうでしょう。Who is it?ときかれて、なぜIt's me.というのか?It's I.が正しいはずなのに。

すみません、自分でわけがわからなくなってきました。
他の方のお答えをお待ちください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました。
その友人は英・独・西・葡・伊・仏のわかるブラジル人で、今日本語を一生懸命勉強しています。日本語学校で習うより私のしゃべる文法もむちゃくちゃの日本語を聞いている方が勉強になると言ってくれています。質問に書いた誤りを「規則的に」犯すので、何か文法的に間違った解釈をしていて、それを教えてあげる事ができれば早道かな、と思ったのです。
文法的に正しい言葉も正しくない言葉も、定着しているのにはそれなりの訳があるんでしょうね。説明できない日本語ってもっとたくさんあるんでしょうね。

お礼日時:2001/06/19 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語の形容詞(イ・ナ形容詞)の数

現代日本語のいわゆる形容詞って一体いくつあるのでしょうか?
ご存知の方あるいは、調べる手段をご存知のかた回答おねがいします。
(できれば、イ・ナ形容詞別、あるいは形容詞・形容動詞別の数も分かると助かります)

Aベストアンサー

ちょっと邪道な調査方法で、学術的には認められないかもしれませんが、ATOK9の標準辞書をサーチした結果、

形容詞 1302個
形容動詞 986個

という結果が出ました。

Qお詫びして訂正? 訂正してお詫び ?

テレビのニュースなどで、間違いを訂正するときなど、アナウンサーが
「~は~の間違いでした。お詫びして訂正します。」
といいます。

「~は~の間違いでした。以上、訂正してお詫びします。」ではいけないのでしょうか。

一般に、「訂正とお詫び」と「お詫びと訂正」、どっちが日本語として適切だと思いますか。いつも冒頭のような言い回しを聞いて、不思議に思っています。

Aベストアンサー

一般的な礼儀として、間違いがあった場合は、先ず、非を認めて謝罪するのが良いとされているからでしょう。

まず謝ってから、このような間違いがあったので訂正しますという順序の方が、受け取る側は心情的に受け入れやすいと思います。
だから、「お詫びして訂正いたします。」になります。

ニュースでの訂正アナウンスの本質的な目的は、間違った情報に替わり正しい情報を伝えることにありますので、文章の終わりが「~訂正します。」になります。

文章の終わりが「~お詫びします。」だと、謝罪する方に重きをおいたニュアンスを感じます。

Q【シナモンスティック】シナモンって何ですか? 木?木の皮?? シナモンスティックは香りを楽しむだ

【シナモンスティック】シナモンって何ですか?

木?木の皮??

シナモンスティックは香りを楽しむだけのもので食べれない?

Aベストアンサー

シナモンスティックはシナモンの樹皮をはがし、乾燥させたものです。

スティック状ではそのままは食べられませんが、粉にすればシナモンパウダーですし、漢方薬としても広く使われています。

また、シナモンの香りに含まれるシナムアルデヒドという成分には防虫効果があるんですよ。香りを楽しむだけじゃなく、料理にも使えますし、とってもありがたいものなのです。

Q「美しいですから」と言えても「美しいだから」とは言えない理由

日本語学習者に「形容詞+だから」とは言えないという理由を文法的にどのように説明したらよいか、教えてください。「です」は「だ」の丁寧語で置き換えができると日本語学習の本に書いてあるので、「寒いですから」と言えても「寒いだから」と言えないことを、どう説明したらよいでしょう。ちなみに私は語学教育関係者ではありません。

「寒いからストーブをつけた」と言う時に、、
○寒いから
×寒いだから
○寒いですから

「今は夏だから暑い」と言う時には、
○夏だから
○夏ですから  と両方言える。

ちなみに形容動詞の時にも
○きれいだから、、大変だから
○きれいですから、、大変ですから、、 両方言える。

ふだん考えずに使っている言葉も、、質問されていざ説明するとなると難しいです。

Aベストアンサー

補足にお答えします。
以前にお答えした、理由、原因を示す「から」と
今回の補足する、 理由、原因を示す「のに」は 少し違います。

1、「のに」は、
   動詞、形容詞(「~い」で終わる)、形容動詞(「~な」で終わる)
   に付きます。
2、「なのに」は、
   名詞に付きます。

ご質問の「寒い」は1、になります。
『「さむい」これは「~い」だから「のに」をつけて「さむいのに」と言いましょう。』
と説明します。
参考までに、2、ですが、「日曜日なのに」「夕食なのに」などです。

1つ注意事項があります。
「のに」「なのに」を定着させると同時に、「ので」も必要です。
「ので」と「から」は、原因、理由を示す助詞です。
例)
  遅い時間に寝た「から、」今日は眠い。
  遅い時間に寝た「ので、」今日は眠い。
  早い時間に寝た「のに、」今日は眠い。

上記の例文のように、「のに」「ので」が過去形に付くときは、
1、動詞には               「た」
2、形容詞には(「~い」で終わる) 「~かった」
3、形容動詞には(「~な」で終わる)「~だった」
4、名詞には            「+だった」
に付きます。
1、食べた「のに。」食べた「ので。」
2、寒かった「のに。」寒かった「ので。」
3、きれいだった「のに。」きれいだった「ので。」
4、日曜日だった「のに。」日曜日だった「ので。」
となります。

補足にお答えします。
以前にお答えした、理由、原因を示す「から」と
今回の補足する、 理由、原因を示す「のに」は 少し違います。

1、「のに」は、
   動詞、形容詞(「~い」で終わる)、形容動詞(「~な」で終わる)
   に付きます。
2、「なのに」は、
   名詞に付きます。

ご質問の「寒い」は1、になります。
『「さむい」これは「~い」だから「のに」をつけて「さむいのに」と言いましょう。』
と説明します。
参考までに、2、ですが、「日曜日なのに」「夕食なのに」な...続きを読む

Q答えは下です nobodyはだれも~ないだから 誰もその真実を知っていたと言われていない が

答えは下です
nobodyはだれも~ないだから
誰もその真実を知っていたと言われていない
が直訳だとわけがわからないです。

Aベストアンサー

It is said that ~ は、 that節の内容が言われているという、伝聞を表す文章で、本文は現在形なので、
「~と言われている」となります。

Nobody knew the truth . のように、否定の意味を表す語(No one , Nothing , Nobody)等が主語の場合、
日本語に訳すときに、動詞部分を否定するようにすると訳しやすいです。

本文では、know を否定すれば良いので、「知らない」、過去形ですので「知らなかった」ですね。
主語はBodyと考え、「誰もその真実を知らなかったと言われている。」
日本語としては、動詞部分を否定し、過去であることも動詞で示します。

Nothing is more precious than time. 「時間ほど大切なものはない」 主語はthing=もの 動詞はis=ある で、
動詞を否定しています。

No one knows the news. では、「誰もそのニュースを知らない」となります。
主語はone=人:誰(一般的な人を表す) 動詞はknow=知る


参考までに。

It is said that ~ は、 that節の内容が言われているという、伝聞を表す文章で、本文は現在形なので、
「~と言われている」となります。

Nobody knew the truth . のように、否定の意味を表す語(No one , Nothing , Nobody)等が主語の場合、
日本語に訳すときに、動詞部分を否定するようにすると訳しやすいです。

本文では、know を否定すれば良いので、「知らない」、過去形ですので「知らなかった」ですね。
主語はBodyと考え、「誰もその真実を知らなかったと言われている。」
日本語としては、動詞...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報