Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

「子供らしからぬ」とか「無理からぬ」の「からぬ」を文法的に説明して下さい。
手元の辞書によると「無理からぬ」の説明は次のように載っていますが、肝心の「からぬ」については説明されていません。
むり‐からぬ【無理からぬ】
[連体]《形容詞未然形語尾に打消しの助動詞「ぬ」のついた「よからぬ」などの「からぬ」を「無理」につけてできた語》無理ではない。道理である。当然である。「彼が怒るのも―ことだ」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CC%B5 …
ついでに質問しますが、「からぬ」の肯定形は「かろう」でしょうか。

A 回答 (3件)

 形容詞の古語の活用は二系統あったようで、高校生のときに習った「○ ク シ キ ケレ ○」ってやつと「カラ カリ カリ カル カレ カレ」ってやつです。

○は命令形で、形容詞を命令することはできないから使う人がいない。だったら「なし」にしとこう。あ、でも「なし」って言っちゃうと紛らわしいからマルって言うようにしよう。で、よく使われるのをまとめると、あの複雑な覚え方になったわけです。

 さて、「からぬ」はこの「古語の形容詞の未然形の活用語尾」=「から」に打ち消しの助動詞「ぬ」がついたものです。
 ついでに言えば「かり」は「~く・あり」です。たとえば「白く・あり」→「白かり」
 だから「から」は「~く・あら」です。「白からず」→「白く・あらず」という調子。

 「子供らしから・ぬ」は形容詞+助動詞だと考えられますが、「無理からぬ」のほうは辞書に載っていた説明のとおり「無理」にむりやり「からぬ」だけをくっつけたものでしょう。その理由として
・「~からぬ」という言い方は古語では普通にたくさんあった(赤からぬ、白からぬ、暗か  らぬ、高からぬ…)
・「無理」は名詞または形容動詞だが、形容詞と同じように状況・状態・様子を表す
ということから、混同されてしまったのでしょう。

 「子供らしからぬ」の肯定の形は「子供らしかり」をはじめ、否定形になっていないもの全部です。活用形は違っても、否定せずに「子供らしいよ」と言っているので。
 そこから無理矢理考えれば「からぬ」の肯定の形は「かり」とか「し」とかだということになります。「かろう」も「~なんだろうな」と肯定的に推量しているから、肯定の形と言ってよいと思います。ただ、日本語では否定形はとりたてて言いますが、肯定形ってあんまり言わないと思いますよ。否定形以外は全部肯定的に言ってるわけですから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

丁寧かつ本格的なご回答、ありがとうございました。
「古語文法だろう」ということまではすぐに見当がついていましたが、その先のことがわかりませんでした。
ふだん私たちが何気なく使っている「無理からぬ」は、ある意味で苦しい表現だったようですね。辞書であのようにぼかした説明をしているのも、それこそ「無理からぬ」ことなのだと思うべきなのでしょう。

お礼日時:2013/01/22 09:16

「子供らしからぬ」については、


「子供」という名詞に形容詞をつくる接尾語「らしい」とつけて「子供らしい」
形容詞「子供らしい」の未然形「子供らしから」+打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」で「子供らしからぬ」。
ただ、口語文法で形容詞の未然形活用語尾は「かろ」しかありませんので、これも文語です。

ちなみに、「良かろうこと」は、形容詞「良い」の未然形「良かろ」+推量の助動詞「う」の連体形です(口語文法)。
推量の助動詞「う」は、無変化形(終止形でも連体形でも「う」で用いるが、この2つの活用形でしか使わない)なので、「良かろうこと」は文法上は誤用ではありません(「良かろうと思って」としても間違いではない)。

肯定形については、「子供らしからぬ」は「子供らしき」ですが、「無理」はもともと形容詞ではありませんので、「無理だ(連体形なら「無理な」)」か「無理である(形容動詞「無理だ」の連用形+(補助)動詞「ある」)」かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
「〇〇らしい」でひとつの形容詞だったのですね。私は「らしい」を切り離して考えていたのが盲点になっていたようです。
「無理からぬ」は、この文法とは別に考えなければならないようですね。そう考えると辞書があのように説明している事情も、なんとなくわかります。
「良かろうこと」の文法説明もしていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/22 08:23

辞書に直接説明がないのは、「からぬ」というのがひとつの単語として認知されていないからです。



今では、「良からぬ」や「無理からぬ」は、これ自体がひとつの単語と認識されていることが多いようです。

さて、説明は「良からぬ」のほうが簡単なのですが、文語の文法になります。

良からぬ = 良から(ク活用の形容詞「良し」の未然形)+ぬ(打ち消しの助動詞「ず」の連体形) です。

ですから、敢えて言えば、「ク活用をする形容詞の未然形の活用語尾・から」+「打ち消しの助動詞『ず』の連体形・ぬ」ですね。

「ぬ」と、連体形で終わっているので、「良からぬ」の後には、体言(名詞など)が来ます。

無理からぬは、「無理」という言葉が形容詞とは思えないので、「良からぬ」などにならった造語が発祥なのではないかなと思います。

あと、「~からぬ」は、打ち消しの助動詞で終わっているから打ち消しなので、「肯定形」というものを敢えて考えるのなら、ク活用の連体形である、「良き」になるべきでしょう。
(「良かろう」の後に、名詞は続きませんね?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
「良からぬ」の肯定表現が「良き」だということは、わかりました。
では「子供らしからぬ」については、どうなのでしょうか。
これらとは別の文法理論だということは、百も承知の上でさらに質問いたします。
「『良かろう』の後に、名詞は続きませんね?」とのことですが、私は「良かろうことと思って~」という表現をどこかで見た覚えがあります。それは誤用ということなのでしょうか。

お礼日時:2013/01/21 21:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています