これからの季節に親子でハイキング! >>

わからないので教えてください。
式もできればお願いいたします。

今年、ひろし君と父の年齢の和は50歳です。昨年、父の年齢はひろし君の年齢の3倍でした。今年のひろし君の年齢は何歳ですか?

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございました!
    もう一つ質問よろしいでしょうか?
    お時間ありましたら回答の方
    よろしくお願いいたします!

    現在、母の年齢はなおこさんの4倍ですが、4年後には3.2倍になります。4年後の父の年齢は何歳ですか!

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/05/03 11:32

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

母:X歳 なおこ:Y歳


X=4Y 現在
X+4=3.2(Y+4) 4年後

Xに4Yを代入
4Y+4=3.2(Y+4)
40Y+40=32(Y+4) 両辺に10をかける
40Y+40=32Y+128
8Y=88 Yを左辺に移項する
Y=11 答え


母44歳 なおこ11歳 今年 母はなおこの4倍
母48歳 なおこ15歳 4年後 母はなおこの3.2倍
    • good
    • 2

極簡単にすると、


50-2=48 (1年前の年齢合計)
48÷4=12 (3対1なので4等分する)
12×3=36 (1年前の父親の年齢)

12+1=13 今年の ひろし君の年齢
36+1=37 今年の 父親の年齢   
13歳+37歳=50歳 (今年の二人合計の年齢)

方程式を使わずに する計算です。
    • good
    • 1

父:X歳、ひろし:Y歳とする。



X+Y=50 今年の二人の年齢の和
X-1=3(Y-1)→X-1=3Y-3→X=3Y-2 去年の年齢から

(3Y-2)+Y=50 XをYで表してみる
4Y-2=50
4Y=52 両辺に2を足す
Y=52÷4
Y=13 答え

X+13=50 父の年齢は37
去年の父の年齢 37-1=36
去年のひろしの年齢 13-1=12
父の歳はひろしの3倍
この回答への補足あり
    • good
    • 1

昨年の和=48、これがひろし君4人分だった(ひろし君と、ひろし君の年齢の3倍)。


48÷4+1=13
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年齢算のわかりやすい教え方を

算数の問題の、年齢算について教えてください。

(1)いま、とし子さんは8歳で、お母さんは34歳です。
お母さんの年齢はとし子さんの年齢の3倍になるのは、
いまから何年後ですか?

(2)いま、かおりさんは15歳で、お父さんは42歳です。
お父さんは年齢がかおりさんの年齢の4倍だったのは、
今から何年前ですか?

というものです。
小学生の子供にきかれてわからなかったので、
わかりやすいように説明するにはどうすればいいのか、
教えてください。

Aベストアンサー

歳の差が常に変わらないことに着目します。
(1)の問題では、34-8=26(歳) とし子さんの歳の3倍になるということは、この部分が、とし子さんの歳の2倍分ということです。すなわち、26歳を2で割った13歳の時にお母さんの歳がとし子さんの歳の3倍になるのです。答は、13-8=5年後ということになります。
(2)の問題も同様に42-15=27(歳) この部分が3倍分になると考えれば、9歳の時に4倍になっていたということがすぐわかり、15-9=6年前という答が引き出せます。

Q年齢算について質問です

年齢算について質問です


以下の問題文について、読んだ上でご回答ください。

現在,父の年齢は42歳,子の年齢は8歳である。父の年齢が子の年齢の3倍になるのは何年後か?

質問:解説で、「父と子の年齢の差は常に一定なので,42-8=34(歳)であり,これが父3に対し子1の割合の差『2』にあたるから、『1』にあたる子の年齢は34÷2=17(歳)」と書いてあったのですが、何故、「34(父と子の年齢差)÷2(父と子の年齢差)」で父の年齢が子の年齢の3倍になったときの
子の年齢が求められるのかがわかりません。父と子の年齢差同士で割り算して求められる理由がわからないのです。

Aベストアンサー

>「34(父と子の年齢差)÷2(父と子の年齢差)」

これは「34(父と子の年齢差)÷2(父と子の"割合の差")」だと思います。
この年齢を1としたとき父の年齢が3となる年齢を求めるのですから、割合の差は「3-1=2」です。
割合の1が何歳に当たるのかを計算すれば子の年齢が出てきますので、34÷2が求める年齢となります。この年齢から現在の年齢を引くことで何年後かが求められます。

たとえば、父の年齢が子の4倍となるのは何年後か、という問題であれば、父と子の年齢差が割合の「4-1=3」になると考えて計算すれば出てきます。
6倍だったら「6-1=5」。
(どちらも割り切れないのでいい例題にはなりませんが…)

一度、図を描いてみてください。
理解が深まると思います。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q年齢算の問題です。

年齢算の問題です。

方程式は使わずに
グラフを書いて
計算で解きたいです。

現在Aさんの年齢はBさんの年齢の0.9倍です。
3年後にはCさんの年齢の3倍がBさんの年齢と同じになり、
またその時、AさんとCさんの年齢の和が78才になります。

現在のAさんの年齢を求めなさい。

解答は54才

小学生向けにわかりやすく
ご解説よろしくおねがいします^^

Aベストアンサー

No2です。
Aの線を3倍に延ばすと書きましたが、Aの線を3つ並べ、その下
にCの線,その下にBの線の方が簡単に説明できそうです。


人気Q&Aランキング