『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

リチウムイオン電池の取り扱い解説書読みました。

過充電、ショートは、厳禁ということが分かりました。
では、過放電はOKでしょうか。

手元に、ジャンク品のリチウムイオン電池(3.7v)とLEDアレイがあります。
LEDアレイは、ちょうど3.7v位で適当に光ります。

これで懐中電灯作った場合、電源オフ忘れると、過放電状態になります。
過放電で、リチウムイオン電池が劣化するということはあるんでしょうか。

例えば、ニッカド電池などは、過放電構わないみたいですね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

リチウムイオン電池の放電終止電圧(容量が空になる電圧)は2.5Vが一般的です。


3.7Vくらいで適当に光るLEDアレイは2.5Vでは電流は200uA程度となって殆ど流れません。したがって、過放電状態にはよっぽど長期間(1か月程度以上)放置しないとならないでしょう。したがって何もしないでたまに充電する程度で問題ないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
>2.5Vでは電流は200uA程度となって
その後、私も実験で確かめていました。
気にしなくてよい微小電流であることを。

お礼日時:2016/06/08 06:13

電池にも依るようです。

もちろん2次電池ですが。大昔、アップルがマッキントッシュのノートを出しました、メモリーは何と18K(キロだよ)6K追加して何とか24K、これでマックの演算やるんだから凄い、それもカラー、液晶に穴のあった時代。買いました、確か四十万円、今と変わらん。で、電池ですが、こいつの電池は「履歴」があって、中途で充電するとその分だけしか使えなくなる、だから一度空にする装置があって、そこへ電源をつなぐと、一度空にして再度満タンにして呉れる、小さいけど優れ物、マック使いの必需品。ですからその時の二次電池が何だか分かりませんが、非常に面倒です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
>中途で充電するとその分だけしか使えなくなる
ニッカド電池でよく知られている「メモリ効果」ですね。

お礼日時:2016/06/08 06:12

回答へのお礼 を見ての回答です。


過放電・過充電
どちらも電池の寿命を縮めます。
スマホ等の電池が残り20%位になると充電をした方が良いです。
ニッカド・リチウム、どちらも同じで、出力が違うだけです。
ノートPC等リチャージなどの機能が有れば半年に一度くらいです。
*機能的には、完全放電と完全充電です。
また、充電器を自作するより正規品を買った方が安くて能率は良いです。
充電器に過放電・過充電の防止機能を確かめてください。
充電器での急速充電は大よそ80%位で、後でゆっくりと満杯まで充電します。
*68の爺さんより。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
>充電器を自作するより正規品を買った方が
自作が好きなのと、ジャンク品を利用することが目的です。

お礼日時:2016/06/08 06:12

>電源オフ忘れると、過放電状態になります。


なりません。だんだん暗くなり、プツッと消えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス、あれがとうございます。

>なりません。
「過放電」というより「使用不能」にならないかという心配でした(同じ意味かもしれませんが)。

例えば、メンテナンスフリーの鉛蓄電池
>http://akizukidenshi.com/catalog/g/gB-00940/
>※購入後はすぐに電圧を確認し必要に応じて充電してください・・・12.0Vを切ると充電できないことがあります
私は1~2年放置して、まさしくこれで、新品をダメにしたことがあります。
充電電圧を高くして無理に充電しても、復帰しなかったです。

お礼日時:2016/06/07 17:44

過放電してしまうと保護回路が働いてしまい充電が出来なくなることがあります。

(電池側にも充電器側にも保護回路がなければ関係ありませんが、発熱など結構危険です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
電池は単品10本セットです。過熱による保護回路は入ってるようです。
充電器はこれから自作します。
小電流100mA位で10時間くらいかけて充電すればよいでしょうね。

ところで、質問書き込み時の条件指定、間違えました。
「60歳以上」というのは私のことでした。

お礼日時:2016/06/07 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過放電したリチウムイオン電池の再充電方法はありますか?

持っている携帯電話をバッテリーを装着したまま長期間放置してしまったためか、過放電してしまったらしく充電器を差しても充電を知らせる赤ランプが点かなくなってしまいました。もちろん電源も入りません。

以前にもMDプレーヤーのガム型電池も同じように充電不可になってしまったことがありました。そのように過放電してしまってロックがかかったと思われる電池を何とか再充電させる方法はありませんか?またそれが過放電によるものなのか知る方法はありますか?

電源を切った状態で(バッテリーはつけたまま)放置した場合、どのくらいで過放電してしまうのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再充電する方法はありません、電池の寿命です
電池内の電解液と電極が劣化してマイナスイオンの蓄積と放出ができなくなっているので使用できません
充電時の発熱が多いので電池パックは温度ヒューズと充電状態、回数を管理するICが入っています。
充電制御IC回路の動作誤差の蓄積も寿命を決める要因です、どちらにしても過放電と、過充電は発熱等により電解液の劣化を早めるのでよくありません。
過充電で電池パックが使えなく時間はそれぞれ状況が異なるので何時間と言えません。

Qバッテリーが完全に0になるともう二度と使えなくなる

バッテリーが完全に0になると、
もう二度と使えなくなると聞いたのですが本当ですか?

ノートパソコンを外出先で使っていて、
バッテリーが少なくなって作業をやめる事があるのですが危険でしょうか?

放電?(よくわからない)しなければ再度使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

ノートPCのバッテリーですので通常はリチウムイオン電池ですね。

リチウムイオン電池は特性として、充電しすぎたり放電しすぎると使えなくなったり異常に発熱して危険な状態になったりします。
そういう事からリチウムイオン電池は必ず保護回路を持っていて、それによって過充電や過放電を行わないように制御されています。

ですので、そのような使い方をされても保護回路によって制御されていますから、バッテリーが完全に0になる事は無いですので心配しないで大丈夫ですよ。

Qリチウムイオン電池の過放電について

リチウムイオン電池について、冬場などに寒くなる車内に長時間放置しておくと使用時間がとても短くなる感じがします。しかも時には電源が入らなくなって、過放電?(字があっているかよく分かりません^^;)とかいう事象になってしまいます。これは何でですか?寒いところにはなるべく置かないほうが良いってことなのでしょうか?
電池の中で化学反応をしているためあまりに寒いところに放置するとその反応が鈍くなって電池容量が減ってしまうと説明されましたが、なぜ、過放電という事象に陥ってしまうのでしょうか?
どなたか詳しく教えていただけませんでしょうか・・・?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「過放電」とは、「放電終止電圧」以下の電圧になるまで放電(=使用する)事です。

「放電終止電圧」とは、簡単に言えば二次電池で「この電圧以下まで使用すると電池を痛めるよ」という電圧です。
リチウムイオンとかニッケル水素とかの電池の種類によって、セルあたりの「放電終止電圧」が決まっています。
複数の電池を直列・並列に組み合わせた「パック」状の場合は、個々のセルに掛かる負荷を均質にするために、セル毎の特性を揃えたりもします。

これらに組み合わされる電子機器は、「放電終止電圧」の手前で使用出来なくなる(=電源が切れる)ようにして、基本的にその電圧を割らないように設計されています。


>時には電源が入らなくなって
満充電でも(常識的な)冬場に、電源が入らないことがありますか?
電池を暖めても駄目ですか?

過放電が原因ではなく、あくまで低温下に於ける起電力の低下です。


#1で書かれている「放電温度特性」をご覧になればわかりますが、零度を切ると電圧が大幅に下がりますので、常温では過放電でなくても、低温時には(機器側から見て)放電終止電圧以下とみなされ、電源が入らないこともあります。

「過放電」とは、「放電終止電圧」以下の電圧になるまで放電(=使用する)事です。

「放電終止電圧」とは、簡単に言えば二次電池で「この電圧以下まで使用すると電池を痛めるよ」という電圧です。
リチウムイオンとかニッケル水素とかの電池の種類によって、セルあたりの「放電終止電圧」が決まっています。
複数の電池を直列・並列に組み合わせた「パック」状の場合は、個々のセルに掛かる負荷を均質にするために、セル毎の特性を揃えたりもします。

これらに組み合わされる電子機器は、「放電終止電圧」...続きを読む

Qリチウムイオン電池は危険なのか?

最近ボーイング787型機でリチウムイオン電池の発煙火災事故が続出している。
携帯電話でも同様の事故が起きた事があった。
リチウムイオン電池は問題のある危険な物なのだろうか?

Aベストアンサー

他の方も回答していますが、ラジコンなどの趣味の世界でリチウム電池は「禁断の電池」呼ばわりされています。なにしろ過充電しても過放電しても熱暴走を起こしやすいのです。熱暴走を起こすと、燃えるか爆発するかで、マニアが爆発させることもよく聞く話です。だから、国内メーカーでラジコン用のリチウムバッテリーを出しているところはないんじゃないかしら。PL法が怖いですからね。
けれども携帯電話やデジタルカメラなどでリチウム電池は幅広く使われています。理由は、なんといっても継ぎ足し充電ができること、また蓄電量も電圧も高いので小型で大容量のものが作れる上、形も自由に作れるのです。だけど熱暴走しやすいので、ちゃんとしたメーカーの製品はコンデンサがついていて熱暴走しないようにしていますし、大きすぎる電池は作らないようにしています。それでもiPodナノの電池が発火した事故がありましたよね。
ちなみに携帯電話用の電池はメーカー純正品だとすごく高いので、韓国製やインド製の廉価品が出回っています。だけどこれがすごく危ない。だって、暴走防止用のコンデンサがついてないんだもん。だから安いんですけど。元々の質が悪い上にコンデンサがないので熱暴走しやすいのです。だから私も某メーカーにいたときによく海外電池のトラブルを聞きました。「電池がふくらんで入らない」とかね。ふくらんだら爆発(もしくは発火)にリーチがかかっているので使ってはいけません。

だけどニッケル水素電池に比べると電圧が高いので、ラジコンだとその分モーターが速く回る、つまり速度が速くなるので使いたいマニアはいるわけです。国内メーカーの製品がないから、コンデンサのついてない海外製品をビクビクしながら使っているんですけどね。私の友人で実際に使っている人がいますが、ちょいちょい電池に触って熱を持ってないかチェックしながら使ってますよ。ずぼらな性格の私にゃ使いこなせないですね・笑。
B787でなぜリチウム電池を使っていたのかは不明ですが、おそらく継ぎ足し充電ができること(メモリー効果がない)と、高電圧を持っているせいだと思います。現代の航空機は電気制御の塊ですからね。万が一エンジンが停止し、予備エンジンさえ故障したとしても電力を失わずに機をコントロールできるようにするためだったのではないかなと思います。

なにがしかの新しいテクノロジーを取り入れれば、それがいくら慎重に研究を重ねて充分すぎるほどの実験や試運転をしたとしても、実際に使ってみると想定外の事態が発生します。三菱自動車の社員さんから実際に聞いたのですが、電気自動車のアイミーブの発売にあたっては、三菱社内で使ってみて、それで慎重に発売したものの、やっぱり「走行中に突然故障した」というトラブルは発生したそうですよ。

実は電池って意外に遅れている分野なんですよ。重いし、電圧は低いし、思ったほど蓄電できないし。電気自動車がなかなか普及しないのも、電池が足を引っ張っているからです。青色LEDの発明がライト業界に革命を起こしたように、電圧が高くて安全で蓄電能力が高い電池が発明されることを願うしかないですね。

他の方も回答していますが、ラジコンなどの趣味の世界でリチウム電池は「禁断の電池」呼ばわりされています。なにしろ過充電しても過放電しても熱暴走を起こしやすいのです。熱暴走を起こすと、燃えるか爆発するかで、マニアが爆発させることもよく聞く話です。だから、国内メーカーでラジコン用のリチウムバッテリーを出しているところはないんじゃないかしら。PL法が怖いですからね。
けれども携帯電話やデジタルカメラなどでリチウム電池は幅広く使われています。理由は、なんといっても継ぎ足し充電ができるこ...続きを読む

Q不活性化した充電池の復活方法は?

しばらく使用していなかったデジカメを使用しようと思い、充電を行いました。
ところが、使用できなかったので、調べた所、二次電池特有の、不活性化という現象だということを知りました。
メモリー効果のことはしっていたので、すぐにまた充電するようなことはしてはいないのですが、不活性化した場合、「完全放電」というのは、どのくらいの日にち、あるいは時間が必要なのでしょうか?

http://www.fujifilm.co.jp/faq/denchi/index.html

このページを見たら、3回くらい充放電を繰り返してください。
と書いてあるのですが、その「放電」のタイミング(何時間くらい?)が書いてなくて困っています。

教えてください。
よろしくお願いいたします。

*ニッケル水素充電池
*充電器は、FUJIFILMの急速充電器です。(4本入ります。)

現在は、デジカメの使用自体は、アルカリ乾電池使用しているので、問題ないのですが、今後のために、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 カメラに合った、放電電圧どうりの放電ができるのであれば、放電器を使った放電しても構いませんが、市販品にカメラの仕様に合わせた放電器はありません、マレにメーカーが自社で用意(販売)している場合がありますので、お問い合わせください。

 電池としての仕様とカメラ電池としての仕様が違いますので(市販品は電池としての仕様に合わせてあります)カメラ特有の効果を求める場合は、これができません。

 どなたにもできるといって方がいらっしゃいますが(作業内容としては簡単です)最も危険なほうほうが懐中電灯を使った放電の方法で、カメラの仕様を越え、電池のの仕様を越えた放電を行ってしまい、2度と使えない電池が出来上がることになります。

 また、放電時にガスが発生してしまい、それで電池その物が壊れてしまったり、何かの火や電気に引火して爆発したりというのもありますので、決して行わないでください

 電池を通常の使い方で放電させるには、空ッシャッターを切るなどして、電池を消耗させてください、ストロボを使うと消耗が早くなりますが、発熱する部分が多くそれで痛むので、あまり連続した発光を行わないように、3回に1回程度の間隔を空けてください

 このように放電した場合が最もカメラ(電池)に良好な状態の放電となりますので、これがメーカーの指導どうりの方法となります。

 マニュアルやカタログを調べて、満充電の80%ぐらいまで回復するようであれば、それで終了としてください、それ以上は伸びないことがああります

 また、50%をきる程度の充電能力しかないようであれば、もう寿命なので新しい電池をお買い求めになったほうが、時間と労力と値段を考えると安上がりになります。

 何万円という放電器がありますので、それを買うなら電池を買い換えたほうが安上がり、ということですね(^^;

 おだいじに

 カメラに合った、放電電圧どうりの放電ができるのであれば、放電器を使った放電しても構いませんが、市販品にカメラの仕様に合わせた放電器はありません、マレにメーカーが自社で用意(販売)している場合がありますので、お問い合わせください。

 電池としての仕様とカメラ電池としての仕様が違いますので(市販品は電池としての仕様に合わせてあります)カメラ特有の効果を求める場合は、これができません。

 どなたにもできるといって方がいらっしゃいますが(作業内容としては簡単です)最も危険な...続きを読む

Qインパクトドライバー 充電池性能 を回復させる方法は?

インパクトドライバーの充電池が、充電完了してもコーススレッド(ネジ)の入りが遅いんです。
明らかに以前に比べると単位時間当たりの打撃数が耳でわかる程減っています。
インパクトドライバーは、年に15日程度、短時間使うのみで、まだ購入して4年位ですので、60日程度を、一日あたり短時間使っただけです。
充電直後数本(3~4本)は、すんなりと正常にビスが入りますが、そのあとのビスの入る能力は急激に落ちます。(時間がかかる。トルク負けして止まってしまう。)
充電池性能が落ちていると思いました。
充電池は、使う前に充電するくらいで、今までの使用頻度からも頻繁には充電はして来ませんでした。
いろんなサイトで調べてみると、充電池は使わないでも性能は落ちるとか、放電しきってしまうと良くないとか、電池のメモリー効果のためなど、いろいろ書かれていました。
一日あたり短時間使用して60日程しか使っていないので、電池の寿命とは考えにくいと思いますが。
そこで、充電電池のメモリー効果だとしたならば、充電池性能を回復させることはできますか?
もし可能なのでしたら、方法をご教授ください。
インパクトドライバーは、一流メーカーでない安物です。

インパクトドライバーの充電池が、充電完了してもコーススレッド(ネジ)の入りが遅いんです。
明らかに以前に比べると単位時間当たりの打撃数が耳でわかる程減っています。
インパクトドライバーは、年に15日程度、短時間使うのみで、まだ購入して4年位ですので、60日程度を、一日あたり短時間使っただけです。
充電直後数本(3~4本)は、すんなりと正常にビスが入りますが、そのあとのビスの入る能力は急激に落ちます。(時間がかかる。トルク負けして止まってしまう。)
充電池性能が落ちていると思いまし...続きを読む

Aベストアンサー

充電池の種類によります。
考えられるのはニッカド・ニッケル水素・リチューム 充電池です。
どれを使っているかによりますが、リチュームの場合はメモリー効果が原因では無いと思います。
他電池の場合、セルが1.0Vになるまで放電して、満充電する作業を何回か連続して試みましょう。

充電池は使用状況などで寿命は大きく変わります。
単純に充放電回数で管理出来得る物では無いと思います。

Qバッテリを直列に接続すると容量はどのように計算するの

バッテリの容量は
容量[Ah]=電流[A]×時間[h]
です。

電荷で考えて
電池はコンデンサなので
Q=CV
です。

コンデンサを2つ直列に接続すれば容量の計算は
1/( 1/Q + 1/Q)=Q/2
です。

並列に接続すれば
Q+Q=2Q
です。

質問1
例えば
1.2[V]のセルが20個の24[V]で容量40[Ah]のバッテリがあります。
これを直列に接続すると容量[Ah]と電圧はいくらになりますか?


電圧は2倍の48[V]になるでしょ?

容量は40[Ah]の1/2の20[Ah]になるのですか?
しかし、電流の大きさがかわらないので容量が減るのはおかしいですよね?

Q=CVより
電圧が2倍になるのでQも2倍になり容量は同じになるのですか?

・バッテリを直列に接続すると電圧は2倍になると考えています。容量はどのような計算式ですか教えて下さい?

・バッテリを並列に接続すると容量は足し算と考えて間違いないでしょうか?


質問2
バッテリのセルはケース内で直列に接続されています。
上記の例のバッテリのセル1つの容量は
44[Ah]/20セル=2.2[Ah]にはならないような気がするのですが・・・
バッテリ本体の容量とセルの関係について教えて下さい。

簡単に考えてしまうと、
電圧を半分の大きさにしたいときはセルの10個にすればいい。
容量や、最大瞬間電流は半分になる気が最初はしていたのですがどうもおかしいと思っています。
どのような考え方ですか教えてください。

バッテリの容量は
容量[Ah]=電流[A]×時間[h]
です。

電荷で考えて
電池はコンデンサなので
Q=CV
です。

コンデンサを2つ直列に接続すれば容量の計算は
1/( 1/Q + 1/Q)=Q/2
です。

並列に接続すれば
Q+Q=2Q
です。

質問1
例えば
1.2[V]のセルが20個の24[V]で容量40[Ah]のバッテリがあります。
これを直列に接続すると容量[Ah]と電圧はいくらになりますか?


電圧は2倍の48[V]になるでしょ?

容量は40[Ah]の1/2の20[Ah]になるのですか?
しかし、電流の大きさがかわらない...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちわ
 あなたには電気の基本が必要と思われますので、お話ししましょう。面倒くさいのでわざわざ話してくれる人がいないものです。誤解されないように話しますので、少しくどくなりますよ。

 先ず、電池とコンデンサーは全く違う世界のものです。

 コンデンサーは、二枚の金属板の間に絶縁物をはさんでおいて極板としたものです。電極板を接触させなければ、円筒状に丸めても構いません。乾燥した空気(95%以上窒素と酸素の混合したもの)も絶縁物になります。

 絶縁物(誘電体とも言う)でさえぎられた両金属板(金属の定義は自由電子が自由に飛び回っている物のこと)に、常時発電し続けている電源(発電機や電池、時には摩擦電気でも良い、フランクリンの様に雷雲でも良い)の+とーを接続してやると、電極板に+とーの電荷が絶縁物にさえぎられているので流れていって中和できず、吸引しあって、(丁度、織田信長軍と、徳川家康軍が川をはさんで対峙している様に)溜まったままになる構造のものです。このとき電源電圧と同じ電圧になるまで、電気が(電流の元になる電子が)溜まります。
 電気=電荷、が溜まると電極板間の電圧が上昇するのが科学で突き止めた自然現象です。
 
 計算の詳細は省略します。
 
 コンデンサーの両極に電線を接続してマブチモーターを回し電流を流すと、溜まった電子が相手+電極に流れて順次中和し刻々減って行きます、最後に電荷が0になってしまいます。コンデンサーには電荷製造能力がないからです。
 これに対し、電池は、喧嘩相性の良い物質を探り当て(組みあわせは無限にあるのを探り当てその構造を工夫するのに各国、各大学、各会社、・・が発見に懸命です。燃料電池などと消費者用に適当に名前を付けています、水素電池、空気電池の方がよいと思うのですが)
 の反応を利用して、電流の素になる電子を分離して作り出しているのです。
 電流の元を作れる(化学反応他の手段で)電池と言えども、電流が流れて相手+電極に流れ着くと、中和して電子の出ない安定化合物に変化してしまいます。
 電気的に安定物質に変化した化合物には、充電と言う操作で引き千切り、鉛電池(バッテリー)の様に元の反応物質に戻せるものと、戻せないものがあります。


 このように、電池には寿命があります。つまり、製造した電池には反応物質に限度がありますから、5時間継続してほぼ一定電流流し続けられる電流は何アンペアか、10時間一定に流し続けられる電流は何アンペアか、を実測して、5時間率、とか10時間率とか、業界で用語を作り、使用電流が大きいと寿命が早いと言う消費者の目安にするわけです。

 電池の電圧が下がってきたら、反応物質がなくなってきた訳ですが、電気的には、電池の内部抵抗が大きくなったなどと、★内部抵抗と言う等価的な考えを取り入れ、電気回路で割り切る事もします。
 
 ★容量と言う言葉を色々な分野で使いますが。
英語のCapacity(キャパシティー)です。人間の度量、寛容度?、★静電容量(電圧x電気量これは計算に必要な値を並べただけの取り決め、定義)。
 ★電流容量ーー電流を流せる能力の意味
 トランス、発電機の容量でも、使用電圧(定格電圧などと言う)x発熱を考えて長時間連続して流せられる電流(定格電流)などです。

 電池を直列接続しても電流の出口は1個の電池と同じ、つまり、電流能力はIAのまま。
 電圧の+記号は電気の高さが高い方という意味の★「高」の文字-記号は★「低」の文字と考えて扱うとどんな場合も間違いを起こしません。誰もはっきり話してくれませんね。私の事実に基ずく記憶の仕方です。電圧の場合ですよ。
 すると、直列接続の場合、+2V-+2V-2V-+2V-は、高2V低高2V低高2V低高2V低となり、
安心して、山の高さを足し算できるし、さかさまに接続したのが有っても、計算できます、枝分れした接続でも。
 電池の並列接続の場合は電極板の出口が、2倍になったと考えるのが、科学的であり、事実でもあります。
 電流容量(放出能力)は、2I[A]。3個並列なら、電流容量(放出能力)は、3I[A]。

全体の容量(平均能力)は、計算に必要な電圧と電流を並べて、4個直列の場合=2x4VxIA。
 3個並列接続の場合=2Vx3IA

 誤解されないための、注意、全体の容量(平均継続能力)は、計算に必要な電圧と電流を並べただけと言いまし
たが、一応意味はあります。それは、

 電気は電圧を加えて電流を流して仕事をさせているわけですから、丁度、あなたが力を出して、バッテリーがあがった車を動かして仕事をしているのと同じ考え方をして、
電気にしてもらった仕事なので、電力と名付け、蒸気機関車を発明して大きな仕事が出来るようにしてくれたワット氏の名前を頂いて、電気の仕事の単位をワットにしているのです。仕事をしたかしないかが、私たちの最終目的ですからね。そうでしょう。
 それで電圧と言う力を出して、1秒間に動かした電子の粒の数=電流を掛け算したVxI=VIを容量といったり
時には電力と言うわけです。
 その使い分けは、よく見ると分かります。
 計算式、は以上の様に、考え方が先で、それを数式にするだけなのです。

 数式以前の基本的考え方の方が、基本であって、これで分かった分からないが決まるわけです。
 言葉の定義ですね。


 科学知識は、全て言葉の定義を覚えると、全部理解できてしまうのです。計算式も同じ。・・・・。です。


 

 こんにちわ
 あなたには電気の基本が必要と思われますので、お話ししましょう。面倒くさいのでわざわざ話してくれる人がいないものです。誤解されないように話しますので、少しくどくなりますよ。

 先ず、電池とコンデンサーは全く違う世界のものです。

 コンデンサーは、二枚の金属板の間に絶縁物をはさんでおいて極板としたものです。電極板を接触させなければ、円筒状に丸めても構いません。乾燥した空気(95%以上窒素と酸素の混合したもの)も絶縁物になります。

 絶縁物(誘電体とも言う...続きを読む

Q急速充電器を使うことで、リチウムイオン電池の劣化を実感された方はいます

急速充電器を使うことで、リチウムイオン電池の劣化を実感された方はいますか?

新しいデジカメを買ったのですが、付属の充電器だと、満充電するのに4時間近くかかるため、
急速充電器の購入を考えています。
ただ、ネットで調べると、急速充電は電池を劣化させやすいというデメリットが多く見られます。
理屈はわかるのですが、メーカーはそれなりのマージンを設定しているはずで、充電時間が1/10になるくらいなら劣化するのもまだわかりますが、充電時間が半分になったくらいで、実感できるほど電池が劣化するのか疑問です。
デジカメではありませんが、それほど劣化するなら、デジカメの電池よりはるかに高価な電気自動車の電池(これもリチウムイオン電池です)を
電気スタンドで急速充電するなんて考えられませんよね?

ということで、急速充電器をお使いの方で、電池の劣化を感じられた方、または特に感じられなかった方がいらっしゃいましたら、
それぞれのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

リチュームイオン電池では、充電の方法を間違えますと生命に関わる事故の可能性があります。

さて、実際の問題点は、「満充電」なんですよね。

実はケーター機器の多くの充電器は、充電の管理を行っていません。 大抵は、電池パック内の回路や、機器の回路で、制御しています。
しかも、制御の為にチップコンピューターが組み込まれてプログラムで管理していたりする物が大半ですよ~。

大抵は充電開始から数十分ほどが急速充電と同じ要領で、おおむね80%充電します。 その後の20%分が数時間です


充電時間が半分と言う事は、危険な80%以上の高温時の充電をせかす事に成りますね。発火や爆発に至らないまでも、より高温になると言う事が電池の劣化を招いてしまう可能性が有ると言う事でしょう。

車の充電の場合は、規模が大きすぎるので、家庭用電源から大電流を流すと、コンセントやケーブルが発熱して電力のロスが発生します。さらに、家庭用コンセントでは15Aまでと言う法律上の制限が有るので、(100V×15Aで1500W)200V系からだと時間的に「急速充電」と言える物です。(200V×15Aで3000W)

さらに蛇足ですが、リチュームイオン電池の特徴は、小型で大容量、途中充電で劣化等の症状も少なく、充電放電の回数もわりと良い物です。すべての点で良いとは言えなくて、充電時の危険性が非常に高く、完全に電気を使い切ると言う状況に非常に弱い(過放電状態)、3ヶ月以上の保管には使い切った状態にしてしまうと、再充電が10%程度しか出来ない場合が有る(私のパソコンは、そんな状態に成っちゃいましたよ、涙)
また、フル充電状態での長期保管も性能劣化を招きます。

電池の表示が3段階とか5段階でしたら、一個分は消耗した状態で保管する、機械の電源が切れはしないが、最終段階と言う状態の方が、長期保管には向いているようです。

ニッカドバッテリーは完全に使い切ってから充電、車等の鉛バッテリーは常に充電しフル充電の状態を維持すると長持ちしますね。(このため、鉄腕ダッシュのソラーカーだんきちは、鉛バッテリーですから、日暮れまで走りバッテリー切れまで使うから、制作当初と最近では1日に走れる距離が極端に違って来ているよ~。)


バッテリー、充電式や乾電池のような使い捨ても、それぞれの特徴を知ると、より快適な使い方が出来ると思います。

はじめまして♪

リチュームイオン電池では、充電の方法を間違えますと生命に関わる事故の可能性があります。

さて、実際の問題点は、「満充電」なんですよね。

実はケーター機器の多くの充電器は、充電の管理を行っていません。 大抵は、電池パック内の回路や、機器の回路で、制御しています。
しかも、制御の為にチップコンピューターが組み込まれてプログラムで管理していたりする物が大半ですよ~。

大抵は充電開始から数十分ほどが急速充電と同じ要領で、おおむね80%充電します。 その後の20%分が...続きを読む

Q単三や単四の充電式リチウム電池はないのでしょうか?

お世話になります。

リチウム電池は低温でも強いので非常にいいと思っています。
使い捨ての単三はありますが値段が高いです。
よく分かりませんが、単三や単四で充電式リチウム電池はないのでしょうか?
市販品をなかなか探せません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

乾電池形状にする場合、出力の電圧が違うとトラブルのもとです。かつてのEVOL**乾電池がわずか0.1~0.2V程度高くしただけでストロボや限界近くまでパワーを使う製品で壊れる物が続出しました。

ニッケル水素充電池は、乾電池より初期電圧が低く、電圧低下が少ないので、最初の高い電圧だけを使うような昔のメカ式の電気時計(チックタックいう奴です)等を除けば安全に使える場合がほとんどです。
ただし充電池はショートした時の電流が高いので安全を考えおもちゃでは使用禁止の場合が多いが、実際には、大電流対策をしてない方が問題と思いますが?

さて、リチウム系の電池は、1セルという最小の単位で満充電時の最大電圧が4.2V近くあります。(定格は3.7や3.6Vですが)
当然このまま乾電池の形状にすると危険なので電圧を落とさなければいけません。
4.2Vから1.6Vに落とすとしても半分以下という結構大幅に落とすことになるので、安全に落とすという点でも、コスト的にも厄介です。
そこで、2本並べた形状にして3Vくらいに落とした製品が昔、実用化されましたが、この頃はあまりみません(CR-V3の充電池で検索すると今でも出てきました)

そうこうしているうちにニッケル水素充電池の性能が上がって来たので、ただでさえ安全に作るのが面倒なリチウム系の充電池で乾電池の置き換え用を作るというメリットが小さくなって来たので、この実質的に乾電池2本用に力を入れているメーカーはほとんど無いでしょう(日本のリチウム充電池メーカーは、価格競争に負けて民生用に力を入れていません)。

まして一本用は、なおさら関門が高いです。
海外製などで万一あったとしても充分安全性を保証してくれるメーカーでない限り手を出すのは自己責任を取れる知識がある場合だけと考えた方が良いと思います。

以前よりも電圧を簡単に効率よく下げられるICも最近出ているようなので、絶対ないとは言えませんが、こういうものは怪しいものも多いので注意した方が良いという老婆心でした

乾電池形状にする場合、出力の電圧が違うとトラブルのもとです。かつてのEVOL**乾電池がわずか0.1~0.2V程度高くしただけでストロボや限界近くまでパワーを使う製品で壊れる物が続出しました。

ニッケル水素充電池は、乾電池より初期電圧が低く、電圧低下が少ないので、最初の高い電圧だけを使うような昔のメカ式の電気時計(チックタックいう奴です)等を除けば安全に使える場合がほとんどです。
ただし充電池はショートした時の電流が高いので安全を考えおもちゃでは使用禁止の場合が多いが、実際には、大電流...続きを読む

Qテスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体的に何Ωの抵抗器を使うかということまでは書かれていませんでした。

具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか?

実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。

上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、
乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、
乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか?

どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体...続きを読む

Aベストアンサー

テスターで、電池残量は測定できません。
起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。
使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。
>適当な抵抗器を直列に接続・・・。
残量というより、能力のチェックです。
可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1.5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1.5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。
>乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。
内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。
その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。
※ E=IR 1.5=0.3R   抵抗は5オームです。


人気Q&Aランキング