今年、税理士事務所で独立するものです。

会計ソフトを導入したいと思っているのですが、TKC・ミロク・JDLの機能と費用的な違いがわかる方、教えて頂けないでしょうか。
顧問先の規模としては個人から中小企業が中心となることを想定してます。

基本的なご質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いろいろ展示会など見て回ってはどうでしょうか。


価格や機能がいろいろです。一度決めてしまうと関与先との関係もあるので
なかなか変更できません。
これから、各メーカーとも新しい機能をリリースする予定になっています。
たとえば、ネットバンキングデータを取り込むなどなど。
価格も結構ちがいます。
今後の経営にも大きく影響しますので、じっくりいろいろ見て、自分の経営方針に
あうものが一番だとおもいます。
記帳重視なのか、自計化重視なのか、分析提案重視なのか。
がんばってください。独立おめでとうございます。
    • good
    • 1

税理士事務所の職員です。



以前在籍していた税理士事務所では、ミロクを利用していましたね。
使い勝手の良い者とは思いませんでしたが、その時には、気付かなかったですね。

私は現在非常勤で税理士事務所に勤務しながら、家族経営の会社を運営しています。
勤務事務所以外の税理士事務所等の人脈があり状況を見ていると、ミロクよりもJDL、JDLよりもTKCが多いように思いますね。

ただ、私が現在在籍しているところは、基本的に弥生会計を利用し、税務は魔方陣のシステムを使っています。どうしても、他事務所から変更してきた顧客や新規客などの場合には、事務所に合わせてもらえないことも多く、弥生会計を利用している顧客も多いのも事実でしょう。そして、チェック作業は必要でしょうが、魔方陣システムは比較的安価らしく、どうしても売り上げを伸ばそうと考えれば事務所職員を増やすこととなり、増やせばライセンスも増やす必要があることでしょうからね。
当然、他のシステムの少ないライセンスで用意はありますよ。顧客の要望を聞けないと顧客を逃しますからね。

税理士の先生に言うことでもないかもしれませんが、起業当初は費用対効果も大切ではありませんか?十分な顧問先確保のあとに、別システムへの意向もよいと思いますからね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「JDL IBEX出納帳」 vs 「弥生05スタンダート」

当方、先日登記したばかりの小規模法人です。

会計ソフトを買う必要があるのですが、JDL IBEX出納帳(税込 29,400円)と弥生05スタンダート(42,000円)で迷っているのですが、どちらが簡単に導入できると思われますか?

個人時代にJDLの無料版を使用していたので、またJDLを選択したいと思っているのですが、弥生の方がいいのではないかという意見が多い気がしますが、実際はいかがでしょう?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも一長一短あります。
簡単に使えるソフトはJDLだと思います。
但し、EXCEL等へのデータ入出力が殆ど出来ません。
その部分も含めて色々使いたいなら弥生だと思います。
但し、使いこなさないと宝の持ちぐされになります。

弥生マスターインストラクターでした!!

QJDLの財務入門のスクールを知りませんか?

東京在住のOLです。
管理部ではないのですが、急遽管理部を手伝わなければならなくなりました。
使っているソフトはJDLの財務入門なのですが、東京近辺で簡単なスクールをやっていませんでしょうか?
JDLに確認したところ、無料で2時間くらいの、自分でやる、といったものしかありません。
できれば、1日か半日くらいで、簡単にマスターできるスクールに有料でもいいので参加して、操作だけでもマスターしたいと考えています。
ご存知の方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

キーボードがJDLの財務キーボードの場合にはキーボードが(ファンクションキー)が特殊ですが、ソフトそのものは「JDL会計」と同じですので、
期間限定版でご自身のPCで使用してみられるのが、まずはいいと思います。
(家計簿をつけてみるとか・・収入を売上にして)。

その際、会社の勘定科目のコードが国際会計基準の4桁か、従来の3桁か聞いておくといいと思います。2種類ありますので。(そのコードで会計ファイルを作って、練習してみているといいかと思います。)

参考URL:http://www.jdl.co.jp/ibex/kikangentei/kaikei.html

QJDL IBEX出納帳・請求書の得意先登録で・・・

JDL IBEX出納帳・請求書の得意先登録で、伝票開始日が次の請求締日の次の日になってしまいます。
原因は会計事務所の税理士さんが、データの確認や修正を会計事務所のPCで実施した後に、うちの会社のPCにデータを入れなおすのですが、その後に必ず上記のような問題が起きます。
伝票開始日が変わるので、いちいち全ての得意先の伝票開始日を修正しなくてはならず、苦労しております。
会計士さんのデータの更新方法に問題があるのでしょうか?どなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

会計事務所側は、JDL「出納帳4」から会計事務所側の「財務」ソフトで処理します。この変換は出納帳サポートというソフトで行うのですが、こうした問題が生じてしまいます。解決方法としては、会計事務所側の修正処理を「財務」ソフトではなく、会計事務所にインストールしてある「出納帳4」で処理すれば問題が生じません。基本的にエンドユーザ向けのソフトであっても仕訳入力することに違いはありませんか。そしてこの、修正したものを「財務」で読み取り、試算表出力や消費税トータルシステムで処理すれば会計事務所側は問題はないはずです。
つまり、解決方法はあると言うことです。問題は会計事務所側がどう対応するかという問題で、経理担当者がこのような場所で聞いて解決方法を考える問題ではないと私は考えます。
こうした問題は会社側で負担すべき問題ではなく、会計事務所側で対応すべき問題です。そのための顧問料なんですから。それを、顧問先に押しつけたとするならば、会計事務所としてのプロ意識に欠けると考えます。よく相談なさってください。

QJDL出納帳Xカジュアル(無料)について

青色申告決算書にある「貸借対照表」の“資産の部合計”と
“負債・資本の部合計”の金額が合いません。
たぶん元入金の金額が間違っていると思うのですが、
どのようにして直せばいいのか解かりません。
どなたか操作の仕方を教えていただけませんでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

科目ごとに元帳の貸借があっているか確認してください。また、科目が全て表示されているのかも確認してください。

Q経理ソフトを導入したほうがいいか

知人の会社が近い将来株式を公開したいそうです。IT関係の会社で経理は表計算でやっているそうです。株式公開するためにはシステム化しないといけないのでしょうか。

Aベストアンサー

システム化というより、管理体制が必要なのでは。例えば、「経理責任者は誰で、責任者が確認した後は責任者以外は修正出来ず、責任者が訂正等を行った場合は、訂正等をした日付と訂正等をした箇所を、○○に記録する」といった決まり。さらに、これらの決まりが正しく運用されているかのチェツクの仕方等を決めて、そのチェックに基づいて資料を作って提出したりすることになります。

これを表計算だけでやろうとすると、誰がいつ経理し確認したとか、訂正・削除等の履歴や、他の人が触れないようにする仕組みとか、それをどうやってチェックするか(実際に出来て説得力のあるものでないとダメ)がすご~く面倒なので、こういったものがきちんと出来るように、システム化するんだと思います。

ただし、システムを組んでも、それだけだと必要十分な管理が出来なかったり、資料が作れなかったりするので、表計算とか市販のソフトとかを、併用することになろうと思います。

最近は以前に比べてベンチャーの上場が難しくなっているようですし、上場を機会に管理体制を整えて、組織力を強化させるためシステム化する方が良いのではないでしょうか。

システム化というより、管理体制が必要なのでは。例えば、「経理責任者は誰で、責任者が確認した後は責任者以外は修正出来ず、責任者が訂正等を行った場合は、訂正等をした日付と訂正等をした箇所を、○○に記録する」といった決まり。さらに、これらの決まりが正しく運用されているかのチェツクの仕方等を決めて、そのチェックに基づいて資料を作って提出したりすることになります。

これを表計算だけでやろうとすると、誰がいつ経理し確認したとか、訂正・削除等の履歴や、他の人が触れないようにする仕組みと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報