いつもお世話になっております。
日露戦争後の日本経済の動向について教えていただきたく、質問いたします。
ポーツマス条約締結によって朝鮮半島と満州地方の実質的支配権を得た日本は、重工業を中心とした好況状態に入りますよね。
その好況が一転して「1907年には経済恐慌に陥った」と参考書などには書いてあるのですが、そのきっかけはいったい何だったのでしょうか。
もともとの好況自体が、外国資本・外国の技術に依存した脆弱なものであったのがそもそもの原因かとは思うのですが、実際に株価が暴落する際に何か発火点になるような事件があったのでしょうか。
どうか宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.日清戦争では賠償金が取れたので,戦争で使った軍事費は回収されたが,日露のとき賠償金が入らずに、軍事費が増大したままであり、土地が増えただけで,徐々に財政負担になっていった.


2.朝鮮半島や台湾をてに入れたためにそのための費用も負担になった.抗日抵抗運動のための軍事費のさらに増大.
3.そのために増税をして,軍事産業.重工業に重点天が置かれて,農民の暮らしは良くならなかった。
4.金に裏打ちしない紙幣が乱発されて,紙幣が信用しなくなった.いまの国債の乱発も明治と似ているのではないか.と比較されてきています.
 **戦争がすべての原因ではないでしょうか.
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですか、日露戦争後には不換紙幣が発行されていたのですね。
ということは、日清戦争の時に賠償金として手に入れた金はその後の軍事拡大で消費されてしまったということですか?
まだまだ勉強の余地がありそうです。頑張ります。

お礼日時:2001/06/24 00:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国が経済破綻し、恐慌に陥った際のシュミレーション 1

ある一つの国が経済的に破綻した場合、我々の国民生活がどうなるのかが想像つきません。国際的な経済の流れと絡めて説明が出来る方、ぜひよろしくお願い致します。

Q.1-1
国が破綻すると、当然銀行も破綻する可能性は大だが、国自体が破綻しているので銀行の救済は出来ない。そういった場合、どういう構図で銀行再生、ひいては国の再生が図られていくのか?(IMFが出てくるんでしょうか・・・?)

Q.1-2
上記に陥った場合、我々が銀行から借り入れている住宅ローンなどはどうなるのか?国も銀行も駄目になると、全額帳消しとなるのか、それとも額はそのままで、何らかの後ろ盾によって国や銀行が再生された後、当初の契約通り返済を続けていかなければならないのか。またその場合、貨幣価値が大きく変わってしまうと、ローンの額が実質増えてしまうことは考えられないか。

Q.1-3
たとえ暴落しても、長期的には、その国の通貨や国債も、いずれはその信用に見合う程度には値を戻せるものなんでしょうか。アルゼンチンやロシアがどうなったのかも含めて知りたいです。

以上、よろしくお願い致します。

ある一つの国が経済的に破綻した場合、我々の国民生活がどうなるのかが想像つきません。国際的な経済の流れと絡めて説明が出来る方、ぜひよろしくお願い致します。

Q.1-1
国が破綻すると、当然銀行も破綻する可能性は大だが、国自体が破綻しているので銀行の救済は出来ない。そういった場合、どういう構図で銀行再生、ひいては国の再生が図られていくのか?(IMFが出てくるんでしょうか・・・?)

Q.1-2
上記に陥った場合、我々が銀行から借り入れている住宅ローンなどはどうなるのか?国も...続きを読む

Aベストアンサー

Q-1)
政府が破産しても民間企業は(原則)関係ありません。
但し、実際は その国の通貨の価値が下がるので
企業は倒産が相次ぐでしょうが・・・
(IMFの後ろ盾:金を出す国家が無いと IMFは出て来れません。
IMFが出てきたら 緊縮財政を強いて立ち直るでしょうが・・・)


Q-2)
借金はそのままです。
但し、通貨の価値が下がる分 楽になるでしょう。
(預金などは没収される可能性が高いですが・・・)


Q-3)
無限上昇はしません。
第一次大戦後のドイツのレベルまでは上がらず
資産価値が1/10~1/100程度になるだけです。

Q不況 恐慌 大恐慌 の違い

経済界?で使用される言葉で

不況
恐慌
大恐慌 

よく意味が似ているような気がします。

この三つの言葉の意味の違いを教えてください。
出来れば、中学生にも分るような、平易な説明をしてもらえると助かります。

Aベストアンサー

明確な基準がある訳ではないと思いますが 要は程度の違いです
一国レベル、幾つかの国を巻き込むレベル、世界レベル

例えば1929年の世界レベルの経済恐慌は未だ習ってないかなあ これは大恐慌と言って良いでしょう
嘗て経験した事のないレベルで世界中を巻き込みました

好景気の後には不況が来るのは過去に沢山見られます そして不況の後には好景気が という具合に繰り返すのです

好景気/不況の循環は大量生産時代が始まってからで機械の発明の結果と言えますが
何と言っても飽くなき欲望を制御出来ない所から来るのでしょう つまり心の問題

行って見てきたような事を書きましたが 歴史で学ぶ事です 高校で出て来ます

Q経済恐慌突入の予測ができたのなら・・・

唐突な質問で申し訳ありません。課題で、「もし日本の経済恐慌突入が予測できたなら、あなたはどうしますか?」というものが出されました。お恥ずかしながら考えても全く分かりません。ご参考までに教えていただけませんか?

Aベストアンサー

良い質問ですね。政府国債残高が530兆円に達し、税収40兆円に対し財政支出80兆円ですから、破たんしない方が不思議です。月収40万円のサラリーマンが月額80万円使っていて、カード会社から毎月30万円借りている生活が長続きするわけがないでしょう。

個人の防御策は比較的簡単です。銀行預金、郵便貯金は合計年収1年分程度に押さえ、残りは外貨預金(ドル預金、ユーロ預金など)に回します。並行して、株式投資、不動産投資(貸しマンション、貸家・アパート経営)を進めます。こうすると銀行預金が紙くずになっても、残りの資産で生活できるわけです。(株式投資、不動産投資の特徴はインフレに強いことです。)私個人としては、この対策を実施済みですから政府が、いつ破たんしてもOKです。根が心配症ですから、個人的には財政破綻を非常に心配しています。

国際的金余りと異常な低金利が幸いして、すぐに財政破綻は起きないだろうと考えられています。金利が上昇すると話は変わります。ひとたまりもなく一気に崩壊するでしょう。

国家財政が破たんすると国債の引き受けてである銀行が連鎖倒産して、国債だけでなく、銀行預金が紙くずになる形で国民生活にはねかえってくるでしょう。公務員の給料も支払いが遅れるかなくなるでしょう。ハイパーインフレになってお金の価値が何分の一とか、はたまた何千分の1になります。よって、「現金、銀行預金で資産を保有してはならない」ということが基本的対策になるわけです。

IMFとか世界銀行は、日本政府に資金供給を即座に開始しますから混乱は一時的に収まるはずですが、政府の要職にある人に対する責任追及は厳しく、監獄にぶちこまれることもあり得ます。韓国の場合、財閥の責任が厳しく追及され解体され財閥経営者が数百人規模で監獄にぶち込まれたようです。日本の場合は監獄にぶち込まれるのは政府の要職にある人ではないかというのが私の予測です。

政府、高級官僚は「赤字国債」という麻薬中毒にかかってしまったように私にはみえます。残念ながら、麻薬中毒患者に打つ手はないです。IMFとか世界銀行によって刑務所に放り込まれるまで赤字国債の発行を続けることでしょう。

良い質問ですね。政府国債残高が530兆円に達し、税収40兆円に対し財政支出80兆円ですから、破たんしない方が不思議です。月収40万円のサラリーマンが月額80万円使っていて、カード会社から毎月30万円借りている生活が長続きするわけがないでしょう。

個人の防御策は比較的簡単です。銀行預金、郵便貯金は合計年収1年分程度に押さえ、残りは外貨預金(ドル預金、ユーロ預金など)に回します。並行して、株式投資、不動産投資(貸しマンション、貸家・アパート経営)を進めます。こうすると銀行預金が紙くずにな...続きを読む

Qドル下落と日本経済の脆弱性

先日、世界的に著名な投資家、ウォーレン・バフェット氏がドル資産を他国通貨資産に変えているとの記事がありました。今後ドルは下落すると読んでいるからです。

もし今後、円高ドル安になれば、また政府・日銀は為替介入に踏み切るでしょう。問題は介入によって得たドルを米国債として所持している点です。今や米国債の半分を日本と中国が持っているとされています。

一方、米FRBはFOMCにおいて徐々にFF金利の引上げ、つまり金融引締め方向に動いています。これは米国景気のリフレ懸念が遠のき成長トレンドに入っていることの何よりの証拠です。しかし、これは金利上昇イコール債券価格下落という事態を招き得ると思われます。この結果、日本が持っている米国債はドル下落と債券価格下落というダブルパンチを食らう危険性をはらんでいるわけです。

さらに日本国債は700兆円あるとされており、日本の財政事情は一皮むけば非常に脆い基盤の上に成り立っていると思われます。一体誰がこの国の借金を返済し、さらに米国債の為替と価格変動リスクをヘッジするのでしょうか?しかも今後、日本は少子高齢化社会となっていき、労働力人口の低下から経済成長の先行きは決して明るいとは言えません。そのうちGDPもBRICs各国に追い抜かれてしまうかもしれません。

私はマルクスは嫌いですが、マルクスの言う「経済は下部構造」というのを引用すれば、日本の下部構造は一皮むけばまるで大地震の後の液状化現象のような状態ではないかと思うのですが…。

先日、世界的に著名な投資家、ウォーレン・バフェット氏がドル資産を他国通貨資産に変えているとの記事がありました。今後ドルは下落すると読んでいるからです。

もし今後、円高ドル安になれば、また政府・日銀は為替介入に踏み切るでしょう。問題は介入によって得たドルを米国債として所持している点です。今や米国債の半分を日本と中国が持っているとされています。

一方、米FRBはFOMCにおいて徐々にFF金利の引上げ、つまり金融引締め方向に動いています。これは米国景気のリフレ懸念が遠のき成長トレンド...続きを読む

Aベストアンサー

質問が今ひとつはっきりしないのですが・・・。

まず日本の財政事情に関しては既に一皮向かなくても十分危機的な水準となっていることは周知の事実でしょう。
今後の少子高齢化や成長率の鈍化等を考えると先行きは明るくないどころか、明らかに暗いものだといえます。
財政再建は急務ですし、そのための改革が必要ではありますが、「改革内閣」などと自称している小泉内閣は全く何もやっておらず、時間切れのリスクが高まっているでしょう。

しかし、財政赤字の問題とドル下落の問題とは直接関係がありません。
ドルが上がろうが下がろうが直接的に財政への影響は出てきません。

質問者さんが言っている外貨準備における米国債の価格変動リスクと為替リスクの問題ですが、確かにリスクがあることは事実です。
ただし、売買損というのは売却して初めて出てくるものであり、債券も償還までもてば額面で帰ってくることになり、よほど高い水準で買っていない限り損にはなりません。
同様に為替のドル売り介入をしない限り差損は発生しません。
また介入資金は政府短期証券を発行して借り入れているので、形態としては円キャリートレードと同様となっています。
つまり、低利の円で借り入れ、高利のドルで運用しているわけで、ある意味経済合理性があるという判断も出来ます。

財政危機を考えるのならば、最終的には財政破綻のリスクがあるわけで、その場合は大幅な円安となり外貨準備では為替差益が出ることにもなります。

質問者さんは為替変動、外貨準備、財政赤字、日本経済の先行きといったものをを明確に整理区別して考えられることをお勧めします。

質問が今ひとつはっきりしないのですが・・・。

まず日本の財政事情に関しては既に一皮向かなくても十分危機的な水準となっていることは周知の事実でしょう。
今後の少子高齢化や成長率の鈍化等を考えると先行きは明るくないどころか、明らかに暗いものだといえます。
財政再建は急務ですし、そのための改革が必要ではありますが、「改革内閣」などと自称している小泉内閣は全く何もやっておらず、時間切れのリスクが高まっているでしょう。

しかし、財政赤字の問題とドル下落の問題とは直接関係がありま...続きを読む

Q【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中

【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている)と言われて批判されていますが、日本は行政の役割分担がバラバラで各省庁が自分たちの都合が良い政策を打ち出して足並みが揃っていませんよね。

年金問題と非正規労働者問題、法人税の減税政策批判と雇用問題など福祉と雇用の担当部署どころか所管が違うので官政経済をやりたくても管轄が違うので各省庁のロードマップがバラバラで各省庁の政策の足かせというか間逆の政策を打ち出して足の引っ張り合いをしている状態です。

所轄の担当行政が違う各省庁が足並みを揃える政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?

今の日本の官庁の仕組みでは日本経済を良く出来ない気がしてなりません。

どうすれば各省庁が同じロードマップにのって未来に向けた1本の筋が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている
 それを『護送船団方式』と言います
  しかしバブル崩壊とともにその政策はかなり崩壊してます
 詳しくはwikiを
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B7%E9%80%81%E8%88%B9%E5%9B%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

>足並みが揃っていませんよね。
 それを『縦割り行政』と言います

>政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?
 何度も改革を行い改善しております
 最も古く大きな物は『中央省庁再編』が有名です

詳しくはwikiを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%9C%81%E5%BA%81%E5%86%8D%E7%B7%A8

 いつも思うが質問者の知識は非常に古い


人気Q&Aランキング

おすすめ情報