決算書に回収できない(相手が倒産や廃業など)売掛金があるので、消したいのですが、特別損失の科目であげればよいのでしょうか。その場合利益からさしひかれることになるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

仕訳では、個人か法人かに関わらず、特別損失の科目に計上して差し支えありません。

決算書では、そのぶんが差し引かれて税引前当期利益や当期利益が計算されます。


税務上、必要経費や損金にできるかどうかは、ちょっと考える必要が出てきます。

というのも、ご質問のような場合、税法では「倒産や廃業など」が分かった時期に必要経費や損金にできると定められているためです。「倒産や廃業など」は去年やその前に分かっていた、となりますと、税法の建前では過去の申告(分かった年の申告)を修正する(正確には更正の請求をおこなう)べきという話になります。当期の申告に含ませた結果、国税と争って負けた事例もあります。

ただ、大した金額でなけいなどであれば、当期の必要経費や損金に含めてしまうことも、ままおこなわれます。税務調査等では、今年に入って分かった、などと強弁することになります。もっとも、税務リスクがあることには変わりありません。

税務リスクを勘案してご判断ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました

お礼日時:2016/07/30 07:07

おはようございます。




>決算書に回収できない(相手が倒産や廃業など)売掛金があるので、消したいのですが、

回収不能が確定した売掛金は、
1.税務上は、消却することができます。
2.会計上は、消却しなくてはなりません。


>特別損失の科目であげればよいのでしょうか。

回収不能な「売掛金」を「貸倒損失」という科目に振替えます。一般的には特別損失の区分に計上しますが、少額なら営業外費用の区分に計上します。


>その場合利益からさしひかれることになるのでしょうか。

もちろんです。会計上「貸倒損失」に振替えることにより、税務上は損金に算入できますので。損金算入すれば利益が減ることになります。
    • good
    • 0

最近はスマホでの投稿が多くなったからかもしれませんが、ご質問文があまりにも軽薄短小すぎます。


もう少し背景を詳しく説明できませんか。

あなたは法人ですか、個人ですか。

まあこのようにご質問をするからには個人の方かと想像しますが、個人事業の経理に特別損失などという科目はありません。

「貸倒金」です。
貸倒金の定義に合うなら、計上すれば良いでしょう。

(6ページ) Ⅵ債権の貸倒れなどの整理
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手が倒産し、売掛金が回収できない場合の仕訳等について。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円分ずつ売掛金として残っているのかが分かりません。
今年度分の決算は事情があり税理士さんに頼めず自分自身で決算をしている状況です。


(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、
「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

質問が3つになってしまい申し訳ありませんが、1つでもわかれば教えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円...続きを読む

Aベストアンサー

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違っても実害はありません。

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

→【1000円】は備忘価額です。これは、法人税法基本通達9-6-3によるもので、「一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ」の規定を適用されたものと思われます。この規定は、備忘価額を残すことを要件に損金算入が認められており、税理士さんはこの規定を適用されたのでしょう。
なお、備忘価額は1,000円に限られず例えば1円でも構いません。

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違って...続きを読む

Q倒産後の売掛金回収

取引先が倒産いたしまして、困っています。
こちら側は、売掛金、買掛金が四対六であります。
通常取引とすれば、残りの2が支払いですが、
弁護士からの売掛金振り込みの依頼には、相殺分のみでも良いのでしょうか。
又、現品物の返品による支払い拒否は可能なのでしょうか?
どなたかお知恵を拝借したくお願いします。

Aベストアンサー

商品の取引成立により「売掛金」「買掛金」がたっているのでしょうから、現品を返品するには「相手会社の倒産により商品価値が劣化した」等の相当の理由が必要だと思います。

相殺については、民法でも認められていることですから遠慮する必要はありません。先方にその旨伝えたうえで、金額を確定協議してから振り込みましょう。

Q倒産した会社の売掛金を少し回収した時の仕訳について

仕訳についての質問です。お願いします。

平成22年に、倒産した会社の売掛金が、少し支払われ回収しました。

当方は、昨年まで、会計士に会計をお願いしており、そのときに作成してもらった総勘定元帳を見ると平成23年分も売掛金の残金としてあります。

これの仕訳についてです。

また、この売掛金に対して平成22年の仮受消費税の科目にのところに消費税額が記載してあります。

何分、不慣なれで勉強不足のためよくわかりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

倒産した会社の売掛金の一部(210,000円とする)を回収して、残りの大部分の売掛金(1,050,000円とする)の回収不能が確定したのであれば、

〔借方〕普通預金210,000/〔貸方〕売掛金210,000

〔借方〕貸倒損失1,000,000/〔貸方〕売掛金1,050,000
〔借方〕仮受消費税 50,000/

と仕訳します。

Q売掛金未回収分の処理(決算)

当社は7月決算で、現在決算整理を始めたところですが、ある客先の事で困っています。昨年の11月に納品したものの代金がすべて回収できていません。今年の始めから、催促をし続けて3月にやっと約3分の1の金額の入金がありました。しかし、回収できたのは現在のところそれだけで、請求書を毎月出しています。残り3分の2は回収できるかどうかはわかりません。こんなケースは私にとっては初めての経験です。
そこで、未回収分の処理はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

昨年 11月の納品で、今年 3月に一部入金があったのなら、いまはまだ売掛金のまま残しておくだけです。
「当社」の言葉を使われているので法人の方かと想像しますが、貸倒損失として経費に計上できるのは、
「支払が 1年以上滞っている場合」
などに限られます。
少なくとも、来年 3月までは売掛金のまま帳簿に残しておくということですね。
http://www.taxanser.nta.go.jp/5320.htm

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q連結決算経常利益の内訳(企業ごとの経常利益)を確認することは不可能? 営業利益の内訳だったら可能?

みずほ銀行27年3月期の連結経常利益1,010,867 百万円の内訳を知りたいと思い、決算資料を確認したのですが詳細(企業ごとの経常利益)が掲載されていません。

営業収益876,961 百万円の内訳なら掲載されています。

・これは、連結経常利益は、個別に算出不可能ということなのでしょうか?
・グループ全体としてしか計算できない性質のもの?

http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

Aベストアンサー

それはみずほ銀行ではなくみずほフィナンシャルグループのものです。
個別はみずほFGの主要3社、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の報告書を調べればいいです。みずほ証券は作成をやめてしまったのでみずほFGのセグメント情報を見てください。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/report/index.html

1-45からです。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

連結は個別をただ単純に足し合わせるだけのものではないので、当然ながらグループ全体でなければ計算できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報