マニュライフ生命が倒産したら、入ってる保険はどうなるんですか?どなたか知識のある方教えて下さいm(_ _)m こだわり終身保険V2というものを検討しています。でもあんまり聞いたことない会社で心配です。

終身保険なので、もし途中でマニュライフさん倒産したりしたら、補償内容や利率とかどうなるんでしょうか?

回答宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://ps.nikkei.co.jp/healthins/qa/64.html
>保険会社が破綻したら契約はどうなる?

>責任準備金の90%が補償されても、基礎率が変更されることにより、結果として保険金額や給付金額が90%よりも小さくなるかもしれません。

>その際、解約返戻金のある養老保険や個人年金保険や終身保険は減額の幅が大きく、また、破綻から満期までの保険期間が長いものも減額の幅が大きくなる傾向があります。

>定期タイプで保険期間が10年程度の短いものであれば減額されない可能性が高く、終身タイプで解約返戻金のあるものは減額される可能性が高い

重要な部分をコピペしましたが、補償内容が大幅に減額される、利率も予定額よりも下がるし、期間が長期ほど影響を受けます。

仮に40年後に破たん、引き受け手の会社がないと、そのころに支払いを受けようとしていると、破たん前と後でかなり違う金額になる可能性があります。

途中解約の場合、期間によっては、かなり減額されるものですので、長期の契約はリスクもあるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました!無知なので、リンク先もすごく情報いっぱいでありがたいです。長期の保険は運次第ですね。保険も運。よく考えます!ありがとうございます!

お礼日時:2016/12/17 20:29

保険会社の安全性はソルベンシーマージンで見ます。


https://moneytoday.jp/articles-066

8/18更新のデータではマニュライフは住友生命、日本生命よりも余裕があります。アニュアルレポートを見てもここ数年1,000%ほどで安定しています。
http://www.manulife.co.jp/opendata
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わけのわからない言葉にびっくり‼ ありがとうございます知らないことばかりです、すごく助かりました!!

お礼日時:2016/12/17 11:07

生命保険会社が破綻した場合でも『生命保険契約者保護機構』によって、加入している保険契約は継続されることになります。

詳細は以下のサイトを参照してください。 また、マニュライフ生命の親会社であるマニュライフ・ファイナンシャル社は主にアジア、カナダ、米国を中心に事業を展開している創業129年のカナダ系大手金融サービス・グループゆえ、それほど倒産の心配をする必要はないでしょう。 

http://lify.jp/%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%82%92%E5%AD …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごい!!!ありがとうございますよく読みます!ありがとうございます

お礼日時:2016/12/17 11:06

マニュライフ生命に聞きましょう。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外資系保険のリスク

友人がアリコで保険の勧誘をやっています。
今回、夫婦で生命保険の見直しをしていてアリコの終身医療保険に魅力を感じました。
今までの死んでから入る保険金より生きる為に戦える保険にする予定です。
アリコはそういう意味でとても良い保険なのですが、外資系というところで引っかかっています。

アリコのような外資系保険会社の場合、親会社が”日本撤退!”っと決めたらそれまでの保険は全てパーになり何の保障も受けられないのでしょうか?
日本の法律などではカバーできないらしいとも聞きました。
友人に聞いても当たり前ですが”大丈夫”としか言いません。
先日のゲートウエイの事があり不安になっています。

どなたかアドバイスを頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんわ。

 アリコは日本支社という形態を取っており、撤退等の場合本体にも責任が掛かってきますので、おいそれと撤退はできないと思います。撤退時には受け皿会社が後を引き継ぎます。
 例えば、オールステート、ウインタートゥルスイスという所が自動車保険から撤退しましたが、チューリッヒが引き継いでいます。(次回更改を断られるケースもありますが。)

 ところで、素朴な疑問ですが、他社の医療保険は比較してみましたでしょうか?私の所もアリコを取り扱っていますが、大きな声では言えません(小さな声では聞こえません)が、医療保険はアリコは勧めてません。
終身医療を検討する事は良いと思います。アリコの終身医療は解約返戻金が無い、完全に掛け捨ての終身医療保険です。(これを初めて売り出した会社)
終身系の保険料は計算上死亡水準が100%となる105歳時までの保険料を均して一定額としています。年寄りの時の保険料を今から払うとも言え、前払い保険料が相当あります。(通常の終身系の保険はこの前払い部分を解約時に返します。)理屈から考えて、滅茶苦茶理不尽だと思い、終身医療に関しては1件も販売してません。(終身ガンは割と返戻率が高くていいのですが。)解約が出ると会社は喜びそうな保険です。(顧客本位と言うより損得はっきりする外資の姿勢が出てるなぁと感じます。)
この辺り、どう考えているかその友人にもよく聞いてみてください。

 医療保険の保険料は決して安くありません。何年間掛けて、トータルいくら払うのかを計算してみてください。(元を取るには何日以上入院する必要があるかなど。)掛け捨てで良いという考えで有れば、安ければ安いほどいいと思います。(O社やNK社が業界では低廉です。)掛け捨てじゃないほうが良い場合は、返戻率が高い物を選びましょう。

to32さんへ

 シグナ撤退というのはちょっと違いませんか?確かに母体が切り替わりましたが、日本から撤退したわけでも他社に譲渡しわけでもなく、エース損害保険に名称変更しただけですよ。

 こんばんわ。

 アリコは日本支社という形態を取っており、撤退等の場合本体にも責任が掛かってきますので、おいそれと撤退はできないと思います。撤退時には受け皿会社が後を引き継ぎます。
 例えば、オールステート、ウインタートゥルスイスという所が自動車保険から撤退しましたが、チューリッヒが引き継いでいます。(次回更改を断られるケースもありますが。)

 ところで、素朴な疑問ですが、他社の医療保険は比較してみましたでしょうか?私の所もアリコを取り扱っていますが、大きな声では言え...続きを読む

Q100%信頼できる安全な保険会社を探しています。

僕は今年40歳になる独身で一人暮らしをしている男性です。
実は、ある保険会社【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険に入ろうかと思って随分考えて悩んでおります。
と言うのは、保険会社でも今最近では色んな保険会社が次々と出て来ているので正直何処の保険会社が一番安全で確かで不払いの無い100%信頼できる保険会社なのかインターネットを利用して調べていた所【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険会社が見つかりました。
この保険会社は世界各国でランク付けが【AAA】トリプルAAAと出ていて世界各国でも多数広げている会社だと思ってこの度このサイトに質問してみました。
この保険会社【マニュライフ生命保険株式会社】で一応入ってみようかなって思っている保険が有ります。
一応パンフレットを見て【病気・ケガなどの保障】の医療保険。
若しくは【介護保障】の辺りの保険を検討していますがまだ今の所検討中です。
そして、担当者からはまだ保険の事について詳しい説明とか保障内容とか毎月の掛け金などの詳しい説明を受けていないので検討中なんですが、これ以外にこのサイトの皆さんでこの保険会社の事について詳しい方で実態をご存知の方がおられましたらお手数ですが教えて頂けないでしょうか。
この保険に入っても安心出来るのか不払いなどの無い100%信頼出来るのかどうか知りたいです。

僕は今年40歳になる独身で一人暮らしをしている男性です。
実は、ある保険会社【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険に入ろうかと思って随分考えて悩んでおります。
と言うのは、保険会社でも今最近では色んな保険会社が次々と出て来ているので正直何処の保険会社が一番安全で確かで不払いの無い100%信頼できる保険会社なのかインターネットを利用して調べていた所【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険会社が見つかりました。
この保険会社は世界各国でランク付けが【AAA】トリプルAA...続きを読む

Aベストアンサー

経営の安全性と不払いは、別問題ですね。
100%安全な会社などこの世の中に存在しません。
不払いは、会社よりも営業職員に寄与するところが大きいです。

外資系の男性営業、総合乗り合い代理店の営業、○○生命のセールスレディの話を三様に聴いてみると、違いがわかりますよ。

私のお勧めは、コンサルティングのできる、乗り合い代理店ですね。

Q風俗勤めで生保に入れますか?

ヘルスに勤めていますが、生命保険に加入できますか?
無理な場合、良いお考えがありましたらお教え下さい。
貯金でしょうか^^;
嘘の職業を書いたら、バレるでしょうか。

Aベストアンサー

保険に加入するには加入時の「健康状態の告知」と「職業の告知」が必要です。告知は義務ですから嘘は駄目です。
「職業の告知」が必要なのは、一つには危険職種でないかどうかの確認です。高所作業者やプロスポーツの人は一般の人より危険度が高い(ケガや死亡の確率が高い)ので加入制限があります。
もう一つはモラルリスクの排除です。保険に加入して儲けようとする人がいては困りますから。収入がない人、定期的な収入がない人は例えば入院していた方が儲かったりするのでお断りです。ですから職業の告知のほかに「正社員ですか?勤続何年ですか?」と聞かれたりしますよ。加入時に勤務先に電話して確認まではしませんが、保険金や給付金請求時にモラルリスクの疑いがあれば調査されることはあります。

「こうすれば加入出来る」といったことは加入時には問題にならなくても、いざ保険を請求したときに問題にならないのとは別なことです。加入してしまえば無条件でなんでも支払ってくれるのではありません。「嘘ではないから」も通用するかどうか判断するのは保険会社です。「告知はありのままに正確に」ですよ。

Q4人家族の家の大きさは何坪がいい?

新築予定です。

家族構成は子供2人の4人家族です。将来親と同居するという予定はありません。

土地と資金はあると過程した場合、
4人家族の家の大きさは何坪くらいがちょうどよいでしょうか?

勿論大きいほうがいいですが、あまり無駄な部屋などは作りたくありません。

Aベストアンサー

 部屋数と各希望広さを拾い出せばば自ずと決まるでしょうが…。
例えばちょっとゆとりの広さで行けば、子供部屋x2(16)、主寝室(12)、ウォークインクロゼット(6)、キッチン(6)、ダイニング(10)、リビング(25)、玄関(4)、風呂(3)、洗面(2)、トイレx2(2)は必要最低限(合計86畳+廊下階段4=90畳で約150m2)、+オプションはゲストルーム、和室、パントリー、セカンドリビング、シャワールーム、書斎、ホームシアタールーム等きりがありませんが余裕があるなら戸建てで200m2くらいがいいでしょう。
 北米では平均240m2です。日本は半分以下でやっぱりウサギ小屋ですが、そう言われないためにも広い家がいいですよ。240m2までなら(特例適用住宅)不動産取得税も固定資産税も安いです。
 資産価値のある家を作るためにもね。4LDKとかの発想から4ベッドルーム2バスというように欧米の感覚に時代は変わりつつあります。最近ではマンションも水回りが充実していますので、風呂場+シャワールームの2バスは最低必要でしょうね。

Q「個人年金をするくらいなら貯蓄した方がいい」はどういう意味ですか?

最近、個人年金を奨められて考え始めた45歳独身女性です。
金融の知識が乏しいので図書館で本を借りて読み始めましたが
分からないことがあるので質問させてください。

国内大手ニッ○イの個人の個人年金(一時払い)を奨められました。
660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)

周りの人も加入していて、その人たちいわく
●銀行の定期とかに預けてもここまで利息は増えないよ。
●ニッセ○イは大手だから、まず潰れることはないよ。
万が一つぶれたときは日本が終わるとき。
保険組合で保護されるから元金は保証されるよ。
●外資やカタカナの会社のはやめた方がいいよ。
●控除が受けられるよ

というものです。
確かにゆうちょの定期預金に25年預けておくくらいなら
個人年金に入った方が得なのではないかと思いました。
マイホームを買ったりする予定はいまのところないので
引き出すことは考えていません。
また、私自身は金融知識に疎いため、積極的に自分で運用する自信はありません。

しかし、ネットや本を読んでいると次のような意見に遭遇します。

●今は金利が低いから魅力ある商品ではない。
●今は入る時期ではない。金利があがってから入った方がよい
●貯金しているほうがまだまし(→なぜ??)
●インフレに対しては実質目減り(→銀行に預けててもそれは同じですよね?)
●今入っても、お宝保険に入ってた人の原資になるだけ。
保険会社はその支払で経営は大変・・・など

株やら投資信託やら分散投資で積極的に自分で運用した方がまし、
というのならまだ理解できるのですが、【貯蓄】した方がましというのは
どういう意味なのでしょうか?
単なる銀行の【貯蓄】だと利率はものすごく低いですよね?
それならば個人年金の方が貯まる気がするのです。

あと、図書館で借りてきた本が古くて2005年の時に出版された個人年金の本ですが、
それらにも「今は金利が低くてあまり魅力のある商品とはいえない」
と解説されていました。(何冊もそう書いてあります)

その時で1.5パーセントくらいですが、今2015年で既に10年経過していますが
同じような低金利のままです。この本のアドバイスに従って、
金利が上昇する時がきたときに加入すればよいと思って、加入をやめて待ち続けたとして
10年たった今でも、まだ1.5パーセントくらいの横這いだったら
結局入った方がよかったのではないかとも思うのですがどうなのでしょうか?
(というのは、周りの人から入るなら1年でも早い方がいいよと言われていて、
入るべきかどうか焦っています。)

仮に私も今は入るのをやめて(金利が上昇した時にお得な金融商品にはいろうとしても)
この先10年も同じ状態だったら55歳になった時に『金利のあがる時代なんていつ来るんだ。
あのとき入っておけばよかった』と後悔するのでは・・・とも思いました。
これは誰にも予測できないことかもしれませんが・・・。

長々と書きましたが、
個人年金に入るより貯蓄した方がいいと言われる方の意味(メリット?)
を教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

最近、個人年金を奨められて考え始めた45歳独身女性です。
金融の知識が乏しいので図書館で本を借りて読み始めましたが
分からないことがあるので質問させてください。

国内大手ニッ○イの個人の個人年金(一時払い)を奨められました。
660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)

周りの人も加入していて、その人たちいわく
●銀行の定期とかに預けてもここまで利息は増えないよ。
●ニッセ○イは大手だから、まず潰れる...続きを読む

Aベストアンサー

このご質問は、最終的にはご本人の判断となりますので、判断材料を書き連ねますね。

> 660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
25年で 725/660≒1.0984倍 となっていますから、終価係数表で調べると、利率は0.38%をチョット下回る辺り
 →念の為にエクセルの適当なセルに「=1.0038^25」と入力すれば、1.0994609

> もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)
こちらも25年ですよね。
808/660≒1.224倍だから、終価係数表で調べると、利率は0.814%をチョット下回る辺り
 →念の為にエクセルの適当なセルに「=1.00814^25」と入力すれば、1.22446759

こういうものは複利計算なので、『◎年後に何倍になっているから、預けた期間で割れば利率」だとして考えてしまうと物事が見えくなります。


> ●銀行の定期とかに預けてもここまで利息は増えないよ。
「(複利据置)自由満期定期預金」と言う預金種類がございます。
本日時点でヤフーファイナンスで利率を調べたところ、5年もの[元本300万円以上]で最高0.06%となっております。
 http://info.finance.yahoo.co.jp/interest/original/?price=300

 1 725万円になる方に比べて利率は高い。且つ、5年と言う期間なので、低金利で25年も固定にするリスクを回避はできる
 2 5年後に、再びこの定期預金に預け入れ出来るのかは不明(商品として残っているのか?)。且つ、5年後、10年後、15年後、20年後の預け入れ時の利率が何パーセントなのかは不明

また、300万円以上のスーパー定期を同じくヤフーファイナンスで調べると
5年物(メガバンクは除く)は最高0.06%(ネットバンクを除く)、10年物で0.12%となっております。
 http://info.finance.yahoo.co.jp/interest/supermiddle/


> ●ニッセ○イは大手だから、まず潰れることはないよ。
> 万が一つぶれたときは日本が終わるとき。
> 保険組合で保護されるから元金は保証されるよ。
そう簡単につぶさないというだけであり、日本などの先進国が経済破綻するのと、日本最大(グローバルでもあるけれど)の民間生命保険会社が資産運用を誤って破たんするのとどちらが可能性が高いのか?誰もわかりません。
そして、生命保険会社が破たんすれば日本の評価は下がるでしょうが、果たしてそれだけが原因で日本が経済破綻するのかと考えたら・・・私の答えはNOですね。
あと、預貯金も生命保険、ともに元本1000万円までは保護されています。 ・銀行側)預金保険機構
  http://www.dic.go.jp/shikumi/gaiyo/
 ・生保側)生命保険契約者保護機構
  http://www.seihohogo.jp/

> ●外資やカタカナの会社のはやめた方がいいよ。
数年前にアメリカのAIGが事実上破たんしましたが、日本にある「AIG富士生命保険株式会社」は存在しいます(序でに、損保のAIUも)。
逆に、私が若い頃に伯母の勧めで加入していた「第百生命」は破たんして「マニュライフ生命保険株式会社」が契約を引き継ぎました(現在も継続して加入中)
斯様な事実もありますが、どこがどう悪いのかは、個人の感性に左右される部分もあります。


> ●控除が受けられるよ
1 保険料を支払った保険会社に支払ったとき[保険契約]
生命保険に対する控除額(収入から控除)は最大で5万円であり、且つ、一時払いであれば、支払った年のみの1度きりです。
ご質問者様の収入額及び収入の内容は不明ですが、給与のみであり、「基礎控除」「生命保険料控除」「社会保険料控除」「その他もろもろの控除」を控除した後の『課税給与所得額』が195万円以下であれば、税率は5%ですから、5万円×5%=2500円程度の減税でしょう。

2 満期受取時
 25年後の税制(税率および計算方法)はどうなっているのかわかりませんが、現時点で書けば
 1)年金として複数年にわたって受け取るであれば、空けとっている期間中は雑所得控除が毎年受けられますので、実質無税と思われます。
 2)一括受取だとすると、「一時所得」となりますので、『(受取額-元本-雑所得控除50万円)×0.5』が課税対象額。
  725万円を選んだとすると (725-660-50)×0.5=7万5千円 に対して課税されます[実際には他の課税対象所得額との合算]。


> ●今は金利が低いから魅力ある商品ではない。
> ●今は入る時期ではない。金利があがってから入った方がよい
では、1年後に長期金利が7%(昭和50年代)に上がるのでしょうか?
固定利率で長期運用を行うリスクを回避するのであれば、中途解約による損害が比較的低い定期預金等(短期又は中期)で運用してください。
当たり前ですが、運用のセオリーはだけでも知っている次の2点です
 1 金利が上昇し始めたら、変動金利の短期又は中期モノに切り替える。
 2 いい加減金利上昇が怖くなったら(暴落するかも?の不安)、固定金利の長期モノに切り替える。

> ●貯金しているほうがまだまし(→なぜ??)
これ以上金利が下がらない(底)だと考えた場合、生命保険に対して固定金利で長期に預けたら、金利上昇時に解約して預け替えをすると思います。
 →行えば、中途解約で元本割れリスク
 →やらなければ、運用利差益で多少は利回りがよくなるが、預け返した方が有利ではないかと言う欲が有る。
一方、預金は、固定金利あったとしても、大抵は数年以内に満期を迎える短期の定期預金等を想定しているからです。

> ●インフレに対しては実質目減り
> (→銀行に預けててもそれは同じですよね?)
その通りです。

> ●今入っても、お宝保険に入ってた人の原資になるだけ。
> 保険会社はその支払で経営は大変・・・など
否定はできませんね。
そもそも、財テクに長けていると考えている方々から見れば、「一時払い養老保険」の類は、運用益から経費(保険会社の給料など)引かれており、コストパフォーマンスが悪いとみられています。

このご質問は、最終的にはご本人の判断となりますので、判断材料を書き連ねますね。

> 660万くらい支払って、25年後に725万になるそうです(62万増える)。
25年で 725/660≒1.0984倍 となっていますから、終価係数表で調べると、利率は0.38%をチョット下回る辺り
 →念の為にエクセルの適当なセルに「=1.0038^25」と入力すれば、1.0994609

> もう1つのプランは、660万払って808万になる(増149万)
こちらも25年ですよね。
808/660≒1.224倍だから、終価係数表で調べると、利率は0.814%をチョット下回...続きを読む


人気Q&Aランキング