数日前に業者の人が室外機の穴をパテで塞ぎましたが、あとで見たところ、ネズミの頭が入る程度の隙間ができていました。そこだけを埋めたいのですが、別の種類のパテ(自分で購入)でその穴の部分だけを覆い被せるようにして埋めることはできますか。前のパテの上に、新しいパテを覆い被せる感じの部分も出てきますが、うまくくっつかないとか、一度古いパテを全部はがしてやり直さないといけないとか、なにか問題はあるでしょうか。

A 回答 (2件)

エアコンの穴をふさぐパテは、ちょっと多く目のホームセンターに売っています。


1個 (1ヶ所分) 100円するかしないかの安いものです。
もちろん電気店で分けてもらっても良いです。

このパテはしばらくすると固着するものではなく、何年経っても手でほじり出すことができます。
業者がしていったのと色が違って目立つようなら、少し削って新しいのを埋めておけば良いです。
奥まで全部ほじり出して詰め替える必要はありません。

コーキングは固着してしまい、何年か経ってエアコンを入れ換えるときにほじり出すのに難儀します。
やはり何事も適材適所でなければいけません。
    • good
    • 0

一般的な話では業者に手直しするようもう一度交渉ですね。


それから、後付けの穴ふさぎ用のカバーなんかもHCで聞いてみてください。

その上で外観が気にならない所でしたら、大きな隙間はスポンジなどで中詰めをしてから、普通のコーキングで覆うように施工でかまわないと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

交渉してみます。

お礼日時:2017/01/11 15:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンのホースを室外に通す穴の隙間を埋めるアレの名前と素材

エアコンのホースを室外に通す穴の隙間を埋めるアレの名前と素材

こんにちは。
エアコンのホースを室外に通す穴がありますよね。
ホースを通しても、どうしても隙間ができると思うのですが
その隙間を埋めるのに、何か粘土のようなものをくっつけています。
(設置に着た作業員の人が取り付けていきました)

もう7年くらいになりますが、その粘土のようなものを触ると
未だ柔らかいです。
これは一体何で出来ているのでしょうか?
ただの粘土だと乾燥してカチカチになりそうな気がするのですが。

ところで、このような隙間のふさぎ方は一般的なのでしょうか?
なんだかとても原始的な方法に思えるのです。
皆さんのおうちでも同じものがありますか?

Aベストアンサー

これは防水パテと言う物で主に防水専用の物です。材質に関しては不明ですが市販でしたらホームセンターで入手可能です。目的は雨等の水を室内に入らない様に施す物です。エアコンのホースと穴の回りに一寸大きく施すのが一般です。何で硬いか柔らかいはその取付けた所の環境により硬化したり柔らかいままだったりすると
思います。最近では防水パテを使わずに専用の塞ぐ物も見受けられます。余談ですがパテにはこれ以外に
エポキシパテとポリパテの2種類が有ります。エキシポパテは用途が多くコンクリートも出来ればプラスティクにも出来ます。
殆どの物に出来ます。ポリパテは主に金属関係がメインで他の用途には不向きです。エキシポパテはホームセンターで入手可能で用途別の売り方してます。ポリパテはホームセンターでは入手不可で塗装店に行くと購入出来ます。この2種類のパテはエアコンのホースの穴には全く不向きです。何故ならこの後述した2種類はパテを盛った後削ると言う作業をしなくてはならないからです。然も真っ平らにしなくてはならないからです。

Qエアコン工事の壁の穴のあしらいかた

2008年の夏に設置したエアコンに関してです。

エアコンのホースを通した壁の穴の隙間は油粘土のようなパテで
埋めて(覆って)あったのですが、先日見たら、ペロッと剥がれて
落ちていました。

これはこのようなものなんでしょうか?

パテに粘着力があるわけでも無さそうなので、ただホースの周りに
くっ付けて隙間を埋めるだけなので、この現象は仕方ないとは思うの
ですが、なんだか頼りない施工のような気がします。

電気店に苦情を言おうか、迷っているので、このような方法が
通常のものなのか確認したく、質問しました。

よろしくお願いします。

また、取れたパテの跡の対処法も教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

穴ふさぎの粘土

施工業者なので、我が家には、大量にあります。
確かに、こんなもんでふさいでおしまいかと、思われるでしょうが、そんなもんです。

もうちょっと、お金がいただけるなら、スリムダクトなどを取り付けるのですけど、一台の取り付け費が、あまりにも安いので、粘土も安い品物を仕入れています。

安いものと、高いものでは、全然違います。
でも、そんなところで、経費を節約しなければ、施工業者は暮らしていけませんね。

できたら、高い粘土をご自分で詰めてください。
それだけのために、お邪魔するには、エアコンの取り付け費は安すぎます。

ごめんなさい。そんなもんです。
せいぜい、一台、15千円くらいもらいたいですが、近頃では、5千円くらいですからね。

冷媒管など、ホームセンターで金額を見てください。
3M巻で4千円くらいするでしょう。
それに、足やテープ、3芯ケーブルなどを入れたら、1万円近くになってしまうのに、材料込みで5千円で付けろと、量販店は業者を泣かせます。

お客様にはできたら、こんな安売り店ではなく、取り付け費が高いくらいのお店で、購入されると、ポロンと落ちるような施工をしないですむんですけどね。

ダイソーで、何か物を買って、それが、使い物にならないからと、弁償しろと言って行く人は、いないでしょう。

安いのだから、しょうがないって感じでしょうか?

粘土も、高いものを使えば、10年経っても、柔らかい粘土もあります。でも、今、我が家にある粘土は、封を開いた瞬間で、ボロボロになりますよ。

穴ふさぎの粘土

施工業者なので、我が家には、大量にあります。
確かに、こんなもんでふさいでおしまいかと、思われるでしょうが、そんなもんです。

もうちょっと、お金がいただけるなら、スリムダクトなどを取り付けるのですけど、一台の取り付け費が、あまりにも安いので、粘土も安い品物を仕入れています。

安いものと、高いものでは、全然違います。
でも、そんなところで、経費を節約しなければ、施工業者は暮らしていけませんね。

できたら、高い粘土をご自分で詰めてください。
それだけの...続きを読む

Qエアコンの配管穴のすき間を塞ぐ方法

以前、エアコン付近からのゴキブリの侵入で困っていたところ
皆さんのおかげでエアコン据付板の裏の穴をふさぐことができました。
ありがとうございました。

そして隙間がある可能性を指摘された配管のほうを見てみたところ
やはりすき間がありました。残念ですがご指摘の通りでした。
(写真:RAS-402UDR、これは右側配管です。外パネルみたいのを取ってみました。)

よく配管穴をみてみましたが、貫通パイプのようなものはなく、
配管・電源コードなどがあり、そこに隙間がありました。
ゴキブリが侵入できる大きさでした。

ここをふさぎたいのですが、手前の一番大きな隙間は手が届くのですが、
この写真からではわからない裏側にも指先程度の穴があり、そこには指しか届きません。

ついこの前、一度エアコンを浮かして作業した事がありますが、それなりに故障させるリスクがあったので、できればこの場所からだけで作業をしたいです。

今回パテの使用も考えていますが、使用経験がありません。
簡単ですか?粘土みたいなものと考えていいのでしょうか?
ダイソーなら近くにあります。
壁は厚く、外側は化粧カバーや換気カバーなどがあり、外から雨などがこのあたりに入る心配はまずないと思います。

粘着テープなど、何でも使ってうまくふさげたらなと思います。
なんとか塞ぎたいのでよろしくお願いします。

以前、エアコン付近からのゴキブリの侵入で困っていたところ
皆さんのおかげでエアコン据付板の裏の穴をふさぐことができました。
ありがとうございました。

そして隙間がある可能性を指摘された配管のほうを見てみたところ
やはりすき間がありました。残念ですがご指摘の通りでした。
(写真:RAS-402UDR、これは右側配管です。外パネルみたいのを取ってみました。)

よく配管穴をみてみましたが、貫通パイプのようなものはなく、
配管・電源コードなどがあり、そこに隙間がありました。
ゴキブリが侵入できる...続きを読む

Aベストアンサー

1.エアコンの配管穴埋めをする専用のパテがあります。
  家庭化学工業(株)の製品です。850円程度です。

  http://www.kateikagaku.co.jp/catalogue/pate.htm

  私の家では、同等品(製品名は忘れました)を使っています。
  粘土の様な状態ですので、これを穴に詰めていくだけでした。

2.手が届かない部分がある様ですので、発砲ウレタンスプレー
  も検討対象にして下さい。1,500~2,000円程度です。

  http://www.protoolshop.net/frp/happo_u.htm

Q■エアコンの室外機からのホースのテープがぼろぼろ

エアコンの室外機から出ているホースを保護するテープがぼろぼろです。

ホームセンターなどで購入できるものでしょうか?

また2階から1階に垂れているものなので素人でできるものでしょうか?

Aベストアンサー

再度No.1です。
気になった点が多少ありますので追加です。

No.2さんがおっしゃる『粘着性のないテープ』は昔の施工でよく使いました。
専門業者は現在でも状況次第で『粘着タイプ』『非粘着タイプ』を使い分けます。
しかし、一般的にホームセンタで売っているのは『粘着タイプ』の物が大多数です。
念のため確認してから購入してください。

それから、水の進入を防ぐために…との事ですが、No.2さんが言うのは逆です。
下から上に巻くのが基本的に水の進入を防ぐ巻きかたです。
ただし…『基本』はそうですが、粘着タイプを使うことになるのであれば、そんなに神経質にならなくてもいいでしょう。


人気Q&Aランキング