外からの聞こえるうるさい子供の声や、ドアの開け閉め等の防音対策をしたいのですが、防音ガラスって効果あるんでしょうか?また私は木造一軒家ですが、窓だけ防音しても効果あるんでしょうか?また費用はいくらくらいですか?ちなみに雨戸をしてもやっぱりうるさいです。

A 回答 (2件)

今、鉄筋コンクリート造のアパートに住んでいますが、隣が国道一号線で1日中車の音がうるさい所にあります。


住む前に余りにもうるさかったので大家さん(知り合い)に2重サッシにしてもらいました。
YKKapのプラマードと言う商品で、プラスチック製のサッシを既存のサッシの内側に取付ると言ったものです。
自分は住宅メーカーに勤めている者で、YKKapとも取引があり、色々検討したのですが、簡単に騒音を下げるのなら2重サッシの方が効果があると思います。(比較体験していないので自信がないのですが・・・)
また、2重サッシの方が気密性、断熱性が向上する為、冷房や暖房費がうきます。
防音ガラスも性能を比べると2重サッシと同じですが、音はガラスからだけではなく、隙間から漏れてくる音もあります。雨戸をしても多分サッシの隙間があってそこから漏れてくるのではないのでしょうか。
それ以外の方法で防音をやるとなるとかなり大掛かりになると思います。木造住宅なので、住宅自体の防音性能はコンクリート造に比べるとは低くなるので、あまり期待されると困ってしまうのですが・・・。
金額は、自分がYKKapと取引業者だという事もあり特別価格を出してもらったので参考になるのかわかりませんが、通常でしたら腰窓1ヵ所、掃出し窓1ヵ所で20万円位になるのかと思います。
ただ、2重サッシはサッシを締めるのが面倒です。その辺は考慮して考えてみてください。
    • good
    • 0

防音工事は.一般に10db下げることをめやすに行います。


窓ガラスの防音性能は.20年くらい前の「防音2重ガラスで半分の音の大きさ程度になること」のコマーシャル通りならば.3dbしか下がりません。
つまり.当時のcmのようにはっきりと自動車騒音が減ること(10db低下)はありません。

次に.お話では.「人の声がうるさい」とのことです。人の声の防音は.さらに難しいです。というのは.人の聴覚野でわずかな人の声でも人の声と理解できますので.単に10db下げただけでは.相変わらずうるさいという結果になります。この場合には.空調機の風きり音を大きくして.室内の暗騒音レベルをあけ.外部からの人の声と同程度の室内騒音にすることで.人の脳が暗騒音と人の声を区別できなくするようにするという方法を使います。

安く上げるのでしたらば.建物の外壁にスレート壁を張りつけ.隙間対策を徹底的に行うと(プレハブ4畳半で100万ほど).5-6db.間に断熱防音材(同100万ほど)を更に入れて5-6db程度.ドアは簡易耐火扉への変更で.3-6db程度でしょうか。つまり.まったく効果がありません。価格は10年以上前の話なので.現在とは大幅に異なります。
確実を望むのであれば.鉄筋コンクリート.耐火扉....なんて事になります。つまり.3000万から1億かかります。成田空港での騒音対策工事について.成田在住の方に聞いてみると分かるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ