ゴルフアイアン キャロウェイXRとXRプロの違い

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

スペック見ればわかりますよ。



XR     軽い、つかまる、グースネック、分厚い
XR プロ  重い、つかまりにくい、ストレートネック、それほど分厚くない

・・・プロとは、本のシリーズの優しさを少しだけ犠牲にして、しっかり振れる、つかまりすぎない、構えやすさなどを強調したクラブ。
XRにかぎらず、全シリーズ、コンセプト共通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/01/17 01:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャロウェイのアイアンを購入しようと考えているのですが、よくUS仕様と

キャロウェイのアイアンを購入しようと考えているのですが、よくUS仕様というものをよく見かけるんですが、どういう意味ですか?どこの仕様が違うのですか?よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

US仕様の主な違いは、ヘッドやシャフトの重さや、シャフトのフレックス(硬さ)、ライ角、品質の違いです。
簡単に言うと、アメリカ人の大柄な体型や、腕力に合わせた設定になっているので、安さは魅力ですが、
日本人に合う人は稀だと思うので、あまりお勧めではありません。
また、品質も違い日本モデルは厳しい品質チェックの後、出荷されますが、US仕様は国民性の違いなのか、結構雑です。
私も以前US仕様と日本仕様では何が違うのか気になるのでメーカーに直接聞いた事が有るのですが、
『US仕様品についてはこちらとしても情報が無いので分かりません・・・。』との事でした。
日本法人の会社と、アメリカの会社は、同じ系列ではあっても、まったく同じ会社ではないので、詳細は分からないようです。
また、これらの違いはドライバーとアイアンに限らず、パターでも同様です。
参考になれば幸いです。

Qゴルフについての質問です。9番アイアンで120ヤード、7番アイアンで140ヤード飛びます。ドライ

ゴルフについての質問です。9番アイアンで120ヤード、7番アイアンで140ヤード飛びます。ドライバーの飛距離は9番アイアンの2倍飛ぶと言われますが、自分のナイスショットの飛距離は210ヤードくらいです。ドライバーのスペック、重さなどが、合わないのでしょうか?詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そんなもんです。

ドライバーが9番アイアンの2倍というのは、ロフトから計算した参考値。しかも昔の話。今はほとんどストロングロフトなので、1番手ずれてますから、PWの2倍ぐらいで考えれば、質問者の飛距離は、ほぼ標準的かと思います。また、ドライバーの場合、ランとキャリーが昔とは全然違うため、210yの内訳がわかると、もう少しヒントがあるかもしれません。

一番飛ぶのは、ロースピンの棒球で、ややアッパー、これが女子プロの答えですが、なかなかアマチュアではそうはいきませんね。

Qミズノ と キャロウェイ アイアンについて

アイアンについて教えて下さい。
現在ミズノ S-30V ウェブガン(SR)を使用していますが、もともとこのクラブはどうゆうコンセプトで作られたものでしょうか?(上級者?パワーヒッター?)
また、いま買い替えを検討している キャロウェイのX-18 JP JV-X 70i カーボン(SR)についても教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お答えします。
まずミズノS-30VはもともとS-30というプロモデルのセミプロバージョンとして発売されました。ハーフキャビティでウェブガンのカーボンシャフト(スティールもありますが)をつけた形です。上級者モデルとアベレージモデルの中間くらいのゴルファーを対象としたモデルです。スコア的には90から120くらいのアスリートタイプでしょうか。
 また、買い替えをお考えのキャロウェイのX-18 JPですが実際ご覧になったことはありますか?他の方もおっしゃっていますがショップなどで打ってみるのが一番かと思います。特徴としては、まず構えた時のヘッドの形状が大きく異なって見えます。S-30Vはシンプルで構えやすいセミグースネックですが、キャロウェイはS2H2理論のスルーボアの異型です。構えたときもトップラインが厚く見え好き嫌いがはっきりでます。今のミズノが構えやすいという方はキャロウェイは癖が感じられると思います。(この感じが良いという方もたくさんいます。)ヘッド形状もミズノは軟鉄でキャロウェイはステンレス。打感、手入れなどもお考えでしたら考慮したほうが良いと思います。ウェブガンシャフトも特徴はありますがJV70iとは、さほど違いはないと思って良いでしょう。

お答えします。
まずミズノS-30VはもともとS-30というプロモデルのセミプロバージョンとして発売されました。ハーフキャビティでウェブガンのカーボンシャフト(スティールもありますが)をつけた形です。上級者モデルとアベレージモデルの中間くらいのゴルファーを対象としたモデルです。スコア的には90から120くらいのアスリートタイプでしょうか。
 また、買い替えをお考えのキャロウェイのX-18 JPですが実際ご覧になったことはありますか?他の方もおっしゃっていますがショップなどで...続きを読む

Q★キャロウェイのアイアン選び

★キャロウェイのアイアン選び

現在平均スコア100のツキイチゴルファーです。身長は180cm、体重80kgでガッチリめ。
H/Sは45-47位のようです。

・ドライバーはFTi(スピーダー586-S)
・ウェッジはXツアーウェッジ(DG-S300 [52/56/60])

ですがアイアンのみ、テーラーメードのRAC-ht(NS850GH-S)で軽く感じるのと、最近少し
ヒッカケがでるようになってきました。
私のようなヘッポコゴルファーにはちょうど良いアイアンだと思っていましたが
ドライバーとウェッジがキャロウェイなのでアイアンもキャロウェイのものに買い換えようと。
そこで以下のもので迷ってます。

・X-22(UNIFLEX)
・X-18R(UNIFLEX)
・X-18PRO(DG-S300)
・X-20R(UNIFLEX)
・ディアブロエッジ(M10-UNIFLEX)
・ディアブロフォージド(NSPRO 1100)

長く使え、これからコンスタントに100切りをしていきたい私にピッタリのアイアンを
教えて下さい。

上記以外でも構いませんが、キャロウェイのものが希望です。
新品/中古 にコダワリはありません。

★キャロウェイのアイアン選び

現在平均スコア100のツキイチゴルファーです。身長は180cm、体重80kgでガッチリめ。
H/Sは45-47位のようです。

・ドライバーはFTi(スピーダー586-S)
・ウェッジはXツアーウェッジ(DG-S300 [52/56/60])

ですがアイアンのみ、テーラーメードのRAC-ht(NS850GH-S)で軽く感じるのと、最近少し
ヒッカケがでるようになってきました。
私のようなヘッポコゴルファーにはちょうど良いアイアンだと思っていましたが
ドライバーとウェッジがキャロウェイなのでアイアンもキャロウェイの...続きを読む

Aベストアンサー

X-Forged (S-200/300)を、お勧めします。ご本人もおっしゃっている通り、重めのアイアンが安定すると思います。実際に試打してみて下さい、ハーフキャビティーですし、難しくないですよ。
ただし、かまえた時にトップ・ブレードが薄くて見た目がシャープですので、このシャープさが逆に不安を呼び起こすようであれば、止めといた方が無難かもしれません。
私自身、質問者さんと同じくらいのH/SでS-300を使用しています。

Qゴルフ プロ宣言 男子と女子での違い レッスンして

よろしくお願いします。

現在アマ資格でゴルフの試合に出ていますが、アルバイト生活でお金も無く、大変厳しいので、ゴルフを教えてお金をもらいながら、ゴルフを続けたいと考えています。
お金をもらってゴルフを教えるとアマチュア資格を失う事は理解しています。

プロ宣言して、アマチュアの試合に出ないで、賞金付きツアーに出る方法ってQTで勝ち上がるか、主催者推薦とかしかありませんか?

プロ宣言したプロと、プロテストを受けて合格したプロとの違いを詳しく教えてください。

妹もいるので男子と女子の場合両方とも教えてください。

Aベストアンサー

あくまでもツアー競技(JGTO)への出場という話を前提にすると、現在のところ男子ではプロテスト(PGA認定テスト)に合格してもほとんどメリットがないでしょう。
あくまでもJGTOのQTを突破するしか道はありません。また、主催者推薦で出場するにもセカンド以降のQTへの出場が最低限の条件です。
従って、他の条件でセカンド以降のQTへの出場資格がないのであれば、ファーストQTを勝ち上がらなくてはならないですね。
また実際には余程強烈なコネや実績がないと主催者推薦でのツアーへの出場は難しいので、どうにかファイナルQTに出場して下部ツアー(チャレンジツアー)で1年間実績を残すかファイナルQTでレギュラーツアーへの出場権を獲得するしかないでしょう。

一方で女子の場合は、プロテスト(LPGA資格)に合格することは男子に比べてもかなりメリットが大きいですね。まずは合格した翌年は無条件に下部ツアー(ステップアップツアー)に参戦できます。ここで好成績を収めればすぐにレギュラーツアー数試合への出場資格が得られます。
また、プロテストをトップ合格すれば、その年の残りのレギュラーツアーの試合に出場できます。

ただし・・・・・
経済的に厳しいとのことですが、ツアー競技に参加するには1試合で最低でも5~10万円(プレーフィーとキャディフィーと食事など)はかかります。これに交通費や宿泊費を加えると約10~20万円くらいはかかると考えていいでしょう。
年間20試合程度に出場できてもそれだけで最低でも100万円以上の費用が必要です。
実際に勝てる体制(帯同キャディ等)を整えれば年間で400~500万円くらいはかかります。
逆に言えば、ツアーへの参加資格があっても成績を残せないとスポンサー無しでは赤字に終わる可能性がかなりあるということです。
(ちなみに一応、用具類は無償供与してもらえる前提です。これも自腹だともっと費用は嵩みます。)

あくまでもツアー競技(JGTO)への出場という話を前提にすると、現在のところ男子ではプロテスト(PGA認定テスト)に合格してもほとんどメリットがないでしょう。
あくまでもJGTOのQTを突破するしか道はありません。また、主催者推薦で出場するにもセカンド以降のQTへの出場が最低限の条件です。
従って、他の条件でセカンド以降のQTへの出場資格がないのであれば、ファーストQTを勝ち上がらなくてはならないですね。
また実際には余程強烈なコネや実績がないと主催者推薦でのツアーへの出場は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報