【医学・肛門にアルコールを注いだり、わかめ酒をすると酔いがすぐに回るだけでなく死に至るのはなぜですか?】

医者やタレントや社長がクラブのお姉さんにワカメ酒をやってるのは危険ってこと?

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaem/33/4/3 …


すぐに酔いが回るのでみんな普通にやってるのかと思ってた。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

わかめ酒じゃ死亡しませんよ。



股間に高アルコール度の酒を溜めて女性器にあたっても、
酔っ払うほど吸収されるわけじゃないですから。

死亡例は、高アルコール度の酒を、肛門等から器具を使って腸とかに注入した場合だけ。
アルコール性の臓器の損傷で、アルコール中毒とも違いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

肛門から以外は意味ないんだ

お礼日時:2017/01/16 13:53

濃度の高いアルコール(エタノール)が粘膜から急激に吸収されるため、酔っ払わずにそのまま死にます。

アルコールは粘膜を通り易いので通る上限が無いのです。口から飲むと胃や腸から吸収されたアルコールが脳・血管・障壁(BBB)を突破したとき、脳(多分小脳)が消化管に嘔吐をさせますが、下部消化管は嘔吐が出来ないので、大病院で小腸に届くまで水を注入して幾度も洗わないと、簡単に死にます。
    • good
    • 1

肛門というのは、アルコールや薬剤等が1番吸収されやすいからです。



そのため解熱剤で1番効果があるのは座薬です。

ワカメ酒は…女性器の粘膜から膣にアルコールが入りやすいため女性の方が酔ってしまうでしょう。

死んでしまうのはあまりにも急速にアルコールが吸収されてしまうため急性アルコール中毒になってしまうからです。

ご期待に添えず、品のある回答になってしまい大変申し訳ございませんでした。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学反応式について:AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g)

AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g) equals -ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/mol
という式について質問です。

1.下添え字の、s, 2g, 3s, 2g, 298とは何を表してるのでしょうか。

2.-ΔH_298 というのは反応により吸熱したということでいいでしょうか。つまり、124.6 ± 0.0370 cal/molのエネルギーを与えることによってAlNが酸化されアルミナと窒素になるということでしょうか。

3.ΔH_298のように反応熱や吸収熱(?)は実験的にはどのように求めるのでしょうか。

4.実験データを使わずに、理論的に左辺から右辺の反応の差が-ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/molと求めることはできますか。電子のポテンシャル計算か何かから求めるのでしょうか。

Aベストアンサー

式から判断すると
s:solid
g:gas
の意味です。
だから引用されている化学式が間違っています。
AlN(s)+3/4O2(g)=1/2Al2O3(s)+1/2N2(g)
です。

equalsが何かはわかりません。でも反応式とequalsとの間で切れているように思います。

298は温度です。298K=15℃です。

両辺のエネルギーを比較する場合の熱化学方程式では量の比較ですから「=」をっつかいますが反応式だけの時は→です。

○+○→○+○   △H=・・・

Qヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(

ヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(2)[α(1)β(2)ーα(2)β(1)]と表す。ここで、φ_1s(1)は1s軌道を電子1が占めていることを示し、α(1)、β(1)は、電子1のスピンが上向き、または下向きであることを示す。同様にして、第一励起状態と第二励起状態の規格化された波動関数を表せ。(複数ある場合にはそれも示すこと)また、その波動関数を使って第二励起状態と第一励起状態についてハミルトニアンの期待値を書き表し、エネルギー差を示せ。また、エネルギー差が生じる理由を述べよ。
という問題で、前半は、第一励起状態1/√2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)]α(1)α(2),1/√2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)]β(1)β(2)],1/2[φ_1s(1)φ_2s(2)-φ_1s(2)φ_2s(1)][α(1)β(2)+α(2)β(1)],第二励起状態1/2[φ_1s(1)φ_2s(2)+φ_1s(2)φ_2s(1)][α(1)β(2)ーα(2)β(1)]だと思うのですかあってますか?後半で、αやβを含めた波動関数の∫ΦHΦをどうやって求めればいいのかがわかりません。どなたかご教授お願いします。

ヘリウムの2電子波動関数の基底状態を1/√2・φ_1s(1)φ_1s(2)[α(1)β(2)ーα(2)β(1)]と表す。ここで、φ_1s(1)は1s軌道を電子1が占めていることを示し、α(1)、β(1)は、電子1のスピンが上向き、または下向きであることを示す。同様にして、第一励起状態と第二励起状態の規格化された波動関数を表せ。(複数ある場合にはそれも示すこと)また、その波動関数を使って第二励起状態と第一励起状態についてハミルトニアンの期待値を書き表し、エネルギー差を示せ。また、エネルギー差が生じる理...続きを読む

Aベストアンサー

前半は、あってます。

後半は、スピン軌道に関する積分を軌道に関する積分とスピンに関する積分に分けて、軌道に関する積分をする前にスピンに関する積分をすればいいです(ハミルトニアンがスピンに依存しないのでスピン部分をくくり出すことができる)。

 ∫dτ_1 dτ_2 = ∫dr_1 dr_2∫dσ_1 dσ_2

平たく言えば、積分の中に現れるα(i)β(i)等を

 α(1)α(1)=β(1)β(1)=α(2)α(2)=β(2)β(2)=1
 α(1)β(1)=β(1)α(1)=α(2)β(2)=β(2)α(2)=0

に置き換えればいいです(スピン関数の規格直交性)。

あとは丁寧に計算していけば、ハミルトニアン H=h(1)+h(2)+g(1,2)の期待値が

基底状態:2×H_1s + J_1s1s
第一励起状態:H_1s + H_2s + J_1s2s - K_1s2s
第二励起状態:H_1s + H_2s + J_1s2s + K_1s2s

になることが分かります。ただし

一電子積分を

 ∫φ_1s*(1) h(1) φ_1s(1) dr_1 = H_1s
 ∫φ_2s*(1) h(1) φ_2s(1) dr_1 = H_2s

二電子積分を

 ∫φ_1s*(1)φ_1s*(2) g(1,2) φ_1s(1)φ_1s(2) dr_1 dr_2 = J_1s1s
 ∫φ_1s*(1)φ_2s*(2) g(1,2) φ_1s(1)φ_2s(2) dr_1 dr_2 = J_1s2s
 ∫φ_1s*(1)φ_2s*(2) g(1,2) φ_2s(1)φ_1s(2) dr_1 dr_2 = K_1s2s

と書きました。

エネルギー差が生じる理由は、「交換積分」について調べてみると分かると思います。

前半は、あってます。

後半は、スピン軌道に関する積分を軌道に関する積分とスピンに関する積分に分けて、軌道に関する積分をする前にスピンに関する積分をすればいいです(ハミルトニアンがスピンに依存しないのでスピン部分をくくり出すことができる)。

 ∫dτ_1 dτ_2 = ∫dr_1 dr_2∫dσ_1 dσ_2

平たく言えば、積分の中に現れるα(i)β(i)等を

 α(1)α(1)=β(1)β(1)=α(2)α(2)=β(2)β(2)=1
 α(1)β(1)=β(1)α(1)=α(2)β(2)=β(2)α(2)=0

に置き換えればいいです(スピン関数の規格直交性)。

あとは丁寧に計算していけば...続きを読む

Q蒸発乾固/抽出/分留/昇華/ 注意点 (分かる範囲で結構です)

化学のレポートで、

「蒸発乾固」「抽出」「分留」「昇華」の実験をする際の注意点を記せ

というのが課題のひとつにあったのですが、図書館やHPでいろいろさがしてみても良い資料が出てきません。
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

「蒸発乾固」について、解答の一部だけ書きます。

有機物の場合(特にエーテル系の溶媒のとき)は過酸化物が出来て爆発することがあるので、乾固しないように注意する必要があります。

Q申し訳ないm( _ _)m削除しないで

ずばり「何らかの課題やレポートのテーマを記載し回答を求める質問」なんですが、、すこしアレンジはしてます(^_^;)

本当に今日から「化学」を始めた者です。
この問題の答えが正解かどうか教えて下さい!
自分ではわかりません。

[問]
マグネシウムMgは水H2Oと反応して、水酸化マグネシウムMg(OH)2となり、水素Hを発生する。
いま、Mg12.15gを全て水と反応させた。

発生した水素の標準状態での体積はいくら?

[解]
反応式は
Mg+2H2O→Mg(OH)2+H2
でしょうか。

マグネシウム原子の質量は24.3なので、それが12.15gあるんだから0.5mol。

よってH2も0.5molで1g。

気体の標準状態で1molのしめる体積が22.4リットルだそうなので、半分の11.2リットル。
[答え]11.2リットル。

どうですか?
なんかいろいろ&根本的に間違ってる気がして怖いっす。

Aベストアンサー

あってるよ

12.15[g]
----------- = 0.5[mol]
24.3[g/mol]

Mgと発生したH2のモル比はその化学式のとおり1:1なので,H2も0.5[mol]でOK。

標準状態では1mol当たりの気体体積22.4リットルそのとおり。

22.4[l/mol]×0.5[mol] = 11.2[l]

単位も書いておいたから,単位で計算してもつじつまがあっていることを見て安心なさってください。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報