日食と月食では、日食の回数の方が多いと聞きました。イメージとしては、月食の回数の方が多いような(日食は1度しか見たことがありませんが、月食は何度か見たことがあります)感じがします。実際はどうなのでしょうか? また、その理由を教えてください。お願いします。

A 回答 (3件)

 #1さん、#2さんが紹介しておられる URL に次のように書いてあります。


『日食は一部の地域からしか見えませんが、月食はその時月が空に見えている 場所(地球上の半分)からならどこからでもほとんど同じ様子にながめられます。(空が暗くて晴れていれば)』
 つまり、日食は、回数は月食よりも多いけれども、地球上の限られた場所でしか見ることができません。
 月食は、月が見える場所からだったら見ることができますから、月食を見ることのできる地域はかなり広いことになります。
 ですから、地球上のある地点にじっととどまっているなら、月食の方を観測する機会の方が多いことになります。

参考URL:http://astro.ysc.go.jp/eclipse/lunar/970917/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど! 日食は回数こそ多いものの、見ることのできる範囲が限られるため、やはりニュースバリューとしては価値が高いわけですね。だからジェット機で追跡しながらとか観測するのですね。 よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/08/20 11:54

日食も月食も、太陽、地球、月の3つが一直線上に並んだときに起こりますが、



http://astro.ysc.go.jp/eclipse/eclipse-fig3.jpg

上記画像で、A(日食が起こる場合)と、B(月食が起こる場合)では、Aの方が確立が高くなります。

よって、日食の方が多くなるのです。


参考URL
http://astro.ysc.go.jp/eclipse/lunar/970917/
http://www.moonsystem.to/eclipse.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに確率は高くなりますね…。日食の方がニュースなどで取り上げられる回数が多いので、多く感じるのですね。

お礼日時:2004/08/20 10:21

あまり詳しくかかれてないのですが、↓の


真ん中あたりが参考になるかもしれません。

http://astro.ysc.go.jp/eclipse/lunar/970917/

参考URL:http://astro.ysc.go.jp/eclipse/lunar/970917/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。図で見るとよくわかります。でも釈然としないのは、私の理解力不足? 日食の方がニュースとしての価値が高く、取り上げる回数が多いので多く感じるのでしょうか。

お礼日時:2004/08/20 10:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆既日食について説明を!!!

皆既日食と金環日食、部分日食の違いについて
分かりやすく説明してください!!

Aベストアンサー

まず片方の手を前に伸ばして、手を広げて下さい。これを太陽とします。次に反対側の手を握って下さい。これが月とします。
 では、目の前にお互いの手を持ってきて下さい。太陽の手は常にまっすぐに伸ばして下さい。月の手のみ動かします。月となる手は太陽の手前に来るように動かします。手のひらに重ねようとすると、手のひらは握った手によって隠されますね。これが部分日食。重ねてみて握った手を手前に近づけますと、広げた手を見えないような形になりますね。これが皆既日食といい、完全に隠された状態になります。次に、握った手を太陽に当たる手に近づけていくと、手の指などが見えてきますね。これが金環日食です。
 これにより、月の位置が変わることにより日食の形が変わってくるのです。部分日食は一部でも月に隠されれは成立します。

 簡単でしたが、どうでしょうか?

Q★日食と月食★

日食と月食はいつ頃誰によって発見(定義付け)されたのですか?

今、日食と月食について調べているのですが、
日食と月食がどのような現象か等は分かったのですが、
そもそも日食と月食は誰がいつ頃誰によって発見されたのか疑問に思い調べたのですがどうしても分かりません。

ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

Aベストアンサー

哲学者のタレスは、紀元前585年の5月28の日食を
すでに予測しています。これを契機に戦争が終結しました。
これは多くの哲学書にも書かれている事実です。
彼はバビロニアに赴いたことがあるので、
その天文学的知識を知っていたのです。

すでに4世紀以上前にバビロニア、カルデア人が
日食の周期「サロス周期」を発見していますよ。
これは経験則ですが、18年と10日の周期で
日食が起きると言うものです。
1サロス内に日食43回、
(部分食14、皆既食10、金環食17、金環ー皆既食2)
月食29回(部分食18、皆既食11)

『天文観測辞典』古畑正秋監修 地人書館、
『科学と発見の年表』アイザック・アシモフ著 丸善
より抜粋

Q次に金環日食は、いつどこで見られる?

いよいよ5月21日に、日本で金環日食が見られる。
(天気がよければ)
次に日本で金環日食(皆既日食も含む)は、いつどの地域で見られるのか?

Aベストアンサー

以下で2100年までの世界中で起きる皆既日食、金環日食が判りますよ。

http://homepage2.nifty.com/turupura/nissyoku/future/world.html

Q日食や月食の計算方法は?

よくテレビなどで何月何日に日食(月食が)がありますと報道されますが、どの様にして計算されるのでしょうか。難しい計算式があるのでしょうか。

Aベストアンサー

計算式はありますよ。


日食の計算方法
http://www.astro.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~kenta/eclipse/calc.html

Q金環日食って皆既日食以上に何か面白いんでしょうか?

楽しみにしている方には まことに申し訳ない質問なのですが...

金冠日食って暗くならないそうですね。日食が起こることを知らなければ外に居ても分からないとか。
コロナが見えたとしても、皆既日食のそれの方がよりはっきり見えるような気がしますし。
ここんとこ毎日毎日 金冠金冠って、 まぁ珍しい現象だとは思いますが、見たところでどうってことないと思うんですが、金冠日食って何が面白いんでしょうか?

いえ、ほんとにそういう質問です。
私が知らないだけ?
皆既日食だったら見てみたいというか、体験してみたいと思うのですが、金冠日食って皆既日食以上に何か見て面白い現象があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学者には貴重なことでしょうが
一般の我々には
ただ金冠が見られるという
それだけなんですよね

太陽の本当の大きさが分かる
月の引力で光が曲がり
本来は見えない部分が見える実験
などなど

以前には
わざわざグァムでしたっけ
海外まで見に行く人もいましたが
素人が行くことじゃないんですけどね

マスコミが騒ぐと
一般人まで騒ぐのがすごいですね

Q日食月食の名称の由来

天体の現象に日食と月食というものがありますが、
そもそもなぜそのような名前になったんでしょうか?
いつも日食と月食がこんがらがってしまい覚えることができません。
なので名称の由来がわかれば覚えやすいと思い質問させていただいております。

Aベストアンサー

食という字はもともと蝕という字が使われていました。

蝕(ショク)は訓読みで「むしばむ」と読みますね。また字のなりたちは虫が葉っぱを端から食べているさまからきています。虫は葉っぱを弧状に丸く食べていきます。その形が日食、月食の形にあてはめられたものなのです。

しかし、「蝕」が常用漢字表にないことから「食」が代用されています。常用漢字という決め事が言葉の由来をたどれないものにしている典型的な例です。

Q「金環日食」っていつから言うようになったの?

5月21日の金環蝕、私の地域は残り雨で観測できず悔しい思いでしたが、テレビ各局は皆「金環日食」って言ってましたよね。でも、広辞苑や日本語大辞典には「金環日食」という凡例は載っていなくて、「金環蝕(食)」です。
地球上で見られる金環蝕は日食しかないのに、いつから金環日食というようになったのでしょう。
ご存知の方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

日本天文学会の「天文学用語集」には、「金環日食」という用語が記載されています。
「天体編」の「太陽系全般」の「日食」という項目です。

参考URL:http://www.asj.or.jp/kyozai/yougo/

Q日食と月食の頻度

教えてください。地球全体では月食よりも日食のほうがよく起こると聞きましたがそれはどうしてですか?一応基本的な食の仕組みは理解しているつもりなのですがさっぱりわかりません。また、どちらかが起こらない時もあるのですか?その理由も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も昔、その話を聞いてこんなふうに考えました。

まず地球を中心とした日食と月食の月の配置を描きます。 次に太陽光線に見たてて半影線と本影線を描きます。 月の直径を1とすると地球の直径は4、皆既日食として地球に当たる月の本影の直径は0、半影の直径は2。 同様に地球の影は月の位置では、本影の直径が3、半影の直径が5。 半影月食は肉眼で確認することが難しいので、月は地球の本影にかすったら月食、日食は部分日食でも確認しやすいので、月の半影が地球にかすったら日食とします。 あとは月の中心が地球と太陽の中心を通る直線から、どれくらいずれても大丈夫かを調べます。 日食は月の直径の3倍ずれても大丈夫、月食は2倍まで。

現実の頻度と合うかわからないけど、「日食のほうが起こりやすい」と納得しました。

Q[皆既日食]と[金環日食]がなぜ起こるのですか?(月のみかけの大きさが変わるのはなぜ?)

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆既日食、金環日食
>http://www.live-eclipse.org/
>通常の日食では、月のみかけの大きさが太陽より大きいと太陽面を
>完全に覆う「皆既日食」に、また、逆に、月のみかけの大きさが太
>陽より小さいと太陽面が環状に残る「金環日食」になります
----------------------------

という記述を見つけました。

[皆既日食]と[金環日食]の両方が起こりうるのは、
月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?
月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大きく見えて,月が遠くにあるときは小さく見えるのです。

ではなぜ,月が遠くなったり,近くなったりするのでしょうか。

月は地球の周りを回っていることは知っていますよね。
その月のまわる道(軌道(きどう))がまんまるな円ではなく,すこしつぶれた楕円(だえん)形をしているからです。

参考URLのページの真ん中より少し下あたりに
図入りでそのことについて説明してくれています。
よかったら参考にしてみてください↓。

参考URL:http://gate-stfwww06.comet.go.jp/visual2/hoshizora/annai/0406/hosizora_0406.html

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大...続きを読む

Q日食もだけど、月食も結構面白い・・・!?

・・・つまり地球の影が月に映るわけだから(この場合、あきらかに部分月食の方がよい)、大昔の殆どの人が地球は平らと考えていたのを(これは水平線に向う船の帆先が最後に見えなくなり、帰ってくる時は反対に最初に見えることから一応丸いのでは?と考えていた人もいたそうですが)、その影から地球が丸いと証明する有力な判断材料になったというのを今回の皆既日食フィーバーの最中、奇しくも書店で偶然手に取った本で知りました。

なるほど!確かに昔も偉い人というのは目の付け所が違いますね。
日食に比べ、地味で自分的にもいまいちマイナーでぱっとしない感のあった月食ですがこのことを知りにわかに興味が湧いてきました。
他に月食に関する興味深いこと等があったら教えてください!

Aベストアンサー

えっと、大昔にもよりますが、記録が残っている時代に、地球が平らだと人々が信じていたのか、宗教的な制約があった一時期の一地域の人たちだけで、かなり昔から地球は丸いということは知られていました。

ほんのちょっと高いところに上って、海を見てみるとすぐに分かりますよ。帆船の見え方がどうこうということ以前の話です。

また、太陽の高さが季節によって違う、土地によって違うというのを知るのと、「暦」を作るのは、ほぼ同じことです。
文明・文化のあるところでは、暦は当然必要で(ないと農耕ができません)、なので、きちんと暦がある時代・地域の人は普通の知識でした。古代エジプトでも、ギリシア文明でも、江戸時代の日本でも。
この常識がなかったのが、宗教で縛られた中世ヨーロッパで、この次の時代が大航海時代です。なので、帆船の帆先なんです。

で、ご質問への回答なんですが、どの時代でも「暦」を作った人の話は、面白いですよ。出来の良い暦も先の中世ヨーロッパで信じられていた出来の悪い暦でも。出来の悪い暦を信じると、だんだんと種まきの時期が分からなくなってきて、世の中が根っこの部分でえらいことになってしまって、人口が減ってくるんですね。。。
日本でも、海外でも暦を作った話は面白いですよ。そして、良い暦は、月食と日食を当てることができます。

えっと、大昔にもよりますが、記録が残っている時代に、地球が平らだと人々が信じていたのか、宗教的な制約があった一時期の一地域の人たちだけで、かなり昔から地球は丸いということは知られていました。

ほんのちょっと高いところに上って、海を見てみるとすぐに分かりますよ。帆船の見え方がどうこうということ以前の話です。

また、太陽の高さが季節によって違う、土地によって違うというのを知るのと、「暦」を作るのは、ほぼ同じことです。
文明・文化のあるところでは、暦は当然必要で(ないと農耕...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング