色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

地球から太陽をみたとき、太陽の方位は右が西で左が東なんですよね?
ということは、上が南で下が北なんですか?
それと、何で逆になってるんですか?
ぜひ、よろしくお願いいたします。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

 地上から見て大きさのある天体(月や太陽)の東西は、旧来、天球面の東西と一致して決められてきました。

まず、天球面上での東西について説明します。
 北半球にいる観測者を想定してください。南を向いて立ち、空を見上げると、右手方向が(地上での)西、左手が東、顔の方向が南、頭の上(の延長)というか背後が北です。天球上の東西南北はこれにならって表現されます。たとえば、南中したオリオン座の向かって右側は西、向かって左側は東となります。
 月や太陽の東西も旧来同様に表現されました。従ってこの方法では、太陽や月も
(南中時を想定してください)向かって右側が西、頭の上側が北と呼ばれます。
だから、    北     ということになります。
      東(天体)西
        南
 ところが、20世紀後半になって太陽系天体を探査機が訪れるようになると、人々の視点も地表ではなく、太陽系の外側に置かれるようになりました。
太陽も月も地球も公転や自転の方向は一致しており、公転面も自転面も大体同じ平面内にあります。太陽系を地球の北極側からみると、太陽も月も地球も反時計まわりに自転しています。地球上の方位で言うと西から東へ自転しているわけです。
そこで旧来の天体の東西南北表現に戻ると、旧来の表現では、月や太陽は(上の図で北極側から見て反時計回りを考えてください)「東から西」に自転していることになってしまいます。
 太陽系の外側からの視点では、これはで不合理だということになって、その後(何年かは忘れました)太陽や月も(地球と同様に)「西から東に自転している」と言えるようにするために、太陽や月の東西表記を変更しました。
 現在の普通の表記では、天体の東西南北は次のようになります。つまり、地球上と同じになったのです。
        北
      西(天体)東
        南

まとめ
 北半球から見たとき、
(旧来の表現)太陽の右が西、左が東
(現在の表記)太陽の右が東、左が西
 太陽系天体の南北は旧来も現在も同じです。地球の自転軸の北側とほぼ一致している側が北です。
    • good
    • 2

これは「相対運動」をどの視点で見るかの問題です.



自分がぐるりと360度右に回ってみて下さい.
自分は左から右へ回っていますが,自分の目には景色が右から左へ回って見えます.

又は,自分が回る姿を鏡に映してみると,自分は左から右へ回っていますが,
鏡の中で考えると右から左へ回ります.

或いは,自分が左から右へ回るのを足元から見ると,右から左へ回っています.

結局,右や左と言うのが,見る人によって異なるのが原因です.
しかし地球は西から東へ回っていることは,地球上で共通に定義されたことなので,
地球上にいる人全員に共通する不変事項です.
    • good
    • 0

それには、地球の自転が関係しています。

太陽は動いてませんよね。
太陽は東から上がりますが、地球は西から東に回っています。
たとえば、地球儀にライトを当ててみてください。あるポイントを決めて、地球儀を西から東にまわしてみてください。そうすると、ライトが東側から上がってきますよね。それと同じことが実際の地球にもいえます。
    • good
    • 1

その場で360度ぐるっと回転して見てください。


北と南は変わらないのに、東と西だけくるくる入れ替わります。
これを反対に考えると仰るようになります。

この回答への補足

すみません。よくわからないのですが、もう少し簡単にお願いできないでしょうか。申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2003/02/09 19:45
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング