【プロレス】力道山の興業を仕切ってたのが在日韓国人の実業家だったから。

力道山も最初は朝鮮人というのを伏せてリングに上がっていたはず。

最初から朝鮮人と名乗ってプロレスやってましたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いいえ、日本人としてリングに上がって居ました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/19 23:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q力道山以前の日本のプロレスって?国際プロレスって?

今、日本のプロレスの歴史を勉強しています。
力道山が「日本プロレス協会を設立」以降の流れは、だいたいわかったのですが

1)それ以前はどうだったのかわからないので教えて下さい。

2)また、日本プロレス協会と、馬場、猪木が所属していた日本プロレスは、略称なだけで同じものなのでしょうか?

3)国際プロレスとは誰が設立したどんな団体ですか?

4)さらに、日本プロレスの歴史が書かれているサイト、本などあったら教えて下さい。

質問が多いですが、一つでもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

1)進駐軍の慰問などで

2)同じです

3)日本プロレスの営業部長だった吉原功氏が昭和41年に設立、一時期TBS(テレビ局)のバックアップを得て「TBSプロレス」と名乗った時期もありました。一言で言えば“地味ながら実力派揃い”な団体だったと思います。

4)
このサイトで全て判ると思います
http://members.at.infoseek.co.jp/drmick/home.htm

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/drmick/home.htm

Q師匠の力道山と弟子の猪木

アントニオ猪木さんは17歳のとき?力道山からスカウトされてプロレスラーの道に入った。
で、最初、師匠の力道山にしごかれたのは有名な話ですが、途中で力道山は死去しますよね?
結局、何年間くらいしごかれたことになるんですか?

Aベストアンサー

猪木が力道山にスカウトされ、日本プロレスに入団したのは、1960年4月11日です。力道山は1963年12月8日、ヤクザに喧嘩をふっかけて刺され、15日に亡くなります。このとき猪木は力道山の付き人でしたから、まだ「しごかれている」最中でしょう。とすれば、しごかれた期間は3年8ヵ月足らずです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8#.E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.AC.E3.82.B9.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6

Q馬場猪木以外の力道山の弟子を教えて下さい。

豊登と大木金太郎と山本小鉄は知っているのですが、他の弟子が居たのなら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

弟子と言う意味では、大木金太郎や山本小鉄のほか、前出の通り、吉村道明、グレート小鹿あたりが浮かびますね。
ほかに、ミツ・ヒライ、田中忠治、田中米太郎、マティ鈴木、マンモス鈴木がいます(日本プロレスに所属し、多かれ少なかれ力道山にコーチされています)。

また、当時日本プロレスに所属した、マシオ駒、松岡巌鉄なども、弟子と言えるほどではありませんが、影響は受けているでしょうね。
さらにマイナーどころだと、渡辺貞三、金子武雄、木戸時夫、玉の川、平野岩吉、長沢日一、宮島富男などが、力道山と同時代の日本プロレスに所属していましたが、力道山にコーチされたことがあるかも含めてよく分かりません。


関係ないですが、ヒロ・マツダ、竹村正明などは、力道山に反発して日本プロレスの主流派からは離れたプロレス人生を送っています。

Q木村政彦と力道山

もし当時の試合が
オクタゴンという場所とルールであったとするならば
どの様な戦いになったでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、面白い発想ですね。

木村は、ブラジリアン柔術の元祖みたいなもんですから、今のグレーシーというような洗礼され、規格化された戦いまではいかずとも、それなりの戦法は取ったと思います。
方や、力道も、今では禁止されてるようなガチなかわいがりなんかをくぐり抜けてますから、それなりに喧嘩の対応力もあったのではないでしょうか。相撲独自の瞬発力もあるし。

当時のバックボーンの状態で、なおかつ、現在のような体系化した練習を積んでないとすれば、結構互角だったかもしれませんよ。
現在の体系(結局は、寝せて、馬乗りで、顔面パンチ)で多少の練習を積んだということであれば、木村に技術的な長はあるように思います。ただ、精神面の問題で、本気で顔面殴る覚悟があるか・・・と言えば、やはり力道のほうが有利かもしれない。

ある意味、立ち技VS寝技、K-1VS総合、転向したばかりのミルコVSヒョードルみたいな感じでしょうか。

Q力道山について

力道山はいわゆる在日1世ですよね。
彼は何歳の時に日本にやってきたのでしょうか?

また、1世なら日本語になまりがあると考えるのが普通ですが
彼の日本語もなまりがあったのですか?

Aベストアンサー

彼は日本統治下の朝鮮で生まれています。
学校では当然日本語教育を受けたでしょう。
来日してからも日本人の家庭で暮らしています。
さらに相撲部屋に入門しています。
今の外国人力士を見てわかるように、
24時間日本語浸けの力士生活では、なまりの
ない日本語が話せるようになります。
以上のことから力道山は日本人とほぼ同じように
話せたはずです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E9%81%93%E5%B1%B1


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報