なぜ高崎線と宇都宮線は電車の色が同じなのですか?なんかいつも間違えそうになって困っています

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

国鉄時代から同じですからね。


今更変えると言う発想も無いんでしょう。
ただ、路線毎に色を変えると言うのは、地下鉄などでしょう。(東京メトロなどは、路線間で車両を融通する事が無いので、路線毎に車体色や車両形式も違います)
民鉄なども、基本的には車体色は一色だけと言う会社が多いです。
JR東日本でも、車体色は、湘南色、横須賀色、山手色、京浜東北色、中央快速色、中央・総武色、常磐快速色、常磐線中距離色、京葉色などの使い分けだけですね。
東海道線、湘南新宿ライン、上野東京ラインは、車両融通もあるので、車体色を変えるのは、困難でしょう。(直通運転前も、車体色は一緒でした)
    • good
    • 1

国鉄時代、それも1960年代の初めは、東北線(現在の宇野宮線)大宮と黒磯間は、高崎鉄道管理局の管轄でした。

その後、東京北鉄道管理局へ移管されました。そのこともあって東北線と高崎線の車両は共通で運用されていました。実際の例ですが、夜、熊谷から大宮行きに乗り、寝込んで目が覚めたら小山だったという友人がいました。不思議がっていましたが、有り得る話しでした。熊谷からの車両が大宮に到着、折り返し、東北線 小金井行きとなったわけです。
現在は、共通運用かどうかは把握していませんが、確かに、乗客サービスの観点からすると塗装色で区別するほうが親切ですね。
    • good
    • 0

JR東日本に回答は聞いていただくとして、個人的な見解です。



高崎線と宇都宮線は、今は湘南新宿ラインと上野東京ラインという名の下
多くは東京都内を超えたら東海道線か横須賀線に直通していますよね。
大半の人は東京都内を素通りはしないと思われます。それ以前/以降のみ利用か都内乗降の人が多そうです。

いつもご覧になっている色で東海道線は走っていて、横須賀線は総武快速線と直通するものは別の色(青基調)です。
その理屈で行くと東海道線沿線の人も考慮して、青基調以外の色を3色用意する必要が出て来ますよね。
1.湘南新宿ラインで東海道線~高崎線の色
2.湘南新宿ラインで東海道線~宇都宮線の色
3.上野東京ラインで東海道線~高崎線の色
4.上野東京ラインで東海道線~宇都宮線の色

ある程度同じ車両をいろんな線で使いまわしていることが予想されるダイヤです。
4色に色分けしてしまったら、人身事故や何かしらのアクシデントで障害が起きた時
例えば上述1.運行予定の列車を大宮発宇都宮線にできませんよね。そんな理由だと予想します。
    • good
    • 0

路線ごとに電車の色が違う方が珍しいです。

路線ごとに色分けしているのは首都圏のJR近距離電車区間や各都市の地下鉄ぐらいじゃないでしょうか。

それ以外は地域や会社ごとに同じ色の電車が走っているのが普通です。首都圏でも私鉄は路線が違っても同じ会社なら同じ色の電車が走っていることが多いです。違う色でも路線によって分けているのではなく、車種によって違う場合がほとんどです。

近畿圏のJR近距離電車区間も昔(国鉄時代)は路線ごとに色分けされていましたが、JRになってから導入された車両は車種ごとに色が違うだけで、路線ごとに分けていません。

すでに回答が出ているように、路線は電車の色ではなく、行き先表示で確認するのが基本です。
    • good
    • 0

分かる!


どっちも私鉄などの併走する路線が無く、大宮以降で電車が止まったら立ち往生。距離が長すぎてバスの振り替えは不可能に近い。
だからウッカリ乗り間違えようものなら、大宮に引き返すしか手が無い。東京や神奈川のように別の路線を使ってのつじつま合わせが出来ない。
・・・なのに、なぜ同じ車両なのか?

ベッドタウンなくせして通勤手段がなさ過ぎる。
何十年も進化しない交通事情。
このままじゃ埼玉も過疎化が進んで行くだろう。
    • good
    • 0

側面の行先表示で「宇都宮線」「高崎線」の表示を見るしかないです。


あとの見分け方は以下の通り

・上野東京ライン
路線表示はE231は緑色、E233は白色です。
行き先はオレンジ、白色です。

・湘南新宿ライン
E231、E233共にオレンジ色表示です。

・上野発北方面
高崎線の場合、E231はオレンジ、E233は白色です。
宇都宮線の場合、共に緑色です。

・東京発南方面
E231はオレンジ、E233は白色です。

上野東京ライン、湘南新宿ラインが出来るまでは行先表示が白か緑で分かりやすくなっていましたが、今は複雑となっていました。なので冒頭に書いた通り行先表示を確認するしか無いです。
    • good
    • 1

ずっと昔から同じ形式・編成内容の車両で運転されていたから。



そこが、早期に電車化されて専用の形式が用意された横須賀線と、割と後まで機関車牽引の列車があった東海道線との組み合わせとの違いです。

でも、行き先表示を確認して乗るのは、基本の「き」ですよ。
文字色だって変えてあるのですから。
    • good
    • 0

高崎線と宇都宮線は、同じ車両を使っております。



高崎線から戻ってくる時に宇都宮線へ、またその逆もあるので、同じ車両を使っています。

色を変える。
確かに一つの方法ではあるのですが、

○運用効率が落ちるので、車庫も拡張したり車両数を増やさなければならなくなる(経済的負担の問題)。
○運用効率の低下によりダイヤ編成が複雑になる。具体的には運転間隔が不規則になってしまったり、列車の行き先設定でも無理が出てくる。
○ダイヤ乱れの際、正常ダイヤに早く戻すために運転整理を行うのですが、各路線に限定させてしまうと(例えば、誤乗防止のために高崎線色の車両は宇都宮線を走らせない)と、手法の一つが取れないので、何時までたっても正常ダイヤに戻せない。
○長年、同じ色で走らせており、いまさら路線カラーを定めても、何色が良いかというアイディアも浮かばない。

……これら理由としてあります。
    • good
    • 0

昔は「路線別に車両の色を変えて区別する」という発想そのものが無かったので、その名残です。


東海道線でも、湘南新宿ラインや上野東京ラインで相互乗入れする前から、同じ色の電車を走らせています。

国鉄時代は、山手線用や中央線用は「通勤型電車」、高崎線用や東海道線用は「近郊型電車」と設計上も区別されていて、路線別カラー導入後も色分けするのは通勤型電車に限っていました。JR発足後に、JR東日本ではどちらも「一般形電車」として統一しましたが、路線別カラー導入は旧通勤型電車の走っていた区間にとどまっています。

宇都宮線・高崎線・東海道線用の電車は「国府津車両センター」と「小山車両センター」で管理していますが、宇都宮線と高崎線で色分けするとなると、湘南新宿ラインや上野東京ラインとの兼ね合いもあり、電車のやりくりが苦しくなりそうです。
    • good
    • 0

JR宇都宮線と高崎線の違いとは何か。


どちらも普通電車で使用している車両はE231系1000番台とE233系1000番台であるから。
ラインカラーは濃い緑とオレンジ色であり、電車の塗装もそのようになっている。

走る線路の区間も一部同じ路線を走っていますので、正直見分けるのは困難
唯一の方法は、行先を見る事だけです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急行と快速急行のちがいって何ですか? わかる方教えてください(´-`).。oO

急行と快速急行のちがいって何ですか?

わかる方教えてください(´-`).。oO

Aベストアンサー

こんばんは。
電車運転士をしております。

一般的な法則なのですが、
○急行→速い列車
○快速急行→急行のアタマに「快速」という形容詞があるように、急行より停車駅が少なく速い列車という意味合いになります。(逆に、急行より遅い場合は、「準」や「区間(一部という意味)」の形容詞をアタマに付けて表示します。(“準急行”→“準急”、“区間急行”))

Qリバティ会津の終点が会津田島駅である理由

浅草ー会津田島間を直通運転する東武鉄道の新型特急「リバティ会津」が4月21日に営業運転を開始し、これに対応して会津鉄道は、会津田島ー会津若松間でリレー号を走らせる、という新聞報道について、疑問に感じたことがあります。
それは、わざわざリレー号を走らせるくらいなら、なぜ「リバティ会津」の営業区間を浅草ー会津若松間、もしくは浅草ー西若松(会津鉄道の終点)間で設定しなかったのかということです。

そこで、「リバティ会津」の終点が会津鉄道の営業路線の途中駅である会津田島になっている経緯について教えてください。

Aベストアンサー

>会津鉄道の電化が会津田島駅までになっていることの経緯について、ご存じならば教えてください。

簡単に

鉄建公団が、国鉄日光線今市駅と会津線会津滝ノ原駅(現 会津高原尾瀬口)を結ぶ路線として建設中、国鉄再建法の施行により工事を凍結。
既に、建設が進んでいた藤原~会津滝ノ原間を引き受けて運営するため第三セクター野岩鉄道を設立し、開業に至った経緯があります。

では、何故、会津滝ノ原~会津田島が電化され、以北が非電化か?
会津田島は、南会津町の中心市街地。その町外れが会津滝ノ原。
南会津町は、東武鉄道~野岩鉄道経由で来た場合、福島県に入って最初の自治体です。この最初の自治体の町外れ会津滝ノ原で乗り換えを強いられると、南会津町から野岩鉄道を利用する人に不便を強いる事になります。
その辺りの事情は、地理を理解していれば、自然の成り行きと言う事は容易に理解できると思います。

じゃ、一気に会津若松まで電化しなかったのか?
それは、電化の方がコストが高く付くから。肥薩おれんじ鉄道が電化区間をわざわざディゼル化したのも、電車の方がランニングコストが高くなるからです。

>会津鉄道の電化が会津田島駅までになっていることの経緯について、ご存じならば教えてください。

簡単に

鉄建公団が、国鉄日光線今市駅と会津線会津滝ノ原駅(現 会津高原尾瀬口)を結ぶ路線として建設中、国鉄再建法の施行により工事を凍結。
既に、建設が進んでいた藤原~会津滝ノ原間を引き受けて運営するため第三セクター野岩鉄道を設立し、開業に至った経緯があります。

では、何故、会津滝ノ原~会津田島が電化され、以北が非電化か?
会津田島は、南会津町の中心市街地。その町外れが会津滝ノ原。
南...続きを読む

QJR東日本の京浜東北線や常磐線の各駅停車が、ATSやATCの関係で、最高速度が、時速90キロに抑えて

JR東日本の京浜東北線や常磐線の各駅停車が、ATSやATCの関係で、最高速度が、時速90キロに抑えているけれど(90キロ出す事も稀だが…)、混雑や駆け込み乗車、積み残しで余裕を持たせたダイヤにしているからでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

今回の御質問内容、駅間で実際に掛かる時間を見ると判る内容です。

加速する為に必要な時間+惰行走行の時間+ブレーキを掛けている時間。

この3つの要素で、駅間で掛かる時間が成り立っています。
速度を上げれば、必然的に加速と減速に必要な時間が長くなり、その分惰行の時間が減ります。

>最高速度が、時速90キロに抑えているけれど(90キロ出す事も稀だが…)

実は既に、質問者様ご自身で回答を出しているのです。

○加速しても時速90キロに達する前に減速しなければならない。
○加速して時速90キロに達したとしても、惰行時間が無く、直ぐ減速しなければならない。最高速度を低めて、その分ブレーキ時分を短く(ブレーキ距離を詰める)しても駅間の運転時分が変わらない。
※運転時分が変わらないならば、使用する電力費が少ない運転方が最善です。

この何れかの理由で、そもそも最高速度で目一杯走る意味がない。

混雑や積み残し、駆け込み乗車の時間の考慮は、運転時分ではなく停車時分の項目で、最高速度とは別の話です。

こんばんは。
首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

今回の御質問内容、駅間で実際に掛かる時間を見ると判る内容です。

加速する為に必要な時間+惰行走行の時間+ブレーキを掛けている時間。

この3つの要素で、駅間で掛かる時間が成り立っています。
速度を上げれば、必然的に加速と減速に必要な時間が長くなり、その分惰行の時間が減ります。

>最高速度が、時速90キロに抑えているけれど(90キロ出す事も稀だが…)

実は既に、質問者様ご自身で回答を出しているのです。

○加速しても時速...続きを読む

Q首都圏のJR線の「◯◯線直通」とは

こんにちは
私は以前、鉄道に関する質問を、させていただきました。
特に、関西人には全く馴染みのない「連絡改札口」について、首都圏と関西圏では、鉄道の成り行きが異なるなど、貴重なご回答をいただき、ありがとうございました。
 さて、今回も、首都圏のJR線を利用していての疑問です。
これは、決してわかりづらい、不便だというものではなく、これも関西圏ではほとんど無いことなので、疑問に思った次第です。
首都圏のJR線では、駅のアナウンスでよく
「◯◯線直通、△△行き」というのを、良く耳にします。
これを関西圏に例えると、京都駅から、神戸方面に行く電車に乗車する際
「JR神戸線直通、神戸行き」
ということになりますが、そのようなアナウンスは、聞いたことがありません。
(京都駅から大阪駅までは、JR京都線、大阪駅から神戸駅までは、JR神戸線)
なぜ首都圏のJR線では「◯◯線直通」というアナウンスが、多用されるのでしょうか。
逆に、なぜ関西圏では、このようなアナウンスは無いのでしょうか。
鉄道に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(京都駅から大阪駅までは、JR京都線、大阪駅から神戸駅までは、JR神戸線)…

それは愛称に過ぎず、正式な線路名称は東京駅から神戸駅までが「東海道本線」です。
JR 西の区間に限っても、米原から神戸までが東海道線で、他線に乗り入れているわけではありません。

しかも、京都~神戸間は大昔から、昭和も戦前から通しの電車が走っていて、今に始まったことではないので、あえて「直通」なんて言い方はしません。

それに対し首都圏では、東海道線と東北線とか、東海道線と高崎線、東海道線と常磐線など、国鉄時代また JR化後もしばらくの間はなかった運転方法を最近新たに採ることになったので、「◯◯線直通、△△行き」というのです。

西日本管内でも、東海道線の京都から環状線経由関空方面への直通など、国鉄時代にはなかった運転方法もありますが、東日本と西日本、会社が違うので乗客への案内方法も違ってきて当然とも言えます。

Qどつして、電車は1本で繋がって無いのでしょうか? 何号車とかあって...

どつして、電車は1本で繋がって無いのでしょうか?
何号車とかあって...

Aベストアンサー

カーブが曲がれなくなるから

何もない平地に線路を先に通すのであれば、直線だけの線路でいいので、列車も長い1本の物を作る事ができますが

街や山や池があって、その間を縫って線路を通すので、必ずカーブが必要になります。
平地が先にあれば、大きな弧のカーブが作れますが、周りに家などがあるから小さな弧のカーブになります。

長い列車だと、小さなカーブは曲がり切れず、脱線してしまいます。

なので、短い列車を作って、また乗客の数が増えれば、客車を数珠つなぎにして、乗客数の増減に対応します。

Q定期券で大回りはできますか?さすがに定期券で大回りは不正乗車ですか?

定期券で大回りはできますか?さすがに定期券で大回りは不正乗車ですか?

Aベストアンサー

はじめまして、

私も時々大回りをして電車の旅を楽しんでいます。無駄に時間をつぶすというのがよいですね。
さて、大回りはあくまで乗車券(含むIC乗車券)のみが対象であり、定期券は定められた区間以外乗車することはできません。

参考:JR各社の旅客営業規則第157条第2項
大都市近郊区間内相互発着の普通乗車券及び普通回数乗車券(併用となるものを含む。)を所持する旅客は、その区間内においては、その乗車券の券面に表示された経路にかかわらず、同区間内の他の経路を選択して乗車することができる。

Q線路のこれは何ですか?

線路にあるこれはなんですか?

Aベストアンサー

線路の下にトンネルのような構造物があります。
網が掛かっていますが、その構造物の一部で、鉄道施設のものではありません。

Q【電車の急行に乗ったことがないので教えてください】 大阪近鉄急行の急行の料金が1800円ですがこれも

【電車の急行に乗ったことがないので教えてください】

大阪近鉄急行の急行の料金が1800円ですがこれも普通の券売機で買うのでしょうか?

特急券って指定席ですか?

電車に乗ってから特急料金を払う?

どういう仕組みなのか教えてください。

Aベストアンサー

大阪から伊勢神宮までの行き方を質問していた方ですよね。
「1800円」というのは、大阪から伊勢市駅や宇治山田駅までの運賃ですよね?
近鉄の急行は、JRで言えば快速のようなカテゴリで、乗車券(運賃)だけで乗車できます。1800円でも、券売機で買えます。
もしPiTaPaなどの交通系ICカードをお持ちならば、近鉄沿線は三重・名古屋もPiTaPaエリアなので、ICカードが使用できます(JRだと、三重県方面はICOCAエリア外なので使えません)。

近鉄の特急の乗車には、乗車券の他に特急券(全席指定)が必要です。乗車前に、券売機または窓口または近鉄の特急予約サイトで購入して下さい。
自由席はありませんので、指定の列車に乗り遅れないようにしてください。
乗車後に車掌に申告して特急券を買うこともできますが、座席は確保されません。空席があっても、その座席の特急券を持った人が乗車してきたら、その座席に座り続けることはできません。座席のない立ち席乗車でも、着席と同じ特急料金を払う必要がありますので、乗車前に予約購入しておくのが賢明です。

QJR四国普通列車 1両締め切りのメリットは?

この連休で四国を周ってきました。
JR四国の普通列車に乗ったのですが、2両編成だったのに
途中の駅でわざわざ後ろの1両を締め切りとして、
先頭1両だけの乗車しかできなくなりました。
昼間の混雑してない時間帯でしたので1両でも十分空いていたのですが、
なぜわざわざこのような締め切りをするのでしょうか?経費削減のため?
でもそれなら切り離したほうがよさそうですし。

後ろ1両を締め切ることによるメリットはどこにあるのでしょうか?
少なくとも乗客側にはなにもメリットがないように感じましたが、
会社側に何らかのメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。いろいろ調べてみました。

結論から言えば「JR四国のサービスの特徴を維持するため」のようです。

JR四国のワンマン運転は必ず「後ろ乗り・前降り」「必ず整理券を取る」で、有人駅でも混雑していてもこの方式を取っています。

ですから、2両目を解放するとこの方式に問題が生じると思われます。
・2両という長さで、「後ろ乗り・前降り」を徹底したら、時間がかかるし、客の評判が悪くなる
・整理券の発行機の目視・管理などがしにくくなる(2両目だと運転席からまず見えない)
などのことです。

昔は2両編成でのワンマンもあったようなのですが、様々な問題点があって「ワンマンは1両限定」にしたようです。
また1回の運航で一部の混雑区間だけ車掌が乗って2両開放することなどもあるようです。

どのような仕事でもそうですが、一番コストがかかるのは「人件費」です。車両切り離しは専属の有資格者が必要なのでコスト増「だったら、2両つなげたまま走るほうがよい」ということでしょうし、車掌も乗らないほうがコストがやすくなるわけです。

そのかわり運賃はきっちり徴収したい(なにせ貧乏ですから)ので、「後ろ乗り・前降り」などのルールを徹底したのでしょう。
ルールを細かくするとそれだけ乗務員の負担は増えます。だから1両限定にしてワンマン運転(コスト削減)ということなのだと思います。

#1です。いろいろ調べてみました。

結論から言えば「JR四国のサービスの特徴を維持するため」のようです。

JR四国のワンマン運転は必ず「後ろ乗り・前降り」「必ず整理券を取る」で、有人駅でも混雑していてもこの方式を取っています。

ですから、2両目を解放するとこの方式に問題が生じると思われます。
・2両という長さで、「後ろ乗り・前降り」を徹底したら、時間がかかるし、客の評判が悪くなる
・整理券の発行機の目視・管理などがしにくくなる(2両目だと運転席からまず見えない)
などのことです...続きを読む

Q駅中にあるミスドにドーナツ買いに行きたいんですが、駅員さんにいえば改札通してもらえますかね? うちん

駅中にあるミスドにドーナツ買いに行きたいんですが、駅員さんにいえば改札通してもらえますかね?

うちんちからミスド、近くにそこしかないので...。他だとホントに電車使わないといけなくて。

Aベストアンサー

入場券を購入するように言われます。

【ブーム調査隊】「駅ナカ」にはルールがあった! 意外と知らない利用法を徹底調査
http://bg-mania.jp/2014/09/11117626.html

電車には乗らないけど、駅構内で買い物がしたい
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3349022.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報