古い車に乗っておりますが
ディーラーに車検に出した後少子が悪くなり困惑しています

古い車ですが車検前には普通に走っていましたが
オイル漏れがあると聞き直してもらいましたが、
車検直後に突然エンジンが震えだし車内が焦げ臭くなり
自力で走れないのでレッカーを頼みディーラーへ行くと
「イグニッションコイルとプラグの間に水が入ってしまった」とのこと

それ以外にも交差点などでアイドリングをしている最中に
回転数が低くなり、エンストしそうになる等不調だらけになってしまいました。

古い車だけに車検時に「難しいですね」とか「お金が掛かります」
とかディーラーで言ってくれればと今になって思っています。
このまま乗り通す以外ないのでしょうか

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    アイドリング中エンジンの回転数が落ち、
    エンストしそうになる状態を修理することは出来ないのでしょうか
    また添加剤を入れるのは良くないでしょうか?

      補足日時:2017/04/25 21:10
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

No11です。

「お礼」欄拝見いたしました。
インジェクション車でアイドリングは自動調整(コンピューター制御)ですから、ご自分で修理は無理でしょう。
専用診断機やテスターなどが必要となります。
ここは、やはり車検整備したディーラーへ行って症状を確認してもらい、きちんと直してもらいましょう。
ところで、整備保証は付いていましたでしょうか?
    • good
    • 0

>エンストしそうになる状態を修理することは出来ないのでしょうか



 出来る!出来ないは、ディーラーで聞くべき事では?

>また添加剤を入れるのは良くないでしょうか?

 悪いモノが、製品として販売されているとは・・・
ただ、悪くないモノだからといって、
良いモノとは、限らないけどね~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
問い合わせをしないと何も始まらないですね

お礼日時:2017/04/26 00:19

補足コメントを拝見いたしましたが、少なくとも車種・年式程度が判らないと回答(推定ですが)が出せないと思います。


また、添加剤だけでは改善は見られないとも考えます。
キャブレター車なのか?インジェクション車なのか?希薄燃焼車なのか?などでアイドリング調整方法の仕組みが全然違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
1998年のカローラで型式はAE101になります

お礼日時:2017/04/26 00:18

>ディーラーなんですが事前点検が無く


>当日点検して見積もりを出す方式でした
>仕方ないでしょうか

当日点検して見積もりをもらったら、オーナーの承諾なしに修理はしませんよ。
見積もりはあくまで見積もるだけ、そこから車検を通す為に修理するか
悪いところ全部修理か、相談にのってくれるし選択できます。

今回はもう修理してしまったとのことですから
次回は気をつけるしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
夜閉店間際の予約だったので相談とかできなかったです

お礼日時:2017/04/25 21:07

実車を見ているのでないのでよくはわかりませんが、



ダイレクトイグニッションという方式の場合、車のスパークプラグに電気を飛ばすような
装置が車の中にあり、そこに接続されたプラグコードが、エンジンヘッド内のプラグに
接続されてあります。

>オイル漏れがあると聞き直してもらいました

その漏れって、エンジンヘッドの間とかからの漏れでしょうか。

一般的に、エンジンは上下に分かれるような構造をしており、ヘッド取り外すと、そこに
バルブなどのパーツが見えたりします。

その隙間にはガスケットと呼ばれるゴムとかの材質とかのものを入れて、液体ガスケット
などを塗ったりして、ボルトを締めて密閉している。

エンジンが古くなると、エンジンの下にあるオイルを溜めておくエンジンオイルパンなどの
ガスケットが経年劣化で痛み交換したり、ヘッドのガスケットも劣化し、そこからオイルが
漏れることがあります。

経年劣化というのは、一概に走行距離数が多いということだけでなくて、ゴム製品なので
新車から10年とかで劣化するケースもあるのです。

よって、古い車の車検などの際に、エンジンオイル漏れがみつかったという場合には、
GSとかでオイル交換して、スチーム洗浄などを行い、その車検を通してしまい、
そのあとにまた漏れるのか? というのを定期的にみてもらう方が良いと思います。

エンジンオイルの漏れは、オイル交換で古いのを抜き、フラッシングですすぎ、新しい
オイルを入れると漏れないこともあります。
あるいは、オイルの種類を変えることで漏れないこともあります。

■参考資料:車検に古い車を持参したら、エンジンオイルダダ漏れと言われてしまった時にどうするの?
https://matome.naver.jp/odai/2146648515934552601

ヘッドとかを開ける際に、プラグとかも外したりして、どこかで洗浄するとかがあり、その際に
ディーラーがやらかしてしまい、水の入らない箇所に水が入ったという感じではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報をたくさん教えて頂きありがとうございます
参考にさせていただきます

お礼日時:2017/04/24 22:20

車検、点検、整備保障があるはずです。

クレームで良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強くなるご回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/24 22:19

修理箇所の不具合は、作業ミスが原因 


弁償です。
一切費用を払う必要が有りません こんなところで質問していないでさっさと
修理作業させたディラーへ  ディーラーもPL保険加入してるでしょうから
保険で賄えるでしょう。
(込み入った作業は、ディーラーでは、出来ず 契約民間整備工場出しの場合も多いです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございました

お礼日時:2017/04/24 22:19

エンジンを洗浄後のエアブローが足りなかったと思われます。


部品は実費になりますが、工賃は保証が効くはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰る通りになりました
ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/24 22:18

何故か、みなさん、車種と年式と走行距離を隠して質問するから、漠然とした答えしか付かないんだよね。

今日、車検場に行ってましたが、エンジンが不調になりそうな検査は、排気ガスかな。通らなくて、キャブを絞ったのかも。故障は、たまたま。古いクルマを維持するのが大変なのは常識、お金とヒマのある趣味人の、粋の世界かと!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
個人情報になるので形式控えました

お礼日時:2017/04/24 22:17

車検を通すために何をしたのか? 通すためにした事が却って仇に成る。

変な話、絶妙なバランスで動いていた物が、ある個所をいじったらおかしくなるのは古い物の宿命。しかし、そこを何とかしないと車検が通らなかったのなら「寝た子を起こした」ディーラーに責任を取らせるのは酷という物。

古い車(に限らず年代物)を維持するのはその辺りも織り込み済みでないと却って散財に成るのは世の常。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

古いものはお金が掛かるを身を持って体験しました
ありがとうございました

お礼日時:2017/04/24 22:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報