不定詞と現在分詞の選択に迷っています。
There is no lock of the door (fit) with that key.
という英文で、fitを適切な形にしなさい。という問題ですが、ここは to fit なのでしょうか、それとも fitting なのでしょうか。
 また、不定詞と現在分詞の選択の基準は何でしょうか。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 to-不定詞と現在分詞を修飾語として形容詞的に用いる場合、to-不定詞は「~のための」現在分詞は「~している」と訳すことが多いようです。



このような訳となる理由は、to-不定詞が未来の意味合いを持つのに対して、現在分詞は進行中の意味合いを持っているからだと思います。

 ですのでこの例の場合では、fitting が適当じゃないでしょうか。
to fit : この鍵に合う[これから合わせるだろう]ドアの錠前はない。
fitting: この鍵に合う[すでに合っているだろう]ドアの錠前はない。
鍵を使っているときには、普通はそれに合った錠前が既に存在するでしょうから、to-不定詞だとちょっとヘンな気がします。

以下の例文ではどうでしょう。
This is a letter to write with a pen.
This is a letter writing with a pen.

to-不定詞の方は、「これから書く手紙だ」と感じられます。しかし、現在分詞の方は、「今既に書きかけている」というニュアンスになります。

 ところでジェランド(gerund)というのはいわゆる動名詞のことで、やはり上記と似たニュアンスがあると思います。
I forgot to bring my umbrella.(傘を持っていくのを忘れた)
I forgot bringing my umbrella.(傘を持っていったという事実を忘れた)

There is no ~ing は慣用句で、「~できない」の意味でしたね。
これは、動名詞です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な説明をありがとうございました。とても勉強になりました。

お礼日時:2001/06/29 17:21

おもしろいな!と思ったので、すみません、回答というより質問なんですが、この質問は問題集にあるやつでしょうか? よろしければ問題集の名前、出典というのかな、を教えてください。

次に、質問原文に転記ミスはございませんでしょうか? あと、不定詞と現在分詞の選択、とご自身で範囲を限定されておられますが、その限定にはかなり自信あります? 問題文そのものには、そのような限定は最初からございますか? また問題文に選択肢が等ありましたらそれも教えて頂けましたら幸いです。

この回答への補足

 この英文はある中学校の英語の授業で配布されたプリントからのものです。長文問題になっていて、( )内の動詞を「ing形」「en形」「to+動詞の原形」のいずれかにしなさい。という問題です。長文の内容は「不思議の国のアリス」からです。全文を書くと長くなってしまうので、途中から書きます。アリスが深い穴に落っこちた場面で、
Now Alice is in a long hall with a row of lamp (hang) from the ceiling. There are doors all around the hall, but they are locked. And of course Alice does not have keys (unlock) them.
Suddenly she comes upon a little table (make) of solid glass. There is a small golden key on it, but there is no lock of the door (fit) with that key.
 という英文になっています。このプリントでは「後置修飾」が授業のテーマになっています。ご教示頂けたら幸いです。
 

補足日時:2001/06/29 19:04
    • good
    • 0

何かゴロのよさとか勘で云えばfittingなんですが、文法となると昔のことで自信ありません!



There is no ~ と来ると、ingが続くように思うのですが現役の方、説明してください!(ジェランドでしたか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/06/29 16:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動名詞で名詞を修飾する場合と不定詞で名詞を修飾する場合の使い分け

動名詞で名詞を修飾する場合と不定詞で名詞を修飾する場合の使い分け
を教えてください。

たとえば、以下の例文です。

a programme making science more accessible to young people

a programme をmakingのように動名詞で名詞を修飾する場合と
to makeのように不定詞で名詞を修飾する場合があると思います。

何か意味やニュアンスの違いはありますでしょうか?
また、動名詞で名詞を修飾する場合と不定詞で名詞を修飾する場合の使い分けを教えてください。

Aベストアンサー

a programme making science more accessible to young peopleのような文で使うmakingは、動名詞ではなくて、文法上は現在分詞に分類されると思います。
 to不定詞を用いた場合には、「これからのこと」という意味合いが含まれ、現在分詞を用いた場合には、「現在の状態」のことを言っているという意味合い含まれると思います。
 参考になれば幸いです。

Q不定詞と現在分詞の使い分け

不定詞と現在分詞は同じ意味で使われる事がありますね

eg: ① I like to play baseball .
② I like playing baseball .

でも、forget などの動詞を使うと、下記のように意味も
異なるという理解でよろしいですか?

① I forgot to lock the door .
(鍵をかけるのを忘れた=鍵をかけていない)

② I forgot locking the door .
(鍵をかけたかどうかを忘れた=かけたかどうかが思い出せない)

もし、そうなら forget の他にも同じような動詞が
ありますか?
 (remember も同じようなケース?)

Aベストアンサー

http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5084

1) remember
■remember + ~ing:~したことをを覚えている・思い出す
I don't remember saying such a thing.
「そんなことを言った覚えがない」
■remember + to 不定詞:(これから)しなければならないことを覚えている・忘れずに(これから)~する
Remember to post the letter on your way.
「途中で忘れずに手紙を出してください」

2) forget
■forget + ~ing:~したことを忘れる
I shall never forget seeing the Queen.
「女王に会ったことを決して忘れることはないだろう」
■forget + to 不定詞:(これから)~することを忘れる
Don't forget to post the letter on your way.
「途中で手紙を出すのを忘れないで」

3) stop
■stop + ~ing:これまでやってきたこと・いましていることをやめる
You should stop smoking.
「タバコをやめるべきですよ」
■stop + to 不定詞:手を休めて・立ち止まって~する / ~するために立ち止まる
I stopped to smoke a cigarette.
「手を休めて・立ち止まって一本タバコを吸った」

4) regret
■regret + ~ing / having +pp :~したことについて残念に思う
I regret telling her what I thought.
「自分の考えを彼女に言ったことを後悔している」
■regret + to 不定詞:これから言うことについて残念に思う → 残念ながら~と言わねばならない
I regret to say [ tell you / inform you] that your son is seriously injured.
「残念ながら息子さんは重症と言わねばなりません」

5) go on
■go on + ~ing:してきたことを続ける
He went on reading without noticing me.
「彼は私に気づくことなく本を読み続けた」
■go on + to 不定詞:(ある行動の後に)続けて~する
He entered the college and went on to begin doing the part-time job.
「彼は大学に入学し、続いてそのアルバイトを始めた」

6) try
■try + ~ing:(結果がどうなるか確かめるために)試しに~してみる
He tried putting some more salt, but the taste didn't change.
「彼は試しにもう少し塩を入れてみたが味は変わらなかった」
■try + to 不定詞:(何かを達成するために)~しようと努力する
He tried to understand what the teacher was saying.
「彼は教師の言っていることを理解しようと努力した」

http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5084

1) remember
■remember + ~ing:~したことをを覚えている・思い出す
I don't remember saying such a thing.
「そんなことを言った覚えがない」
■remember + to 不定詞:(これから)しなければならないことを覚えている・忘れずに(これから)~する
Remember to post the letter on your way.
「途中で忘れずに手紙を出してください」

2) forget
■forget + ~ing:~したことを忘れる
I shall never forget seeing the Queen.
「女王に会ったことを決して忘れ...続きを読む

Q主語にto不定詞を使う場合と、動名詞を使う場合の使い分けを教えてください。

主語にto不定詞を使う場合と、動名詞を使う場合の使い分けを教えてください。

以下のサイトによると、一般的に、ライティングでは、動名詞形が選好されるという事実があります、ただの可能性を語るなら To不定詞を使い、現実味のある話を取り上げるなら動名詞という構図です。とのことです。

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2009/05/post_576.html

Aベストアンサー

具体的案ですが、、
例えばforget.

Please forget to rock the door 。
ドアにかぎをかけることを、忘れないでください。

I forget rocking thedoor.
ドアにかぎをかけたことを忘れた。

わかりますか?

補足として参考にしてみてください

Q現在分詞か不定詞の副詞的用法か

4択問題の不正解選択肢についての質問です。

「彼はその試験の準備に忙しい」という文は
He is busy getting ready for the examination.
となるのですが、これを不定詞にして
He is busy to get ready for the examination.

とし、不定詞の副詞的用法の「~のために」という理解が出来ないかと考えています。これが無理な理由を文法的に説明すること(busy~ingという語法の暗記以外の説明で)は可能でしょうか。

Aベストアンサー

ちょっと方向性を変えて「品詞名」「用法名」で言葉の使い方を考えるのではなく、各々の語形の持つ「元の意味」で考えることを提案してみます。

>「彼はその試験の準備に忙しい」という文は
>He is busy getting ready for the examination.
>となるのですが、これを不定詞にして
>He is busy to get ready for the examination.

現行の解釈では、
be busy getting __ の getting は in getting の in の省略された「動名詞」となっており
be busy to get __ の to get は「副詞用法」のto-不定詞となっていますが、
私には、このような品詞名を元にした解釈が適当とは思えません。

多分、ネイティブ・スピーカーの頭の中ではこんな感じになっているのではないでしょうか。

それは、getting も to get も「主語(He)がおかれている状態」を表しているはずです。

・getting は「今、彼(he)がやっている最中」という「進行形の意味」を表し
・to get は「彼(he)が、これからやる」という意味を表しています。

そのような「主語(He)がおかれている状態」に対して busy(忙しい)という話し手の判断を言っているに過ぎないように思えます。

ですから、
He is busy getting ready であれば
彼が[忙しい]のは[準備をしている]ので
He is busy to get ready であれば
彼が[忙しい]のは[これから準備する]のに
となります。
特に to get ready の場合は「準備は、まだしていないのに、今忙
しい」と意味になり意味不明になるのではないでしょうか。

ですから、他の方がおっしゃっているように
He is too busy to get ready
彼が[忙しい過ぎてできない]のは[これから準備することに関して]という表現なら可能になります。

つまり、
to get を「名詞・副詞・形容詞の3用法のどれかだ」と考えずに、「これから[必ず]することになっている」という意味でとらえ
getting を「動名詞」というような品詞名ではなく、「~している最中だ」という進行形(現在分詞形)の意味で考えればよいのでは
と感じます。

私には、ネイティブ・スピーカーが現行の英文法の品詞名による文法定義によって英語を使っているようには思えません。

litsa1234 さんがおっしゃっているように
*不定詞の「何とか用法」という考え方は専門家の方達も不適切だとおっしゃっています。

参考になればと思います。

ちょっと方向性を変えて「品詞名」「用法名」で言葉の使い方を考えるのではなく、各々の語形の持つ「元の意味」で考えることを提案してみます。

>「彼はその試験の準備に忙しい」という文は
>He is busy getting ready for the examination.
>となるのですが、これを不定詞にして
>He is busy to get ready for the examination.

現行の解釈では、
be busy getting __ の getting は in getting の in の省略された「動名詞」となっており
be busy to get __ の to get は「副詞用法」のto-不定...続きを読む

Q不定詞と動名詞

tryやrememberなどの不定詞か動名詞かで意味が変わってくる特別な場合や
mind enjoy finish などの動名詞しかとれない動詞、また不定詞しかとれない動詞などがありますが

それら以外の場合、不定詞の英文は動名詞に、動名詞の英文は不定詞に書き換えができますか?

不定詞か動名詞を含む英文の中で、上に書いたような特別な場合と、書き換えができる場合って
書き換えができる場合の方が多いですか?

Aベストアンサー

 不定詞が名詞的用法で使われている場合 (~する事と訳せる)
 動名詞だけしかとれない動詞ではない場合 
 不定詞だけしかとれない動詞ではない場合
 全部当てはまればできます。
 

Qget+O+to不定詞/現在分詞の違い

get+O+to不定詞と現在分詞の違いについての質問です。

get+O+to不定詞・・・「(なんとかして)Oを~させる」
get+O+現在分詞・・・「Oを~(の状態に)させる」
上記のような使い方をすると思いますが(辞書より)

Q:I can't get my car ( ).
1.to start 2.going

上の問題では2が答えとなっていますが、1が不適な理由はなぜでしょうか?
get+O+to不定詞の場合、Oは人のみと言われたことがありますが、
辞書には
I got the door to shut properly.
No one could get the car to start.
のようなOに物がくる例文もあります。

ご回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはどこの問題集からの問題ですか。

Q不定詞と動名詞 目的語になる動詞について

◇目的語に動名詞だけをとり、不定詞をとらない動詞
◇目的語に不定詞だけをとり、動名詞をとらない動詞
◇目的語に動名詞も不定詞もとれる動詞
をそれぞれおしえてください。
出来るだけ多く教えていただきたいのです。
特によく出てくるといった代表的なものだけでも構いません。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

参考URLの参照でよく分かると思いますが、「どちらもとるけど意味が変わるモノ」という分類ももう一つ付け加えて覚えた方がよいですね。

一般的に動名詞の方には進行形で使うことからも分かるようにそのニュアンスの中に"躍動感"というものが残っています。
Smoking is not good for your health.
このように言うと、実際に喫煙している人を前にして言っている場合などに向いていますし、yourが特定の人を指していなくても、喫煙という行為が普通に今現在でも行われている行為という感じがします。
通常はこのように動名詞で表現することが多いように思います。
「血が通った感じ」と言っても良いかも知れません。
動名詞だけを取る動詞の説明でよく言われるのは、ある出来事が実際に起っているor起ったからこそfinishしたりenjoyしたりできるんだ、という考えですね。
そういった点からよく「動名詞は"過去指向"」と言われます。

それに対して、to不定詞の方は少し漠然としたイメージがあります。
To smoke is not good for your healh.
確かにこの表現でも言います。
言いますが、少し仰々しい何かの条文だとか、大上段から構えたような感じを与えます。
「話している現在においてだけでなくこれから先においてもそうなのです!」 と言う感じで躍動感や臨場感がない、「血が通っていないような感じ」とも言えるでしょう。
まだ行っていない・これからやろうとすることだからこそplanしたりdecideしたりwishしたりできるんだということですね。
こういう点からよく「to不定詞は"未来志向"」と説明されます。

上記の過去だとか未来指向だとかいうのはある程度覚えやすくする為の"目安"程度にしておいて下さい。
そうじゃないと、まだ煙草を吸っていない人が許可を求めようとしているのにどうして
Would you mind my smoking here?
というように動名詞なんだぁ?、と混乱することになりますからねw
まだ吸ってない、これから吸う未来だからといってto smokeとは言わないんですねぇ^_^;
ある程度は説明できるのでしょうが、これはむしろ買う動詞との相性のようなものなのかもしれません。

参考URL:http://www.eibunpou.net/08/chapter21/21_5.html

参考URLの参照でよく分かると思いますが、「どちらもとるけど意味が変わるモノ」という分類ももう一つ付け加えて覚えた方がよいですね。

一般的に動名詞の方には進行形で使うことからも分かるようにそのニュアンスの中に"躍動感"というものが残っています。
Smoking is not good for your health.
このように言うと、実際に喫煙している人を前にして言っている場合などに向いていますし、yourが特定の人を指していなくても、喫煙という行為が普通に今現在でも行われている行為という感じがします。
通常はこ...続きを読む

Qto不定詞や現在分詞の否定と主語が分かりません.

to不定詞や現在分詞の否定と主語が分かりません.
to不定詞[現在分詞]の主語をあらわすときはfor 目的格[所有格か目的格]だとおもいます.
そしてto不定詞[現在分詞]を否定するときは前にnotをつけますよね.
では主語を表した上に否定する場合は
[for 目的格 not to 動詞][one's(またはone) not ~ing]か
[not for 目的格 to 動詞][not one's(またはone) ~ing]のどちらですか?

Aベストアンサー

[for 目的格 not to 動詞][one's(またはone) not ~ing]
意味上の主語が先、not が後です。

Q不定詞の受動態と動名詞の受動態の違い

不定詞の受動態
「to+be+過去分詞」

動名詞の受動態
「being+過去分詞」
意味は二つとも「されること」ですよね?

目的語に不定詞のみとる動詞は不定詞を使い、目的語に動名詞のみとる動詞は動名詞を使うということは受動態になっても共通でしょうか?

どなたか英語に詳しい方教えてください

Aベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>目的語に不定詞のみとる動詞は不定詞を使い、目的語に動名詞のみとる動詞は動名詞を使うということは受動態になっても共通でしょうか?
⇒そのとおりですね。例を見てみましょう。

不定詞の場合
能動態:I don't want to go with her.「私は彼女と一緒に行きたくない。」
受動態:I don't want to be seen with her.「私は彼女と一緒にいるのを見られたくない。」

動名詞の場合
能動態:Do you mind going alone?「あなたは一人で行くのは困りますか?」
受動態:Do you mind being loved by two men?「二人の男に愛されるのは困りますか?」

なぜそうなんでしょうか。例えば、名詞は、名詞句になっても名詞節になっても名詞としての機能には変りがありませんね。それと同じです。つまり、そのジャンルの「内部差があっても、それは外部へは波及しない」ということでしょう。

ですから、このことはさらに、それぞれの完了形(「to+have+過去分詞」と「having+過去分詞」)についても同じことが言えます。
不定詞の場合
単純形:He seems to be rich.「彼は金持ちであるように見える。」
完了形:He seems to have been rich.「彼は金持ちだったように見える。」

動名詞の場合
単純形:I repented of being idle.「私は怠けていることを悔いた。」
完了形:I repented of having been idle.「私は怠けていたことを悔いた。」

以上、ご回答まで。

以下のとおりお答えします。

>目的語に不定詞のみとる動詞は不定詞を使い、目的語に動名詞のみとる動詞は動名詞を使うということは受動態になっても共通でしょうか?
⇒そのとおりですね。例を見てみましょう。

不定詞の場合
能動態:I don't want to go with her.「私は彼女と一緒に行きたくない。」
受動態:I don't want to be seen with her.「私は彼女と一緒にいるのを見られたくない。」

動名詞の場合
能動態:Do you mind going alone?「あなたは一人で行くのは困りますか?」
受動態:Do you mind being...続きを読む

Q不定詞、分詞、関係詞についてお尋ねします。

不定詞、分詞、関係詞についてお尋ねします。
「最低でも一時間かかる街」
a town to take at least 2hours
a town taking at least 2hours.
a town where it takes at least 2hours to get( there.)/that takes at least 2hours to get to.
Yahoo U.Sで検索結果として出てきたのですが、差異がいまいち、特にit takesのitは不定詞が主語とは限らず副詞用法でもあるので、ご教示いただければ幸いです。
ちなみに、「少なくても時間かかる場所に行きたい」とするならば、どの用法が自然でしょうか?

Aベストアンサー

関係詞は万能なので可能ですが、
不定詞の形容詞的用法、分詞は無理があります。

何より、分詞の場合、前の名詞が分詞の意味上の主語になるということをご理解されているでしょうか?

不定詞の場合はそうでなくてもいいですが、未来に向けてとか、〜すべき
のような意味が出ます。

こういう文法的なことを語句の検索で求めようとしても無駄です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング