最新閲覧日:

C-MOSカメラというのはCCDカメラとどこがどう違うのでしょうか。 また、CCDは赤外線を読む?らしいですが、C-MOSはどうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

C-MOSはICと同じプロセスを使って作れるため、安価にできます。


また周辺回路もCCDより少なくなります。
ただし、1画素ごとに出力回路が必要なため、画素そのものはCCDよりは
小さくできなかったはずです。
携帯電話などに使われているのは画素数の少ないものです。
CCDは、バケツリレーみたいなもので、蓄積した電荷をクロックに同期させて
ポコポコ出していきます。
DVCでは100万画素以上のカメラが既にありますが、CCDは1/4インチです。
同じサイズでC-MOSはまだできていないはずです。

赤外線の件ですが、CCDの感度が赤外線領域まで伸びているのですが、
その帯域は映像を作る上では良くないため、あらかじめ赤外カットフィルタで
落としています。
このフィルタをとったのがSONYのナイトショットで、暗いところでの感度は上がるのですが、明るいところの弊害というか効果というか、いろいろありまして、世間をにぎわしてましたね。

回答になってないような気もしますが、とりあえずこの辺で。
    • good
    • 0

「C-MOS」や「CCD」を調べると、C-MOSセンサーの方が消費電力が少ない、回路構造が簡単で低価格、小型化に向いている、などの利点が書かれています。


携帯電話など、製品が小さく、使える電気量も限られている物にC-MOSセンサーが使われているのは、そういう理由なのでしょう。
CCDセンサーもC-MOSセンサーも、シリコンを用いて光を検出する機構は同じ様で、どちらも、赤外線を検出します。
しかし、「カメラ」としてメーカーが販売するときには、赤外線を除去するフィルターを装着してしまうので、センサーには可視光しか到達しません。
    • good
    • 0

参考にしてください。



参考URL:http://www.ascii.co.jp/ghelp/30/003057.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報