身体的実存とはどういう意味ですか?
ネットで調べても実存主義しか出てきません。
実存主義では「我思う故に我あり」の言葉で意味はなんとなく分かりますが、身体的実存って何ですか?

A 回答 (3件)

身体的実存、というのは肉体の生理的欲求の事を云うのではないでしょうか。

初めて接する言葉なので、本来の意味がどういうものか知らず、だからこのように解釈しての回答?です。

心の欲求と身体の欲求は相反する事がよくあります。身近なことで言えば、もっと食べたいという身体の欲求と、それを自制したいと云う精神の欲求です。

実存主義と云うのが、精神性に於いて使われていることを思うと、身体的実存に主義を付けて身体的実存主義とした場合、これは肉体の生理的欲求を重視する主義、と云えるのではないでしょうか。

あえて進んで云えば、精神的向上を促す様な生理的欲求に気づき、それをおろそかにしない、重視する、と云う考えなのだろうと想像しました。
    • good
    • 0

つねれば痛いから、体として感じる何かが存在する、


という事でしょうか?
    • good
    • 0

「我思う故に我あり」の言葉を軽んぜずなんとなく分かるだけでも、今の時代ではすごい。


身体的実存という字句は興味深い。教えたりはしないけど。

過去のデカルトについての質問での回答にこう答えたものさ。
(教授に対して)お前のようなかたわにデカルトは理解できないと書けば良い、と。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪人の願い

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われると、素直にうなづけません。
さすがに永遠に生きたいとまでは思いませんが、長く若くいたいくらいには思います。
この、生存の執著は誰しも持っているであろうものですが、これが昂じて悪人の願うところの様になってしまった時、彼は何かを見失っている様にも思えます。生にかじりつくあまり、人として大切な何かを見失ってるのではないか?
逆に言えば、老いや死がもたらす大切なものは何か?
と言う事でもあります。

この悪人の願いとその盲点について、思うところがあればどうぞよろしくお願いします。
お気軽にどうぞ。

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われ...続きを読む

Aベストアンサー

永遠の命をさずかったら
たぶんだれも勉強をしないだろう
恋愛というものもなくなるだろう
食料もいらなくなり、地には木も植えなくなるだろう
貿易もする必要もなくなり、海の外への興味もなくなるだろう
現在のような世界ではなくなるだろう
なにもない世界になるだろう

永遠の命のなかで
人は今、なにかをしようとは思わないだろう
なにかをしなければとは思わないだろう

今日が終わるという感覚もなくなるだろう

Q単純さはどの程度通用するか?

海は嵐よりも晴れの方がいい。
世の中は乱れてるよりも平和な方がいい。
人は荒んでるより健やかな方がいい。

単純さはどの程度通用しますか。
この単純さで押し通ることも可能でしょうか。この世界は。

Aベストアンサー

精神的なものも含めた、社会のシステムを「文明」とした場合、所詮「文明」は
権力者によって作られてきた、と言えると思います。

宗教すら決められてしまったこともあるし、貴族の悪趣味が高尚な「文化」とさ
れていることもあるでしょう。「悪法」も存在した、いや、存在してもいる。

私の言う「単純さ」「感性」は、新たに立てられたご質問の「悪人的」単純さ、
感性と言っていいでしょう。
いや、もう少し突っ込むと、「哲学性」ということになるかと思います。

この辺りが人類の改革されるべき最深の問題かと思います。

ここまで、少々興奮して考えましたが、キサラギさんの仰る「単純さ」と少し食
い違ってきているようです。

あなたは「善の単純さ」ということを仰っているんだと思います。
それが「悪人的単純さ」と対峙できるかどうか、だと思うのですが、そのために
は一般大衆が哲学性を高めることが重要だと考えています、つまり、センスを磨
くということです。

Q死後の世界や魂などの存在がないとゆうのは本当に悪魔の証明なのでしょうか? もし魂のようなものがあると

死後の世界や魂などの存在がないとゆうのは本当に悪魔の証明なのでしょうか?
もし魂のようなものがあるとしたらそれは意識や記憶を持つことになります しかしそれが脳にある証明されれば死後の世界や魂はないとゆうことになるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

魂が存在する=魂は意識や記憶を持つ=脳は意識や記憶を持たない

という関係が不可分である(一部が否定されればその全てが否定される)構造を想定しているのですよね
それで脳に意識や記憶があることが証明されれば魂の存在が否定されると

仮に脳に意識や記憶があるとしたらこの構造の否定が正しいことになりますよね
つまり 魂は存在しない=魂は意識や記憶を持たない=脳は意識や記憶を持つ

ここで引っかかるのですが魂は意識や記憶を持たないというのは魂は意識や記憶を持つの否定だから正しいはずですが
そもそも魂が存在しないとすれば魂に関する言明は全て真偽不明になってしまわないでしょうか?
真偽不明の言明をこの構造は正しいと言ってしまってることになります
これってちょっとおかしくないですか?

一部が否定されればその全てが否定されるような構造を想定してないのであれば
今挙げたおかしさは生じないと思いますが
それだと脳に意識や記憶があるとしたときに魂の存在が否定されるかもしくは魂は意識や記憶を持つことが否定されるか
いずれも否定されないか論理的に決定することができなくなってしまうという問題が生じると思います

魂が存在する=魂は意識や記憶を持つ=脳は意識や記憶を持たない

という関係が不可分である(一部が否定されればその全てが否定される)構造を想定しているのですよね
それで脳に意識や記憶があることが証明されれば魂の存在が否定されると

仮に脳に意識や記憶があるとしたらこの構造の否定が正しいことになりますよね
つまり 魂は存在しない=魂は意識や記憶を持たない=脳は意識や記憶を持つ

ここで引っかかるのですが魂は意識や記憶を持たないというのは魂は意識や記憶を持つの否定だから正しいはずですが
...続きを読む

Q人生の目的と手段

国や民族によって、その生き方は様々ですね。

戦後の日本は、米国の後押しもあって世界にもれいがないほどの高度経済成長を成し遂げました。
しかし、その後のバブル崩壊に機を発し、現在では長い低成長の時代が続いています。

そういう日本では未だに人生を楽しむよりも、職場に張り付いた拘束時間が優先されています。
学業の場と職場に使う時間がとても多い日本人です。

学業と仕事は手段だと思いますが、これらが目的になっているように感じるのですが。
皆さんはいかがお考えですか?

Aベストアンサー

学業や仕事が楽しいと感じる人も少ないですしね。しがらみも多い。
悪癖となってるからそれを直すのも難しい。何でもかんでも取り込みすぎて、どっち向いてるのかわからないような社会になってしまったかなと言う感はあります。

ただ、職人が尊敬される風土が、国を建ててきた側面はあると思います。ドイツもそうらしいですね。

今は生産と消費に追われ、どのように人生を過ごすのか、あまり考える暇も実践するゆとりも無いのが現状ですね。

役に立たないことは切り捨てられてきた社会ですが、役に立たない事をすることも、十分に必要ですね。それが発想の源にもなるし、ゆとりにもなるし、豊かさにもつながるのでは無いかと思います。無駄な事をしないのを秀才とするなら、無駄な事を厭わないのが才能であると思います。
そんな、才能を重宝する社会であるなら、また未来も開けるのではないでしょうか。
社会はもっといろんな可能性を認識して良いと思います。

Q不可知を 未知と分けて――哲学なら――用いなければいけない

不可知も まだ知られていないこととしては 未知でしょう。

では わざわざ不可知と言うのは どうしてでしょうか?

定義してください。

Aベストアンサー

#76です。

1.
>☆☆ 非知
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそうだと言おうとしています。

了解しました。

>でも 哲学する人は ぶらじゅ何とかというどこの馬の骨とも分からないや
つが 非知を言い始めたと知って ほかの方法を考えようとするでしょうね。

いえいえ、そうとは限りませんよ。
☆ 非知
に関しては、
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそう
といった謙虚なるご見解は不要で、
むしろ、それしかないと言えるほど稀有の視点ですよ。
少なくともわたしはそう認めています。
ただし、人間存在の最終原因とか、神とか、摂理とかいったように、その思考の対象がすでに定まったものに対して適用するのは妥当とは思われない。
つまり、
『 過去、人間は、未知・既知といった経験事象としての概念の他、知り得ないと判断する思考現象としての不可知という概念を操ってきた。しかし世界には、知り得るか知り得ないかが知り得ない、と言わざるを得ないような [ 何か ] は常に存在しているのであり、それは 非知 とでも呼ぶべき対象なのである。』
といった脈絡で採用されるべき視点ではないか、と思う次第。

2.
そのあとの記述も精査しましたが、
>★ つまり、連続説の場合も、(ⅲ)の内容については大いに同意するものです
が、
 ☆’《とはいえ、経験事象が そうしたナゾの影響を受けていることもまた事実
 である》
★ といった続きがあるわけです。
☆ この《続き》は 一たん非連続(つまり 淵があって超えねばならなかった)
を認めたあとの《手続き》としてなのです。さもなければ 《無限》が 有限世
界と地続きだとなります。

☆超えねばならなかった
ものではなく、あくまで、当初から並立しているもの です。
こういった内容に象徴されるように、すべてが 非知を大前提にした論理展開 となっていますよね。
なぜ、非知でなければならないのか?
ここが示されない以上、弱いのではありませんか?

3.[ おまけ ]
>☆ というのは 《絶対の隔たりが 〈無限〉と人知とのあいだに ある》と認
めた上でそのあと それでも わたしは連続説に立つのだという宣言なのです。

違います。
あくまで「宇宙の摂理の象徴としての神」の場合にはですが、
☆絶対の隔たり
は当初から認めていません。
よって、
>★ ここで〔☆ こそ〕また連続・非連続の論議に舞い戻ってしまうわけで〔☆
それに関しては〕やはり見解の相違と判定するのが妥当じゃないですかね。

といった甘言に篭絡されるいわれもありません、ということになりそうです。

>★ むろん、この場合の「直接」は、一般の経験事象同士における直接とは意味
が異なることは、128回ほど申し上げているので、すでにご承知のはずでしょ
うけど。
☆ 鯉の滝登りではありませんが 一たん有限から無限の夢幻境へと論理で駆け
上ったからには その《精神の軌跡》を抜きにして この《直接》の意味内容を
考えるわけには行きません。でしょう?

★原因が分かったとしても、その原因に対する原因が永遠に付きまとうので、最終原因は永遠に不可知と言わざるを得ません。
という言及に関して、
・原因=有限での経験事象
・最終原因=無限の夢幻境での事象
のように分けてお考えなのだと思います。
しかし、
★原因が分かったとしても
という表現は、
「あ、これだ!」のように
★原因が分かったとしても
といった意味ではありません。
★原因に対する原因が永遠に付きまとう
というのは、論理的合理性に基づいて、つまり、これだけで成立している命題なわけです。
説明上、例として挙げることはありますが、経験事象としての原因を必須の要素として必要としているわけではない、という点にご留意いただければと思います。

#76です。

1.
>☆☆ 非知
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそうだと言おうとしています。

了解しました。

>でも 哲学する人は ぶらじゅ何とかというどこの馬の骨とも分からないや
つが 非知を言い始めたと知って ほかの方法を考えようとするでしょうね。

いえいえ、そうとは限りませんよ。
☆ 非知
に関しては、
☆ のほうが だいたいほかの方法よりよさそう
といった謙虚なるご見解は不要で、
むしろ、それしかないと言えるほど稀有の視点ですよ。
少なくともわたしはそう認めていま...続きを読む

Qきのう、友人から、借りて 読んだ本があります。 この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いら

きのう、友人から、借りて
読んだ本があります。

この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いらっしゃいますか?

『文章を書き慣れた人は、いまわたしがもっともらしく述べたようなこころの中での手続きを、文字化する以前に頭の中である程度はすませておくものだ。
その場合にしたって、書けば、かわる、
のである。』


「考える力」をつける本、より。

Aベストアンサー

その文章は、多くの方が簡単に理解できそうですよ。
繰り返し、何度も本の頭から読み直すことで、分からない本も分かるようになりますよ。

Aベストアンサー

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているとは言えない」ということになります。(もちろん、その例が荒唐無稽なら別ですが。)
逆に、貴方の質問の回答として「賛同した」と言うには、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているという根拠を示す必要がある」のです。もしくは、「賛同していない例は存在しない」ということを示すのでも良いでしょう。

また、あくまでも「可能性」であって、事実とは限らない、というご指摘かと思いますが、何しろ、私は「しかるべき反論や批判を行わなかった人」本人ではありませんので、可能性以外を指摘しようがありません。
「事実」以外不要、とのことでしたら、ご質問文に「私の過去質問に回答をした人、または、回答しないまでも見たことのある人限定で」と書くべきでしたね。

貴方の求める回答は何でしょうか?
互いに意見を戦わせ、議論をしたいのだと受け取りましたが、貴方の態度はそれと正反対に感じられます。
もしも、過去質問においてもそのようなやり取りしかないのであれば、回答者様たちは、それを不毛に感じて「しかるべき反論や批判」をする意欲を失ったのでは・・・と思いました。
まあ、過去質問を拝見してませんので、単なる感想です。

この回答にどのような返信をいただいても、私はもう回答はいたしません。
さすがに少々疲れました。
ご了承ください。

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判...続きを読む

Qわれらが日本社会は 対話型か? なら話し合いを!

1. 社会形態は いやしくも国家と称するようになるならば 市民たちの
第一階とそして公民圏としての第二階とから成ると考えられ この一階と二
階との社会力学的な関係のあり方によって 市民一般の生活のありさまや生
活態度としての思想がかなりの程度において規定される。こう考えます。

 市民圏= 第一階: S 圏: 市民 S(スサノヲ)
 公民圏= 第二階: A 圏: 公民 A(アマテラス)

 これら互いの社会力学的な関係: A ‐ S 連関制・・・(α)

こういう用語で話をすすめます。

2. 日本における国家は 《国ゆづり》型であるゆえ 市民 S らは おと
なしい。もともとおとなしく けんかをするほどに仲良しであった。その中
から出た公民 A らは 特に優秀であったゆえ 人びとは社会というヤシロに
も特別な神棚をこしらえてやりもっぱらその空中庭園に住まわせた。この第
二階となる神棚にアマテラス族をまつりあげたことになる。

3. A なる人びとは 優秀であるうえに品行方正で申し分のないほど人間
的な人間たちであったが ただひとつ玉にきずなのは つねに人びとから注
目を浴びていなければ落ち着かない。お山の大将型であったことだ。
 
4. 市民らは かれらに根負けして それならと言うので神棚をわざわざ
こしらえて そこを棲み処とさせた。檻に住まわせたとも言えるのだけれど 
これが のちのち或る意味でわざわいともなった。

5. 市民 S らの中には この第二階への出世志向が流行り病いのごとく起
こり ひとつには とうとう A 者公民たちにこびへつらうようになり ひと
つには ゆすり・たかりをはたらき甘い汁を吸おうとするようになる者が出
た。
 
6. このお二階さん志向――そして 別様に言えば お上意識 そしてそ
のクウキ化――が絡んでくると 仲間どうしのあいだでも いざこざが絶え
なくなる。
 
7. こういうわけで 市民 S 者らのあいだには まっすぐな心持ちにもと
づく行動と どこか歪んだところのある振る舞いと 両面が見られることに
なる。



8. ちなみに西欧の市民は そして公民も 誰もがおのれの中にお二階さ
ん志向(つまり アマアガリ症候群)を持つ。すなわち A = S としての
市民 S であり この市民がおそらく誰もが同じく A = S としての公民 A
となる傾向を有する。と推し測られる。

 (ω) 欧米型(または遊牧民型): A ( A=S ) ∽ S ( A=S ) 連関制

9. 相似形の記号( ∽ )の意味は つねに転覆(回転=レヲ゛リューシ
ョン)が起こり得るということを表わす。
 
10. 言いかえるとその社会では 第一階においてすでに 《人は人に対
して狼なり。Homo homini lupus. 》あるいは《万人の万人に対するたたか
い  bellum omnium contra omnes. 》という市民( A = S なる市民 S )
どうしの意識の流れが関係し合っている。

11. 意識の対立とそのテーゼ アンチテーゼを互いに高いところにみち
びく弁証法的展開が ふつうに見通されているのではないか?


12. 日本市民スサノヲが このアマアガリ志向に対して《くにゆづり》
をしたと言う時 それは非戦論であり そうだとすれば それに対して欧米
市民は 主戦論に立つものと考えられる。

13. 土地に縄を張って ここはおれのものだと宣言したとき 言葉たく
みににしろ力づくでにしろ その土地を獲ってしまえば 自分のものになる
と考える傾向なのだろうか。(お隣りの東洋人もやっているけれど)。

14. われらが市民スサノヲは これこれはおれのものだと主張するとき
に どういうかたちにしろ 争うことは人間の弱さから来ると考え それな
らと言って争わない弱さでいいぢゃないかと 非戦論を採った。

15. いちどゆづったら 社会というヤシロの神棚に挙げてしまったのだ
から おいそれとは降りて来いとは言えない。言わない。おとなしい。ただ 
それだけのことだと考えられる。
 
16. ただしそのアマアガリ・シンドローム(末は博士か大臣かの出世症
候群 または それに絡む支配欲に支配された人間性)の感染具合いに応じ
て 波風が立つこともある。



17. ちなみに 社会のかたちとして別様の A - S 連関制がありうる。
《アフリカ的段階》と呼ばれるもので 市民らに絶対(?)主権があるよう
なかたちである。

 (κ) アフリカ型:S (=じつは A ) ∽ A 連関制

18. 資料です。
◆ (『アフリカ的段階について』ヘーゲルを解剖学した世界観?)~~~
http://y-bat.txt-nifty.com/doyo/2009/01/post-8de9.html

マルクスはインド・ヨーロッパ語圏の外にアジア的共同体を見出したが、吉
本〔隆明〕はそのアジア的段階より前の段階としてアフリカを見出している。

( a ) そこには殺生与奪権を独占し自由に行使できる王(* A )がいる。

( b ) しかし、民衆(* ――《〈じつは A 〉なる S 》――)は豊穣と生
活の保障と引き換えに王(* A 権力)を認知しているのであって、不作や疫
病があれば王は民に殺されてしまう。

( c ) 生命の等価交換(という原始的なシステム)の上に成り立っていた
頃の世界がそこにはある。

( d ) 民衆(個人 S とその共同性)と王( A 権力と象徴= amaterasity
アマテラシテ)は等価なのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

19. このアフリカ型(κ)は 民衆暴君型である。現代においても 例の
《ファビョン型》とよばれる《 S (=じつは A ) ∽ A 連関制》が見られ
る。日本は対話型(α) 西欧は競争型(ω)であろうか。


   *     *     *


20. あなた方よ 対話型なら もっと話し合いをすすめることが出来るは
ずではないか? 

21. あなた方よ 口を開けば 相手への悪口が飛び出し 権力者へののの
しりに到る。ぼろくそに言うのもよいが 中身がどうなのか? 

22. それともわれわれは 例のアマアガリ・シンドロームからのとばっち
りが それほど酷く醜くわれらがこころを腐らせていようか。

23. あなた方よ 仲間どうし・同等の相手どうしとして 対等に自由に話
し合える間柄であったはずが 何かと顔を合わせば 互いのあらさがしである。

24. 足の引っ張り合いが絶えないというのは やはり お上意識なるアマ
テラス予備軍症候群にひどく手足を縛られてしまっていようか。気がついてい
るのか いないのか。

25. あなた方よ スサノヲ市民の心意気は いったいどこへ行ったのか。
欧米型の革命志向はそのかけらも――たぶんさいわいなことに――見られない
とすれば ひょっとしてアフリカ型の破れかぶれ症候群が 隠然と深く静かに
潜行しているのか。お隣りに感化されたか。

26. まさか そんなことはないと信じるけれど とにもかくにも ひとび
とは もはや互いに話し合いが出来なくなっているのか?

27. それとも あなたは もとから――《対話型》は 理念の上だけであ
って――隠微なけんかと互いを不幸のどん底へ落としやるという生活日常が消
えることはなかったと考えるのか?

28. あるいは このような歴史と社会についての分析が おかしいか。

1. 社会形態は いやしくも国家と称するようになるならば 市民たちの
第一階とそして公民圏としての第二階とから成ると考えられ この一階と二
階との社会力学的な関係のあり方によって 市民一般の生活のありさまや生
活態度としての思想がかなりの程度において規定される。こう考えます。

 市民圏= 第一階: S 圏: 市民 S(スサノヲ)
 公民圏= 第二階: A 圏: 公民 A(アマテラス)

 これら互いの社会力学的な関係: A ‐ S 連関制・・・(α)

こういう用語で話をすすめます。

2....続きを読む

Aベストアンサー

「そうではなく 《いえ いえ。それは陛下のご意向に反することですよ》
と:
★ 同じ立ち位置でフェアに対話することができる
☆ でしょうか?」

普通の市民には政治の話などはほとんどできません。ですが、政治家を一職業人として見ることは可能です。どの職業の人もその道においては専門家であり、ある意味で二階の人ですから、総理大臣に物申すときは、彼が一職業人としての大臣であることを念頭に置けば、不自然にへりくだる必要はなくなると思います。大臣の職能だけは残し、威光だけを削ぐこともできると思います。むしろそのほうが大臣も仕事はやりやすくなるはずです。地位によって権限というものがありますが、あくまでそれは職務を遂行するためだけに必要なものであるという認識を、市井が持つべきだと思うのです。

ヒエラルキーが崩れることはなかなか難しいでしょうが、市井の認識が変わることで、意識上での転換が起こることは十分に有り得る話ですね。権力者や金持ちにあぐらをかかすことがなくなれば、よりよい社会になると思います。

Q《〔国民の大多数が〕情緒的に受け入れられていない〔現実〕》がなぜ理由になるのですか

1. 情況証拠によって判断しているに過ぎない。のでは?

2. 情況証拠のみによって 相手と話し合おうとするのは 人間性として
通りますか?

3. 人間以前の状態にある人間 だとはっきり指摘してやるのが 人間性
なのではないですか?


▲ 資料:慰安婦合意で韓国新政権が初の公式見解 「現実認め賢く克服を」
聯合ニュース 5/29(月)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000060-yonh-kr

Aベストアンサー

状況証拠って何のことですか?


それはともかく、約束を守らない相手に
なにを話し合っても、無意味でしょう。

Q問十二

問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい

この歌は、川北天華という方が高校生の時に詠んだそうで、時々ネット上で話題になっています。
この美しさ、若さが最高だなと思います。
因みに、夜空の写真を微分フィルターにかけると肉眼では見えないような星までも抽出されるそうで。
さて、この質問では皆様に短歌を詠んでいただきたいと思います。哲学を思わせるような深良い短歌、お待ちしております。
お気軽にどうぞ。

Aベストアンサー

てふてふと 目覚めぬ夢を繰り返し 自己の投影 我が心知る


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報