末尾に質問を2つ挙げていますので、お詳しい方は、そこだけご覧頂いてもよろしいかもしれません。
しかし、一応全文目を通していただけると有難い。

【前提】
「総理のご意向」などと書かれた内閣府からの文書の存否について文科省が追加調査をすることになりましたが、仮に、有ったとしてもそのこと自体が特に問題になるとは思われません。
そもそも国家戦略特区自体が安倍政権の成長戦略のひとつなのですから、その目的である岩盤規制を打ち破るために何らかの「総理のご意向」が働かないほうが不自然だからです。
つまり、「総理のご意向」が有ったか否か、という点に意味は無いのであって、その「総理のご意向」が公明正大なものであったか否か、という点こそが問われるべきでしょう。

【経緯】
お詳しい方には耳タコかもしれませんが、以下に経緯を含めて少し記します。
内閣法第6条には、「内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。」という規定があります。
http://www.houko.com/00/01/S22/005.HTM
決定された [ 閣議決定(石破4条件)] の方針とは、
a. 現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し、
b. ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかになり、かつ、
c. 既存の大学・学部では対応困難な場合には、
d. 近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
以上の4点。
諸説あるかもしれませんが、このうち、a ~ c 及び、d の [ 近年の獣医師需要動向も考慮しつつ ] という箇所については、特段に問題視する必要性はないでしょう。(こんな点をいくら追求しても最終的には交わされてしまうのがオチ、ということ)
問題は d の [ 全国的見地から ] という箇所。

上記の [ 閣議決定(石破4条件)] は2015年6月30日に為されたもので、京都産業大学は2016年3月に獣医学部新設を提案しています。
約半年後の2016年11月、国家戦略特区諮問会議(議長:安倍総理)は、「(新設は)広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」といった条件(←以降、【条件A】と表記します)を獣医師会の要望(ただし獣医師会は否定している)によって設けました。
獣医師会はこの翌月、獣医学部新設決定の撤回と、それが不可能な場合でも1校だけに絞るよう要請をしています。
それを受けて、2017年1月4日、「獣医学部の空白地帯、1校に限り」と修正された改正告示が官報に公布、施行され一般公募される運びとなったわけですが、【条件A】のため、京都産業大学は獣医学部の応募を断念せざるを得なくなった、というのが経緯。
加計学園1校だけが応募できたのは、安倍総理(国家戦略特区諮問会議議長)が [ 全国的見地から ] という閣議決定を無視、すなわち内閣法に違反して【条件A】を設定した結果と言わざるを得ないでしょう。

【論点】
このように、安倍総理や官邸サイドは、閣議決定を無視したり、内閣法に違反したりすることを、大した問題ではない、と考えているとしか思えず、ここが最大の論点ではないでしょうか。
ここには、「岩盤規制によって、どうせ誰かが恩恵を受けるのだから、それが経済的功績者である自分の友人であって、何が悪いと言うんだ」という、籠池問題にも通底するところの、安倍総理や官邸サイドの本音、というか「開きなおり」が見え隠れしています。
文科省の調査にしても、「よく探したら有りましたが、そのことに何らかの不都合な問題が存するわけではない」てなことを言えるという確信があればこその追加調査決定であることは明白。メールの存否はなんら本質とは関係ないのであり、官邸サイドとしては痛くもかゆくもないはずなのだから。

仮に内閣法抵触が解釈の問題にすぎないのだとした場合でも、 [ 全国的見地から ] という閣議決定をわざわざ覆してまで「(新設は)広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域(空白地帯)に限り」といった【条件A】を決定したことに、公明正大な理由があったと言えるか?という論点が消えるわけではない。

【質問】
1.安倍総理は法律(内閣法)に触れていることにはなりませんか?
2.「(新設は)広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域(空白地帯)に限り」という【条件A】に合理性はあるでしょうか?

A 回答 (15件中11~15件)

>愛媛に獣医学部があることによって、【空白地帯】が埋められるという考え方は合理的とは言えないと思うの ですけどね。

そもそも、愛媛の大学を出た人が愛媛で働くわけではありませんし。
 
何十年もかけ愛媛県が判断したということです。それなりも合理性があると考えます。

合理性というなら少子化の時代に学生が激減しているのに学生のいない新設大学を次々と認可、天下り先を確保し、碌に講義もしない、できないマスコミのお偉方や女子アナまでが教授に天下りしてして「補助金を蝕む」
文科省やマスコミの言う合理性とはこのことを指すのではと思いたくなりませんか

火のないところに煙をだして政局に利用し。話題にして視聴率を稼ぐだけの加計問題より
こちらの方が重大で巨悪がうごめいている利権構造、社会問題と感じませんか




.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>何十年もかけ愛媛県が判断したということです。それなりも合理性があると考えます。

愛媛県として合理性があるのは当然でしょうね。
ただ、国政の立場で合理的かを政府は判断する必要があるでしょう。

他の点でおっしゃることには概ね同意できます。
しかし、だからといって、それ以外であれば閣議決定を無視したり法律違反をしても良い、ということにはならないと思います。

お礼日時:2017/06/15 17:42

>逆に言うと、京都産業大学ではダメだという合理性はあるのですか?



諸悪の根源はこの合理性のない既得権益を守ろうという横槍です

 「獣医師会はこの翌月、獣医学部新設決定の撤回と、それが不可能な場合でも1校だけに絞るよう要請をして  います」

まだお答えいただいていません
、>【閣議にかけて決定した方針】を無視しても内閣法違反にはならない、ということですか?
   
 閣議決定を利害関係者から修正(せめて1校にしてほしい)を要請され、修正を官報に告示することは内閣法 に違反するのですか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

国家戦略特区諮問会議(議長:安倍総理)は、「(新設は)広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域(空白地域)に限り」という【条件A】を設定しました。
「空白地域に限り検討する」という決定なわけですが、これは、「全国的見地から検討」とした閣議決定に反しているのではないか、ということを申し上げています。
閣議決定に反しているとすれば、
「内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。」
という内閣法第6条に抵触していることになるのではないでしょうか?
という質問です。

お礼日時:2017/06/15 15:04

「特区による規制緩和」は、何でもOKなのではなく、管轄官庁の


判断があってこその認可です。(総理の、ではない)
その判断を総理という1個人のコネで、異例の速さで認可させる
という、特区による緩和以前の行政的手続き自体に対する強制が
問題です。(金銭の授受はなくとも便宜供与があれば不正です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>「特区による規制緩和」は、何でもOKなのではなく、管轄官庁の
判断があってこその認可です。(総理の、ではない)

たしかに構造改革特区などはそうでしたね。
ただ、その場合の文科省や農水相の判断を「岩盤規制」と批判する形で国家戦略特区という構想がスタートしたのだと思います。
その管轄は山本内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)であり、他の省庁の頭越しに官邸とツーカーで進めるための仕組みが最初から出来上がっているということでしょう。
ですので、国家戦略特区構想を否定するのでなければ、官邸とツーカーであること自体を追求しても、あまり効果は無いと思うのです。
ただ、そうした仕組みの中にあっても、閣議決定を勝手に修正することができるとは思えない、内閣法違反ではないか?
という趣旨の質問です。

>特区による緩和以前の行政的手続き自体に対する強制が
問題です。(金銭の授受はなくとも便宜供与があれば不正です)

まったくおっしゃるとおりで、しかし、それが大した問題ではないと考えている点に、現政権の驕りと、唯々諾々とそれに従う国民の愚かさが象徴されているようです。
ただ、ご指摘のようなアプローチだと、国家戦略特区構想というものには、多少、そういった要素が含まれてしまうのはやむを得ないといった逃げ口上を許してしまうと思うわけです。
ですので、内閣法という法律に触れているのだから
◎不正
だろう、と論点を明確にして追求すべきではないか、と思った次第。

お礼日時:2017/06/15 14:55

>獣医師会はこの翌月、獣医学部新設決定の撤回と、それが不可能な場合でも1校だけに絞るよう要請をしてい ます。

それを受けて、2017年1月4日、「獣医学部の空白地帯、1校に限り」と修正された改正告示が官報に公 布、施行・・・

法律のことはよくわかりませんが。
閣議決定を利害関係者から修正を要請され、修正を官報に告示することは内閣法に違反するのですか
京産大が応募をあきらめさせられたのは獣医師会の要請とも受け取れますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引き続きのご回答ありがとうございます。

>法律のことはよくわかりませんが。
閣議決定を利害関係者から修正を要請され、修正を官報に告示することは内閣法に違反するのですか

わたしも法律は苦手です。
ただ、【内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。】という法律が(誰かの要請によった場合も含め)、勝手に修正されても良いとは思えないんですよね。

>京産大が応募をあきらめさせられたのは獣医師会の要請とも受け取れますが

そもそも、獣医師会としては(既得権益が狭められますから)一校も新設して欲しくないわけです。
つまり、獣医師会要請の本意は、記しましたように【獣医学部新設決定の撤回】なのです。
そして、【それが不可能な場合でも1校だけに絞るよう】要請した。
問題は、その一校が、なぜ加計学園なのか、という点にあります。

お礼日時:2017/06/15 14:36

1、金銭の授受が証明され請託の事実があればですね。



2、合理性が無いということを証明できますか?普通我々素人が見れば愛媛に決定されたことに合理性や必要   性があると考えます。合理性をいうなら規制なし、設立は自由がいいと思います。医師が増えすぎても
  国民が困る恐れがない程度なら
  
 香川にいる獣医師親子と息子の議員は合理性に疑義を持っているようですがこれは利害関係者だということで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>1、金銭の授受が証明され請託の事実があればですね。

◎請託の事実
が無ければ、【閣議にかけて決定した方針】を無視しても内閣法違反にはならない、ということですか?

>2.~~普通我々素人が見れば愛媛に決定されたことに合理性や必要   性があると考えます。

なぜでしょうか?
逆に言うと、京都産業大学ではダメだという合理性はあるのですか?
たとえば北海道には3つの獣医学部がありますが、それでも畜産関係の獣医師は不足しているのが現状です。
愛媛に獣医学部があることによって、【空白地帯】が埋められるという考え方は合理的とは言えないと思うのですけどね。
そもそも、愛媛の大学を出た人が愛媛で働くわけではありませんし。

お礼日時:2017/06/15 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪人の願い

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われると、素直にうなづけません。
さすがに永遠に生きたいとまでは思いませんが、長く若くいたいくらいには思います。
この、生存の執著は誰しも持っているであろうものですが、これが昂じて悪人の願うところの様になってしまった時、彼は何かを見失っている様にも思えます。生にかじりつくあまり、人として大切な何かを見失ってるのではないか?
逆に言えば、老いや死がもたらす大切なものは何か?
と言う事でもあります。

この悪人の願いとその盲点について、思うところがあればどうぞよろしくお願いします。
お気軽にどうぞ。

ご存知の方もおられるかもしれません。
ドラゴンボールと言う漫画があります。
孫悟空が、なんでも願いを一つ叶えてくれるという龍を呼び出す七つの玉を集めるために、世界を旅するという冒険譚です。
この物語に登場する悪の親玉に、ピッコロ大魔王というのがおりまして、この悪人の願いが、「永遠の若さを手に入れる」と言うものでした。
私は、この、生存に固く執着する欲望、願いを悪人の親玉が抱くことについて、とても合点が行くのですが、これ系の願いを自分がかつてまったく抱かなかったか?と言われ...続きを読む

Aベストアンサー

永遠の命をさずかったら
たぶんだれも勉強をしないだろう
恋愛というものもなくなるだろう
食料もいらなくなり、地には木も植えなくなるだろう
貿易もする必要もなくなり、海の外への興味もなくなるだろう
現在のような世界ではなくなるだろう
なにもない世界になるだろう

永遠の命のなかで
人は今、なにかをしようとは思わないだろう
なにかをしなければとは思わないだろう

今日が終わるという感覚もなくなるだろう

Qきのう、友人から、借りて 読んだ本があります。 この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いら

きのう、友人から、借りて
読んだ本があります。

この文章の意味がさっぱり、わかりません。わかる方いらっしゃいますか?

『文章を書き慣れた人は、いまわたしがもっともらしく述べたようなこころの中での手続きを、文字化する以前に頭の中である程度はすませておくものだ。
その場合にしたって、書けば、かわる、
のである。』


「考える力」をつける本、より。

Aベストアンサー

その文章は、多くの方が簡単に理解できそうですよ。
繰り返し、何度も本の頭から読み直すことで、分からない本も分かるようになりますよ。

Q《〔国民の大多数が〕情緒的に受け入れられていない〔現実〕》がなぜ理由になるのですか

1. 情況証拠によって判断しているに過ぎない。のでは?

2. 情況証拠のみによって 相手と話し合おうとするのは 人間性として
通りますか?

3. 人間以前の状態にある人間 だとはっきり指摘してやるのが 人間性
なのではないですか?


▲ 資料:慰安婦合意で韓国新政権が初の公式見解 「現実認め賢く克服を」
聯合ニュース 5/29(月)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000060-yonh-kr

Aベストアンサー

状況証拠って何のことですか?


それはともかく、約束を守らない相手に
なにを話し合っても、無意味でしょう。

Q哲学に オッカムの剃刀は 要らないか

1. 必要だ。格調高いケチの原則でよい。

2. クリスマスツリーのカザリは要らぬが 樅の木は生きている。香りを放つ。
格調高いと言うが その言い方ではあいまいだ。生きた香りが必要である。それ
までを剃り落とすと言うなら 間違っている。

3. ~~~~~~~~~~~~~~~~
いやいや 何ごとも かたちから入るのだ。郷に入れば その思考形式が成り立
っている。それこそ生きている。相手を思いやり相手に合わせると言うではない
か。これをないがしろにして 何を伝えんとするのか。

そりゃあ かたちだけではダメだろう。中身がともなわなくっちゃ。

だけれど 近ごろでは――ひょんなことで告別式に出る機会があったのだが―― 
坊主が 漢文のお経を詠んでから 日本語でも説教するではないか。中身が分か
るように努力している。

そういうもんだ。飾りは 伊達にあるもんぢゃない。ぶっきらぼうで成功する確
率は みみずが論文を書くようなものだ。

せいぜい これくらいの長さで 話は するもんだ。剃刀というような物騒なも
のは要らない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


☆ 哲学に オッカムの剃刀は 要らないか。

1. 必要だ。格調高いケチの原則でよい。

2. クリスマスツリーのカザリは要らぬが 樅の木は生きている。香りを放つ。
格調高いと言うが その言い方ではあいまいだ。生きた香りが必要である。それ
までを剃り落とすと言うなら 間違っている。

3. ~~~~~~~~~~~~~~~~
いやいや 何ごとも かたちから入るのだ。郷に入れば その思考形式が成り立
っている。それこそ生きている。相手を思いやり相手に合わせると言うではない
か。これをないがしろにして 何を伝えんとするのか...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

>☆ 取りあえずは 趣旨説明における(3)の文章例で考えてみて

まず、繰り返しになりますが確認するなら、
「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」
のですから、
『ある事柄を説明するために、必要な(と思う)範囲では多くを仮定すべきである』
と言ってることになる。
☆日本語でも説教
したのも、坊さんが必要だと思ったからこそであり、「オッカムの剃刀」の範疇だという理屈になる。
というわけでオッカムさんは別にして、という条件で申し上げざるを得ませんが、
少なくとも、闇雲に剃刀を旗印にするのは単なる自己満足でしょう。
「これ以上の説明が必要なのはお前であって俺ではないのだから、わざわざ答えてやる気はない」と言ってるわけでもあり、その意味では、愛に欠ける、とも言えそうです。
ただ、リビドーとしての愛を他者へ放出するのはエネルギーを消耗するところから、個々の裁量の範囲、と言わざるを得ず、「愛に欠ける」と目くじらを立ててもしかたない。
論議するなら当然の条件だろうとおっしゃるでしょうが、この場合もやはり、論議すること自体がリビドーの放出になりますので、不当な要求をされたと逆恨みされるのが関の山。
シンプルイズベストではあるのですが、そのこと自体がシンプルに成立するわけではない、という気もする次第。

#2です。

>☆ 取りあえずは 趣旨説明における(3)の文章例で考えてみて

まず、繰り返しになりますが確認するなら、
「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」
のですから、
『ある事柄を説明するために、必要な(と思う)範囲では多くを仮定すべきである』
と言ってることになる。
☆日本語でも説教
したのも、坊さんが必要だと思ったからこそであり、「オッカムの剃刀」の範疇だという理屈になる。
というわけでオッカムさんは別にして、という条件で申し上げざるを得ません...続きを読む

Aベストアンサー

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているとは言えない」ということになります。(もちろん、その例が荒唐無稽なら別ですが。)
逆に、貴方の質問の回答として「賛同した」と言うには、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているという根拠を示す必要がある」のです。もしくは、「賛同していない例は存在しない」ということを示すのでも良いでしょう。

また、あくまでも「可能性」であって、事実とは限らない、というご指摘かと思いますが、何しろ、私は「しかるべき反論や批判を行わなかった人」本人ではありませんので、可能性以外を指摘しようがありません。
「事実」以外不要、とのことでしたら、ご質問文に「私の過去質問に回答をした人、または、回答しないまでも見たことのある人限定で」と書くべきでしたね。

貴方の求める回答は何でしょうか?
互いに意見を戦わせ、議論をしたいのだと受け取りましたが、貴方の態度はそれと正反対に感じられます。
もしも、過去質問においてもそのようなやり取りしかないのであれば、回答者様たちは、それを不毛に感じて「しかるべき反論や批判」をする意欲を失ったのでは・・・と思いました。
まあ、過去質問を拝見してませんので、単なる感想です。

この回答にどのような返信をいただいても、私はもう回答はいたしません。
さすがに少々疲れました。
ご了承ください。

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判...続きを読む

Q加計学園

1.
加計学園問題には、「岩盤規制緩和によって、どうせ誰かが恩恵を受けるのだから、それが経済的功績者である総理の友人であって、何が悪い~~~!」という、籠池問題にも通底するところの、安倍総理や官邸サイドの本音、というか「開きなおり」が背景にあるように思うのですが、どうでしょうか。
それを裏付けるように、強気の姿勢を崩していませんし、文科省の調査にしても、「よく探したら有りましたが、そのことに何らかの不都合が存するわけではない」てなことを言えるという確信があればこその追加調査決定であることは明白でしょう。

2.
さらに、こうした開き直りの背景は何かと言えば、安倍政権には、「国民というものは、経済的安定さえ確保されるなら、つまり、目の前の本能的欲求さえ満たされていれば、政権が多少無茶なことをやっても、それほど懸念を抱いたりしないものだ」
という哲学?があるように見えますが、どう思われますか?
憲法改定や共謀罪などの推移過程を見ていても、(その是非を問うのではないのですが)そんな気がします。
たしかに経済的安定は必要なわけですが、我々はどういった基準で、それに歯止めを掛けるのが良いと思いますか?または、掛ける必要はありませんか?
といった問いも含んでいます。

1.
加計学園問題には、「岩盤規制緩和によって、どうせ誰かが恩恵を受けるのだから、それが経済的功績者である総理の友人であって、何が悪い~~~!」という、籠池問題にも通底するところの、安倍総理や官邸サイドの本音、というか「開きなおり」が背景にあるように思うのですが、どうでしょうか。
それを裏付けるように、強気の姿勢を崩していませんし、文科省の調査にしても、「よく探したら有りましたが、そのことに何らかの不都合が存するわけではない」てなことを言えるという確信があればこその追加調...続きを読む

Aベストアンサー

岩盤規制緩和というもっともらしい言い訳をしていますが、友達にそれを使ってしまっては岩盤規制緩和の看板が地に落ちます。他に岩盤規制をすべき事はいっぱいあります、何故ここなのかの優先順位が納得できません。
とにかく内閣府の存在が大きい。人事権を握っている為官僚を思うがままに動かせる。
正しく行えば国の為になるのは明らか、ただし、徳のないリーダーが行えば、私利私欲に使う事もある。友達作戦です。
今文科相を再調査するとしているが信用できない。本当に解明する気があるなら内閣府も一緒に調べなければ片手落ちです。
所詮茶番劇、犯人が真剣に自ら証拠を白日の下に出すわけがない。
我々には選挙しかその解決策を持ち合わせていない。この事を忘れずに保ち続ける事が大切。

Qもし和を以って貴しと為せと言われなかったなら わたしは 和を乱すことを知らなかった。

(α) もし和を以って貴しと為せと言われなかったなら・・・
・・・わたしは 和を乱すことを知らなかった。 

☆ この(α)の命題についてお考えになるところをおしえてください。



☆ 参考になるかどうか 聖徳太子についての批判をつづります。
つるぎを投じることになるひとつの視点です。

     *

・ 論文: 聖徳太子は ただのくそったれ

▲ (十七条憲法) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一に曰(い)わく、
(あ) 和(やわらぎ)を以(も)って貴(とうと)しとなし、
忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。

(い) 人みな党(たむら)あり、また達(さと)れるもの少なし。
ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、
また隣里(りんり)に違(たが)う。

(う) しかれども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、
事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、
すなわち事理おのずから通ず。
何事か成らざらん。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1) 最後の一文(う)は いわば民主主義に通じる自由な言論 これを 
基礎とすると言っています。明治維新でも 同じく《万機公論》と言いまし
た。

▲ (五箇条の御誓文)  一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ

 
(2) 次に 同じ最後の一文(う)の中からですが:

▲ 上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて

☆ これについては 眉唾物です。お上つまりお二階さんの論理と目線で 
ものを言っているといううたがいを拭えません。時代は違いますが われわ
れは次のような歴史を経て来ています:

◆ (上田正昭:『日本文化の原点』) ~~~~~~~~~~~~~~~
【直木孝次郎】・・・たとえば七一一(和銅四)年に出された詔(みことの
り)に

   《このころ聞く 諸国の役民 造都に労れ 
   奔亡するものなほ多し。
   禁ずと雖も止まず》。

とある。これは・・・労役のために都へ出てきている人民――これが都城建設 
道路づくりに使役されるわけですが 生活 労働が苦しいために途中で逃げ出
す者が多い。禁止しても止まない。・・・

【上田正昭】 その翌年の正月にも 

   《諸国の役民は 郷(さと)に還へるの日 
   食糧絶え乏しく 多く道路に飢ふ。
   溝壑(こうがく=みぞ)に転びうづまるもの 
   その類少なからず》。

というのが出ていますね。

【直木】 ・・・『続日本紀』つまり 当時の正史に記録されているわけです
ね。
【上田】 柿本人麻呂も 有名な歌を残していますね。

   《草枕旅の宿りに誰(た)が夫(つま)か 
    国忘れたる 家待たまくに》  (万葉集 巻三・426番)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(3) その(2)のうたがいを証拠立てるには 聖徳太子の同じような趣き
の歌を見てみれば分かります。

▲ (万葉集 三・415) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上宮聖徳太子 竹原の井に出遊(いでま)しし時 龍田山の死(みまか)れる
人を悲傷(かなし)びて作りましし御歌一首

    家にあらば妹(いも=妻)が手巻かむ
    草枕 旅に臥(こや)せるこの旅人あはれ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人麻呂の歌(426番)では すでに死んだ人に向かって 早く起き上がりな
さい ふるさとを思い出し 帰ってゆっくり休みなさいと声をかけていますが 
聖徳太子の歌では ああ かわいそうにとだけ言っています。

(4) たとえば:

▲ 忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。

と言われても 庶民はもともと けんかをしつつも仲間として和をもって暮ら
していた。ところへ お二階さんたちが これをパクって 《和を以って》う
んぬんと言いだした。
 
口先だけ庶民のまねをして和をとうとぶのだと言われても けっきょく 人び
とよ自分たちには《さからうな》と言っているとしか聞こえません。都合のよ
いことだけを言っているとしか聞こえません。

(5) 聖徳太子は 国を挙げて例の仏教を受容するか否かのとき 崇仏派と
排仏派の戦いになりそこで前者に味方し 後者の物部守屋らを亡きものにする
ことにたずさわった。そのように敵を倒したあと《和を以ってとうとしと為せ》
と言っちゃってもらってもねぇ。
 
権力は握った 文句あっか もうおれたちには逆らうなとのたまわっていらっ
しゃいます。

(6) 無念のうちに波に呑み込まれた人たちも――あるいはつまり お二階
からのでっかく酷い津波に呑まれかけたこれまでの歴史上の数多くの人たちと
ともに―― われは堂々と立派にまともに真面目に地道にふつうによく生きた
と いまいちど起き上がって言って欲しい。

(7) しかも・しかも 聖徳太子の場合には そのウタに《旅人》として歌
われたみまかれる人は のちに聖人であったと分かったと伝えられることにな
ります。聖と聖こそ互いによくわかり合えるのだという尊き教えであります。
――ちゃんちゃらおかしいわい。

(8) 人麻呂スサノヲの心意気なら 先の(α)の命題を飲みますか?


        *


 われらがふるさとを取り戻したい。
 なにが おおごとなのでしょう?
 どこが エラーなのでしょう?

(α) もし和を以って貴しと為せと言われなかったなら・・・
・・・わたしは 和を乱すことを知らなかった。 

☆ この(α)の命題についてお考えになるところをおしえてください。



☆ 参考になるかどうか 聖徳太子についての批判をつづります。
つるぎを投じることになるひとつの視点です。

     *

・ 論文: 聖徳太子は ただのくそったれ

▲ (十七条憲法) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一に曰(い)わく、
(あ) 和(やわらぎ)を以(も)って貴(とうと)しとなし...続きを読む

Aベストアンサー

水平ではなく、二階から、、ということか!

ありがとうございます。
成る程です。

Q単純さはどの程度通用するか?

海は嵐よりも晴れの方がいい。
世の中は乱れてるよりも平和な方がいい。
人は荒んでるより健やかな方がいい。

単純さはどの程度通用しますか。
この単純さで押し通ることも可能でしょうか。この世界は。

Aベストアンサー

精神的なものも含めた、社会のシステムを「文明」とした場合、所詮「文明」は
権力者によって作られてきた、と言えると思います。

宗教すら決められてしまったこともあるし、貴族の悪趣味が高尚な「文化」とさ
れていることもあるでしょう。「悪法」も存在した、いや、存在してもいる。

私の言う「単純さ」「感性」は、新たに立てられたご質問の「悪人的」単純さ、
感性と言っていいでしょう。
いや、もう少し突っ込むと、「哲学性」ということになるかと思います。

この辺りが人類の改革されるべき最深の問題かと思います。

ここまで、少々興奮して考えましたが、キサラギさんの仰る「単純さ」と少し食
い違ってきているようです。

あなたは「善の単純さ」ということを仰っているんだと思います。
それが「悪人的単純さ」と対峙できるかどうか、だと思うのですが、そのために
は一般大衆が哲学性を高めることが重要だと考えています、つまり、センスを磨
くということです。

Q観覧注意。 怖いの苦手な人は読まないでください。 自己責任でお願いします。すみません。 似たような質

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしまい信じてしまっています。
だって、無になれる保証も天国へ行ける保証もなくないですか...?
苦しみ→機能が止まる→無ってなれるでしょうか、脳がなくなっても、苦しみのところに意識が置いてかれるようなきがしてとても怖いです。
神様は人間に超えられない試練は与えないと言いますが、神様はいると信じたいですが、もしいなかったと仮定した場合、苦しみに歯止めをかけてくれる人がいないじゃないですか?
って考えてるんですけどどう思いますか?


ほんとに怖くて
こんなことばっかり考えて本当に辛いです。
高校生なのになんでこんな事考えてるのかもわかりません。

あと、怖くて何回か質問してるんですけど、
これを見た人に私の死の見解を広めて怖がらせていたら死後罪に問われるかとかも考えていて、今回は上に注意を沢山書きました。
今まで質問したぶん、罪に問われると思いますか?

正直な意見を聞かせてください。お願いします。

観覧注意。
怖いの苦手な人は読まないでください。
自己責任でお願いします。すみません。

似たような質問何回かしてます。
でも釣りじゃなくて本当に困ってます。

あと、広めることもやめてください
私みたいに怖がる人がいるといけないので...
すみませんお願いします。







































ネットの記事で、人間は死んだら脳の意識が苦しいままとまり永遠に死んだ時の苦痛を味わうというのを見てしまいました。それに合わせて色々考えていたらなんだか辻褄が合うような気がしてきてしま...続きを読む

Aベストアンサー

喜怒哀楽

人間の五感は、人間が生きるためにあります。
苦痛や恐怖は、人間が生きている証拠なのですよ。
苦痛は、そこを治療してね。の信号ですし、恐怖は、危ないよ。です。
死んだら、それらは必要なくなくなります。

Qこの世は人間が認識するまでは存在しない

《特報》「人間によって観測」されるまでは「この世の現実は存在しない」ことを、オーストラリアの量子学研究チームが実験で確認

したそうです。
http://oka-jp.seesaa.net/article/420222661.html
画像には複雑そうな機器が見えますが、人間、あるいは認識が、この実験にどのように関わっていたのかご存知の方おられましたら、お願いします。
どんな実験だったのか?
興味が尽きません。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
量子力学における観測問題については、どこまでが、観測装置としての系に入るかは、物理学者の間でも、かなり議論されている内容でしょう。
実験結果としては、最後の選択(と思われる行為)が、波動関数の収束をおこしていると言う事は確かなわけですが、どこまでが、観測装置なのかと言われれば、確かに難しい問題です。
結果を見た、観測者まで含めれば、観測者が結果を見るまで、波動関数の収束は起きていないと言う事も言えなくはないです。
ただし、記録装置の記録内容自体が、観測者が見るまで不確定と言うのも、おかしいような気がしますよね?
ただし、記録内容は、観測者が見るまで、誰も見ていないわけです。
そういう意味では、それが、確定した記録と信ずる証拠も無い事になります。
もちろん、マクロの範囲ではそういう事はありませんし、一般的に記録媒体の記録が、見るまで不確定と考える人もいません。
量子力学が、「因果性」、「局在性」、「実在性」に対して、確率的な法則しか与えられない以上、理論が述べられるのは、そのような事でしか無いと言う事です。
今、仮に、観測者自身も、量子力学の範囲の観測系として、その不確定性の影響を受けるとすると、観測者自身も一定の確率で、その収束結果を見る存在として、存在すると考える事も可能になります。
そうならば、未来にAと言う結果と、Bと言う結果を見る観測者は、観測するまでに、同等の確率で存在しえた事になります。
そう考えれば、観測の直前までは、観測者自身も未来の可能性において、確率的存在だと言える事になります。
もちろん、その事によって、観測者自身が変わるわけではなく、その未来の可能性が不確定なだけです。
これが、いわゆる量子力学の「多世界解釈」という解釈の方法です。
多世界と言う言葉は、同時に複数の世界があると言う意味ではありません。
未来の分岐可能な世界が複数存在すると言う意味であり、SFなどのパラレルワールドと言う意味では無い事に注意してください。
観測者は、量子力学の実験において、波動関数が示す確率によって、違う観測結果を見る可能性を持つ存在として、観測前は存在していると言う事です。
そして、観測によって、ある観測結果を見る存在として、収束すると言う事です。
これは、ある可能性が捨て去られたと言う事ですから、ある意味、観測者自身も、その結果の影響を受けていると言えなくもないです。
ただ、これは、実験がある確率で測定結果を与える不確定性を持っていると言う事だけであり、未来は不確定と言うのは、ある意味、当たり前の事です。
表れない未来として、違う観測結果の未来は存在しえたが、観測によってそれが収束したと言う事は、観測するまで、未来が確定しない事は言えますが、人間が観測するまで、物理的存在が、存在しないと言う事まで言及しているとは言えないと思います。

お礼ありがとうございます。
量子力学における観測問題については、どこまでが、観測装置としての系に入るかは、物理学者の間でも、かなり議論されている内容でしょう。
実験結果としては、最後の選択(と思われる行為)が、波動関数の収束をおこしていると言う事は確かなわけですが、どこまでが、観測装置なのかと言われれば、確かに難しい問題です。
結果を見た、観測者まで含めれば、観測者が結果を見るまで、波動関数の収束は起きていないと言う事も言えなくはないです。
ただし、記録装置の記録内容自体が、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報