点字ブロック「視覚障害者が来たらゆずればいいから、ふさいでもいい」
この意見にどう思いますか?

この話題、3週間ほど前にSNSでちょっとした話題になりました。

きっかけは、点字ブロックをふさいでデモ活動を行っている人たちに対し「配慮がない」と指摘した投稿に対し、「他人に配慮がないと断罪するのは、あまりに独善が過ぎます。道はそれぞれが譲り合って使えばいい事です」とある政治家(某県知事)が投稿したことです。

これには377件の賛否両論が寄せられています。
(予見を作ってしまうといけないので賛否どちらが優勢だったかは、ここには書きません。)

すると知事は、「コンサートや花火大会だって道をふさいでいる」などと例を挙げ、持論を展開したブログ記事を同日に投稿し、このとこについても200件以上の反応がありました。
(反応は点字ブロック占領の話題だけでなく、ブログのコメントを非公開にした知事の姿勢などに対しての批判もありましたが、はやり賛否両論でした。)

さて、みなさんは、「障害者が来たらゆずればいいから点字ブロックの上は自由に使っていい」と思いますか?
それとも障害者が普通に歩けるよう健常者は気を使ったほうがいいと思いますか?

私の意見は、この時点では言いません。
まぁ、お礼とか補足でついつい「キーボードが滑る」ときがありますが^^;

長い質問文を読んでいただきありがとうございました。
ではよろしくお願いします。

「点字ブロック「視覚障害者が来たらゆずれば」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • さて、そろそろ締め切るので元ネタを出します。

    点字ブロックを占拠している人への批判
    ■2017/5/21 和田政宗のブログ
    「彼らは注意をしても繰り返し点字ブロックの上に立って占拠。
    『人権を守れ』と叫びながら、障害のある方や他者への配慮は関係無しか。」
    http://blogos.com/article/224201/

    ■これに対しての 2017/5/21のSNSでの米山隆一新潟県知事から反論
    「点字ブロック上を歩いている人がいるのに道を開けないならともかく、そこを歩いている人がいない状態で点字ブロックの上に立っているからと言って他人に配慮がないと断罪するのは、あまりに独善が過ぎます。道はそれぞれが譲り合って使えばいい事です」
    https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/86618 …

    ここから議論が始まりました。

    「点字ブロック「視覚障害者が来たらゆずれば」の補足画像1
      補足日時:2017/06/17 21:42
  • どう思う?

    延べ14件の回答ありがとうございました。
    では、そろそろベストアンサーを決めます。

      補足日時:2017/06/22 08:22

A 回答 (14件中11~14件)

No1さん同様、花火大会と次元が違う気もします。



点字ブロックぢて、何で設置しているか?
視力が悪い方達の為に、設置したのですよね。
歩く目安になります。
それを塞がれてしまうと危険だと思います。
その時に、よければ良いと言うけど、盲目者が近づいて来ても、気付かなければ、どかせられません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

確かに視覚障害者が近づいてきてもわからないときってありますよね。

(閑話休題。目の不自由な人が、白い杖でわざとコツコツと音を立てているのは、「自分の存在に気付いてほしい」という意味合いもあるそうです。特に最近は歩きスマホなどで前を見ていない人がいるので。閑話休題終わり)

歩く目安をふさがれてしまうと危険だというのは、私も同意見です。

お礼日時:2017/06/14 22:47

なぜ、「塞いでいい」「塞いじゃダメ」って黒か白かの話にしかならなく、「臨機応変」って話に着地しないんだろうね



視覚障害者の方のためのものだから彼らが安心して利用できるよう、できる限り塞がないよう配慮するのは当然だが、不測の事態でどうしても塞がざるを得ない状況は致し方ないので、そこを責めても意味ないでしょ

点字ブロックが塞がれていることがあまりにも多いために視覚障害者の方が迷惑を被っているようなら、点字ブロックの重要性を声をあげてアピールする必要があるし、もしくは点字ブロックの代わりになる方法を検討してもいいかも
でも、そういう前向きな話は出てこなく、ただの主張のぶつかり合いって議論として全然意味ないと思う
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
おっしゃる通り止揚は必要でしょうね。

(私の意見)
確かに不測の事態では塞がざるを得ない状況が出てくることはあると思います。
その点はNo.3さんへのお礼に「それに狭い舗道の点字ブロックなど、塞がずにいられることが難しいのも現実です。」と書いた通りです。

点字ブロックの重要性をアピールするという事では、今回の国交省の掲出したポスターも異議のあるものかと思います。

おっしゃる通り「『塞いでいい』『塞いじゃダメ』」の二つの意見ではなく、「臨機応変」ということは重要かと存じます。

大元になった話題だけに限って言えば、「『歩く権利もある、デモをする権利もある』だから塞いでもいい」と言う極論もありました。
と、頂いた回答に反対でも賛成でもないのでグダグダなお礼となりました。ご容赦ください。
「容赦しない」と言われたら謝るしかありませんが^^;

お礼日時:2017/06/14 22:39

なんとまあ…些末な知事さんがいたもんです。


この方、全然「公共」の意味を知らないんだな。
まるで笑い話。

さて本題。
どうでもいいような人のことはどうでもいいや。

>障害者が来たらゆずればいいから点字ブロックの上は自由に使っていい

点字ブロックにはそれぞれ「意味」があるのは、お分かりかと思います。
このように
http://nichimou.org/impaired-vision/barrier-free …
仕組みはいたってシンプルなものです。

ですが、特に全盲の方の場合、いうなれば「これ」に命をかけているわけです。
下手をすればそのまま交差点内に侵入してしまったり、駅のホームから転落するという可能性だってあります。

一方、健眼者(目に障害がほぼ無い方)の方は、この単純な仕組みのブロックのことを「ほぼ理解していない」はずなのです。
点字ブロックの多くは、交差点の歩道上で見かけると思いますが、敷設されている「位置」は、歩道の端の方であり、そこはちょうど、健眼者の方の「信号待ち」のスペースと重複しております。
現実問題として「点字ブロックを塞がないで立っていること」は、非常に難しいです。
歩道の幅などの問題や、自転車やベビーカー、車いすだって視覚障害者には「脅威」なのですが、それらの存在が果たして「譲り合って」視覚障害の方の通行に全面協力などしてくれるのでしょうか?。
これは大いに疑問です。

正確な知識も持たない方が、いきなり「そこは塞がないでください」と言われても、狼狽するばかりだと思います。
まず、知識ありき、啓蒙ありきのはずですが、当の政治家さん方が、そういった行動を積極的にやろうというアクションを、残念ながら私は一度も見たことがない。
無から有は作り出せないのですけどね…そんなこともわからんのか?と。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
非常に読み応えのある回答でした。

ひとつだけ反論すると「どうでもいいような人」がどうでも良くない地位にいることが問題だと思います。

おっしゃる通り、目に障害のない人は点字ブロックの仕組みをほぼ理解していないのが現実です。
それに狭い舗道の点字ブロックなど、塞がずにいられることが難しいのも現実です。

なので、知識と啓蒙が先立つべきという意見に、私は大いに賛成します。

だからこそ、行政のトップに立つ人がきちんとした知識を待たなくてはいけないのですね。

お礼日時:2017/06/14 21:45

正直、普段あまり意識していませんでした。

ただ、ボコボコするので、おのずと避けてはいたと思います。
でも、指摘されてみれば、視覚障害者の方は、デモ活動をしている所に、近寄りさえできなくなってしまうと思うので、普段歩いている点状ブロックが利用できなくて、不便でしょうね。健常者であれば、簡単に別のルートを利用すれば済む話ですが、視覚障害者の方はそのような自由な選択肢も無いので。
というわけで、一応反対派ということになりますね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
まず、少し上から目線のお礼申し訳ありません。
指摘されて気づくのはいいことだと思います。
haijiさんの通勤しているところは、東京でも人が多いところですのでどうぞ点字ブロック上の通路を譲ってあげてください。

haijiさん、他人を考慮できる優しい人ですね^^

お礼日時:2017/06/14 21:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング