F行列の問題についてですが、写真の問題3にあるよう、図2のF行列を問題1のF行列を合成して求めるというのをは、問題1の答えの行列を、問題2の行列の答えにかける、つまり縦続接続したものを解けばいいのですか?

「F行列の問題についてですが、写真の問題3」の質問画像

A 回答 (1件)

そうです。

Fはそのように使うために定義された2端子対パラメータです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうこざいます。

お礼日時:2017/07/16 22:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校の数学の複素数平面って存在価値あるのですか? 別に習わなくても良くね?

高校の数学の複素数平面って存在価値あるのですか?
別に習わなくても良くね?

Aベストアンサー

複素数平面以外は、存在価値を見て解ているのですか?

三角関数、指数関数、対数なんかも同じでしょ。
ましてや、微分、積分なんて、いつ使う?

何にもしないあなたには、宝の持ちぐされです。

Q数学の変形について質問です。 画像の矢印の変形が何度やってもうまくいきません。 どなたかわかる方、途

数学の変形について質問です。

画像の矢印の変形が何度やってもうまくいきません。
どなたかわかる方、途中式書いて教えていただけませんか?

jは虚数単位でiと同じです。
√(-1)=j=i


【補足1】逆三角関数
tanθ=x のとき、θ=tan^(-1)(x)

【補足2】オイラーの公式
e^(jθ)=cosθ+jsinθ

Aベストアンサー

>で解答と合わなくないですか
確かに。質問のθの式は誤りですね。
ω0= 1 とかで検算すれば、符号が逆であることは
明らかです。

Q複素数

高校数学の複素数の意味が全く分からないです。

これが分からないと何も問題が解けないというかしっかりできていないので何なのか是非教えてください。

Aベストアンサー

実数が数直線上にあるとすれば数直線からはみ出したところにある数を実数に対して虚数と言います。

虚数は数直線外にあるというだけですからその概念は考え方によって複数考えられますが、高校の数学では複素平面上に存在している複素数だけを取り扱います。

ある実数に-1をかけると、原点を中心に180° 回転した位置にある数になりますが、これを90° 回転させる数があると想定すると数直線からはみ出して複素平面上で原点の真上に位置する数を指します。このような数を虚数単位と呼び、数学では "i" で表します。(物理学では "i" は電流を表すため、虚数単位は "j" で表す約束になっています。)

ならば、60° 回転させるには? と考えると図形を描いてみれば解りますね。(1+i√3)/2 をかければよいということになります。

こんな風に図形として捉えることができれば何とかなると思います。

Qlim[θ→0]θ/tanθ=1の証明が分かりません。 回答の程宜しくお願い致します。

lim[θ→0]θ/tanθ=1の証明が分かりません。
回答の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いろいろな考え方で、解いてみます。(ちょっと無理があるかも?)
 基礎知識は ・中間値の定理
       ・tanΘが連続で(tanΘ)'=1/(CosΘ)^2 となること。かな。

 lim[θ→0]θ/tanθ において、θ→0の状態でΘ≠0だから分母分子をΘで割って
 lim[θ→0]θ/tanθ=lim[θ→0]1/(tanθ/Θ) の繁分数にすると分子は常に1だから分母の(tanΘ)/Θ に注目して
 分母: lim[θ→0]tanθ/Θ を解くf(Θ)=tanΘとする。f(Θ)は連続で0近傍で微分可能
   中間値の定理より
          (f(Θ)-f(0))/(Θ-0) とすれば(f(Θ)-f(0))/(Θ-0)=f'(α)となるαが存在する。(ただし0<α<Θ)
この状態でθ→0とするからα→0となるのでlim[θ→0]tanθ/Θ=lim[θ→0](f(Θ)-f(0))/(Θ-0)
            =lim[θ→0]f'(α)=lim[α→0]f'(α)=lim[α→0]{1/(Cosα)^2}=1
よって分母も1だからlim[θ→0]θ/tanθ=1が言える。

いろいろな考え方で、解いてみます。(ちょっと無理があるかも?)
 基礎知識は ・中間値の定理
       ・tanΘが連続で(tanΘ)'=1/(CosΘ)^2 となること。かな。

 lim[θ→0]θ/tanθ において、θ→0の状態でΘ≠0だから分母分子をΘで割って
 lim[θ→0]θ/tanθ=lim[θ→0]1/(tanθ/Θ) の繁分数にすると分子は常に1だから分母の(tanΘ)/Θ に注目して
 分母: lim[θ→0]tanθ/Θ を解くf(Θ)=tanΘとする。f(Θ)は連続で0近傍で微分可能
   中間値の定理より
          (f(Θ)-f(0))/(Θ-0) とすれば(f(Θ)-f(0...続きを読む

Q微分の問題

以下の問題ですが、解法が分からず、解説もなく、周りに質問できる人もいないので、解説を教えていただけませんか?

問、次の関数を微分せよ

cos(-x^2)

Aベストアンサー

合成関数の微分ですね。
yをxで微分した結果をdy/dxと書きます
一般に
y=f(t),t=g(x)があるとき
dy/dx=(dy/dt)・(dt/dx)となります。
証明できますが、上級者向けかもしれませんので割愛します。
今回の問題では
y=cost,t=-x^2となります。
よって
y'
=dy/dx
=(dy/dt)・(dt/dx)
=-sint・(-2x)
=2xsin(-x^2)
(t=-x^2を代入した。)
となります。
最初は慣れないと思いますが頑張ってくださいね。

Q‘’例‘’として下の写真のようにできますが、 複素数(実数、虚数)でできることは文字や括弧の中が複素

‘’例‘’として下の写真のようにできますが、
複素数(実数、虚数)でできることは文字や括弧の中が複素数であれば、文字や括弧でも同様にできるとすべてに対して言えますか?

Aベストアンサー

> 複素数(実数、虚数)でできること
これの意味するところ次第でしょう。
文字に任意の複素数を割り当てて成り立つなら、文字式のままでも成立しています。
というかそれが文字式の解釈ですよね。
一部の複素数でだけ成り立つ式は文字式としては成り立ちません。
# √(a^2)=(√a)^2 など
# aを非負実数とか制限すれば成立しますが、任意の複素数では不成立

なお画像にあるようなマイナス記号を分数から分子に移動するような式変形は、通常は成り立ちますね。3つめの式でn-1に括弧を付けたように適当な括弧付けは必要ですけど。

Q誰かこの数学の問題、わかる方いらっしゃいませんか…? 全く理解出来なくて…((

誰かこの数学の問題、わかる方いらっしゃいませんか…?
全く理解出来なくて…((

Aベストアンサー

(1) x-3y=4
(2) a-3b=5
(3) x-y=-4
(4) 3000-7a=-b

Q数学のηってどういう時に使う記号ですか? θは角度ですよね? ηはどういう意味合いが含まれていますか

数学のηってどういう時に使う記号ですか?

θは角度ですよね?

ηはどういう意味合いが含まれていますか?

Aベストアンサー

ギリシャ文字のイータ η ですね? ローマ字のアルファベットでいえば「h」です。

物理学では「粘性係数」とか「エネルギー効率」などに使われます。

単なる「アルファベットの文字」ですから、特に意味はありません。


>θは角度ですよね?

角度に使うことが多いですが、「角度を表わす」というわけではありません。

Qラングランジュの未定乗数は条件なしの場合にも使えるのでしょうか?

ラングランジュの未定乗数は条件なしの場合にも使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

制約条件なしの最適化問題を、無理やり制約条件ありの問題に変換してラグランジェ法を使って解くとうまくいく、みたいな手法もあります。
たとえば、最近、大規模な機械学習(回帰)なんかでは、交互方向乗数法(alternating direction method of multipliers)なんていうアルゴリズムが流行していたります。

Q画像の数理解析の問題が解けないので途中式をつけて教えてください。お願いします。

画像の数理解析の問題が解けないので途中式をつけて教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

とりあえず(1)と(2)のラプラス逆変換の方法は示しましたので、収束領域は自分で求めてください。

(3)も同様にできるはずです。ヒントですが、

s^2+s+4=(s^2+2s+1)-(s+1)+4=(s+1)^2-(s+1)+4と分子を変形してください。

するとうまく分数を変換できます。

http://brain.cc.kogakuin.ac.jp/~kanamaru/lecture/difeq/difeq11-ans.pdf

そして、この資料を見ながら自分で逆ラプラス変換をして、収束領域を求めてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング