芥川龍之介の鼻と羅生門との共通点は何だと思いますか??また、そこから羅生門のテーマは明らかにできますか??
教えてください。(できればなるべく細かく)
お願いします

A 回答 (3件)

下記のHPの羅生門読解はおもしろいですよ。



全然、国文の勉強もしていない人間の個人的な感じなんですが、
芥川の王朝ものの中には(他のもそうかもしれないけど)、
美しいものの滅びを美しく描く、(地獄変の絵師の娘とかも…)
醜い、とか、つまらないものは延々喘ぎつつも生きなくてはならない、
といった感じの(そのへんはちょっと手塚治虫と通うものがあるかも)
共通項を感じています。
(下記のページもそういうことにふれているので、独断じゃなかったと
ちょっとうれしかったりします)

ぜんちないぐは鼻というまぁ、カリカチュア的な醜さ、
羅生門の兄弟(特に兄)は、愛憎や、めちゃくちゃな関係、
悪行の醜さ、あの子供を産む妹?は外見の醜さを抱えてるじゃないですか。
そういう人は生き延びて、そのみにくさをしょい続けるんですよね。

うまくいえないのですが、そういう感じで。

参考URL:http://www.kyu-teikyo.ac.jp/~nakai/r3int.htm
    • good
    • 0

鼻が小さくなったことで禅智内供は幸せになりましたか?


なれなかったとしたら、それはなぜですか?

下人が鼻のにきびを気にしなくなったのはいつですか?
老婆の話を自分に都合よく解釈したことで、下人は幸せになれたと思いますか?
    • good
    • 0

「羅生門」の下人、「鼻」の禅智内供。


この二人がいつも気にしていること、そして抱えている葛藤(かっとう)。
この二点に着目しながら、両作を再読してみてください。
きっとヒントがつかめるはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えていただきありがとうございます。しかしやはり共通点がよくわからないのでこの際はっきりおしえていただきたいのですが。ほんとうにほんとうにおねがいします

お礼日時:2001/07/04 21:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング