人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

テニスにお金が掛けられなく、7~8千円(新品)のラケットを使っています。(月に2~3回)

ラケットショップには、2万円以上3万円位のラケットがありますが、重さ以外、実際上何が違い、どんな性能上の利点があるのでしょう。

”気に入ったラケットなら、値段なんか気にしないで”というような観念的な意見より、何か具体的、体験的な例が聞ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お金 重さ」に関するQ&A: お金の重さの問題

A 回答 (8件)

もし、安くて良いラケットを探しているのなら、



旧モデルのラケットなら、3万円以上のものが1万円で買えます。
私の経験では、そのようなラケットを扱っている店とそうでない店に分かれているようです。
ですから、そのような店を探さなければ手に入りません。

で、常識的に考えて旧モデルの性能が悪いかというと、そんな違いはまったく気にならないでしょう。
そうでなかったら皆新型が出るたびに買い換えなくてはいけなくなります。

あと、経験上どうやら人のほうがラケットに合わせたスイングに変えるようですね。
子供の2千円のラケットでも、最新の3万円のラケットでもうまく打てました。
無意識のうちに打ち方を変えてるようですね。

うまい人ほど、どんなラケットでもうまく打てるし、一方微妙な違いも気にするのでしょうね。

私もとりあえず、20年前のラケットを使ってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。

”上手な人は、ラケットの特性に合わせてプレィできる。僕等は、プロが箒でやっても勝てない。”

・・・合わせられても、あわす必要が無いラケットが、自分にあったラケット、というのが理屈なりませんか?

お礼日時:2004/09/10 08:48

はじめまして。


さて、ご質問の件ですが、貴方は何種類のラケットを使った(ボールを打った)ことがありますか?
高額なラケットは、材質、製法などの違いが確かにあります。またラケットの重心、重さ、フレームの硬さ なども様々です。しかし、それらの違いがすべてのプレーヤーに利点になるとは限りません。トッププロでも同じフォームで打つプレーヤーなど一人もいませんね。
また、同じラケットでも、チューンナップ(重りをつける など)するとまったく違ったフィーリングになります。

テニスショップではモニター用ラケットがありますので、ご自分でいろいろな種類、価格のラケットを打ってみられるのが一番だと思います。
ラケット選びはとても難しいです。がんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼のレスポンス遅れてすみませんでした。

実はテニス歴は、20年くらいあり、購入したラケットの数も覚えきれないほどです。

折角買っても気に入らなかったり、気に入って使っていても、加齢とともに重く感じたり・・・。

ラケット選びは難しいという結論に賛同する次第です。

お礼日時:2004/09/20 11:29

テニスを始めて最初に買ったラケットは5千円ぐらいで、その次に買ったラケットは3万円ぐらいでした。

安いラケットを高いラケットと比べると、利点は安い以外に何もないですね。高いラケットの利点を下記します。

1.バランスが良い。(バランスの良さが分かるまでの技術を身に付けていなければ、分からないことですが。)
2.反発力(求める反発力を持ったラケットがある。)
3.スピンの掛け易さ(求めるスピンの掛け易さを持ったラケットがある。)
4.振動吸収(振動のあまりないラケットもある。)
5.コントロール(求めるコントロール性を持ったラケットがある。)
6.重さを選べる。

つまり、テニス歴が長くなると自分の理想とするラケット(自分のテニススタイルにあったラケット)が欲しくなり、そのラケットを探すと必然的に高いラケットとなります。自分のテニススタイルでラケットは変わります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に判りやすいご意見ありがとうございました。

高いラケットはいい。ただ、何がいいのかというのが本来の疑問でしたが、わかりました。

自分がどんなテニスをしたいか?今どんなレベルなのか?どのラケットが自分にあうのか?ガットは何を何ポンドで張ればよいのか?

悩めばきりがありません。

お礼日時:2004/09/10 08:55

初めまして、スコンチョと申します。

(^_^)

高いラケットと、やすいラケットで何が違うか。いろいろ
と違うんですこれが。(^_^;)

まずメーカーは高いラケットを売りたいです。当然ですね。
そのために、その年の主力商品は以下のような戦略・戦術
で売られていきます。

・トッププロが使う(契約金がかかる)
・各種媒体に露出する(広告・取材・イベント等)
・新しい技術や素材を使う(そのため開発費がかかる)

よって、いやがおうにも高いラケットは高くなります。
これは車と同じですね。

しかし、高いラケットだけでは初心者の人や、道具にお金
をかけない人たちに食い込めないので、メーカーはいろ
んな価格帯のラケットを発売することとなります。(一
部には、選択肢を与えることによる販促効果もあり)

結果、その年のラインナップの中で高い安いは、価格差
ほどの性能差はないのです。多くの場合は高いラケットは
上級者用と謳われて、硬いラケットなのが一般的です。
だから初中級でも硬いのが好きな人は、高いラケットと
なっちゃいます。(^_^;)

ただし、型落ち(古いラケットの値崩れ)との性能差は
好みの差程度で、どちらかにアドバンテージがあるわけ
ではないですね。ですから、これと同じラケットがもう
無いと言って、ずっと同じのを使う人もいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。

型落ちをさがしたり、ヤフオクも見たりしてみたいとおもいます。

お礼日時:2004/09/15 15:16

安物買いの銭失いという言葉がありますね。


私も過去に何度か苦い経験をしました。ダイクマで出る放出品
ですが....
定価3万以上のラケットが確か7千円前後で買ったのですが、
使っているとよくガットが切れるのです。本来切れない事が
私の信念?が崩れ去りました。原因はラケットの欠陥でした。
あとは、定番ラケットのパクリ版というのも買ってみましたが
やはり本家とは違うのです。似て非なるものですね。
一言でバランスが悪い(スイングウェイトが合わない)

観念的なお答えになってしまいますが....本格的にテニス
を追求するなら下記のようになります。

私自身、ここ十年間は堅実にプリンスグラファイトから
ヘッドのラジカルと落ち着いております。
結局、自分のスタイルに合ったラケットを選ぶのが無難ですね。
そのラケットが型落ちで安かったらラッキーですね。
安いというのはそれなりの訳があると思います。それについては
専門家ではないので確かな事は言えませんが、憶測はつくと思い
ます。
それらの事を知った上で自分が気にいったのでラケットであれば
良いのではないでしょうか。
しかしながら、明らかに三流メーカーのラケットであればお勧め
はしません。もともと安物の作りなのです。
一流メーカーでも安物向け?ラケットはありますが...

私の知り合いに20年前以上のラケットをプロケネックスを
いまだに愛用しているのです。
エッジが結構磨り減っており、見た目には大丈夫かなと思う
のですが、その人いわく”自分には使い易い”らしいのです。
バランスが良いので振り易くコントロールしやすいみたいです。
他にも何本か持っているのですが、つくづくラケットより
技術の方が大事だな感心させられます。

ボールを飛ばすコントロールするのはラケットとガットとの相性
もありますのでその辺りのバランスも考えてください。

  話しはそれますが
私もラケットはあまり詳しくないのですが、薄いラケットほど
硬い反面しなりもあり、ボールが飛びにくくなります。
(ウィルソンのプロスッタフ、ダンロップG200)主にプロや
トーナメントプレーヤーが使用しいます。自分の力でボールを
打てるのと、ボールをホールドしやすので微妙なコントロールが
可能という理由です。
一方、厚いラケットで26ミリ以上なるとしなりにくくなり、
ラケットの硬さによる反発力で当てるだけでボールを飛ぶ易く
なるので初心者や非力の方、中年以降の女性プレーヤーの定番
ラケットと理解していたのですが
どうだったのでしょうね...
もちろんガットのテンションも考慮しての話しですが
(緩い=飛ぶ、強い=飛ばない)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご返事ありがとうございました。

テニスのコーチの打つのを見て気が付いたことは、コンタクトの瞬間、必ず自分からボールを打ちに行っているということでした。

その打ち方が出来て初めて、ラケット云々すべきかなと思うきょうこの頃です。

お礼日時:2004/09/07 20:51

質問内容からして、1万円以下のラケットで充分でしょう(回数が月に数回なら、高いのは必要ないです)。


 
高く成り、薄いラケットだとコントロールは<凄く>良くなります。
実際、上級の下程度の私でも、グランドストロークで1メートルの円の中にまとめられるほどです。
その代わり、肘にビンビン来ますから普段は使い続けられません。

かなり全身の筋肉や腱を鍛え、骨格もしっかりしているのでなければ、薄く高価なのは使いきれません。
上記のは捻れが0に感じられます。

厚ラケはフォームが狂うから使ったことがありません。

で、値段より、厚さや硬さとガットの種類やバランスなどを実際に打って試して見て使うのが一番です。
其の時々のレベルや体力などにより、変わってきます。
同じメーカーの同じ型番でも年によりかなり性格が違います。

又、あまり替えると、慣れるのに数ヶ月かかるので(週に4回程度で)、気に入ったのがあったら、二本程度買っておくことが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。

計ったことはありませんが、小生も今のラケットで、誤差1メートル以内にボールを打ち返せるだろうと思っています。ただ、ボールのスピードでしょうね。実力は。

確かに色々考えるより、試打してみるのが一番だろうと思いました。

お礼日時:2004/09/07 20:40

 基本的にラケットはしなり(ラケットがボールにおされて曲がること)や反発に関係してきます。

一般的に安いラケットはしなりが大きいので、ボールを打ってラケットがまがり、それが復元するまでに時間がかかります。したがってコントロールがしにくくなります。

 こういうことから、上級者は安いラケットはコントロールしにくいので使いません。でも大きくしなるので、力の弱い人でも強いタマを打ちやすいことから、一般的に非力の人にはしなるラケットがいいとされています。

 値段ほどの違いがあるかは分かりませんが、月2-3回と結構やられているみたいなので、選択肢の中に入れてもいいかも。(あくまでも打球感は個人の好みなので、とりあえず試し打ちができればいいですね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。

”しなり”というのは考えてみませんでした。しなりの少ない、強い材料を使う。その材料が高価であるという解釈でよいのでしょか?

また、反発の大部分はガットが吸収するとのじゃないかな~?

・・・考えると夜も眠れなくなっちゃう。(古い?)

お礼日時:2004/09/07 08:59

値段が良い方が初心者にも楽しく出来て、長続きするそうです。



僕も、あなたと同じように思っていましたが、そうではないようです。

参考URL:http://www.bs-tennis.com/tmk/text/13.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトの紹介ありがとうございました。参考になりました。

(売る側の姿勢として参考になりました。)

お礼日時:2004/09/07 08:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q硬式テニスのラケット、何が違うのですか?

テニス初心者です。教えて下さい。

硬式テニスのラケットで、多く売られていて使われているのが
20,000円~25,000円ぐらいの品かなと思うのですが、
その価格帯のラケットと5000円くらい(またはそれ以下)で売られているラケットでは
どこが違うのでしょうか?

スポーツ店では、一流メーカーのものでも安価な品があったと思うのですが、
振ってみても違いがよく分かりませんでした。
ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

安いやつは、素材にいいかげんなものを使っているので、剛性不足で捻じれてしまってノーコンになる。
あなたがいくらがんばっても、ラケットがいろんな方向にボールを弾いてしまうと考えていいでしょう。

製造方法にも値段が反映されます。
中空にすると安く作れるようです。
しかし、打球感が伝わりにくく扱いにくいラケットになったり、中空のため軽すぎて球の勢いにラケットが負けるということもあります。

そこそこの値段のラケットは素材・製造方法ともそれらの諸問題を解決するように作られているため、上達の障害になるようなことにはなっていないと思います。

4万円とかの高いラケットは最新の素材とか、新しいコンセプトのアイデア料とかが含まれています。斬新なものが欲しいとか、合うラケットがない人にはいいのかもしれませんが、割高感は否めない。

Q初心者(女性)ラケット購入で迷っています

テニスを始めて、まだ3ヶ月程度の初心者です。
今は、スクールで週2ほどテニスを習っています。(元々週1でしたが、あまりに楽しいので週2に増やしました。)

今はスクールの試打用レンタルラケットを使用していますが、そろそろ購入した方が良いのかな?と思っています。
(ちょうどスクールのラケット販売割引月間になったので、いいタイミングなのかと・・・)

色々見て、wilsonの「CORAL WAVE BLX 105」と「TIDAL FORCE PINK」で迷っていました。
(単純に、見た目だけの選択でピンク色がいいなと思っていたので。)
TIDAL FORCE PINKにしようと決めた矢先、ヨネックスの「EZONE Ai 108」もいいよ。と薦められて、頭がグルグルしています。

言われているのは、TIDAL FORCEは軽くて初心者用。最初は使いやすいが上達していくにつれ、物足りなくなるかも。
EZONEは、初中級用。最初は、ちょっと重いかもしれないけど、テニスに慣れ始めたら使いやすくなるかも・・・。
そんな感じで言われました。

正直今は、試打用ラケットを借りても、どれを使っても違いなんて分かりません。
(毎回違うのを使っていると思います。)

走り回るのは大好きですが、腕力はありません。
初心者だからなのか、腕力がないからなのか、ラケットを振ってもスイングにスピードはないと思います。
チャンスボール(?)とかで叩くようにボールを打っても、バシッというような球ではなく、ヘロヘロ・・・くらいにしかなっていません。

このような状態でどんなラケットを選べばいいのか、もし分かる方がいたら教えて下さい。
単純に見た目だけなら、TIDALの方が白とピンクで可愛い気がしますが、しばらくして物足りなく感じるようなら・・・と不安です。
(ラケットを物足りなく感じる・・・という感覚も今は全くわかりませんが。)

テニスを始めて、まだ3ヶ月程度の初心者です。
今は、スクールで週2ほどテニスを習っています。(元々週1でしたが、あまりに楽しいので週2に増やしました。)

今はスクールの試打用レンタルラケットを使用していますが、そろそろ購入した方が良いのかな?と思っています。
(ちょうどスクールのラケット販売割引月間になったので、いいタイミングなのかと・・・)

色々見て、wilsonの「CORAL WAVE BLX 105」と「TIDAL FORCE PINK」で迷っていました。
(単純に、見た目だけの選択でピンク色がいいなと思って...続きを読む

Aベストアンサー

「TIDAL FORCE PINK」で決まりですね。

「試打用ラケットを借りても、どれを使っても違いなんて分かりません」ということは、あなたのテニスレベルでは、スクールにある試打用ラケットの違いが感じ取れないと言うことですから。

これって、当然のことです。

毎年、色々なメーカーから新製品が発売されますが、上級者用は、使う人のテニススタイルに合わせる形になっていますから、ラケット毎の違いが明確ですが、初級者モデルであれば、「どれをとっても同じ」と言えるでしょう。

とすれば、自分の気に入ったラケットでOKです。

問題なのは、ストリングス(ガット)の種類とテンション(張りの強さ)です。

ストリングスは大きく3種類に分けられます。
(1)モノタイプ
 太い繊維1本のストリングスでできています。
 シッカリした打球感です。
(2)マルチタイプ
 細い繊維を編んで1本のストリングスにしています。
 柔らかい打球感です。
 テニスエルボーにはなりにくいストリングスです。
(3)混合タイプ
 中心がモノタイプでその周囲がマルチタイプというものです。
 モノとマルチのバランスによりますが、両方の良さを取り入れています。

(1)モノタイプはフラット系(回転をあまりかけない)のショットに向きます。
(2)マルチタイプはスピン系(回転をかける)のショットが打ちやすくなります。

テンションは重要です。
硬く張ると、ボールは飛びませんから、その分腕の力が必要になります。
柔らかく張ると、ストリングス自体がたわんでボールをはじき返してくれますから、ボールは飛びます。
トランポリンと同じですね。

「腕力はない」「スイングスピードがない」ということからすると、マルチタイプのストリングスで、やや柔らかめのテンションがお勧めですね。

ちなみに、「チャンスボール(?)とかで叩くようにボールを打っても、バシッというような球ではなく、ヘロヘロ・・・くらいにしかなっていません。」は、腕力の問題ではなくて、そのようなショットを打つときの打ち方が身についていないだけです。
変な打ち方で、力だけを入れる打ち方をしているとヒジや手首などを痛めますよ。

大丈夫です。
力のない小学生でもバシッと打つことができるようになるのですから。
正しいフォームが身についてしまえばビシバシ打てるようになります。



寒い季節になりました。
ウオームアップとクールダウンを意識して、ケガのないよう気をつけてがんばってください。

「TIDAL FORCE PINK」で決まりですね。

「試打用ラケットを借りても、どれを使っても違いなんて分かりません」ということは、あなたのテニスレベルでは、スクールにある試打用ラケットの違いが感じ取れないと言うことですから。

これって、当然のことです。

毎年、色々なメーカーから新製品が発売されますが、上級者用は、使う人のテニススタイルに合わせる形になっていますから、ラケット毎の違いが明確ですが、初級者モデルであれば、「どれをとっても同じ」と言えるでしょう。

とすれば、自分の気に入った...続きを読む

Q硬式テニスラケットのガット交換の目安

週1回テニススクールの初級クラスに通っているのですが、スクールでガットの張替えを3ヶ月ごとにするように勧められますが、本当のところ、どうなんでしょうか?中・上級者のようなラケットの使い方をしているわけではないし、屋内のスクールなので、3ヶ月で張替えとは、早過ぎるような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

結論から言いますと

 屋内で週1回の初級クラスであれば
最低でも年に1回は交換しましょう。出来れば半年に1回が
ベターでしょう。
こまめに張り替えても効果は感じられなく、無駄な投資です。

定期的に週2回とか屋外で半日以上プレイするようになれば
3ヶ月で張替えた方が良いでしょう。

   ちょっと理屈
(ガットの弾力低下や磨耗による傷み以外に張りかえる理由)

テニスが上達してくると、ガットの緩みによってプレイに支障
が出ます。 (スクールでは上級クラスかトーナメントクラス)

ガットは張り上げ後しばらくはボールの飛びが抑えられて
コート内にボールを入りますが、同じ打ち方でもガットが
緩んでくるとアウトし易くなります。
(つまりボールコントロールが難しくなります)
アウトしないようにするにはスイングで調節しなくては
いけません。

その為に
ボールを入れる為弱く打ったり、過度にスピンをかけるように
なり、本来持っている自分のパフォーマスが発揮できません。

 だから
上手な人ほど自分のスイングパワーにガットのテンションを
合わせる傾向が多くなり、トッププロは試合の6時間前と
ガット張りの時間を指定してストリンガーを泣かせるのです。

まだ初級レベルではガットのテンションに神経質になるより
テニスをやる機会を増やした方が良いですね。

結論から言いますと

 屋内で週1回の初級クラスであれば
最低でも年に1回は交換しましょう。出来れば半年に1回が
ベターでしょう。
こまめに張り替えても効果は感じられなく、無駄な投資です。

定期的に週2回とか屋外で半日以上プレイするようになれば
3ヶ月で張替えた方が良いでしょう。

   ちょっと理屈
(ガットの弾力低下や磨耗による傷み以外に張りかえる理由)

テニスが上達してくると、ガットの緩みによってプレイに支障
が出ます。 (スクールでは上級クラスかトーナメントクラス...続きを読む

Q古いテニスラケットは使える?

15年ほど前に使用していたテニスラケットが
その後使われないまま置いてあったものですが、
今また使うことに支障はありませんか?
ガットは硬くなってるので、張り替えようとは思いますが、それは可能で有効なのでしょうか?
初心者が使うのですが、練習に差しさわりがありますか?

Aベストアンサー

15年間ラケットも使われていないし、貴君もテニスをやっていない状況かと思いますが、

それなら遊び程度ならそのままでよいでしょうし、張替えは有効です。 使っていない予備ラケットでも半年から1年程度で張り替えています。

>今また使うことに支障はありませんか?
⇒ラケット自体は支障はありませんが、打ったときの感覚だけでなく、腕の保護なども考えると
スクールでも入るなら、すぐに買い換えることになると思いますよ。 
ラケットの進歩も早く、同じメーカーの同じシリーズでも打った感じは毎年違いまして(それだけ進歩している)、かなり打ち心地が違う場合が多いので、同じ感じのが出たときに買い換えていますが、それでも3年から5年に一回は買い換えています。

特に初心者だと上記様に腕・肘などへのダメージがたまりますので、テニス肘防止のためだけを考えても、新しいのを購入されることをお勧めします。

Q硬式テニスと軟式テニスの違い

新高1になる男です。
高校ではテニス部に入部したいと思っています。
高校には硬式と軟式があるのですが、なにしろ初挑戦なもので、両者の違いがいまいちよく分かりません。
そこで、両者の違いを比較していただけないでしょうか?
どんなささいなことでもかまいませんので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学で軟式をやって、大学で硬式をやりました。今は夜に仕事を終えてから硬式をやっています。 この春から娘が軟式を始めました。

 はじめにテニスとして日本に伝わったのは硬式です。しかし、当時はフェルトの毛の生えたボールは高級品で庶民の手の出るものではなかったようです。 そこで、ただのゴム鞠のようなボールで日本人がテニスをするように改良して軟式を始めたと聞いています。 また、固くて重い硬式のボールよりは軟式のボールが柔らかくて軽いために欧米に比べて体力のなかった日本人にも良いとされたようです。今では日本だけでなくアジア各国にも普及しているとか?
 さて、由来はともあれ、その差ですが、上記にあげた当時と現代は状況が違います。まず、ボール代ですが、軟式の「赤エム」は1こ400円程度ですが、硬式のダンロップフォートはへたすると2個で500円、ノンプレッシャーだと1個150円からありますので、ボール代だけだと軟式が高くなってしまいます。
 ラケットは新品も軟式で6000円~19000円くらい、硬式で5000円~32000円くらいなので、ランクを考えなければ同じと思って下さい。
 ラケットの重さは軟式のほうが230g程度、硬式は280g程度ですから(いろいろある)硬式のほうがやや重いです。だからと言って、体力がない方は軟式なんて図式は今の日本ではあてはまりません。 逆に硬式のほうが長さが短いジュニア用のラケットもあるのでお子様でも都合が良いですね。
 テニスコートの面積は同じですが、いわゆる軟式専用のコートにはシングルス用のラインはいらないので省略してあります。 ネットの高さは両端は同じですが、硬式はセンターベルトといって、中心部をやや下げて張ります。その分、打球がネットにかかりにくいのでスピードボールを打てますね。
 一番の違いはラケットの握り方でしょうか?軟式はウエスタングリップといって、ハエたたきのように持ち、フォアとバック(自分の右に来た玉も、左に来た玉も)同じ面で打ちますが、硬式はイースタングリップといって、ウエスタンとはほぼ90度の角度に持ち、フォアとバックでは打つ面を変えます(ラケットの裏表を使う)。
 ボールのバウンドは軟式のほうがスピンの掛かりがあるので左右のどちらに跳ねるのかトリッキーな要素が強く、硬式はバウンドしてから上に跳ねるか下に加速して滑るかをよみます。
 軟式はボールを思い切りひっぱたかないと飛びませんが、硬式はラケットの面に当てただけで相手に帰ります。
 軟式は雨がふるとボールが笑うくらいコントロールがきかず、硬式はフェルトが水をすって重くなります。
 ガット(弦)はほぼ合成ですが(硬式の一部はナチュラル)、軟式はおよそ20-30ポンド、硬式は45-65ポンドくらいのテンションで張ります。

 かな?

 自分がそうでしたが、軟式から硬式への転向はできますし、無駄ではないとも思います。しかし、現在高校であれば始めから硬式でよろしいかと。

中学で軟式をやって、大学で硬式をやりました。今は夜に仕事を終えてから硬式をやっています。 この春から娘が軟式を始めました。

 はじめにテニスとして日本に伝わったのは硬式です。しかし、当時はフェルトの毛の生えたボールは高級品で庶民の手の出るものではなかったようです。 そこで、ただのゴム鞠のようなボールで日本人がテニスをするように改良して軟式を始めたと聞いています。 また、固くて重い硬式のボールよりは軟式のボールが柔らかくて軽いために欧米に比べて体力のなかった日本人にも良い...続きを読む

Qレベルの低い人にはYONEXのラケットがおすすめですか?

こんばんは、お世話になります。

テニスをはじめたばかりの時、大型スポーツ店で試打ラケットを借りました。
店員さんに、初心者です…と話をしたところ、3本薦められて借りましたが
すべてYONEXのラケットでした。
3本つかってみてよくわかりませんでしたが、とりあえず一番良いかなと思ったものを買いました。

スクールに通って、クラスも少しずつ上がり、そこで友達になった方のPrinceのラケットを借りたところ、
すごく良い感じがしたのでPrinceのラケットを買いたいと思いました。

最初のラケットを買ったスポーツ店に行き、Princeの試打ラケットを借りたいと店員さんに話しました。
しかし、初中級ですと言ったところ、やはりYONEXのラケットばかり薦められました。
Princeの試打ラケットは上級者向けだと言われました。

やはりPrinceのラケットは上級になるまで諦めたほうがよいのでしょうか?
そして、YONEX以外にはレベルの低い人向けのラケットは無いのでしょうか?

アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなことは絶対ありません。
どのメーカーもできるだけ多くのユーザーに使われるようにまんべんなくラケットを作っています。
それにプリンスはたしか、グラファイトOSという比較的「楽」なラケットで名前を挙げましたし、そこまでシリアスなモデルは出していません。

逆にヨネックスの方がシリアスなラケットを出すことが多いです。

ではなぜ店員がヨネックスを強く勧めるのか?

実は店舗によってプッシュされるおすすめのメーカーが存在します。

なぜそこまでおすすめするかというと、そのお店にとってそのメーカーのラケットは「利益率」が高いという背景がある場合があります。

ですので、客のレベルやプレースタイルと相談…ではなく、上から「このメーカーを売れ!」と言われて販売に力を入れる店舗もあります。

ま、あくまで可能性なので参考程度にお願いします。

あと、自分がいいと思ったラケットを買って気持ちよくプレーしてください。

Qテニスラケットのグリップについて

テニス初心者です。
ラケットのグリップについて教えてください。

先日、新品のテニスラケットを初めて使いました。
DUNLOPのVC Feelというもので、グリップが真っ白だったのですが、一度使ったら汚れがついてしまい、気になっています。

今さらながら疑問に思ったのですが、そもそも、新品のラケットをそのまま使ったらいけなかったのでしょうか?

グリップテープというものがあるのは知っていましたが、買った時のグリップがダメになった時にはがして巻き替えるものかと思っていたのですが、もしかして、新しいグリップの上に巻いて使用するものだったのでしょうか?
そうだとすると、グリップがちょっと太くなってしまい、打ちにくくなる気もしますが。

ちなみに、今のグリップの感触は、手のひらにぴったり吸いつくように馴染んで、滑りにくく、太さもちょうどいい感じです。
なので、汚れさえ気にしなければ、あえてテープを巻く必要もない気がしますが、本来は、どうすべきものだったのでしょうか?

超初心者の質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ラケットのグリップテープには2種類あります。
買った時に巻いてあるテープ=リプレースメントグリップテープ
リプレースメントグリップの上から巻く、使い捨てのテープ=オーバーグリップテープ

もちろん買ったまま使って構いません。
本来そういうものです。
しかし質問主様の言うとおり結構すぐ汚れてしまいます。
新しいものに巻き直せば済むのですが、リプレースメントグリップは高級品(1,500~2,000円)なので頻繁に交換できません。
そこでオーバーグリップを上から巻くのです。
オーバーグリップは安い(150円~300円)ので汚れても気軽に使い捨てできます。

オーバーグリップを巻くと当然すこし太くなります。
が、実際のところグリップは太めのほうがストロークが安定します。(特に初心者)
また手に伝わる衝撃をすこし緩和してくれます。
カラフルなものを巻けばラケットのイメージががらりと変わります。

もし新品のラケットにオーバーグリップを巻いていたとしても、リプレースメントグリップは粘着テープの跡などが残り、どうせ汚れてゆきます。
気にする必要はありません。

Qテニスラケットのグリップがボロボロに・・・修理はどうしたらいいの?

今晩は!
今週末、10年ぶりにテニスをやることになりました!(^^)
とっても楽しみなんですが、10年前にアメリカで買ったテニスラケットを探し出して握ってみたら、なんとグリップの部分がボロボロになってしまいました。

グリップの部分の修理って、みなさんどのようにしているのでしょうか?何か専用のテープとかがあるのでしょうか?お値段などなど色々教えてください!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

グリップがボロボロというのが良くわかりませんが、多分レザーグリップが経年劣化した症状かもしれません。

ここで注意していただきたいのが、グリップテープと言っても、もともと巻いてあるグリップテープの上に巻く吸汗式(ポリウレタン製や布製)の数百円で購入できるタイプと、フレームに直に巻く主に皮製(最近はポリウレタンの物も多いです)の千円強で購入できる物とがあるということです。これらの違いは主にテープの厚さにあります。前者は0.6mm程度で後者は1.5mmくらいあります。PinkyMadamさんの場合はフレームに直に巻く後者のテープだと思いますから注意してください。

交換の仕方は、まずボロボロになった古いテープを剥ぎ取って、残った接着剤などもできるだけきれいに取り除いてください。次に新しいテープですが、たいてい裏側には接着テープが付いていますので、グリップエンドから斜めにずらしながら巻いていきましょう。多分テープは長めだと思いますので、グリップの上端まで巻き終えたら余ったテープを切り落としてください。最後にその上端部分に付属の化粧テープを巻いてやれば終了です。ここでの注意点はテープの重ね合わせの幅です。これはテープの幅方向の両脇が薄くなっていますので、その部分を重ねてやれば良いでしょう。

それよりPinkyMadamさん、10年ぶりのテニスとのこと。ウォーミングアップとクールダウンは十分にしてくださいね!

グリップがボロボロというのが良くわかりませんが、多分レザーグリップが経年劣化した症状かもしれません。

ここで注意していただきたいのが、グリップテープと言っても、もともと巻いてあるグリップテープの上に巻く吸汗式(ポリウレタン製や布製)の数百円で購入できるタイプと、フレームに直に巻く主に皮製(最近はポリウレタンの物も多いです)の千円強で購入できる物とがあるということです。これらの違いは主にテープの厚さにあります。前者は0.6mm程度で後者は1.5mmくらいあります。PinkyMadamさんの場...続きを読む

Q練習用-ゴム紐付きテニスボール

テニスの練習用にゴム紐付きのテニスボール(打ったら戻ってくる)を購入しました。
当然、対人に近い練習ができると思い購入をしました。
しかし実際にはボールを打った後「伸びきったゴムの縮む勢いで戻るボールが加速する」、「ゴム紐が地面に擦れて戻るボールが突然減速する」等、全然まともな練習になりません。
この、ゴム紐付きのテニスボールは、本当に意味のある練習用具なのでしょうか?常に真正面に打ち返していれば、それで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>この、ゴム紐付きのテニスボールは、本当に意味のあ
>>る練習用具なのでしょうか?

昔はよくやりました。ゴムが切れるまで続けたり・・・

さて、本題ですが、結論から書くと以下のような効果は
期待できます。

・ラケットを早く引く(これをセットといいます)

細かくいえばボールを見るだの、インパクト時に体重移
動するだのありますが、あまりに実際のテニスと動作・
タイミングが違いますので、期待しない方がよいかと思
います。

逆にこういった点が困ったところです。

・実際のプレーよりもかなり上の角度に打ち出さないと
 きちんと返ってこない

・ボールが堅い上、ゴムひもでバウンドや回転が変になる

・打った後、ボールがどのように飛んでいったか確認の
 しようがない

ということで、あくまでもテニスっぽい筋力トレーニン
グができる「おもちゃ」ととらえた方がよいと思いま
す。やっていて楽しければお続けになられたら如何かと
思いますが、過度の期待は・・・(^_^;)

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>この、ゴム紐付きのテニスボールは、本当に意味のあ
>>る練習用具なのでしょうか?

昔はよくやりました。ゴムが切れるまで続けたり・・・

さて、本題ですが、結論から書くと以下のような効果は
期待できます。

・ラケットを早く引く(これをセットといいます)

細かくいえばボールを見るだの、インパクト時に体重移
動するだのありますが、あまりに実際のテニスと動作・
タイミングが違いますので、期待しない方がよいかと思
います。

逆にこう...続きを読む


人気Q&Aランキング