12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

こんにちは、
アメリカで台風に女性の名前をつけますが、それは何故なんでしょうか?

何かご存知の方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



第二次世界大戦中に、気象専門家の冗談(冗談で台風に自分達の奥さんやガールフレンドの名前を付けた)から始まった様です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。よく分かりました。

お礼日時:2004/09/07 10:21

 まず、「台風」と言えば北西太平洋にある熱帯低気圧のことで、アメリカを襲う熱帯低気圧は「ハリケーン」であることに注意してください。



 このため、「台風」には名前がありますが、それは「アメリカ」がつけているわけではありません。逆に「アメリカ」が名前をつけているのは「台風」ではなく「ハリケーン」です。また、ハリケーンの名前は女性とは限りません。

 日本の台風に名前がつくようになった経緯は、以前、私が書いていますので参考URLをご覧ください。アメリカのハリケーンに名前がつくようになったのは、台風に名前をつけるようになったのをまねたものです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=972905
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
呼び名が違うのですね。よく分かりました。

お礼日時:2004/09/10 13:20

#1の方の話に補足説明します。


日本付近で発生している、台風にも名前があります。
(台風○号と言う名前の他に)
国際的な取り決めで、名前を付けるようになったと記憶しています。
なお、その名前は、気象庁のHPの台風情報にあります。
http://www.jma.go.jp/

参考URL:http://www.jma.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅れました。アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2004/09/10 13:19

アメリカ在住です。



日本では台風を1号、2号と数字をつけて呼びますが、こちらではハリケーンに人の名前をつけて呼びます。2004年の場合、2004年になって初めて来たハリケーンをAlex(男の人の名前)、次に来たハリケーンをBonnie(女の人の名前)、そしてその次に来たものをCharley(男の人の名前)と呼んでいます。

つまり、男の人の名前→女の人の名前→男の人の名前→女の人の名前と繰り返しています。
また、AlexのA、BonnieのB、CharleyのCというように、アルファベット順にもなっています。

2004年は男の人の名前から名付けが始まるので、来年(2005年)は、女の人の名前(Arlene)から始まります。ハリケーンにつけられる予定の名前は2009年まで決まっています。
(下記のURLを参考にしてください)

ちなみに、この名前も人種の多いアメリカらしく、ヒスパニックの名前をいれたり、黒人独特の名前を入れたりと、差別のないように工夫されているそうです。

参考URL:http://www.nhc.noaa.gov/aboutnames.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅れました。
丁寧な説明、ありがとうございます。
お蔭様でよく理解できました。

お礼日時:2004/09/10 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台風にはなぜ名前が?

今日本に接近している台風17号には、アジア名で
AERE(アイレー)という名前がついているようです。
欧米でも台風(ハリケーン)に名前をつけています。

なぜ、「台風17号」といった名称とは別に、台風に名前をつけるのでしょうか?

Aベストアンサー

 台風に限らず、ものを区別するためには番号や名前をつけたほうが便利だという点については理解していただけると思います。生物でなくても日本でも、川や山に人名をつける風習はありますね(板東太郎とか)。

 ただ、台風に関しては日本では戦前から名前ではなく番号をつけていました。まあ、もともとは予報官は科学者ですから、数字で分類するというのは当然のことだったのでしょう。

 ところが、第2次世界大戦中、米軍の気象担当者が台風に自分の恋人や奥さんの名前をつけるということをはじめました。最初はジョークだったと思うのですが、彼等にとってはその方が便利だったのでしょう。その方式が米軍では定着したのです。

 終戦後、昭和22年に在日占領米軍の気象隊の指示で、台風に関する情報は米軍気象隊の発表するものと全て一致していなければならないことになりました。このため、台風の名前(女性名)は、日本でもそのまま採用することになりました。昭和22年関東地方で大きな災害をもたらした台風9号がキャスリーン台風と呼ばれたのはそのためです。

 昭和27年4月の講話条約発行とともに、日本の気象庁(当時は中央気象台)は台風の予報業務を自主的に行なうことができるようになり、昭和28年からは台風は従来どおり番号で呼ぶ読み方に戻しました。

 ところが、米軍では女性の名前(1979年以降は男性名も)を使用することが定着したため、その後もずっと名前で呼ぶ方式を併用していました。米軍はフィリピンやグアムに駐在し台風情報を独自に発表していますので、その情報は東南アジア各国でも広く使われています。
 日本の気象庁も太平洋上の船舶向けて発表する情報では、ずっとこの名前を併記してきました。

 インターネットが普及して、従来は目に触れることが無かった台風の名前の入った情報が見られるようになってきたと言うわけですね。

 ちなみに、東南アジア各国から「いつまでも米軍のつけた名前を使っているのはおかしい」という意見が出され、2000年からは東南アジア各国がつけた名前を使っています。

 台風に限らず、ものを区別するためには番号や名前をつけたほうが便利だという点については理解していただけると思います。生物でなくても日本でも、川や山に人名をつける風習はありますね(板東太郎とか)。

 ただ、台風に関しては日本では戦前から名前ではなく番号をつけていました。まあ、もともとは予報官は科学者ですから、数字で分類するというのは当然のことだったのでしょう。

 ところが、第2次世界大戦中、米軍の気象担当者が台風に自分の恋人や奥さんの名前をつけるということをはじめました...続きを読む

Q外国で台風の呼び名

日本では台風を何号、何号と番号で呼びますが、他のアジアの国々では同じ台風をそれぞれどう呼んでいるのでしょうか?日本と同じく番号ですか?それともハリケーンみたいに人名をつけているのでしょうか?

Aベストアンサー

たしか、番号を振っているのは日本だけで、今では他のアジア諸国は共通の固有名詞をわりふっているはずです。何年か前まではグアムのあった米軍基地の気象観測隊がハリケーン同様、ABC順の人名をつけていましたね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング