アメリカに10年滞在しています。
 最初の5年間は、海外旅行保険に入っていましたが、長期滞在では保険会社から許可がおりなくなったと知人から聞き、6年目からは無保険で今まで来てしまいました。
 もう一度、海外旅行保険に入りたいのですが、10年も住んでいては無理でしょうか? 周りには長期滞在していても、海外旅行保険を使っている方がけっこういますが、実際事故や病気をして、長期滞在していることがばれてしまったら保険がおりないって事になっては困るので・・。 
 常識的に考えると長期滞在で旅行保険というのはおかしいように思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?
 詳しい方どうぞ教えて下さい!宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実は海外旅行者向けの保険ってずいぶん割安なんですよね。


どうかすると健康保険とあまり変わらないくらい。
まぁ”普通病人は海外旅行しないから…”と考えれば当たり前とも言えますが(笑)。

ともあれ保険会社がよろこぶかどうかはともかく、ダメモトで掛け合ってみる価値はあるかもしれませんよ。
というのも長期の旅行者と不定期の居住者を明確に区別する方法ってないはずですからね。”ばれる・ばれない”以前の問題として。
少なくとも私の入っている保険は1年ごとに契約延長できると書いてありますし、何年以上はダメという事もないようですね。
まぁさすがに”永住権取得者は入れない”となっていますけど、保険会社も”駐在員向け”と銘打って売ったりしてるくらいだから一概に”長期の契約延長は絶対ダメ”とも言えないでしょう。短期滞在のはずが一時帰国をはさんで2,3年間…なんてことはままありますし、何と言ってもお得意さまですからね!
多分1年くらいを一応の期限にしてると思いますが、保険会社が延長OKと言えば別に何も問題はない訳で、この際聞いてみるのが一番安心確実ではないでしょうか?

この回答への補足

保険会社に問い合わせてみたところ、やはり永住権を持っているとダメだということでした。ご回答どうもありがとうございました。

補足日時:2001/07/04 11:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は私、永住権所得者なんです・・。永住権所得者は入れないとありますか。
考えてみると、海外旅行保険の更新を断られた知人も永住権を持っています。

でも、ダメモトでとりあえず色んな保険会社に問い合わせてみることにします!
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/07/04 11:46

海外長期滞在用に旅行保険を使用するのは問題あり、と思います。



1.期限
保険には目的と期限、それに伴って保険料が決められています。期限はどうなっていますか。ずいぶん昔に期限切れとなっているのでは?また目的外で海外滞在した場合、常識的には無効です・例えば旅行目的で契約した人が海外で危険な仕事をして生活費を稼ぎ(自動車レーサーとか)怪我や病気になって保険が支払われるとは思われません。
2・旅行保険は期間により保険料が決まります。数年間の旅行保険は異常な割高となる筈ですが・・・

不法滞在でなければ現地の保険会社に切り替えるべきです。日本の保険会社より細かいサービス(の種類)と価格設定がしてあるので、旅行保険よりはるかに安くなるはずです。

現地の保険に加入したことも日本で旅行保険をかけた事もありますが、今手元に証券がないため自信のある回答が出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答どうもありがとうございます。
やはりそうですよね。
私も常識的に考えて、海外旅行保険を長期滞在に利用するのは問題ありだと思います。しかし、実際には、長期滞在でも毎年更新して海外旅行保険を使用している方を何人も知っています。ばれなければ大丈夫と言ったところなのでしょうか。

海外旅行保険だと病気や盗難などいろいろカバーされて、年間10万円といったところでしょうが、私が調べたところですと、現地では健康保険のみでそれ以上いってしまうので、どうしても海外旅行保険の方がお得な気がしてしまうのですが、
結局のところきちんと保険金が支払われなければ意味が無いですよね・・。

お礼日時:2001/07/04 09:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q長期海外滞在時のクレジットカード保険について

こんにちは、海外駐在派遣をしているものです。
先日、盗難に遭ってしまい貴重品を盗まれました。
海外旅行本には、クレジットカード付与のものしか持っておらず、
保険会社に問い合わせたところ、出発から90日間を過ぎているので、適用外と言われてしまいました。
確かに、クレジットカード付与の海外旅行保険は90日間のものが多いように思います。
そこで、ふと疑問が起こったのが、この90日間の定義です。
そこで質問です。
(1)90日間とは90日以内に日本の出国と帰国をして初めて、保険の対象となるのか。
(2)私のように1年以上の長期滞在でも、最初の90日間は保険の対象だったのか。
(2)の場合さらに、
(3)滞在中、一時帰国した場合、次に再出国した場合、改めて保険対象の90日間は発生するのか?

わかりづらい質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)90日間とは90日以内に日本の出国と帰国をして初めて、保険の対象となるのか。
いいえ
以下の2の回答にもなる最初の90日が対象です
(2)私のように1年以上の長期滞在でも、最初の90日間は保険の対象だったのか。
はい、裏技であと60日保険加入と見なせる方法もあります、ただし事前の準備が必要です

(2)の場合さらに、
(3)滞在中、一時帰国した場合、次に再出国した場合、改めて保険対象の90日間は発生するのか?
はいします。

約款をしらみつぶしに読んだわけではないですが
添乗員という仕事は、
どちらかというと一時帰国の繰り返しとも言えます
8~10日海外へ出かけ2~6日日本にいる状態です
但し住所は日本です
年間200日海外ですが、その毎回にカード付帯保険が適用されています
VISA、JCB、イオン、アメックス、楽天、ツタヤ、カルワザ、ニコス、DCなど確認を取っています

参考
http://www.eonet.ne.jp/~nettv/afehoken.html
裏技
http://w269.o.fiw-web.net/creditcard.htm

(1)90日間とは90日以内に日本の出国と帰国をして初めて、保険の対象となるのか。
いいえ
以下の2の回答にもなる最初の90日が対象です
(2)私のように1年以上の長期滞在でも、最初の90日間は保険の対象だったのか。
はい、裏技であと60日保険加入と見なせる方法もあります、ただし事前の準備が必要です

(2)の場合さらに、
(3)滞在中、一時帰国した場合、次に再出国した場合、改めて保険対象の90日間は発生するのか?
はいします。

約款をしらみつぶしに読んだわけではないですが
添乗員という仕事は...続きを読む

Q三大疾病による保険料払込免除特約は必要でしょうか?

こんにちは。
私は29才女性、終身の医療保険加入を検討中です。
色々考えてDr.ジャパンに入ろうかと思っているのですが、
「三大疾病による保険料払込免除の特約」を付けるかどうかで迷っています。

もともと特約は無しで良いかなあと思っていたのですが、
代理店の方に「これは付けた方が良いですよ」と勧められ迷い始めました。
代理店の方いわく「うちで申し込む9割以上の方が付けてます」との事。

もちろん人が付けているから付けるという訳ではないのですが、
やっぱり付けておいた方が安心かなあと思ったり、
特約保険料(350円程)もかかるしわざわざ付ける必要ないかな
と思ったりで揺れています。

主人の医療保険なら間違いなく付けたと思うのですが、
妻の方にも付けた方が良いのか・・・本当に悩みます。

みなさん、どうお考えですか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保険は「もしそうなったら・・」の為に加入しますよね。yuzu55さんが三大疾病になったら、とイメージして下さい。その時に保険料払込免除の特約は必要ですか?

付けるメリットとしては、当たり前ですが月々の支払いをしなくても入院すればお金が貰えることです。三大疾病になったら他の保険に加入することは(殆ど)無理でしょうから、その保険をずっと続けていくようになります。長生きをすればいずれその保険は時代遅れ?になってしまうかも。それでも続けていかなくてはならないとしたら?
ただ終身の医療保険の保険料自体はそれほど高額ではなかったと思いますので、免除にならなくても支払いが継続出来るから関係ない、といった考えもできますが。

350円位なら付けておいた方が良いかも。30歳の女性で今後20年以内に三大疾病になる確率は8.5人に一人です。また患者さんは全年齢合計430万人以上います。(H14年厚生省の患者調査)
自分には必要ないと思うならもちろん付けることはありません。

Q中国に45日滞在します。海外旅行損害保険・・・

タイトル通りなのですが
4月中旬から主人と二人で45日~60日ぐらい中国に行くのですが
海外旅行損害保険に加入するべきなのかとても悩んでいます。

主人は中国人なので、『必要ないよ』と言いますが、やっぱり何かあったら心配ですよね。。。
彼は自分の国に帰るんだから心配ないのかもしれませんが・・・。
ちなみに私は中国は初めてです。

インターネットで各保険会社のHPを見ているのですが
いまいちどの保障が最低限必要なのかわかりません。

クレジットカードは持っているのですが、
年間費が無料のものなので損害保険はついていません。

皆様はどうしていらっしゃいますか??
ご経験からのアドバイスがありましたら是非教えて下さい!
どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)

Aベストアンサー

中国が初めての長期滞在なら、かけていったほうがいいと思います。
AIUもしくは東京海上が世界でのサポートに強いですので、どちらかを選ぶといいと思います。他社は海外では、ほとんどこれらの会社委託しています。
(個人的にはAIUのほうが、電話するとリストにない病院も探してくれたり、ケースによっては病院に電話してくれたりもするのでいいかなと思いますが、質問者次第です)

中国のエリアにもよりますが、多くの場合病院にかかっても中国では、実費で立替払いに(日本にもどってから保険会社に請求)なるケースが多いと思います。
滞在経験からいうと、中国は情報の上意下達が徹底していなかったり、窓口の担当者の判断でも対応が変わってしまう「没問題(問題なし、まあいいじゃん)」で事が運ぶ傾向があると感じます。銀行でさえ、これを感じます。

ですので、手帳に契約病院として載っていても、中国に限っては保険のことを相手がよく知らず、結局自分で支払うことになる可能性があります。
揉めて具合がもっとわるくなっても本末転倒ですし、中国はそういうアバウトな部分が多いと思っていてください。

それから多くの日本人が1ヶ月以内にお腹を壊すとも言われます。

わたしもそうでしたが、これは現地に長くする日本人によると、食中毒ではなく現地の油や水や食材が日本と違うため、胃腸がどんどん疲弊して、一時的に拒否反応をするのではないかとのことでした。

あと現地の日本人向けフリーマガジンによると、中国の水は日本の基準では90%以上が汚染されているとのことでした。
ですので、ミネラルウォーターは必須です(もっとも中国産のミネラルウォーターが飲めるようになるには、時間がかかるかもしれません。イメージとして怖い感じがするので(笑))

フリーマガジンは、北京、上海、広東などでしたら日本人が出入りするレストランや旅行社などにおいてありますので、ぜひ読んでみてください。中国のいろんなところを毎月ピックアップして、教えてくれますのでためになります。

海外旅行傷害保険のバラ掛け(フリープラン)は、どの保険会社でもできます。
保険を売る旅行代理店などがめんどくさがったり、社内教育が徹底しておらずバラができませんというかもしれませんが、実はどこでもできます。

保証内容の主なものは

・傷害死亡/後遺障害(いわゆるケガや事故の治療および、死亡・後遺症)
・疾病死亡/ 治療(いわゆる病気による死亡や治療)
・賠償責任(他人の者を壊したり、被害を与えたときの、賠償を保険でカバーする)
・携行品(持参品の盗難等)

これらをバラで掛けられます。
例えば、高価なものはないので携行品の保証はいらないから省くとか、病気よりもケガや事故が心配なので高めに掛けたいなどができます。
治療費などがいくらでるかは、死亡保険金の額に比例しますので、これは窓口で申し込み時に聞いてみてください。旅行代理店にAIUか東京海上のマークがあれば、その保険を扱っています。

参考URL:http://www.tsconsulting.jp/pg_ryokou_topics.html

中国が初めての長期滞在なら、かけていったほうがいいと思います。
AIUもしくは東京海上が世界でのサポートに強いですので、どちらかを選ぶといいと思います。他社は海外では、ほとんどこれらの会社委託しています。
(個人的にはAIUのほうが、電話するとリストにない病院も探してくれたり、ケースによっては病院に電話してくれたりもするのでいいかなと思いますが、質問者次第です)

中国のエリアにもよりますが、多くの場合病院にかかっても中国では、実費で立替払いに(日本にもどってから保険会社に請求...続きを読む

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q長期の海外旅行保険

なるべく安い、長期の海外旅行保険を探しています。
現在見つけたもので一番安かったのが下記のアドレスのものなのですが、この保険会社を聞いた事がありません。
http://www.aienu.com/

どなたか、実際にここから保険を買われた方はいらっしゃいますか?
大きければつぶれないというものでもないでしょうが、もしもこの会社が倒産した場合は、他社で保険を買い直さなければいけないのだろうか、あるいはフィッシングの一種では、と考えると、聞いた事もない会社はやめたほうがいいかもしれない、などと考えたりもします。どんなことでもいいので、評判、経験談などおしえてください。

Aベストアンサー

この会社は保険会社ではなく、保険の代理店だと思われます。
サイトを見る限りでは、日本興亜損保の商品を扱っているようです。

Q低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険(無配当) 三大疾病に備える。

という保険をジブラルタ生命から勧められています。入ろうかなと思った矢先、同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。確かにタイトルの保険は、三大疾病のための保険なんです。皆さん、どう思われますか。     
http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tokutei_shippei_hoken/tokutei_shippei_hoken.pdf
がこの保険の説明書です。

Aベストアンサー

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまった場合は確かに有効かも知れません。 また、死亡でも同額保障されて 「解約返戻金」も貯まりますので、掛け捨てが嫌な方は選ばれたり致します。

(個人的には入院日額給付タイプの 医療保険よりは有効かと思います)

 良い商品か悪い商品か と言うことではなくて、ご自身の 希望に合っているかどうかだと思います。


ただ、パンフを見ると 低解約返戻金型にしては それ程保険料が安いわけではないようですね。
 
保障額 100万円から契約出来る会社もありますし、普通の終身タイプでも、もう少し割安な商品もあると思いますので、比較検討されてみてはいかがでしょうか。
   

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまっ...続きを読む

Q海外に長期滞在するので

アパートをはらって家財道具をどこかに預けて行きたいのですが、安全に預けられる所ありますか?

Aベストアンサー

一般的にはトランクルームを貸りるのがいいかと思いますが、期間にも寄りますが、貸しガレージの方が安くつく場合もありますよ
実家・友人の近くの貸しガレージも探してはどうですか?
時々見てもらったらいいと思いますよ。

Q三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

Aベストアンサー

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。
脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。

Q海外旅行保険に、海外で加入する場合

英国に一年ほど滞在しております。日本に帰る前に、旅行をして帰る予定ですが、その前に海外旅行保険が切れてしまいます。
その場合、英国の保険会社に加入しても、問題ないでしょうか?
日本の保険会社にはすでに入れませんし、カード付帯の保険も、適用時期を過ぎております。
また、もしも、こちらで加入するのにお勧めの保険会社などありましたら、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

損保の仕事をしたことがある者です。
一応原則で言うと海外旅行保険というのは出発地に戻る、ループ状の
移動を行う場合にかけることができるものなのでOne Wayの旅行には
かけられないことになっています。英国ではどうか知りませんが。
現在加入されている保険が日本の損保の商品で留学生保険であれば
延長すればいいのではないでしょうか?一般の海外旅行保険であっても
もし1年という期間でかけてもらっているとしたら、切れる前なので
あれば延長は可能です。保険の引き受け会社が加入した代理店に連絡し、
指定の口座にジャストの値段で振り込みすればいいだけです。
実際に海外滞在中の方の延長をお受けしたことはあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報