筒井筒 そばに 蜆(しじみ)と 唐辛子 の川柳の意味を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本歌は、「伊勢物語」にある


筒井筒ゐづゝにかけしまろがたけおいにけらしなあひ見ざるまに

「筒井筒」は筒の如く丸く掘つた井のこと、「井筒にかけし」は子供の時には井筒に丈をくらべた、「まろ」は汝の意、「おいにけらしな」は成長して丈も高くなつたらう。

大意―子供の時から親しみ遊んでゐたが、今はもう両人ともに成長したのだから、夫婦の契りを交さうではないか。

筒井筒 そばに 蜆(しじみ)と 唐辛子

今は大人だが、背比べをしたときは、井筒のそばにあったのは、まだ成長していない蜆(はまぐりと対比)と唐辛子(大根と対比)

(蜆、唐辛子、はまぐり、大根については、参考URL参照)

参考URL:http://www.y-yy.com/newpage3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、わざわざ教えていただきありがとうございました。URLの方も参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/07/07 14:09

こんばんは。



ちょっと面白いのできました。

「筒井筒」これは、在原業平の伊勢物語に出てくるお話しの中の歌で、

「筒井筒 井筒にかけしまろがたけおいにけらしなあひ見ざるまに」
井戸を囲う井戸枠と背比べをして居た僕だけど、
君に合わない間に大人になったよ・・・という意味。

「くらべこし 振分髪も肩過ぎぬ 君ならずして 誰かあぐべき」
女の人が返歌して、あなたと長さをくらべあった
おかっぱの髪もずいぶん伸びましたよ。(昔は旦那様になる人が
お嫁さんの髪を結ってくれる儀式があったので)あなたでなければ
誰にこの髪を(結い)あげてもらうの・・・という意味。

筒井筒は幼なじみの意味にもなっているしね。

この二人は結婚したのだけれど、それからさかのぼってまだ幼くて
仲よく遊んでいる頃の、二人の女性器と男性器を
面白く歌っているのがこの句です。

川柳ってこういう句が結構あって面白いですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切に教えていただきまして、ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/07 14:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング