利用規約の変更について

1974年建築の平屋74平米の軽量鉄骨のリフォームを考えています。
高台で土地がかなり広く(130坪)気に入ったのですが、販売価格が1500万と高額のため、建て替えはあまり考えられず、あと1000万追加してリフォームして20年から30年は住んでいきたいと思っています。
建物を見ないと詳しく分からないのは重々承知しているのですが、予算1000万で延命させられるでしょうか。よろしくお願いします。

「1974年建築の平屋74平米の軽量鉄骨の」の質問画像

A 回答 (4件)

昭和41年の軽鉄?寿命は、


今迄のメンテ具合で大分変ると思います。
それこそ住友の新築そっくりさんでもしたらどう?
寿命は延びるかどうか知りませんが新築っぽくなります。
74㎡=22.3坪なのであそこたしか定額制ですから
何とか間に合うんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速問い合わせてみました。返答まだきていませんが、期待ができそうです!

お礼日時:2017/11/29 19:30

リフォーム内容によりますが、設計事務所でも対応可能な予算帯かと思います。

基礎の状態や傾きは予算が大きく跳ね上がるので、その点に注意が必要です。リフォーム、リノベーションは個別設計となる為、メーカー等のリフォームはあまりオススメできません。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。基礎の状態、傾きを特に気にして見てみます!

お礼日時:2017/11/29 19:21

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

屋根をガリバリウム鋼板カバー工法で雨漏り対策。

100万円くらいhttps://yane-connect.com/reform/trader-point/cov …
外壁もガリバリウム鋼板でhttps://www.nakayama-coating.jp/blog/blog-8732/
玄関ドア、窓枠はやり替えたほうがいい。150~
水回りは徹底的に。風呂はユニットバスでに。掃除し乾燥を毎日しないと短命。200万円
内壁張替え、壁紙(ホームセンターやネット)は自分で貼ることもできる。一部屋1万円以下。
床の補強
電気工事、水道、排水工事
テラスの作り替え。大工さんに注文。安い。
1000万円もあればほぼ新築でできるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。水周り、窓周りなど必要そうですね!1000万で収まりそうで参考になります!

お礼日時:2017/11/29 19:32

室内を全部壊したら


床暖房も良いですし
窓、サッシ、ドア、風呂、トイレ、キッチン、部屋 全塗装 
どこに多くの予算をもっていくかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。できるところは予算内で全てやってしまいたいと思っています。どこを重視するかも重要なポイントなんですね!

お礼日時:2017/11/29 19:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2階建→平屋にリフォームは可能ですか?

普通は部屋を増やすなどの、面積を広くするリフォームだと思うのですが、逆に2階建の家を平屋にすることって可能なんでしょうか?
現在2階建なのですが、住む家族数が減ることと、
2階部分の水まわりがダメになってきたので、平屋に
直せるなら直したほうが更地から立て直すよりも安い
ような気がしたので・・。
簡単に言うと、2階部分を全部とっぱらって屋根を
作る、という感じです。
トイレ、台所、風呂など1階部分に全て揃っているの
で2階がなくなって新たに作るのは屋根のみです。

Aベストアンサー

本題は前の方が答えられていますのでそれ以外で。

工法は木造であればまず在来工法で間違いないと思います。
ですが40年前ですと耐震基準も古いですし、痛んでいる部分もそれなりにあると思いますので、できれば耐震補強もご予算の許す範囲でされておくと安心だと思います。
実際2F→1Fと荷重条件的には有利側の変更ですし、平屋でもあるのでそれ程問題はないのですが、おそらく筋違いは90×30ならいい方だし、取付もカスガイでだけしょう。
また柱脚と柱頭の固定もカスガイ程度だと思いますので、筋違いプレートやVP(柱と土台・桁部分の金物)だけでも取り付けておくと良いと思います。

>1階に住みながらでは無理なのですか

絶対無理とは言い切れませんが、時期によっては寒かったり雨が続いたりしますし、解体時にはゴミや埃ですごいことになるでしょうから・・・我慢できれば良いのですが。

工事期間や金額については時期や建物規模・劣化状態、それにどんな仕様にするかによって全く違ってきますので一概には言えません。
あえて言うなら一般的な住宅で工事期間(きざみ等の下準備を除き解体から仕上まで)は2ヶ月前後ってところじゃないでしょうか。

本題は前の方が答えられていますのでそれ以外で。

工法は木造であればまず在来工法で間違いないと思います。
ですが40年前ですと耐震基準も古いですし、痛んでいる部分もそれなりにあると思いますので、できれば耐震補強もご予算の許す範囲でされておくと安心だと思います。
実際2F→1Fと荷重条件的には有利側の変更ですし、平屋でもあるのでそれ程問題はないのですが、おそらく筋違いは90×30ならいい方だし、取付もカスガイでだけしょう。
また柱脚と柱頭の固定もカスガイ程度だと思いますので、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報