以前ある会社の採用試験(職種はショップの販売です)をうけました。
結果的には不採用だったのですが、最終の選考まで残っていたらしく、
結果の通知の際に
「もしいつかまた募集があれば、その時は○○さん(私)は別の会社で働いているかとは思いますが、連絡差し上げて宜しいでしょうか」という事と「時々お店にも顔を出してくださいね」というようなことを言われました。

私はその会社の扱っている商品や仕事内容にひかれて応募したのですが、面接の後「本当にここで働きたい」と思った1番の決め手は会社の
雰囲気でした。ですから不採用の通知は本当に残念だったのですが、
そう言ってくださったことは(その時は)嬉しかったのです。
そして、普通だとしないのですが、面接などのお礼、これから
また前向きに就職活動に励むこと、そして機会があればまたお店に
顔を出します、等を述べた手紙をその後送りました。

でも後からになって「本当に顔を出してもいいのかな?」と思えて
きました。お店にいって(しかもそこには受かった人がいて)客では
ない私は一体なにを話せばよいのでしょう?
向こうもどういう対応をすればよいのか困るのでは?とも思い、
「社交辞令だったのかな?」とも考えましたが、全くそうとは
思えません。また、本当に社交辞令であれば、雰囲気のいい
会社であっただけに少しショックかもしれません。
もしまた募集があったら、是非そこで働きたいと今でも思っているの
ですが、私の勝手な考えでしょうか?

どなたか、私的なご意見で構いませんのでアドバイスをください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

よほど頻繁だったり、仕事の邪魔になるような時間帯でなければ、かまわないと思いますよ。



客では何ので何を話せば・・・とありますが、目的はまた機会のあるときにあなたに声をかけてほしいということなのでしょう? ならばそれを全面に出して、最近の商品のことを聞いたり、その会社にとって関連のある情報、出来れば有益な情報などを収集し、世間話的に提示すれば、あなたの意志も伝わり、もしチャンスが巡ってくるとすれば大きな判断材料になると思います。

商品が何か分からないのですが、入りたいが為にその会社の商品を買ってますよ、と遠回しにアピールするより、入社したいからアピールする。ちっとも悪いことではないと思います。

正し最初に書いたように、相手の仕事の邪魔になるようなことは絶対に避けなければなりません。出来れば面接官など名前を知っている相手に会いたいと受付などで申し出て、顔を覚えてもらうまでは「いついつ面接をしていただいた○○です」と名乗り、その後も御社の商品に興味があるので、伺ったとの主旨を先にハッキリ伝え、迷惑そうでなければ時間を頂きましょう。

とかくアピールするのに消極的な日本人ですが、今時しっかりアピールして尚かつ会社に役に立つ人材であろうとする姿勢がないと、なかなか思ったところには入れませんよ。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tweetieさん、さっそくのお返事どうもありがとうございます。
おっしゃる通りかもしれません。本当にそこがいいと思うなら、
そうしてアピールしていくべきなのでしょうね。
単純にお店に出向くか、出向かないかという事を考えて
いたように思います。

ちなみにその会社は家具を扱っています。
皮肉なことかもしれませんが、落ちてからの方が、家具や
インテリアに関する情報に敏感になったように思います。
その会社の商品が雑誌に掲載されているのを見ると
何ともいえない気持ちになります。

でも、何だかすっきりしました。というか前向きな気持ちになりました。
頑張りますね!どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 18:10

#2の方への返答の中に気になる言葉があったので、補足を・・・。



社会性が低い、というのはちがうと思います。こういったアプローチは欧米ではやってしかるべきことだし、逆に何のアプローチもせず良い仕事につこうと言う考えの方が甘いと思います。社会性が低いのではなく、社会性が違う、という琴田と思います。

日本ではまだ少数派かもしれません。だから少数派と言うことだけで社会性が低いという人もいるかもしれませんが、ある程度の常識を超えない限り(相手の迷惑にならない限り)悪いことではないと思いますし、少数派だからと言って遠慮しても、誰もあなたの将来の面倒は見てくれないのですから。

協調性ももちろん大事。でも多勢の意見が正しいとかあなたにとって必ず良いかと言うと、そんなことはないのです。自分で判断して、どうしてもわからないときには回りに意見を仰ぎながら、自分の道を進んでくださいね。

本当に好きな仕事につけることを心から祈っています。
がんばって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tweetieさん、再度回答していただき、有難うございます。
お返事が少々遅くなり申し訳ありません。

確かに悩みが真剣であるほど、いろいろな考えが浮かび、また
様々な意見に左右されてしまいます。
そういう時に「結果的に自分はどうなりたい、ありたいのか」
という事を忘れがちになります。最近は自分への自信の喪失
が物事を考える上での足かせになっています。
自分で判断して、自分の道を進む。当たり前のことなのですが、
それがしっかりできるようになりたい。

アドバイス、どうも有難うございました。がんばります。

お礼日時:2001/07/11 14:36

確かに採用不採用を面とむかってという時は、


社交辞令的な部分もあったと思いますが、
ただ、mkmk78さんの方も「遊び」にいくのではなく、
なにか仕事ありませんか、求人してませんかー、などと、
お中元(差し入れ)を持って、逆社交辞令してみる
というのはいかがでしょうか。

と無責任ですがすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oneyanさん、さっそくのお返事ありがとうございます。
やはり多少は社交辞令なのですか・・?
私は結構「あ、そうですか!」と受け取ってしまいがちで、
つまりその点の社会性が低いのかもしれないのですが・・・。
差し入れを持参するかは、判断しかねるのですか
“うまく機会をつくる”ということは必要かもしれません。

経験者、とありますがこれはoneyanさんも何かしら
そういう経験をされたということでしょうか?

お礼日時:2001/07/09 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング