電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

宗教vs.物理
そうなれば 宇宙 神 魂
全てが 素粒子で解決できる?

ムーとかでなく 物理。

それを知った時 人間はどうなりますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (11件中1~10件)

http://takamuratetugaku.org/list.html
人間の思考が絶対的な真理に到達する過程が哲学史、科学史ということ。円環らせんの形状で一度には認識できません。翼はいらないakb歌詞はこの意味ですワー、プはできません。多くの人はそのことを知らない?1位ならない?サイレント
マジョリティーより奥深いのです。目撃者や僕たちは戦わない。365日の紙飛行機の2番の歌詞希望を階級闘争すなわち歴史の推進力と読み替えて。
    • good
    • 0

アソシエーシヨン


一般意志すなわち普遍的意志
党と国、中間団体協同組合、労働組合、商工会などの中間団体の役割が重要。人民の主体的な権利と義務の認識が必要。
    • good
    • 0

根源と認識論と方法論の内容が下記にあります。


哲学史唯物論と観念論の件がある。
http://y-ok.com/philosophy/
http://takamuratetugaku.org/012/012_text.html
社会保障と財政再建の件は最終的には真の意味の公共である下記の内容を実践、実現されていく過程で解決されていく。

薩摩藩ずしよ広郷の話をするだけ。くだらん内容の番組の話をしている。核の話も同じ。原発のごみも同じ。
物自体の件と不可知論の件もデイドロが人間の意識が物質からどう発生するのか議論しておりあらゆる物質には感性があり、生物すなわち人には生きた感性と無生物の石ころには死んだ感性があり、ある性質が特有の形態をとって現れたと言いたかった、すなわち反映する性質の件を説明し論理のているのを見ると貧弱に見える。宇宙の始まりの件だが、物質の性質の中に宇宙、ビツグバン初期条件も含めてそういう性質が内在していると把握すればいいよいこと。発展の見地、弁証法
論理学は無限なる体系としてくみつくすことのない、自然の対称性、階層構造などを過程として発展、変化、運動するものとして認識する。カント以前の形而上学、形式論理学は一定の範囲でしか通用しない、その範囲ではただしい。範囲をこえると弁証法論理学でないと対応できなくなる、マツハとボルツマンの件はレーニンが物質の定義を

人間の意識の外に存在する、人間の感覚によって、模写され、反映されるという規定で客観的実在の件で解決されている。


なお、
カントの実践哲学は形式的で意志の決定、動機のだけ、行為の内容、結果を課題重視にしていない。定言命令、法、道徳律は役に立たない。奴隷制の時代は奴隷主は奴隷を殺しても犯罪とされなかった。なぜなら、奴隷は物扱い人ではなかつたから。あらゆる時代に当てはまる普遍道徳、倫理はない。カントの二重性は罪です。反動的役割を果たしている。実存主義などと同じことです。知恵とか物自体不可知論と実践哲学道徳論が戦前と戦後において
◯◯制の下での限られた自由と平等と言うにほんの大ブルジョワに都合がよく、カントが

最大の哲学者ともてはやされている。信仰に道を開くものだから。二元論は。ただし、デカルトとは違います。


だから、被支配階級は革命を善と考えるが支配階級は悪と考える。カントには思いもおよばぬことでした。アンチノミー論と反弁証法的思考の限界。この場合悪が歴史を推進する。天動説と地動説。常識とはその時代の諸偏見。革命哲学は常識ではない。偏見ではない。その限界を克服したのがヘーゲル弁証法論理学なのです。この論理学本体を克服した者は未だいません。おそらくでてこないでしょう。http://takamuratetugaku.org/012/012_15_text.html
なぜかといえば中身は絶対精神なんてあるはずないので弁証法的唯物論なのです。科学と哲学の思考の歴史をへーゲルは過程として把握して総括していること。論理学の意義は
ここにある。

歴史の分野には意図的逆立ちしてますが。
ついでに体系に補足したもの資本論は。

資本論は資本の論理学したがって弁証法論理学の特殊な場合をさししめしたもの。
http://takamuratetugaku.org/005/005_text.html
http://takamuratetugaku.org/006/006_text.html
http://takamuratetugaku.org/list.html
http://takamuratetugaku.org/009/009_text.html


ヘーゲルが使用した意味で説明します。形而上学とは形式論理学帰納法、演繹三段論法を採用する考え方。AはAである。同一律。物事を孤立と静止してとらえる考え方です。これに対して、弁証法論理学は、AはAであって同時にAでないという対立物の統一で運動しているとして把握する考え方です。一時的な静止を否定はしませんが絶対的な静止はない。
補足しますがアリストテレスが形式論理学の完成者なので下記を参照してください。
http://takamuratetugaku.org/012/012_04_text.html

ソ連や東欧の件は、下記を参照してください。
http://takamuratetugaku.org/list.html
弁証法論理学の解説がある。
全能なので正しいと把握すること。
社会すなわち世界の問題としては、
機会の平等は相続税や法人格の濫用防止すなわち企業団体政治献金の抑制禁止、高等
教育の無償化などの政策を実現してしていく過程が必要。
自由と平等はセットになっている。
ロックとルソーの社会契約には根本的なちがいすなわちhttp://takamuratetugaku.org/003/003_4_text.html

あり、ルソーは一定の範囲すなわち人間生活に必要となされる程度を基準として私有を認めて後は平等に分配か公有にして格差を是正する。平等でないと自由は実現しない。人民主権と普通選挙とリコール制度により治者と被治者の同一性確保。あるべき理想の形態つまり
ルソーとヘーゲルの一般意志

すなわち普遍的意志の実現をめざしている。ヘーゲルの歴史哲学講義の謎がわかる、フランス革命の所論、人権思想や正義の概念が一挙にわきおこり、旧来の不正義の足場はくずれさつた。こうして正義の思想の上に憲法が打ち立てられた。今後は全ての基礎に基づくことになる。太陽が天空にあり惑星がそのまわりをまわるようになってから、人間が頭でつまり思想でたち、それにしたがつて現実をつくるということはなかつた。アナクサゴラスが知性つまり理性が世界を支配すると最初に言ったが思想が精神的現実を支配すべきと認識したのはこのごろである。ここにかがやかしい日の出がある。思考する人びと、がみんな祝った。崇高な感激が一世を風靡し、精神の熱情が
世界にみなぎった。神と世界の和解が成し遂げられたように見える。
このようにフランス革命を肯定的にとらえて変革を肯定している。現実的なものは合理的なものでり、合理的なものは、現実的なものである。という命題の意味はここにある。
つまり、革命の哲学であって本質的に保守の哲学ではない。ヘーゲルとルソーはセットすなわち組み合わせてとらえておく。ただし、直線的ではなく円環円周らせんのように無限の階層構造でくみつくすということない人類の認識過程とらえておく。でも、絶対的真理と相対的真理は過程のちがいで壁すなわち歴史的制約がある。しかし、さらに壁を乗り越えて前進して行く。


各人がその身体と財産を共同の力で全力で守り保護する結合している形態たる単一の国家意思をさし格差の是正されている形態

後、書籍で宇宙の統一理論を求めて岩波現代文庫が哲学と科学の関係性がわかりやすい。



支払労働、不払労働すなわち必要労働、剰余労働の表現。資本論解説。しくじり先生の中であるアイドルが格差のない国はどこか。回答無人島であれはボケではない。適切な回答。ロビンソンクルソーは
資本論にでてくる。生産物は無人島で一人で生活して自分の物になるので搾取はない。格差がない。これに対して、
労働賃金は搾取を隠蔽する。隠して見えなくする。労働賃金が労働力の価格としてではなく労働の価格という仮象としてあらわれる、労働賃金を価値以下へ引き下げる可能性を生みだす。したがって、労働者に不利に作用する。その時代にみあう水準の人間らしい生活憲法25条生存権を保障するに足る労働賃金を保証されなければなりません。
番組で生活保護で労働してそのうえで受給することを詐欺といっていますが一概にいえません。旧いブルジョワ法学から言えばそうなり、プログラム規定論、統治行為論、事情判決論になる。つまり現状を肯定する。そのような旧法学は役立たず。搾取は詐欺でないのか。消費税の逆進性は問題でないのか。企業団体政治献金は個人の権利を侵害する法人格濫用にならないのか。



新法哲学からは、どうなるか学ぼう。
フランス革命時の1793年憲法の要旨に準拠して国は失業なくして労働の場を提供しなければならないのです。大きな政府とか小さな政府とかの論議は論外です。搾取は税制等で当面補正運用内部留保に課税すること。二重課税には当たらない、なぜなら、搾取しているものを本来あるべき姿にする措置だから。また、株主配当課税や塁進課税等の適切に措置を講
ずること、法人税も含めて。の強化、国際的な
多国籍企業に対しても同様に。さらに 一定規模以上の法人の生産手段の公有化、社会化。
将来的には国連に代わって

世界連邦設立、廃国置州、コミユーン自治体設立、格差是正。
http://www.at-douga.com/?tag=%E6%97%A5%E6%9C%AC% …
    • good
    • 0

放送大学の番組で宇宙とその進化2015宇宙史概観第14回のへびの絵と円環人類螺旋認識、AKBシングル翼はいらないのmvの最後のヒトの輪はそれをさしてあらわしている。




参加しているが意味を理解してないでしょう。世界の階層構造をさししめしている。
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_files/gf_11/1/n …
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_652/
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_files/gf_11/3/n …

http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_files/11402/1/n …

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BC%E3%8 …


http://livedoor.blogimg.jp/akb4839/imgs/a/0/a0d8 …
    • good
    • 0
    • good
    • 0

正しい知識を得るには、全てのものを疑うことの出来ない自明なものなのか否か問いかけることが必要です。

デカルトは、この方法的懐疑により、全ての知識を自明なものか否か検証して見ました。
 その結果、自明なことは唯一つしかないことが判明しました。それは、全てのものを疑っている自分が存在することだけは 疑うことが出来ないと言うことでした。 「我思う故に我あり。」です。それ以外は、正しいと思ってはいたが、そう思っていただけであることが分りました。 これが「無知の知」です。

 しかし、自明なものしか信じないのであれば、そこまでです。そこから先は、何を信じるかによります。
 心は、その中に宇宙を作り出しています。私たちが感じている宇宙は、心の外の宇宙ではありません。心が作り出した宇宙です。 心の外を覗くことは不可能です。心の外に、宇宙があるのかどうかも分りません。
 しかし、心は外界に似せて、心の中に世界を作り出しているのです。心の中では、1+1=0でも、1でも3でも何でも構いません。 心の中に在るものは、消えたり生じたりします。従って1つと1つ在ったものが消え去り0となっても良いし、 新しく生じて3になっても良いのです。決して増えもせず減りもしないと前提して、1+1=2としなければならない必要はありません。

 しかし、外界では、無から有は生じませんし、有が消滅して無となることもありません。エネルギー保存の法則が成立します。 従って、1+1=2でなくてはなりません。
 心が1+1=2に制約されている事実は、心の中の世界は、外界に出来る限り似せて作られていることを証明しています。 外界に1+1=3を適用すると、その行動は誤りであり、失敗するからです。
 従って、外界には、心で感じている様な世界が存在することを前提とせざるを得ません。

 ユダヤ教・キリスト教では、外界は神が創造したと信じます。
 ここに物が落ちたのは、ここに落ちるように、宇宙が作られているからであると考えます。そして、どうしてここに落ちたのかを追求し、 物体は外から力が加わらなければ、そのまま飛び出した方向へ等速運動を続けるが、落下距離は時間の2乗に比例する為、 放物線を描いて地上に落下し、ここに落ちたことを発見します。
 宇宙で起る全てのことは、必然であり意図されたものであると考えます。ですから、一見偶然に思える事柄に対しても、 必然であると確信し、その仕組みを解明しようとします。
 ある天才は、「神はサイコロを振らない。」と言いました。 これは、現象を確率で説明しようとする態度に対して、必然な説明をしなければならないと批判したものです。
 この様に、西洋では神が宇宙を創造したと言う確信により、自然科学は発達して来ました。

 それに比べて、東洋では仏が宇宙を作ったとは考えません。精神の中に仏が存在していると考え、内心の仏を追求します。
 宇宙は偶然出来たと考えます。物は色んな所に落ちます。物がここに落ちたのは偶然だと考えては、 落下の法則や万有引力の法則は思いつかないでしょう。
 無神論も同様です。ハッキリと必然と分ること意外は偶然であると考えたのでは、人に先駆けて新しいものを発見することは出来ません。

 神を持ち出すと、単純に非科学的であると非難する方が居られます。しかし、科学で全ての現象を説明出来るでしょうか。
 第一、物質の因果関係のみでは、宇宙の始まりを説明することは出来ません。 物質の因果関係は、原因→結果=原因→結果=原因→結果・・・と続きます。原因があり、その為に結果が生じ、 その結果が原因となり次の結果が生じると言う順番となります。
 しかし、これでは最初の原因が存在出来ません。その最初の原因は、何らかの原因により生じなければなりませんが、それがありません。 物質のみでは、宇宙の始まりを説明できないのは自明のことです。

 また、コインのゲームを考えて見ます。コインを縦に立て、倒れて表が出れば私が勝ち、裏が出れば貴方が勝ちます。 科学では、このゲームで私が勝つ確率は50%、負ける確率も50%としか言えません。 しかし、現実にはどちらかが勝ち、掛け金を全て手に入れます。それを決めるのは何でしょうか。
 これと同じことは、素粒子レベルでは無数に起っています。完全に均衡している状態で、僅かな力が加わり少しの不均衡が生じると、 不均衡が不均衡を呼び次第に大きくなり、終にはコインは倒れます。

 確率は50%ですが、ほんの僅かな力が加わることで、表が出たり裏が出たりする。その為に、ある者は人生で成功し、ある者は失敗する。 その僅かな力が精神である可能性はあります。

 精神である私は、物質である手を動かすことが出来ます。肉体は動かすか動かさないかで物的に均衡した状態にあります。 ほんの僅かな精神の力を、物的に均衡した物質(脳)に加えることにより、手は動いたり動かなかったりします。 この様に、精神は物質を動かすことが出来ます。

 単なる偶然の連続で、この宇宙は進行しているのでしょうか。それとも、何らかの意図があり、僅かな精神の力が加えられているのでしょうか。

 宇宙の仕組みを完全に解明した時、物質だけでは説明出来ないことが残されたら、神の存在を証明したことになります。  この様に、宗教は全く科学的な態度であると言えます。

詳細は下記のホームページを参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/syuukyouhahikagakut …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まぁ 水金地火木土天冥海などと習ってますが 実際 宇宙に行って見た人はいませんし。

それが宇宙 更に 銀河系 多重宇宙とか 見た事もない事
解明できない事に理論は多く。
自分からしたら 意識があり
物質があり。
地球も存在するけど 目の前にあるだろう感覚も全て遠いどこかで感じてるのかも?

お礼日時:2018/01/09 20:21

「素粒子で解決できる」というほど、人類は個々の素粒子を自由に扱えません。


素粒子を集団でただ飛ばすだけでも、巨大な素粒子加速器が必要です。
    • good
    • 0

知る事はありません


人間の知恵が低いからです
 解明できる確率を計算した学者がいます
限りなくゼロに近いと結論しました
分かる人がいれば 詐欺師です

 すべて素粒子ですから 考え方は正しいと思います
量子論等で人間の脳を想定している学者 かなりいます
しかし実験でも 論理的にもまだまだです
 
 又 理論と現実が違う事も分かっています
物理では 時間が逆方向へも流れます
しかし 現実には 未来から来た人は 一人もいません

 論理的に正しいのに 現実は違う
現実に証明されても 論理的に成り立たない
これが科学です

 宗教じみていますが
量子論 哲学 宗教と交差しています
着地点 目標地が 同じかもと思われます 

 深層心理学者のユングの集団心・・
広く唱えれば 宇宙と一体
しかし論理的に成り立たないんだから
想定 仮定の領域ですね 
我即宇宙 ・・仏教のほうが分かりやすい

 ホーキンスの極小物質のエイリアンとか
アインシュタインの得体のしれない遠隔反応とか
有名なカク教授の神のおん心 とか
又 何らかの手が加わった とか
そこら中に神がいるとか
そう言う科学者の解釈の方が正直です  

 古典力学が否定され それを否定した相対性理論は
ボーワの論争で否定されました
宇宙 物質 生命化学 進化論 次々と否定されました

 人間の知恵はいかにも浅く 小さいか 
科学者程 科学の限界 地平線が見えています
だから科学者は 宗教を否定しないのです

 科学を知らない人程 宗教を否定します
宗教vs.物理ではなく 科学者は合流の方向を望んでいます
科学で人類が繁栄する とは言いません
アインシュタインは
宗教なき科学は不完全である とまで言っています

 諸行無常 実に科学の最先端の論理です
因果応報も 自業自得も 縁により結果が変わる
とか仏教だけど科学です

 科学の究極の目的・・・空間を知る
仏教の究極の悟り・・・空を知る 
色心不二・・・有る無いは二にして二にあらず
 素粒子みたいでしょう

 その答えは 科学 物理 天文を学ぶより
仏教を学ぶほうが早いのではないでしょうか




http://sannkuto66.3zoku.com/newpage55.html
    • good
    • 0

物理学は、神・魂は扱わないです。


宗教は、宇宙は、範囲に入るでしょうが、宇宙自体の構造は扱いません。
ム―ってのは、ム―大陸の事?(それとも、雑誌のムーでしょうか?)
今の所、人間はまだ、質問文のような、素粒子で、神・魂を解決できるとは思っていないでしょう。(そのような考えの新興宗教はあるかも知れませんね)
物理学が、形而上の存在を取り扱う事は、将来も無いでしょう。
神・魂が形而上の存在では無く、物理的観測対象になれば、また別の話ですね。(物理的観測対象になったら、それは神では無いと主張する人もいるので、結局形而上の存在になってしまうかもしれません)
    • good
    • 0

あなたはそれ以前。

そんなものあっても仕方が無い。必要なのは存在ではなく相互作用と運動(加速度などを含む)の方。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうかも。
漠然と 目の前だけを見ていたら ムー好きになります。

お礼日時:2018/01/04 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング