韓国における、煤塵、NOx、SOx、DXNs等の規制値
もしくは、その規制値がわかる法律が載っているHP等
ありましたら、教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

韓国Web六法というサイト(トップは

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9133/index …
に,大気環境保全法の日本語訳が載っています。ただし,基準値はありません
(省令で定める,となっているので,おそらく「大気環境保全法施行令」がある
のでしょうが,ここにはない)。

そこで,韓国のサイトで検索してみたところ…一応ありました。(以下のページ
は韓国語ですのでハングルフォントが必要です。)
大気環境保全法
http://www.kscia.or.kr/inforoom-files/air.htm
同法施行令
http://www.kscia.or.kr/inforoom-files/air-si.htm
同法施行規則
http://www.kscia.or.kr/inforoom-files/air-sigyu. …
どうやら,施行規則の別表8に排出基準があるようですが…残念ながら掲載されて
いません。

そこで今度は,韓国政府の環境省のページ(トップはhttp://www.me.go.kr/www/index.html
で探してみたところ…ありました。(URL2つめ)
国の基準と並んで,米国・カナダ・イタリア・日本など諸外国の基準,
さらにはソウル・仁川・大田・済州島の各地域基準も載っています。

こんなところでよろしいでしょうか。

参考URL:http://www.geocities.com/Tokyo/Spa/2148/taikihoz …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

始めに韓国Web六法を検索したのですが、
規制値は載っていなくて、メールで質問
したところ、専門用語が多く、膨大な量
だと言う事で、訳していないとの回答が
帰ってきました。

でも、韓国環境省のページはとても役に
立ちそうです。参考にします。

有難うございました。

お礼日時:2001/07/16 09:19

念のため,国内規制値の日本語訳を書いておきましょう。



1.国内大気環境基準
亜硫酸ガス(SO2):年間平均値0.02ppm以下,24時間平均値0.05ppm以下,1時間平均値0.15ppm以下
一酸化炭素(CO):8時間平均値9ppm以下,1時間平均値25ppm以下
二酸化窒素(NO2):年間平均値0.05ppm以下,24時間平均値0.08ppm以下,1時間平均値0.15ppm以下
微細塵埃(PM10):年間平均値70μg/m3以下,24時間平均値150μg/m3 [以下]
オゾン(O3):8時間平均値0.06ppm以下,1時間平均値0.1ppm以下
鉛(Pb):年間平均値0.5μg/m3以下

*1時間平均値は,999千分位数の値がその基準を越えてはならず,8時間及び24時間平均値は,99百分位数がその基準を越えてはならない。
*微細塵埃とは,粒子の大きさが10μm以下のものをいう。

2.各国の大気環境基準(略)

3.地域大気環境基準
地域大気環境基準の設定は,環境政策基本法第10条(環境基準の設定)第3項に基づき,環境部長官(注 日本の環境大臣に相当)の承認を得て,地方自治体の条例として別途に環境基準を定めることができ,現在条例として設定・運営している自治体は,ソウル特別市,仁川広域市,大田広域市,済州島がある。
(以下,ソウル/仁川/大田/済州の順に掲載,また--は設定されていないことを示す)

亜硫酸ガス(SO2):年平均0.01/0.015/0.02/0.01ppm以下,24時間平均値0.04/0.04/0.06/0.04ppm以下,1時間平均値0.12/0.12/0.13/0.10ppm以下
一酸化炭素(CO):8時間平均値9/7/9/5ppm以下,1時間平均値25/20/25/13ppm以下
二酸化窒素(NO2):年間平均値0.04/0.04/0.05/0.027ppm以下,24時間平均値0.07/0.07/0.08/0.04ppm以下,1時間平均値0.14/0.14/0.15/0.10ppm以下
総粒子量(μg/m3):年間平均値--/--/90/--μg/m3以下,24時間平均値--/--/230/--μg/m3以下
微細塵埃(PM10):年間平均値60/60/50/60μg/m3以下,24時間平均値120/120/100/120μg/m3以下
オゾン(O3):8時間平均値0.06/0.06/0.06/0.06ppm以下,1時間平均値0.10/0.10/0.10/0.10ppm以下
鉛(Pb):3ヶ月平均値1/0.5/1/0.5μg/m3以下

以上です。ご参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく回答して下さり本当に有難うございます。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/07/16 09:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えて!一般廃棄物の焼却、溶融時に発生するばいじんはすべて産業廃棄物?

一定の能力以上の焼却炉や溶融炉から発生するばいじんは、大気汚染防止法上、産業廃棄物に分類されています。しかし、行政が運営する一般廃棄物対象の上記施設から発生するばいじんは一般廃棄物だと言う人がいます。間違いではないでしょうか。

Aベストアンサー

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及びこれらの廃棄物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)

別表3の14項 ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第一第五号に掲げる施設

同別表第一第5号
廃棄物焼却炉:火床面積(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの火床面積の合計)が0.5m2以上又は焼却能力(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの焼却能力の合計)が1時間当たり50kg以上のもの

以上から、通常発生するばいじん・燃えがらは特別産業廃棄物になります。
ただ、溶融炉で処理をされ、ダイオキシン類を含まない(基準以下)とされる場合は除外されます。
溶融時に発生するばいじんは、再度溶融炉に戻すのが一般的です。

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及び...続きを読む

Q自動車の硫黄酸化物(SOx)の排気規制は?

ディーゼル車導入を検討しているのですが

それにあたっていろいろ調べているうちに
ディーゼルはSOxを多く発生するとありました。

窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)に関する規制は
検索するとすぐにみつかったのですが、
SOxに関する規制は見当たりませんでした。

ディーゼル車のSOxを規制する法律や条例は無いのでしょうか?
ある場合はその規制値など教えもらえると助かります。

Aベストアンサー

SOxの排出量は、燃料に含まれる硫黄分そのものになります。燃焼状態にあまり依存せず、使った燃料分だけがSOxとして輩出されると考えてよいのです。
ですから、燃料となる軽油の硫黄分がコントロールされていれば濃度規制が行われたのと同じことになります。軽油の成分、性状はJISでコントロールされていますから、違法軽油(重油を混ぜたようなもの)を使用しない限り排出量も把握できます。
ですから、大防法では規制されていないし、一般に浄霊でも規制対象になっていないのです。

一方、NOxやPMは整備状態や燃焼状態によって大きく変動するので規制が必要なのです。

Q降下ばいじんで使う試薬

はじめまして。
早速ですが降下ばいじんで使用する試薬という事で
「硫酸銅溶液」0.02Nとあります。
溶液の作り方を教えてくださいませんか?
又、そういう濃度関係のサイトがありましたら教えてください。
環境化学を勉強してる新米です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おおっ、降下ばいじんですか。その硫酸銅の濃度を、どこから引っぱったのか不明ですが、ここでは、正しい濃度は必要ないはずですよ。藻が生えなきゃいい訳なので。弊社では、0.1Nを使用していますよ。なお0.02Nなら1.6gを1Lにすれば良いのではないのでしょうか?
たしか、
分子量(g)/価数=1N
だった気がします。
サイトですか?
この規定度っていうのが、もう国際単位ではないので厳しいかも知れませんよ。ごめんなさい。

Q医師の求人広告を掲載する事に何か法律上の規制等がありますか。

ネットで求人広告業を始めたいと思っています。
ところで、ネットや新聞求人広告に医師の募集が無いように思うのですが、何か、規制があるのでしょうか。
派遣は、現在禁止されていることは、知っているのですが。疑問に感じたので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 医師関係者しか読まない専門紙(たとえば日本医事新報)にはたくさんの求人募集があります。一般誌に医師免許があれば誰でもいいような記載がありますと、募集する病院の評判の低下を招くことになります。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/medipro/jmedj/iji/ijishinpo.html

Q環境影響評価法と条例の関係

産廃処分場建設予定地付近の住民です。
環境アセスメントについて勉強しているのですが、よく分からないことがあり、どなたか教えてください。

各県の環境影響評価条例で、法律にない規定(事前に書類を提出することや、住民への周知の方法等々)がある場合がありますが、環境影響評価法が適用される事業に関しては、条例に細かく規定したことは上乗せ規定となるのか、それとも条例の規定はまったく適用にならないのでしょうか。

県によっては、たとえば長野県のように「環境影響評価法第2条第2項に規定する第1種事業又は同条第3項に規定する第2種事業については、この条例の規定は、適用しない。」と明記している条例もあるようですが、このように明記していない場合でも、アセス法の対象事業には、条例の規定はまったく適用されないのでしょうか。

また、アセス手続きに入る前に、事前協議制などを敷いている県がありますが、それはアセスメントとは別の条例に基づいているのでしょうか。

Aベストアンサー

〉条例の規定はまったく適用されないのか?
 法律より厳しい条例の規制を上乗せ規制、法律にない条例の規制を横だし規制といいますが、裁判をして見なければ判断がつきません。産業廃棄物廃棄物行政の担当課(県の廃棄物担当課になります)に問い合わせしたほうがいいと思われます。

〉事前協議
 事前協議は基本的に行政指導です。(が、中には条例中に事前協議の場を設けることを求めているものもあります)
 そのため、事前協議を行わないから申請が出来ないわけではない(条例中にしなければならないと書いてあれば別ですが…)ことを覚えておくといいかと思われます。

Q押し売りを規制する法律は何という法律ですか?

「押し売り」を取り締まる法律は、何法になりますでしょうか?

いわゆる押し売り、といっても、タイプによって取締りの法律が違ってくるのでしょうか?

「昔ながらの強引に玄関に上がり込んで脅迫まがいに売りつける押し売り」

はもちろんですが、

「注文していない品物を送り付けて、こちらの情に訴えて、お金を払う方向に持っていかせるタイプの一見ソフトな装いの押し売り」

に困る事があります。

後者は毅然と訴えればよいのでしょうが、脅迫はせずに巧妙に断れない方向へソフトに持っていかせる押し売りを規制する法律はあるのでしょうか?
(頼んでいないものを送り付けること自体を取り締まる法律はあるでしょうか)

Aベストアンサー

 関連性の高い法律としては、「特定商取引に関する法律」と「消費者契約法」があります。

 特定商取引に関する法律は、前身が「訪問販売等に関する法律」で、現代の複雑な取り引き形態から生ずる様々な問題に鑑みてバージョンアップされたものとお考え下さい。
 消費者契約法は全ての取り引きについて、主に消費者保護の観点から定めたもので、契約締結までのプロセスに「困惑」などの定義が盛り込まれて、かなり消費者の権利を強化しているなどの特徴があります。

 この2つの違いについて気になるかもしれませんが、前者は各種の取り引きごとに定められる業法としての性格が強く、取り引きの形態や方法など、対象とするものの範囲が限定されています(割賦販売法や保険業法などと並ぶ)。後者は、全ての取り引きについて定めたものなので、イメージ的には前者の法律に覆い被さるような上位的法律といえます。

 専門家の方なら、もっと細かいところまで言及しそうですが、分かりやすくするためにかなり強引にまとめてしまいました。

 最後の「頼んでいないものを送り付けること自体を取り締まる法律はあるでしょうか」についてですが、残念ながらございません。もしあったら、ダイレクトメールなどの顧客開拓事業にまで影響してしまい、善良な企業の営業も大打撃を受けてしまうと思います。

 関連性の高い法律としては、「特定商取引に関する法律」と「消費者契約法」があります。

 特定商取引に関する法律は、前身が「訪問販売等に関する法律」で、現代の複雑な取り引き形態から生ずる様々な問題に鑑みてバージョンアップされたものとお考え下さい。
 消費者契約法は全ての取り引きについて、主に消費者保護の観点から定めたもので、契約締結までのプロセスに「困惑」などの定義が盛り込まれて、かなり消費者の権利を強化しているなどの特徴があります。

 この2つの違いについて気になるか...続きを読む

Q環境影響評価(環境アセスメント)方法書などを情報開示請求で入手できますか?

民間企業の環境影響評価(環境アセスメント)方法書などを情報開示請求で入手できますか?

関心のある事業の方法書が縦覧されているのですが、縦覧時間が平日の8:30~17:00に限られています。

そこで情報開示請求はどうかと思いついたのですが、公文書だったら情報開示請求でコピー入手できると思いますが、民間企業の文書は情報開示で手に入れることはできるでしょうか?



※余談ですが、市役所の人に電話で尋ねた時のやりとり
「ちょっとお伺いしたいのですが、○○の書類が縦覧されていると聞いたのですが、時間は何時から何時ですか?」
「平日の8:30~17:00です。土日はありません」(きっぱり)
「そうですか・・・。平日の昼間は仕事があるので見に行くのが難しいのですが・・・」
「(縦覧は)市役所の空いている時間だけです」
「・・・貸出とかコピーはできないでしょうか」
「できません」(キッパリ)
「・・・・・・」
「よろしいですか」
「あ・・・はい」
「ガチャ」

単に書類を読みたくて、しかもなるべく丁寧にお尋ねしたのに、ほとんどクレーマー扱いの対応でした。「すみません。できないんですよ」とか「○○なのでできないんですよ」と、一言あればこちらも嫌な思いをしなくて良いのに。私も客商売をしていますが、「すみません。○時閉店なんですよ」という一言、当たり前じゃないですかね

民間企業の環境影響評価(環境アセスメント)方法書などを情報開示請求で入手できますか?

関心のある事業の方法書が縦覧されているのですが、縦覧時間が平日の8:30~17:00に限られています。

そこで情報開示請求はどうかと思いついたのですが、公文書だったら情報開示請求でコピー入手できると思いますが、民間企業の文書は情報開示で手に入れることはできるでしょうか?



※余談ですが、市役所の人に電話で尋ねた時のやりとり
「ちょっとお伺いしたいのですが、○○の書類が縦覧されていると...続きを読む

Aベストアンサー

民間企業の文書は情報開示で手に入れることはできるでしょうか?

該当企業に聞いて下さい


ここで聞いても誰も判りません
回答ができるのは該当企業だけです

QYou Tube等から著作権のある動画や音声をダウンロードする行為は著作権法等の法律に違反しないのでしょうか?

 You Tubeに投稿されている著作権のある動画や音声をダウンロードすることは著作権法などの法律に違反しないのでしょうか?
 おそらく著作権のあるものを投稿するのは著作権法違反でしょうがダウンロードする行為についてはどうなのでしょうか? 

Aベストアンサー

著作権を侵害する行為は制作者に無断で使用することなので,ダウンロードすることに対しては違法性は問われません。

しかし,最近はダウンロード自体も違法となるような改正案が検討されているのも事実のようです。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20071030/1003993/

Qアイスランドの火山が大噴火によって発生した火山灰の環境への影響は?

アイスランドの火山が大噴火によって発生した火山灰の環境への影響は?

今、火山灰が話題になっていますが、火山灰は環境に悪影響を与えるのでしょうか?

水を汚すなど

Aベストアンサー

噴火の規模が大きいと大気中の火山灰の量も増え、環境への影響も大きくなります。
オゾン層を破壊したり、地球の平均気温を下げたりします。

平均気温が下がるというのは、地球の大半で変化がないが
一部で大きく下がる…という事を意味します。
コンマ何度の低下でも平均気温の変化が与える影響は大きい。

火山は同時に大量の二酸化炭素を出しているハズだが
短期的に見るとCO2の温室効果より、エアロゾルの日照低下による気温低下の方が上回るようです。

今回のアイスランドの火山(難解名称山らしいw)の噴火による火山灰の影響が
そこまであるかどうかは不明ですが。

Q一般廃棄物の輸出入を規制する法律

産業廃棄物でなく一般廃棄物の輸出入を規制する法律は何でしょうか。

Aベストアンサー

廃棄物処理法に基づき
廃棄物の輸出入には環境大臣の許可が必要(第10条、第15条4-5)です

第十条  一般廃棄物を輸出しようとする者は、その一般廃棄物の輸出が次の各号に該当するものであることについて、環境大臣の確認を受けなければならない。

第十五条の四の五  廃棄物(航行廃棄物及び携帯廃棄物を除く。第三項において同じ。)を輸入しようとする者は、環境大臣の許可を受けなければならない。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報