簿記初心者です。

決算で利益が発生した場合、資本金を増やさずに未処分利益または積立金名称で残すと文献に有ります。
損失が発生した時はどう処理するのでしょうか。
やはり資本金を減らさずに、未処分損失で繰越していくということで良いのでしょうか。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

損失が発生した場合も、基本的には同じで、「当期未処分利益」が「当期未処理損失」になるだけです。



「剰余金処分計算書」でも、同様の処理をします。

前期繰越未処分利益 11,000,000
当期未処理損失 10,000,000
次期繰越未処分利益 1,000,000
又は、
前期繰越未処分利益 1,000,000
当期未処理損失 10,000,000
次期繰越未処理損失 9,000,000
と、なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資本金は変動させず、当期未処理損失で処理するわけですね。
有難うございました。

お礼日時:2001/07/13 11:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利益積立金額及び資本積立金額の計算に関する明細書

別表五(1)で質問がございます。

当期利益処分等による増減の欄で、前期繰越利益+当期利益の合計額を繰越損益金として記載する理由と、当期に計上した未払法人税の金額をマイナスで未納法人税として記載するのはなぜなのかわかりません。
また、中間納付した法人税の金額を、未納法人税として当期中の増減の減・増ともに記入している理由がわかりません。とくに減として記入している理由がわかりません。

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

こんばんは。

利益積立金額は法人税課税済み、所得税未清算のものをいうのですが、
別表5(一)の1はその利益積立金額の明細なので、簿記でいう貸借対照表のようにストック面の視点から見ていかないとやっかいです。よって税金の支払額が・・・といったフローの視点はなくしたほうが分かりやすいと思います。


まず、「当期利益処分等による増減」欄の「繰越損益金」の欄は、本来は当期にかかる利益処分の次期繰越利益の記載する場所です。

大半の中小企業のように利益処分を行わないのであれば、mickychanさんの言うとおり、前期繰越利益に当期純利益を加算、つまり会計上の当期未処分利益を記載すればいいのですが、
実際は積立金の取崩額などがあれば前期繰越利益にプラスし、役員賞与、配当があればマイナスした次期繰越利益の記載場所なのです。


未払法人税額がマイナスなのは、説明にならないかもしれませんが、未払法人税は条文上、利益積立金額から減算することとされているのでマイナスになります。それにより、一番右下に当期の利益積立金額の残高が明らかになります。


また、未納法人税等の欄ですが、少しルールが特殊になっています。
中間法人税をどちらにも記載するのは、申告書の(2)の減欄は実際に納付した法人税額を記載するところで、(3)の増欄は当期に納税義務が発生した中間法人税額を記載するところと、それぞれ意味があるので、中間分に関してはどちらにも記載されるのですね。

ちなみに、
(1)欄は滞納がなければ前期の別表1の確定法人税額が記載されます。
(2)欄は当期中に納付した法人税(前期確定分、当期中間分で実際に納付した額)を記載します。
(3)欄は当期中に納税義務が発生した中間法人税を記載します。
(4)欄は当期の別表1の確定税額を記載します。
(5)欄は前期確定分、中間納付分に滞納がなければ当期確定分が記載されます。

で、申告書にも書いてあると思いますが、(1)-(2)+(3)+(4)=(5)という構造になっています。


試験に合格して以来、最近はパソコンに頼りきりなので、少々説明がおかしいところがあるかもしれませんがご容赦ください。

こんばんは。

利益積立金額は法人税課税済み、所得税未清算のものをいうのですが、
別表5(一)の1はその利益積立金額の明細なので、簿記でいう貸借対照表のようにストック面の視点から見ていかないとやっかいです。よって税金の支払額が・・・といったフローの視点はなくしたほうが分かりやすいと思います。


まず、「当期利益処分等による増減」欄の「繰越損益金」の欄は、本来は当期にかかる利益処分の次期繰越利益の記載する場所です。

大半の中小企業のように利益処分を行わないのであれば、mic...続きを読む

Q「任意積立金」「未処分利益」の使用停止

日銀のサイト http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji_new/nt_cr_new/re0607a.htm によると、次の言葉の使用を停止したとあります。

任意積立金
未処分利益

これは、民間金融機関以外の企業(つまり、一般企業)の貸借対照表における表現もこのように変更されたということでしょうか。

Aベストアンサー

18年5月決算以降は、会社法に対応した会計基準が適用されることになる。例えば、損益計算書のボトムが変更され、従来の「未処分利益」は株主資本等変動計算書の「繰越利益剰余金」になるなどの変更がある。

参考URL:http://www.zeiken.co.jp/wacc/acc20060220_01.htm

Q資本金と未処分利益のあつかい・再度お願いします

小さな有限会社を設立し2回目の決算申告の作業を現在弥生会計03でやっています。

前期(1期)の決算で未処分利益が50万ほど出ました。今期(2期)の途中から会計ソフトを使い始めました。

今期会計ソフト導入の初期入力の際に前期決算の繰越で勘定科目残高入力の際に資本金に前期の未処分利益をたした資本合計を入力したために今期決算で資本金が350万になっています、おかしい気がしています。前期の未処分利益の処理を別の科目で処理しなければいけなかったのではないでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

勘定科目に「未処分利益」はありませんでしたか?資本金と合計しての入力は誤りです。繰越済みですので当期に

借方 資本金●●●●円  貸方 未処分利益●●●●円

と起票し、入力しましょう。

Q利益処分の積立金の意味

お世話になります。

利益処分の際、積立金と次期繰越利益として会計士さんの方で処分しているのですが、何の為にこのように分けるのでしょう?全て積立金、もしくは逆では何か不都合があるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

一言で言えば、積立金は社内留保、繰越利益は社外流出ということになりましょうか。会計学上、利益は社外に流出してしまうものという認識からですね。

従って、全てが積立金だと利益から生み出された資金が使えなくなるということを理論上意味しているのでこれは不具合だろうと思われます。

Q繰越利益剰余金と当期利益が全くバランスしない

ある特例有限会社の決算書の細部を見ているのですが、いくつか不明点があり、色々調べていても解決の糸口がわからず、どなたかにヒントでも頂ければとおもい投稿させて頂きました。


 Q.繰越利益剰余金(B/S)と当期利益(P/L)は基本的に近い値でバランスすると思っていたのですが、前者 5100万、後者 350万と全く違うんです。これは特に問題ないのでしょうか?

またどういう処理をすればこういうことがおこるのでしょうか?


ちなみにB/Sはざっくり下記のようになっています。(単位:千円)

 <資産>
  流動 110,000
  固定 120.000

 <負債>
  流動 54,000
  固定 36.000

 <純資産> 140,000
   内 別途積立金   85,000
     繰越利益剰余金 51,000



顧問税理士さんに直接聞ければいいのですが、私の立ち位置だとそういうわけにも行かないため、ここで何かしらヒントを頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

B/Sの繰越利益剰余金51,000は、P/Lの当期利益350を含んでいます。

以前は、B/Sに、当期未処分利益51,000、(うち当期利益350)と表示されましたが、最近はカッコ書きが省略されるようになったので、分かり難くなりましたね。

それでも株式会社の場合は「株主資本等変動計算書」を見れば繰越利益剰余金の内訳が分かるのですが、”特例有限会社”の決算書には、株主資本等変動計算書は添付されているですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報