マンガでよめる痔のこと・薬のこと

漢字の「十」の読み方についての質問です。

例えば「十時十分」は、「じゅうじ・じっぷん」と読むのが正しいようですが(NHKのアナウンサーはそう発音しています)、「じゅうじ・じゅっぷん」ではいけないのでしょうか? それとも、この「じゅっぷん」という言い方は、方言でしょうか? 因みに、私は北関東の人間です。こちらでは、みんな「じゅっぷん」と言っていますが・・・。

他にも、「10点」「20本」「30個」、また「十指に余る」とか「モーセの十戒」「十干十二支」「十返舎一九」などなど。時代物の単語の読みは、「じゅっ」ではなくて「じっ」だという説もありますが、どうなのでしょうか?

私は理系の人間で、国語は素人なので、その辺どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

NHK発行のアナウンス教本には、「じってん」「にじっぽん」などと発音するように書かれているそうです。


国語教育審議会でも、同じ考えなんだとか。
下のサイトでも以前、話題になってました。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200312/2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

ご紹介のサイトを見させていただきました。とても参考になりました。この話題は、きっと繰り返し取り上げられる類の話題なのでしょうね。小学校の先生が、「読むときは「にじゅっこ」、書くときには「にじっこ」としなさい」と指導していたとか、パソコンでは普通、「じっこ」でも「じゅっこ」でも「十個」が出てくるが、「じっこ」では出てこないバソコンもある!とか・・・。要するに、今ちょうど「読みが揺れている」真っ最中の言葉なのでしょうね。何年か何十年か後に、どうなっているかが楽しみです!? ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 11:25

いえ、調べたのではなく、たまたま文化庁のページを見ていたらありましたので、掲載しました。



蛇足について。
昔からというのは録音機がないので確かにこうだと言うのは難しいですね。「ジフ」が「ジュウ」に変わり始めるのは、平安末期からとされていますから、それ以前は仮名遣いどおり「ジフニシ」だったのでしょうね。
以前にも書きましたが、漢字は中国語ですので、もともと発音が違うのです。もともとはおそらく「zip」のような発音でした。ですから、「ジッ」の方が古い語形に近く、「ジュウ」は日本語の発音変化のなかで新しく生まれたものです。
ただ「十」という漢字も特別です。他のpで終わる漢字は、「急患(キフカン)」を、「キッカン」とは言わず、「キュウカン」と言うように、新しい語形に置き換えられました。なのに「十干」は「ジュウカン」とならず、「ジッカン」の発音を残したままです。
別の方向に変化したものもあります。「立(リフ)」は、「リッ」の発音を残しており、「立憲(リッケン)」のように使います。ですが、他の語につく発音も「フ」をやめて「ツ」にし、「リツ」で統一していしまいました。
「十」は、古いものと新しいものの二つの形を持っているということです。

この回答への補足

この場をお借りして、ご回答をくださった皆様に質問者よりお礼を申し上げます。
私も、小学生の子供から「じっぷん」聞いて、青天の霹靂だった者です。でも、皆さんの話を色々と聞いて、同じ感じの人がほとんどなのだな、とちょっと安心しました。この話題は、まだ何年間も繰り返し取り上げられる話題なのでしょうね。
色々なご意見・ご感想を、どうもありがとうございました。

補足日時:2004/10/18 23:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答いただき、大変ありがとうございました。
また、蛇足についても詳しくご回答いただき、とても参考になりました。言葉というのは、なかなか一筋縄ではいかない、理屈だけでは説明のつかない面を持つものなのですね。
同じ「じゅう」という発音を持つ漢字に「重」という字がありますが、「重点を置く」という場合も「じゅってんをおく」とは言いませんよね。そして、「十点を取る」の方は「じゅうてんをとる」とは言いません。「十」という漢字は、やはり特別なのでしょうね。
いずれにしろ、勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/16 12:52

#9です。

文化庁の「国語に関する世論調査」で、「十匹」の発音について、「じっぴき」23.3%、「じゅっぴき」75.1%だそうです。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/15_yoron.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と調べていただいたようで、ありがとうございます。早速、参考URLを見させていただきました。こんなwebページがあるとは知りませんでした。
やはり今は、4人に3人が「じゅっぴき」のようですね。それも、「じっぴき」と言うのは年配の方に多いようですから、やはり若い世代では殆ど「じゅっぴき」なのでしょうね。
また世代別の表を見ると、この「じゅっぴき」と言っている割合が、戦後生まれと思われる世代から、急に高くなっているような気がしますが、やはりこの「じゅっぴき」という言い方は、戦後になってから広まってきた言い方なのでしょうかね。いずれにしろ参考になりました。ありがとうございました。
なお蛇足になりますが、昔は例えば、「十干十二支」は「じっかんじゅうにし」と言っていたのでしょうか。つまり、昔から「十」の読みは、「じっ」と「じゅう」の2つがあったのでしょうか? そして、もし昔は「じっ」という読みしかないとしたら、例えば「十干十二支」は、どう発音していたのでしょうか? 何か、急に気になりました。

お礼日時:2004/10/15 20:43

>例えば、「1m70cm」なども、「いちメートル、ななじっセンチメートル」と言う方がよい、ということでしょうか。



 明らかな数字の組み合わせとして、またセンチメートルという外来語由来の言葉の前では、ここでは歴史的仮名遣ひの「じふ」由来の本来の言葉ではなく、現代仮名遣いの「じゅう」に基いて、「ななじゅうセンチ」か、その音便の「ななじゅっセンチ」になってしまってもおかしくないのかも知れません。
 会社の数字においても、四半期を分けて10から12月の第三四半期=「十先」のことを、「じっさき」という人はむしろ稀で、殆んどの人が「じゅっさき」と呼んでいますし。

 測量などで長さの単位をわざと日本語化させて、1m70cmを→「1米70銭」と読み上げる場合ですと、「七十」は「しちじゅう」「ななじゅう」「ななそじ」と読みますから、「ななじっせん」「しちじっせん」となるのでしょうね。

 「じっ」と読む場合は、あくまでも歴史的仮名遣ひの「じふ」由来での発音上の便宜から、もとの音と違ってこの場合では促声(促音)となる時に限るのですから、現代仮名遣いで「じゅう」とあてた時点で、このような音便の消失やゆらぎは避けられなかったのではないでしょうか。
 
 促音:「日本語の音節の一つ。原則として語中の清音カ・サ・タ・パ行音の前でその子音の閉鎖音または摩擦音と同じ調音の態勢で一音節分の休止または持続があること」(小学館「国語大辞典」)
 1.カ行音
 十誡(じっかい)、十錦(じっきん)、十訓(じっくん)、十傑(じっけつ)、十個(じっこ)、十国峠(じっこくとうげ)。
 2.サ行音
 十歳(じっさい)、十種(じっしゅ)、十指(じっし)、十進法(じっしんほう)、十銭札(じっせんさつ)。
 3.タ行音
 十袋(じったい)、十中(じっちゅう)、十手(じって)、十哲(じってつ)、十徳(じっとく)。
 4.パ行音
 十把一絡げ(じっぱひとからげ)、十服(じっぷく)、十返舎(じっぺんしゃ)、十方世界(じっぽうせかい)。

 千葉県の松戸覚之助氏が19世紀末に発見して来世紀の梨だと期待して命名した際は「にじっせいき」と呼びあったでしょうが、あれから100年余を経ての今日、「にじゅっせいき」との大方の呼び方をどう受け止めるものでしょうか。名前はどうあれ、これだけ日本梨の代表として全国家庭に食されていることをこそ喜んでいることでしょう。

 ですから、「じっ」と読むのは、今となっては基本に忠実にして伝統に親しんでいるという、その話者の人柄の発露なのかも知れないと、もはや褒めてあげるべきことなのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答をありがとうございました。ご連絡が遅くなりました。
やはり、算用数字を使った「10個」とか「20本」「30点」、および、外来語に絡む「10cm」とか「20kg」「30t」などのような場合の発音は、「じっ・・・」ではなくて、「じゅっ・・・」でも許されてもいい感じですよね。それに比べると、歴史的な背景を持つ「十干十二支」とか「十返舎一九」「十手」などは、やはり「じっ・・・」と読むのがいいかもしれません。・・・梨の「二十世紀」の場合は、どうなのでしょうね。
いずれにしろ、丁寧なご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 20:55

字典に「じっ」は載っているけど「じゅっ」は載っていないからだめというのは根拠になりませんよ。

この理屈を認めると「六回」を「ろっかい」と読んではいけないことになってしまいます。

歴史的仮名遣いの観点から見ると、JW500さんの提示したURLの文章にあるように、「じふ→じっ」が正しいということになるのですが、現代仮名遣いを常用する現代人にとっては「じゅう→じゅっ」のほうがむしろ合理的で、それを否定する積極的な理由はないわけです。

この回答への補足

ご指摘をありがとうございました。
私は理系の人間で、国語については全くの素人で申し訳ないのですが、ご指摘の「六回」を「ろっかい」と読むのは、いわゆる「促音便」というものではないでしょうか? 違うかもしれないのですが・・・。本来「ろくかい」と読むべきを、読みづらいので「ろっかい」と発音するようにしている、というのでは?(済みません。よく判りません。)
ですから、同じような理屈で、「十回」を「じゅうかい」(重箱読み?)と読ませるのであれば、読みづらいということで、それこそ促音便で「じゅっかい」と発音するようにした、という考え方でも、筋は通っている気もするのですが。どうなのでしょう?(きっと間違っているでしょうね。)
いずれにしろ、ご指摘をありがとうございました。 

補足日時:2004/10/11 13:20
    • good
    • 1

「十」は歴史的仮名遣いで「ジフ」と書きます。

このように「フ」で終わる他の漢字を見ればわかります。たとえば「執(シフ)」は、「執着」では「シュウ」、「執行部」では「シッ」であって「シュッ」ではありません。「合(ガフ))」は、「合意」では「ゴウ」、「合併」では「ガッ」です。ですから、「十」も「十分」では「ジップン」とならなければなりません。

漢字というのはもともと古代中国語です。そして日本語と違って英語のように子音で終わる発音がたくさんありました。今の漢字の二音目が「フ(-p)、ツ、チ(-t)、ク、キ(-k)」で終わるものです。日本語で子音で終わる音は難しいですから、「print」を「purintoプリント」とするように、母音を挿入しました。たとえば「学」は「gak」といった発音だったのでしょう。それを「gakuガク」にしました。学問は「gakmon」でしょうが、日本語として発音が難しいので、母音を挿入して「gakumon」学問にしました。しかし学校は「gakkou」とそのまま発音できますので、母音を挿入せず、ガッコウと読んだというわけです。「十分」も「zippun」ですから「ジップン」になるわけです。

しかし、このpの音は日本語の変化のなかで大きく変わりました。zip→zipu→zifu→ziuとなって今の「ジュウ」になりました。また「立(リフ→リツ)」「執(シフ→リツ)」のように「フ」が「ツ」に変えられるものも出てきました。そこで古い語形を残したものと変化した音での発音が両立するようになったのです。「十分」も「ジュウブン」と「ジップン」二つの形があります。さらにこれが混ざって「ジュップン」という言い方が現れたわけです。この発音がかなり定着したようですが、まだ正式に正しいと認められるには至っていません。将来はこの漢字だけ例外で認められるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答をありがとうございました。
やはり学問的には、「じゅっぷん」は正しくないわけですね。だから、NHKや国語教育審議会などでは、まだ(?)認められていない言い方なのですね。
しかし、例えば「消耗」や「輸出」のように、誤用が慣用的に使われているうちに認められていったように、このままの状況だと、いつか認められる日がも来るかもしれないわけですね。良いか悪いかは別として・・・。
ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 12:54

NO.7です。



「わたしもいつも完璧な日本語を使っているわけではありませんが、できたら正しい日本語を使っていきたいと思っているのでこのような回答になりました」
とえらそうに下に書いておりますが、お気づきかもしれませんが、実は「こんにちわ」も正しい日本語ではないのです。矛盾しておりますが…

それはわかった上でわざと使っております。ですので、上の言葉に説得力はないのですが、個人的に「じっ」という言い方が好きだったのです。だから、この十の件に関しては「本当はじっ」なんですよ。ということだけ知ってほしくて投稿しました。

再び失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答をありがとうございました。
私も、「こんにちわ」か「こんにちは」で、いつも迷います。今回の件は、どちらが元々正しいかは別として、使い方については、やはり好みの問題かもしれませんね。私は、「じゅっ」という言い方のほうが好きな(、というか馴染んでいる)のですが・・・。
いずれにしろ、再投稿のご主旨は、理解いたしました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 12:35

こんにちわ。



NO.5さんの言われるとおり、十の読みには「じゅっ」という読み方はありません。
ですからquantum2000さんが例にあげてらっしゃる「十指に余る」「モーセの十戒」「十干十二支」「十返舎一九」をわたしが読むときは全て「じっ」と読みます。

わたしは30代女性、九州出身ですが、例えば、知っている地名で「二十町」というところがありますが、そこは昔から「にじっちょう」としか読みません。

この先「いずれは「じゅっこ」が正しい、というようになっていく」かどうかはわかりませんが、個人的には変わってほしくないなと思っています。
何でもわかりやすければそれでいいというのは違うような気がします。
わたしもいつも完璧な日本語を使っているわけではありませんが、できたら正しい日本語を使っていきたいと思っているのでこのような回答になりました。

気にさわられたらごめんなさいね。参考までに書き込んでみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。

こちらにも、「三十町武」という名前の店があります。「さんじっちょうぶ」と読むようです。仰せの通り、こうした言葉は、昔はすべて「じっこ」とか「じっぽん」と言っていた訳です。いつから、「じゅっこ」とか「じゅっぽん」と言う人が出てきたのか判りませんが、その理由は「言いやすい」とか「語感がいい」とか、色々あるかもしれません。

私も正しい日本語を使っていきたい(、伝えたい)、というお考えに賛成です。しかも、30代という比較的若い世代の方が、そのように考えていらっしゃるのは、とても嬉しい気がしました。ご回答を、本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 12:20

こんにちは



そもそも「十」には音読み:ジュウ・ジッ 、訓読み:とお・と  しかないので理論的には「じゅっぷん」にはならないはずです。

自分は小学生の時に「じっぷん」と習った記憶があります。思うに、正式な発音は「じっぷん」だったけれども「いち、に、さん…じゅう」の「じゅう」の影響で「じゅっぷん」と誤用されるようになりそれが一般に定着したのではないでしょうか?なまじ「じゅう」という読み方があるだけに意外と気付かない人も多いと思います。

ちなみにNHKも曖昧なようですが…。

参考URL:http://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答をありがとうございました。ご返事が遅れて申し訳ありません。

私も国語の得意な友人に聞いたところ、音訓表に「じゅっ」という読みはないので、「じゅっ・・・」という読みは間違いだ、と言われたのです。促音便の一種ではないのか、とも言ってみたのですが・・。確かに、「じゅう」という読みがあるので、それが災いしているのでしょうね。

また、アナウンサーの件ですが、確かにNHK以外のアナウンサーは、「じゅうじ・じっぷん」とかは言わないですよね。

ご紹介していただいたホームページも、見させていただきました。「『じっぷん』を普及する会」なるものがあるとは、知りませんでした。会長さんは、「じゅっぷん」という発音は、「かなりキタナイ発音に聞こえてしょうがない。」とおっしゃっていますが、私などは、「じっぷん」の方が「何となく古くさくて、あか抜けていない発音に聞こえてしょうがない。」のですが・・・。確かに、好みの問題かもしれません。例えば、「1m70cm」なども、「いちメートル、ななじっセンチメートル」と言う方がよい、ということでしょうか。・・・私はどうも、「普及する会」の会員にはなれそうにありません。

ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 11:00

私が全国各地出身の人と話した経験上、「じゅっ」と発音する人がほとんどで、「じっ」と発音する人は1割にも満たないです。


ですから方言ではありません。

私も気になって、今、国語辞典を調べてみたら、
「十干」は「じっかん」と「じゅっかん」の両方が載っており、
同様に、
「十戒」と「十進法」も、「じっ」「じゅっ」両方の見出しがありました。

ですから、両方正しいということで。

この回答への補足

早々にご回答をいただき、ありがとうございました。ご連絡が遅くなり、申し訳ありません。

やはり現状は、日本中で「じゅっ」と発音する人がほとんどのようで、取りあえず安心いたしました。また、辞書を調べていただき、ありがとうございました。私はお恥ずかしながら、辞書も引かずに質問したので、気になって私も引いてみましたが、岩波書店の広辞苑(第二版)には、見出し語としては「じっかん」とか「じっかい」しか載っておらず、「じゅっかん」とか「じゅっかい」は載っていませんでした。(済みません。辞書を見たら、モーセの「十戒」は、「十誡」が正しいようでした。)「十・・・」という言葉が、「じゅっ・・・」という見出し語で載っている例は、広辞苑には1つもありませんでした。

やはり、「十」に対する読みの「正答」と「現状」が余りにもずれているので、辞書によって見解の相違があるのでしょうか?

補足日時:2004/10/11 10:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字、「十回」の読み方について・・・

こんにちは。
漢字の読み方について質問させてください。

新小学1年生の子供が塾へ通っています。
先日、漢字ドリルの宿題で、漢字に読みがなをつける問題がありました。
問題は「かんじを 十かいずつ かく」とあり、十によみがなをつけるものです。

息子は、その問題の解答として、「じっ」と読みがなをつけました。(十回→じっかい と読む)

その日、塾から持ち帰ってきたドリルを確認したところ、「じっかい」→×がついており、赤ペンで「じゅっ」じゅっかい→○と訂正されていました。

現在、小学校などでは十回→「じゅっかい」が正しく、「じっかい」は不正解と教えているのでしょうか?

(息子は塾通いを始める前まで、学研教室へ通っていました。そこでは、「十回→じっかい」と学びましたし、私も辞書で確認しましたが、「じっかい」と読むのが正しいと思っていました)

Aベストアンサー

読み仮名をつけるときは

○「じっ」
×「じゅっ」

です。

http://hon.gakken.jp/reference/column/Q-A/article/100120.html

上記にも

”国語の教科書や漢字ドリルなどでは、「ジッポン」「ジッカイ」と読むように指導が行われています”

と書いてありますから「学校の指導内容と異なる内容を教えるな」とクレームを入れましょう。

てゆか、そんな「適当なことを教える塾」では安心できませんから、塾を変えた方が良いと思います。

クレームを入れても「別の内容で、また同じような間違いを繰り返すだけ」なので、殆ど効果が無いです。

Q10分は”じっぷん”と”じゅっぷん”ではどちらが正しいの?

日本語の正しい読み方はどちらでしょうか?
ワードで変換すると、どちらでも正解の
ようですが、実際の国語教育では
どうなのでしょうか。
ちなみに、私は、「じゅっぷん」としか
言いようがないと思っていましたが、
間違いでしょうか。

Aベストアンサー

正式には「じっぷん」ですが今では「じゅっぷん」でもいいそうです。
しかし漢和辞典で「十」の字を調べると「じっ」とはありますが「じゅっ」とは
載っていないんですよね。

十進法、十手、十中八九、十指、などの読みもすべて「じっ」が正式な読みとなっています。

テレビやラジオのニュースでのアナウンサーや野球中継でのアナウンサーも
半分以上の方が「じっ」と発音しているようです。
野球中継ではよく十という言葉が使われるので(十本とか十回など)
注意して発音聴いてみるといいです。

Qアナウンサーの日本語「じっぷん」「にじっぷん」について

特にNHKを見ていて思うのですが、10分を「じっぷん」、20分を「にじっぷん」、25分を「にじうごふん」と言っていますね。

これが現代の正しい日本語の標準語なのでしょうか?
決めたのは文部科学省ですか?
あるいはマスコミ特有の標準語ですか?

常日頃、正しい日本語を話したいと思っているので質問させていただきます。私を含め周囲の人間(東京に住んでます)はそれぞれ「じゅっぷん」「にじゅっぷん」「にじゅうごふん」のように"y"の音を入れて発音するのが一般的なのですが、間違いであるなら直そうと思っています。もちろん、他人には強制するつもりは有りません。あくまでも自分としては、ということで。(^^ )

Aベストアンサー

jedimaster さん、こんにちは~☆

お悩み解消に役立つ、サイトがありましたよぉぉーー。

【じっぷんorじゅっぷん】

http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML

上記URLからの引用です。

「十」という漢字の読みとしては「じゅう・とお・じっ」というのが出ている。
「じゅっ」という読みはないのである。
したがって「10分」は「じっぷん」とは読むが、
「じゅっぷん」とは読まないのが正しい。

# なるほどぉぉーー!

ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC7.HTML

Q「10個」の読み方

「10個」はなんと読むのですか。「じゅっこ」ですかか、「じっこ」ですか。僕は、ずっと、「じゅっこ」だと思っていましたが、小3の子が「じっこ」と言い張るのです。たまたま、幼児用玩具をみていたら、「じっこ」という記載がありました。正しい日本語はどちらでしょうか。数字を数えるとき、「いち、にい、さん、・・・きゅう、じゅう」なので、「じゅっこ」だと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

学校では「じっこ」が正しいと教えているようです。
ちなみに、「十手」も「じって」なのだそうです。

No.2さんのおっしゃるように、たしかに耳慣れない読み方ですね。
NHKでは「じっこ」と言っているようですが。。。
私もNo.2さんと同様、「じっこ」という発音には違和感を感じ、イライラします。

この例に限らず、NHKや国語審議会が正しいと認めたものが、大多数の人が「?」と感じるものであったりすることは少なくないと思います。

例: 「木の葉」→NHK式では「このは」
 「木・の・葉」なんだから、素直に「きのは」で良いのでは?

Qアナウンスでは「20頭」をなんと読みますか?「にじっとう」ですか?「にじゅっとう」ですか?? コンク

アナウンスでは「20頭」をなんと読みますか?「にじっとう」ですか?「にじゅっとう」ですか??
コンクールが近いので急いでます!!

Aベストアンサー

従来からの正しい読み方は「にじっとう」でした。
いまでは「にじゅっとう」でも間違いではないとされるようになりました。
アナウンスでは「にじっとう」としたほうが無難です。

Q10点って何て読む?

小1の母です

10点ってどうやって読みますか?
じってん じゅってん?

私はじゅってんって読んでいたのですが・・・。

なな しち と同じような・・。

この頃って基本的なことを学んでくるので、こっちが??ってなることが多くて困ってしまっています
親から日本語が乱れている~

教えてください

Aベストアンサー

じってん、です。
「じゅう」という読み方はあっても「じゅっ」という読み方はありません。
「十回」「十階」「十戒」すべて「じっかい」です。

Q10分と書いてなんと読みますか?

私の子供(小学一年)が学校の国語で10分を「じゅっぷん」と読んだら「じっぷんですよ」と注意されたそうなんです。30分も「さんじっぷんです」といわれたそうです。「さんじゅっぷん」ではダメなのでしょうか?もしダメだとすれば10個と書いて「じっこ」でしょうか?「じっこ」っておかしくないですか?私は子供のころから「じゅっぷん、さんじゅっぷん、じゅっこ」と言ってきました。私が間違って覚えていたのでしょうか?確かにおばあちゃんは「じっぷん、さんじっぷん」と言っていますが。誰か国語に詳しい方教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ネットで調べると諸説色々ありますが、僕がTV関係の仕事をている時は、アナウンサーやナレーターは「じっぷん」と読む人多かったですね。
僕が指摘すると、「アナウンサー研修ではじっぷんと読むと教わりました。」と涼しい顔で言われました。

まぁ、NHKのアナウンサーもそう読むらしいし、学校でもそう指導するという話はチラッと聞きましたが、普通の会話の中では、ほとんど「じゅっぷん」って言ってますよね。
みんな言うんだから、デファクトスタンダードでいいじゃないですか、と個人的には思うなぁ。

Q「十」のよみがなについて

小学校一年生の漢字のよみがなで質問です。
「十」の音読みはジュウ、ジッとなっており、十匹の場合には、「じっぴき」を正解としていますが、実生活では「じゅっぴき」と発音しています。
 そのため、こちらも間違いではないように思えますが学校のテストでは、「不正解」となってしまいますか?

Aベストアンサー

十は、今では「ジュウ」という仮名遣いで表記されるのが普通ですが、もともとは「ジフ」ですよね。(もしピンとこなければ辞書で確かめてください^^)

ジフ+匹(ピキ)で、促音便(小さいツ)が起こり
「ジフヒキ」⇒「ジッピキ」というわけです。

こういう例は、たくさんあって、

執(シュウ)⇒執行(シッコウ)
牛(ギュウ)⇒牛車(ギッシャ)
蟄(チュウ)⇒蟄する(チッスル)

などなど。もっとよく使う言葉を思いつきませんでした^^;


「十匹」の場合、
促音便が生じないなら「ジュウヒキ」という形になるはずで
促音便が生じるならやはり、「ジッピキ」となるのが普通で、「ジュッピキ」となるのは少しおかしいのです。
「なぜ」といわれれば、日本語のもともと持っている性質がそうだからです。

「ジュッピキ」と言って現に通用していることについては、正しい間違いはないと思います。

ただ、学校でなぜ「ジッピキ」と教えるかについては、きちんと学術的な根拠があるので、「ジュッピキ」は不正解とされるかもしれませんね。それは、単に政府(?)の方針によって決められることだと思います。

また、学校の資料で、まるで「十」に「ジッ」という読みがあるように書いてある場合がありますが、上述のように「ジュウ」という読みが、促音便によって「ジッ」となっているという理解が正確と思います。

十は、今では「ジュウ」という仮名遣いで表記されるのが普通ですが、もともとは「ジフ」ですよね。(もしピンとこなければ辞書で確かめてください^^)

ジフ+匹(ピキ)で、促音便(小さいツ)が起こり
「ジフヒキ」⇒「ジッピキ」というわけです。

こういう例は、たくさんあって、

執(シュウ)⇒執行(シッコウ)
牛(ギュウ)⇒牛車(ギッシャ)
蟄(チュウ)⇒蟄する(チッスル)

などなど。もっとよく使う言葉を思いつきませんでした^^;


「十匹」の場合、
促音便が生じないなら「ジュウヒキ...続きを読む

Q「十個」、「二十本」などの読み方

小学校の教科書には、

「十個」=「じっこ」、「二十本」=「にじっぽん」

と読むと書いてあり、その理由として、「十」はもともと「じふ」だからとありました。しかし、日常の会話や放送局のアナウンサーの発音を聞いても、

「十個」=「じゅっこ」、「二十本」=「にじゅっぽん」

が大半の様に見受けられます。後者は、誤った発音なのでしょうか。

Aベストアンサー

    「十」は、中国の上古音から *dhiəp > 3iəp と進んで、日本には、最後の [p] には [u] の母音をつけ、「じふ」と輸入されました。

    この過程で注意されることは、中国から日本まで一貫して「イ段」の母音で来ていると言うことです。で平安朝になって「ハ行転呼音」と呼ばれる音韻変化によって、語中の [h] が [w] に変わります。

    ところが、日本語の「ワ行」の ウ段音は無いので、(わ、ゐ、○、ゑ、を)「ア行」のウになり、「じう」と書かれ、後に「じゅう」と発音されるようになりました。ここで「ウ」の母音が登場します。

    小さな「ッ」の前では、「十」や「二十」の歴史的に正しい「イ段」の音(即ちジッ本、ジッ点、ジッ個)が残っています。

    しかしそれ以外(ッ以外の音の前)の「じゅう」の影響は「ッ」の前にも及び、「ジッ本」でも「ジュッ本」でもいいことになりました。


人気Q&Aランキング