10年近く前に、図書館で読んだ本を探しています。
小学生向けの本だと思います。
タイトル、作者、出版社などは全く覚えていないのですが、単行本の短編集でした。
2つの話のあらすじを覚えています。

1 ある小学校(中学校?)のクラスに、一人ものすごく頭の良い生徒がいる。
他の生徒が授業を受ける中、大学の参考書を読んでいる怖いほどの優秀児である。
その学校の近くのペットショップで、
かごの中の鳥が何者かによって逃がされるという事件が続けて起こる。
店員は犯人と見られる少年を追ってその学校へ行く。
犯人が逃げ込んだのは例の優秀な子のいるクラスで、授業中だった。
事件の起こった時間はクラス全員が授業を受けていて、事件を起こすことは不可能だった。
だが優秀な生徒は教室で眠っている時に夢を見ていた、かごの中の鳥を逃がす夢を・・・。

2 奇妙な絵はがきの話です。
主人公の少年の元に、差出人のない絵はがきが届く。
京都(?)の町並みの絵はがきである。
彼の修学旅行は京都だった。
それ以降、彼が旅行に出る前に、彼の旅行先の絵はがきが届くようになった。
ある日、成長して社会人になっていた彼の元に、また絵はがきが届く。
カナダのバンクーバーの絵はがきであった。
彼はカナダに転勤になった。
やがて彼は結婚した。新婚旅行の時はさすがに絵はがきは来なかった。
結婚後、彼は飛行機で旅立った。
家に絵はがきが届き、妻が見た。その絵はがきには彼のデスマスクが写っていた。
飛行機は事故に遭った。

あらすじは微妙に違っているかもしれませんが、「絵はがき」「修学旅行」「カナダのバンクーバー」「デスマスク」などは間違いないと思います。
微妙に怖い本でした。

この本について何か情報を持っている方、タイトル、作者、出版社など教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お探しの本は、「あて名だけの手紙」(野火晃・作、深沢邦朗・絵、佑学社、1984年刊、157p、23cm)です。

内容は、「絵はがき」「こわいほどの優秀児」「ある戦争」「いつか見た顔」の4編を収録した短編集で、あなたが書かれたあらすじの1が、「こわいほどの優秀児」、あらすじ2が、「絵はがき」です。寸分たがわぬストーリーでした。
版元の出版社が、現在はもう存在しませんので、入手は困難です。お近くの図書館でお問い合わせください。そこの図書館に所蔵していない場合は、「予約」をすると、時間はかかりますが、近隣の自治体の図書館から借り受けて、提供してもらえますので、ぜひ、図書館の司書に相談してみてください。「予約」は無料です。ちなみに、私の住む市の図書館では、この本を所蔵しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイトルは以前紹介いただいた掲示板でわかったのですが、どうやったら見つかるだろうと模索中でした。ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/28 14:50

EasySeek掲示板  あの本のタイトルが知りたい


http://www.easyseek.net/bbs/index.php3?act=tpc&c …

という掲示板があります。
皆さん色々教えてくれますので、書き込んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有力な手がかりを得られそうな掲示板を教えていただき、ありがとうございました。
さっそく書き込んでみます。
何か他力本願な自分が悲しいですが・・・。

お礼日時:2001/08/16 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報