今日たまたま「あたぼうよ!」と、威勢のいい言い回しを耳にしました。さて、ふと思ったのはこの表現はどこからきたのかということです。どなたか教えていただけませんか?私の頭には、近くに英国からの人がいたためか"Attaboy!"(奨励・賞賛の言葉、That's the boy! から)が浮かんでしまいました。関係ないか...と思いながらも、あまりに音が似ているのでつい知りたくなったというわけです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「あたぼう」についてはこれまでの回答のとおりで、


「あ(っ)たりめーだぁ べらぼうめ(ぇ)ー」の短くなった形です。

それとは別に fwkk8769 さんの感じておられるようなことが起こった事実はあります。

江戸の終わりから明治初期にかけて、愛玩犬のことを「カメ」あるいは「カメや」、と呼んだ時期があります。地域としては横浜から品川にかけて、行っても高輪、新橋あたりまで、下町までは届いていないと思われますが。

その語源は異人が飼い犬を「Come here」と呼んだからだと言われています。

知らないことはたくさんあるので、ただちに「間違っている」とは言えませんが、「あたぼう」についてはかなり明らかです。しかしfwkk8769さんの言われるような見えない影響はあちこちに残っていると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたね。「カメや」の話はきいたことがありました。「あたぼう」のこと、思い込みをしなくてよかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/15 18:27

江戸弁です。


火事と喧嘩は江戸の花と言われていたように、短気で気前が良かったようです。

「宵越しの銭は持たない」と、稼ぎはその日に使ってしまうようでした。大工は腕で翌日稼ぐ自信があったようです。

「べらんぼう」
「あたぼう」
「てやんでぃ」
これが江戸弁です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/15 18:24

〔「当たり前だ、べらぼうめ」を縮約した言い方〕当たり前だ。

当然だ。あた。
「『それぢや、あの、だれにも外の人にほれてるのぢやありませんのだね』『―よ』/人恋廼染分解」

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A2 …

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%A2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/15 18:23

あたぼう=「当たり前だ、べらぼうめ」を縮約した言い方<大辞林

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/15 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞賛、称賛の使い方を教えていただけませんか?

gooの辞書には、

しょうさん しやう― 0 【賞賛/賞▼讃】
(名)スル
ほめたたえること。称賛。
「人々の―を受ける」「功績を―する」

↑こうありますが、容姿を褒めたり、洋服や身の回りのモノのセンスの良さを何度も評価されることも「称賛」という単語にあてはまるのでしょうか?

●いつも私の笑顔を賞賛してくださり有り難うございます
↑この使い方は合ってますか?

また、賞賛・称賛は同じ意味でしょうか?

どなたか、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

称讃/称賛/賞讃は同じ意味ですが、人のすぐれた行為/業績などを、口でほめ、心から感嘆することだと思います。
だから、「容姿を褒めたり、洋服や身の回りのモノのセンスの良さ」は対象にならないと思います。

「いつも私の笑顔を賞賛してくださり」でなく「いつも私の笑顔をほめてくださり」の方がよろしいでしょう。

Q日本語の言い回し

日本語には言い回しが沢山ありますよね。例えば「悲しい」だと「悲哀」や「悲嘆」、「悲痛」…などなど。悲しい状態はそのままでも微妙に意味が違います。様々な表現があるから日本語は豊かなのでしょうが、英語だとこれらは“sad”で済まされてしまいますよね…。なのに日本では何故こんなに沢山の語が生まれたのでしょうか。回答お願いします!

Aベストアンサー

言葉の目的が違います。外国語は、用件を伝える目的だけです。だから自分の意見を、正確に伝えるために、合理的、論理的になります。日本語は、用件を伝える目的と、情緒を発生させる目的があります。用件と情緒は、両立しないので、用件があいまいになります。情緒がなぜ必要かというと、情緒が人を癒し、人を育て、社会を調和に導くからです。だから日本の伝統文化は、情緒を追求しています。また世界中で、日本人だけ、思考行動パターンの基準が、情緒です。外国はアメリカでも、中国でも、論理思考で、自己表現です。だから日本語や和風文化は、人の心を、癒す力があります。

Qさて私こと

転勤や退任の挨拶状で、「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」といういつもの出だしの後、改行して「さて私こと」と続くことが多いですが、「私こと」は必ず行末にあります。これはなぜでしょうか?
また、挨拶状によっては「さて私義」と書かれている場合もあります。この「私義」は何と読むのでしょうか?

Aベストアンサー

定例フォームです。自分を下げて相手を敬う表現です。「しぎ」
http://nlogn.ath.cx/archives/000231.html

Q矛盾する言い回し。

真面目であって不真面目だった。という文章をみました。


こういう場合でも言えますか? 


彼はバスケをしているときは真面目だ。しかし勉強の時間は不真面目だ。 

この場合に、「彼は真面目であって不真面目だった」と矛盾する言い回しを使えますか?私は使えないと思ったのですが、どうでしょうか? 

矛盾というのは同時に起こっていなければならない。この場合は同時に起こっていない。だから矛盾していない。  ということで、こういう場合の表現は間違っている?


じゃぁ、どんな場合に、真面目と不真面目が同時に起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

 「矛盾」という言葉は、二つの物なり意見が「同一の場所や同時では成り立たない」との意味であって、「彼はバスケをしているときは真面目だ。しかし勉強の時間は不真面目だ」との例文では、「バスケをしている時」と「勉強している時」では「彼が行っている行為」を別々に分けて説明しています。従って「同一条件下で」との前提を覆すことにはつながらず矛盾するとは断定できません。そのため「しかし」として逆接の接続詞を使い二つの文を対比させていると説明することができます。

 一言付加させていただきますと、「矛盾しているかどうか」を判断するには、「客観的な事実」を対象とした場合は比較的見極めも楽ですが、対象が今回の様に「真面目」などという「主観的判断」を伴うもしく要求する場合や「物の見方や考え方」によって見解も異なる場合には注意も必要です。
 「真面目であって不真面目だった」との言葉は恐らく小説かエッセイの様な文章の一節であるかと思われますが、小説やエッセイは書き手の意思や観察眼に多くを委ねられもする性質を持ちますので、そうした事例を金科玉条のように全てに闇雲に摘要することは、文意を誤読する原因ともなりますので、あの本の作者はあの作品の中でこう言っていた程度に留める方が無難かとも存じます。
 一人の作家といえども、作品毎にテーマを使い分けもしますので、一律の基準で論ずることは途轍もなく乱暴で無謀な試みともいえます。
 
 

 「矛盾」という言葉は、二つの物なり意見が「同一の場所や同時では成り立たない」との意味であって、「彼はバスケをしているときは真面目だ。しかし勉強の時間は不真面目だ」との例文では、「バスケをしている時」と「勉強している時」では「彼が行っている行為」を別々に分けて説明しています。従って「同一条件下で」との前提を覆すことにはつながらず矛盾するとは断定できません。そのため「しかし」として逆接の接続詞を使い二つの文を対比させていると説明することができます。

 一言付加させていただき...続きを読む

Q言い回し

 http://okwave.jp/qa4588793.htmlにおけるご回答に二つの言い回し例がご紹介されておりました。
 私はとてもおもしろいなぁと思いました。諺かもしれませんね。
 1. 「怠け者の節句働き」
 2. 「ふゆじの盆働き」

 この言い回し方、或いはこういう言い回しが所載されているURLはるでしょうか?
 どうかお教えください。

Aベストアンサー

 インターネットには、検索サイトといって、キーワードを入力すると、そのキーワードが使われているサイトややブログを紹介してくれるサービスがあります。
 広く使われている検索サイトには、
 
YAHOO! JAPAN (ヤフー) http://www.yahoo.co.jp/
GooGLe 日本 (グーグル)   http://www.google.co.jp/

などがあります。

 ある言葉が載っている(使われている)サイトのURLをお探しでしたら、これらの検索サイトをご利用になるのが便利です。
 質問を書き込んで、回答が付くのを待たずに、すぐに疑問は解決します。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIH_jaJP220JP220&q=%e6%80%a0%e3%81%91%e8%80%85%e3%81%ae%e7%af%80%e5%8f%a5%e5%83%8d%e3%81%8d

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%B5%E3%82%86%E3%81%98%E3%81%AE%E7%9B%86%E5%83%8D%E3%81%8D&search.x=1&fr=top_ga1&tid=top_ga1&ei=UTF-8

 キーワードは、元のページにあるものを「コピー」して、検索サイトの検索語を入力する部分に「貼り付け」ると楽です。

 インターネットには、検索サイトといって、キーワードを入力すると、そのキーワードが使われているサイトややブログを紹介してくれるサービスがあります。
 広く使われている検索サイトには、
 
YAHOO! JAPAN (ヤフー) http://www.yahoo.co.jp/
GooGLe 日本 (グーグル)   http://www.google.co.jp/

などがあります。

 ある言葉が載っている(使われている)サイトのURLをお探しでしたら、これらの検索サイトをご利用になるのが便利です。
 質問を書き込んで、回...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報