高校の国語ではなぜ漢文と古文を学ぶのですか?
漢文って中国の昔の言葉ですよね?
英語すらろくにできないのに、そんなものを学んでどうするのか(発音方法すらわからないのに)
学校で学ぶ科目って何らかの理由があって学ぶものだと思うのですが
この2つの科目についてはまったくわかりません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

いい質問ですね。

経営学的にみれば鋭い指摘です。「集中と選択」という考え方では漢文と古文は廃止されてしまうかもしれません。
では、なぜあるのかというと、「なくなってしまうと損してしまう人がいる」ということです。学生側の立場から考えていたのでは分からないでしょう。
では、視点を移してみましょう。例えば、文部科学省の役人、国文学者、古典文学の協会、教科書会社、教育関連の民間企業などから視てください。漢文のおかげで予算を獲得できたり、参考書などが売れたりと、イイコトがあるんですね。
もちろん江戸時代以前の古くからあって、「廃止することに心理的な抵抗がある」ということもあるでしょう。捨てる勇気って難しいものですね。
また、「テストに出しやすい」ということがあります。現代文で「俺の作品から出題されたが解答例が間違っている」といった小説家もいたようです。古典ではありえませんよね。
「選択科目にしてほしい」という学生の意見もありますが、誰も選択しなくなってしまうかもしれませんので「必修科目の地位は絶対死守」と、一方の側で思っているでしょう。
要するに簡単に変えられない日本の教育事情ですので、「心が豊かになるから」という理由を盲信して学ぶということが、この際正しいということになります。
    • good
    • 14

こんにちは。



「その科目、なんで勉強するの?」
私も学生時代、数学(高校の代数幾何など)や物理(そんなの一部のその道を目指すひとだけでいいんちゃう?)英語(日本にいるんだから、日本語のほうが大事ちゃうんか?日本に来たら日本語話せよ、外国人!)に同じような疑問を持ちました。

ただ、逆に国語や歴史、地理には重要な意義を感じていましたよ。

「温故知新」この言葉自体が漢文ですね(返り点つければ)。
ただ、文法だけにこだわっている学校教育ではその意義は感じませんが、その文章に見える人間模様や哲学(論語など)を学ぶいい機会だったと思います。

今の学校教育は「学問の為の学問」をしているようですが、漢文や古文には「人間としての心を育てる肥しとしての学問」という意味でとても大切な物だと思います。

最近の社会秩序が乱れているのは、こういった学問を大切にしない教育が大きな原因のような気がします。
古文や漢文は文法をテストにするためのものではなく、人として心を育てる為の学問だと思っています。
だから、勉強しても殆ど通じない学校英語やベクトルとか三角定理なんかよりもずっと大事にしなければいけない科目だと思います。
ただ、学校教育がその大切な部分を子供たちに教えないだけで…。
    • good
    • 5

>高校の国語ではなぜ漢文と古文を学ぶのですか?



教養の一種です。
私は国文学の勉強をしていますが、
日本の昔の文化(文学)を学ぶ事はとても大事だと思います。
それの専門家にならなくても、
昔の人は、こんな事をしていた
ということがわかるだけでも、十分だと思います。

私は高校である先生に古典を教わって
古典が好きになり、国文学科に入りました。
古典に出会うきっかけができたんです。
他の科目でもそうですが、いろいろな教科に触れてみて
自分にあったものを見つけてみる…
それもいいと思います。

四字熟語の由来は漢文からが多いです。
そういった由来に触れる事もできますね。

以前授業で百人一首の
「大江山 いくのの道の遠ければ まだふみもみず 天の橋立」
の和歌の由来が載っている「十訓抄」(説話文学)を授業であつかったら
「ただ暗記していただけだったけど、そんな由来があったんだ!」
と嬉しそうでした。
そういった発見や感動もあります。

古典を勉強するのは、日本人としての最低限の常識と
昔の人の作品を読むことで、感受性豊かになったりなどを
目標にしていたと思います。
詳しい事は国語科教育法に載っています。
教員がもっているものです。

大きな本屋さんにも置いてあるので
立ち読みでぱらぱらみてみるといいですよ。
    • good
    • 2

例えば、多くの熟語は漢文の構造をもって成り立っています。

漢語ですね。それを日本語が活用したのは、漢字が表意と表音を併せ持つ世界でもまれな言語だからでしょう(その辺のことは中学校の国語の資料集でも見てください)。つまり今でも、知らない言葉が出てきても見れば大体の意味の予想がつくことが多いです。日本語の基礎の部分ですね。
それと、漢詩や漢文の一節は意外と会話の中や文章に引用されてきます。引用した相手が重要な取引先の方なんかだとそれを理解できるかどうか冷や汗をかくことがあります。(古文も同様です)
それはただ単にその漢詩の一節だというのではなくて、その場の雰囲気、その心情を含んで使われますので、その場、心情を理解できる人間かどうか試されることがあるからです。人としての幅を問われているようで、ドキッとします。
私はごく一般的な社会人だと思うのですが、仕事や人付き合いでも基礎教養として必要だと思います。
理由がわからないと学びにくいというのは経験ありますが、「読書百遍、意おのずから通ず」といいますから、気長に学んでみてください。
    • good
    • 1

私も生徒の頃はよくわからないで授業を受けていました。

社会人になってから漢文の重要性を実感しています。
回答になってるかどうかわかりませんが、山本夏彦という人の文章の中に漢文がどれほど日本の文化そのものに影響を与えていたかがわかるものがあります。
ちなみに、東大で英文学を講義していた夏目漱石が英文学より漢文学のほうが面白いといっていたことなど、面白い発見があります。
何で、学校でこんなに大事なことを教えてくれなかったんだろうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

doraoさんはどのような社会に出て、場面で漢文の重要性を実感されたんですか?
教えてもらえませんでしょうか
まさか、タイムマシンで漢の時代に行ったとか・・・

お礼日時:2001/07/20 00:08

さらに付け足すなら、漢文を学ぶことによって、文章がおのずと引き締まってきます。

句型をマスターすることで、現代文も美しさを増してくるということです。

古文の美しさというものもあります。これを重視するがゆえに、旧仮名遣いを通した(通している)人(福田恆存、小堀桂一郎、長谷川三千子など)もいます。かく言う私も、手書き文章では旧かなをよく使う一人です。美しいのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
「漢文を使うと文章が引き締まる」
とのことですが、文章が引き締まるというのがよくわかりません
文の中に漢語を使うということですか?そんな無茶な…

古文を学び旧仮名遣いを通す
というのは人それぞれの感性にもよりますね
わからないこともないです
私などは平仮名とカタカナが好きなもので・・・

お礼日時:2001/07/20 00:05

frankさんの御質問の回答はnana777さんの通りですが付け加えさして頂くなら日本人の教養です。


frankさんも食わず嫌いではなく漢文も古文も奥が深く面白いと思いますよ。
    • good
    • 2

まず、どちらも現代の日本語のルーツだから、でしょうね。


現代の日本で使われている四字熟語や、ことわざ・格言などには、中国の古典が出典であるものが非常に多いです。
それに日本で今使われている文字(漢字はもちろん、平仮名・片仮名すべて)は漢字がもとになっており、成り立ちを学ぶ上でも漢文は有用であると思います。
次に、日本の古文を学ぶのには、言葉の成り立ちや言い回しなどを学ぶほかに、その時代の人たちがどんな風に物事をとらえたり感じたりしていたかということを知るという意味もあると思います。
いわゆる「和風」「日本的」な感性を理解することはもちろん、「昔の人も自分とあんまり変わらないんだなぁ」なんてことも分かったりします。
たとえば、かの有名な吉田兼好の『徒然草』の第117段には、「良き友三つあり。一つにはものくるる友、二つにはくすし(=薬師)、三つには智慧ある友」なんていうのがあります。「物をくれる友達が、いちばんいい友達だ」なんて、人間くさいですよね。そういう発見も、なかなか面白かったりします。
古今東西、名著といわれる書物は多々ありますが、1000年近くも読み継がれてくるということは、どの古典もそれだけの魅力があるということじゃないでしょうか。「この本は面白いよ」と歴史が証明しているものを、一度ぐらいは読んでみる価値はあると思いますよ。(第一、授業でもなけりゃ読んでみようと思わないでしょ?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇ~、漢文が日本語のルーツだったとは・・・
落ちこぼれだった私は古文の「こ」の字も漢文の「か」の字も知らずに卒業したものですから
「高校のときにあった古文・漢文という授業は何をやっていたのだろう」とずっと不思議に思っていたのです
ありがとうございました

お礼日時:2001/07/18 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文が翻訳にどう役立ちますか

永井荷風の「小説作法」という文章にこういう一節がありました。

在来の国語存するの限り文学に志すものは欧洲語と併せて漢文の素養をつくりたまへ。翻訳なんぞする時どれほど人より上手にやれるか物はためしぞかし。

どういうふうに漢文が翻訳に役立つのでしょうか。

荷風がこれを書いたときは、外来の品物や概念を片っ端から訳していかなければならない時代でもないのでしょうから、語訳をつくるのに役立つというわけでもないでしょうし・・・

漢文の意義を説く人がよく口にする「簡潔と明晰と学ぶには最上の手段」、「文体感覚を養える」ということですか。もっとも、これは翻訳に限らず日本語の散文を書くとき一般に言えることですが。

Aベストアンサー

参考意見と思ってお読みください。

以前テレビで、映画の字幕翻訳で有名な戸田奈津子さんが
「翻訳はただ訳せばいいのではなくて、時には直訳とは違う文章にもする」
映画の場合は、時間的な制限がありますからその意味もこめられていますが
簡潔な言葉の方が読む人に意味合いが伝わりやすいとおっしゃっていました。

また、プログラマでその業界では有名な結城浩さんが
翻訳の心がけ
http://www.hyuki.com/trans/tratips.html
というページを出しておられますが、その内容は
>漢文の意義を説く人がよく口にする「簡潔と明晰と学ぶには最上の手段」、「文体感覚を養える」ということ
に通ずるものがあると思うのですが、いかがでしょうか?

Q受験生、古文・漢文がヤバい・・・

題名の通り、古文・漢文がとんでもなく苦手でできないんです。今からなんとかなるやり方ありますか?目指してるのはいちお国立大学です。

Aベストアンサー

相当やばい場合ならば、基本が全く出来ていないと思います。
今までに行った模試の古文漢文について、
文中のわからない単語の意味を単語帳でチェックし、覚えること。
基本的な文法を確認すること、をお勧めします。

Q漢文の翻訳お願いします。

次の漢文 翻訳を教えて下さい。   
  明成祖朱氏  
 棣賞賜文渊閣 
 大学士用
 大明永楽六年  
       仲夏月 
以上です、よろしくお願いいたします。  

Aベストアンサー

漢文というほどのことではなく単なる記事です。
*読み
明成祖朱氏
 みんのせいそしゅし
棣賞賜文渊閣大学士用
 ていはだいがくしにぶんえんかくをたもう
大明永楽六年仲夏月
 だいみんえいらくろくねんちゅうかのつき
*意味
「永楽大典」の完成直前の永楽6年5月、明の成祖朱棣は、皇帝顧問団の執務場所を文渊閣に定めた。
   該書完成は永楽6年12月14日とのこと。
*前提知識
明成祖=中国・明代の第三代皇帝(明の創始者太祖朱元璋の第四子)。
 燕王として北平(現北京)を守り武将としても優れる。
 1398年洪武帝逝去後、血肉の争いを経て皇帝位を手中に。
 1402-1424年在位・・・1403年に改元し永楽元年とす。
  政治改革、辺境軍備の強化、文化事業で精力的な治世。
  儒教文化思想に依る統治の基盤として国家蔵書を拡充。
 1403年(永楽元年)古今の書籍を集大成・編纂を命じ、
 1408年(永楽六年)「永楽大典」を完成し、文渊閣に保存。
  学者3,000余人従事、図書8,000余種、11,095冊となる。
 1421年(永楽19年)南京から北平(現北京)に遷都。
  遷都後宮城内の一角に文渊閣を建て、
  南京から移送した永楽大典は“文楼”(蔵書館)を専用保管所とする。  
*補足
朱=明の皇帝の姓  
棣=成祖の名。
 即ち成祖の姓名は朱棣・・・漢音zhū dì日本語音しゅてい。
賞賜=賜る
文渊閣=明の創始者太祖が南京に創設した古今の書籍収蔵庫。
   後に大学士即ち皇帝の顧問 7名の執務場所。
    「宮廷内の文渊閣」から“内閣”なる語が生じ現在に至る。
   清朝になると四庫全書で有名。
大学士=皇帝の政治顧問。
   創始者太祖の遺言により意見具申のみ、権限なし。
大明永楽六年=1408年。都は南京、北平遷都以前。
仲夏月=旧暦5月(初夏・仲夏・晩夏の謂い)。

漢文というほどのことではなく単なる記事です。
*読み
明成祖朱氏
 みんのせいそしゅし
棣賞賜文渊閣大学士用
 ていはだいがくしにぶんえんかくをたもう
大明永楽六年仲夏月
 だいみんえいらくろくねんちゅうかのつき
*意味
「永楽大典」の完成直前の永楽6年5月、明の成祖朱棣は、皇帝顧問団の執務場所を文渊閣に定めた。
   該書完成は永楽6年12月14日とのこと。
*前提知識
明成祖=中国・明代の第三代皇帝(明の創始者太祖朱元璋の第四子)。
 燕王として北平(現北京)を守り武将としても優れる。
 ...続きを読む

Q古文・漢文・英語の勉強方法についてです。

現状ではとりあえずZ会とか問題集やっていますが、いまいち力がついた気がしません。具体的には英語は長文読解はまだ大丈夫なのですが文法問題がどんな問題〔模試とか実力テストとか・・〕やっても7割ぐらいしか取れません。文法は覚えれば10割取れる分野だと思うので何とかしたいです。あと古文は単語力が足りない気がします。一応単語は覚えていっているつもりですが文脈の中での読み取りがいまいちです。漢文はとりあえず句法の確認をしています。でもいざ文章をみると、いまいち6割ぐらい

Aベストアンサー

こんばんは

文法問題ですが、問題演習を重ねてもあまり変わらないでしょう。
参考書でも問題集でもいいのですが、なぜそう訳すのか、なぜそれが正解なのかを説明できるようにしてください。

古文は、少し暗記に走りすぎなのかもしれません。
訳付きの古文の本文を読み物として読んでいるとコツがつかめるかもしれません。
漢文も同様ですが、選択式の問題ばかり解いていないでしょうか?
もしそうなら、記述式の問題にも取り組んでください

Q英語を漢文に翻訳

はじめまして

最近海外の友人から英語のメッセージを漢字に翻訳してそれをTATTOOにしたいと思っているという相談を受けました。

翻訳する上で、多少のギャップや意味をかいつまんだ感じになることは予測できたのでその点は伝えております。

私は英語も漢文も翻訳もごく一般的な知識しかもっていません
どなたかスペシャリストの方いらっしゃいましたら、お力を貸していただけないでしょうか?

内容は (My heart is yours since the first day I saw you)

です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

漢文を読めるスペシャリストはいても漢文が自由に書けるスペシャリストなんて現在の日本にはほとんどいないと思います。漢文の先生だって書くのは無理でしょう。大学院でもそんな訓練なんかありませんから。わたしも別に漢文を書くことは得意ではありませんが、考えてみました。
(My heart is yours since the first day I saw you)
一見汝便我心為汝物(汝を一見すれば便はち我が心は汝の物となれり)
「便(すなはち)」は「たちまち」という意味。訳せば「あなたを一目見て、たちまち私の心はあなたのものとなりました)。
>我心汝之物也
 代名詞の所有格に「之」は使いません。「汝物」で「汝の物」と読めるわけです。「我心汝物也」(我が心は汝の物なり)だと、「私の心はあなたの物です」という意味になります。

Q古文や漢文を勉強する必要性がわかりません。社会に出た時に役に立つとは考えずらいです。なぜ今だに必須教

古文や漢文を勉強する必要性がわかりません。社会に出た時に役に立つとは考えずらいです。なぜ今だに必須教育なのでしょうか?

Aベストアンサー

古文や漢文を勉強する必要性がわかりません。社会に出た時に役に立つとは考えずらい…と高校生だった50余年前は私(理系です)もそう思っていました。ですが人生を振り返ってみると、そうではないと思えるんです。そもそも社会に出たことがない人に、何が必要で何が不要か判断できませんし、そのありがた味が痛感できるのは人生のかなり後半になってからです。

古文や漢文などで故事来歴を知ると、社会や会社で何かのトラブルや問題が発生したときに、なぜそうなってどうすれば解決するか、ヒントになるんですよ。経験則みたいなところもありますから。社会や会社で成功する秘訣もそこから読み取れます。

古文や漢文は無数にあります。その中で私たちが学んだり目を通すことがあるのはごく一部です。なぜごく一部かというと、それは深みがあり人生で役に立つとして伝えられ残って来たからです(つまり、自然に淘汰・選別されたよいものが学校の授業で出てくるわけです)。幾つかの古文や漢文を知っているだけで、私たちの思いや考えに幅や深みが出来るんです。

それなりの歳になって来ると、たとえば 有朋自遠方来不亦楽 という気持ちがよく分かります。

古文や漢文を勉強する必要性がわかりません。社会に出た時に役に立つとは考えずらい…と高校生だった50余年前は私(理系です)もそう思っていました。ですが人生を振り返ってみると、そうではないと思えるんです。そもそも社会に出たことがない人に、何が必要で何が不要か判断できませんし、そのありがた味が痛感できるのは人生のかなり後半になってからです。

古文や漢文などで故事来歴を知ると、社会や会社で何かのトラブルや問題が発生したときに、なぜそうなってどうすれば解決するか、ヒントになるんですよ。...続きを読む

Q古典の翻訳できるホームページ

学校で古文や漢文を習っていて、それらを訳したいのですが訳すホームページが見つかりません。
どなたか古文または漢文が翻訳できるホームページを教えてください。

Aベストアンサー

古文漢文の汎用翻訳サイトは、見たことがないです。
教科書に載るようなテクストなら、有名な作品でしょうから、
逐次、そのタイトルやフレーズで検索してみてはいかがでしょうか。
紹介と同時に現代語訳が載っていることは、よくあります。

Q地歴科目&理科科目の選択について

僕は高1で医学部志望です。
昨日、文理選択と2年と3年の選択科目の調査がきました。
次のようになっています。
<<必修科目>>
1年:理科総合B、生物I、世界史B
2年:物理I、化学I
3年:化学II、現代社会
<<選択科目>>
2年:日本史Bか地理B
3年:物理IIか生物II、日本史Bか世界史Bか地理B
のようになってるんですけど、選択科目はどれを選んで良いか迷います。
回答御願いします。
注意:選択科目の3年の地歴に関しては1、2年で必須しかものを選択。

Aベストアンサー

あなた自身は何をしたいのですか?
こんな勉強がしたいとか、この科目を取りたいとか、この科目を入試に使いたいとか。
これは嫌だとか。
それと、国立医学部を受けるのか、家が大金持ちで私立で良いのか。
どこを受けるつもりで、(科目数の多い)どこは受けないつもりなのか。

私だったら物理化学地理を入試で使いますが、でも、あなたにはあなたの事情があると思いますけど。
物理選択の理由は、生物は大学に入ってから勉強すればいいことだからです。
物理の方が科学的思考力を身に付けやすいだろうし、基礎の習得に時間がかかるため、大学でやるのは辛いだろうからです。
もっともそのカリキュラムなら2年生の時にそれなりにしっかりやっておけばよいだけのことかも知れませんが。

地理選択は、歴史は文系が本気で取り組んでいる物で、その連中とセンター試験で勝負するのは分が悪いからです。
歴史が余程得意で地理が余程苦手というおよそあり得なさそうなことでもなければ地理で良いと思います。

それに対して選択科目を考えていきます。私なら。

Q漢文の宿題が・・・

私はまだ漢文の宿題が終わっていません(汗)
宿題の内容は漢文である日の日記を書け(5行以上)というものです。
漢文はまだ習って4か月しかたっていないので全然わからないです。
何か、翻訳できるサイトがあれば教えてください<(_ _)>
おねがいします。

Aベストアンサー

ちょっとおもしろい宿題ですね。
漢文と言っても、自分の日記を書けばいいわけですから難しく考えることはありません。

ごく短く例を書いてみますから、この調子で延々と5行目まで続けたらOKです。

「朝七時起床。父母挨拶、私挨拶。朝食。洗顔。
 電話鳴、私出。友人誘、私外出。……」

こんな調子で、たくさんしたことを書く。
少々間違っていてもかまわないと思いますよ。
返り点や送りがなはつけないで、漢字と句読点だけで提出しましょう。
(もしつけなさいという指示なら、現代語っぽく送りがなだけつけたらいいでしょう。)

もちろん、漢文の参考書を見て、基本構文とかまねして使えれば、
それに越したことはありません。
だいたい英語のような感覚で感じを並べれば大丈夫です。

かなりいい加減なアドバイスですが、
もし、もっといいアドバイスが欲しければ、まずこの調子で5行書いて、もう一度質問したらいいでしょう。
翻訳できるサイトは? とか、丸投げ的発想では答える方も気合いが入りませんからね。

Q一科目集中型、多科目分散型

勉強する際に、丸一日とか1週間とか
まとまった期間をかけて、
一つの科目を勉強するのと、
一日に3科目くらい1時間ずつにわけてやるのと
どっちがいいと思いますか。

同じ科目をたてつづけだと、大きなまとまり
として、ある程度の知識が、関連づいてまとまって
定着します。忘れそうになりそうな時も、必要以上
間隔を長くおかずに一定期間内に
集中的にたたくことができます。でも、
同じ科目をたてつづけだとえらくてしんどく
なってきます。たいぎくもなってきて、
気分転換に他の科目へ
という風にも考えたくなります。

でも、科目を変えると各科目によって、やり方や
方法が違うので、急に変えると、頭がついていかなく
なってしまいそうです。器用に適用できる人には、
出来ると思います。今まで、バスケットのシュートの
練習してた人が、急にバッティングの練習をすると、
ぎこちなかったり、勝手が違って、上手くやりこなせない
といった感じです。

皆さんどのように考えていたり、実践されてますか。
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん一つの教科に自信がつくまでは「一極集中」というスタイルでやってもいいと思います。 
というか、私は浪人の夏に数学を1日9時間・他の教科を1日2時間の配分で30日続けて、数学を得意科目にしました。さすがに黄色チャートの数学(3)・Cを2回やったので、力がついたようです。

高校に入ってから参考書や教材を完全にやりきったのは初めてだったので、あの達成感は今でも覚えています。まぁ、東大に入れるような能力の高い人だったら、3日ぐらいで終わるのかもしれませんけどね、、。

結局は自分の性格と考え方との相談だと思います。
私は「数学が一番成績が上がりやすいし、点数の差をつけれる教科だ。」という確信があったので数学をしました。 
英語は「力がついた!」と実感できるのに3ヶ月以上かかる教科だとわかっていたので、夏まで遊んでいた私には、英語をする気にはならなかっただけなんですけどね、、。
とりあえず、3科目1時間ずつで急激に力をつけたないのなら、絶対的に時間が足りないと思います。3科目3時間ずつなら配分して勉強する意味もあるでしょう。  現在、高校に通っていて予習・復習に追われていて、自分なりの勉強をする時間をとれないというのであれば、「宿題以外は、自分が重点的に強化したい科目を3時間以上やる」というスタイルでいいと思います。

まぁ、一つの科目だけ予備校に行くとか塾に行くとか、家庭教師をつけて強制的に勉強する時間をつくる、という方法もあります。

たぶん一つの教科に自信がつくまでは「一極集中」というスタイルでやってもいいと思います。 
というか、私は浪人の夏に数学を1日9時間・他の教科を1日2時間の配分で30日続けて、数学を得意科目にしました。さすがに黄色チャートの数学(3)・Cを2回やったので、力がついたようです。

高校に入ってから参考書や教材を完全にやりきったのは初めてだったので、あの達成感は今でも覚えています。まぁ、東大に入れるような能力の高い人だったら、3日ぐらいで終わるのかもしれませんけどね、、。

結局は自分...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報